木村圭市郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 圭市郎(きむら けいいちろう、1938年4月5日 - 2018年10月19日[1])は、日本アニメーターキャラクターデザイナー群馬県出身。息子はイラストレーター木村タカヒロ

経歴[編集]

1961年に東映動画(現:東映アニメーション)へ楠部大吉郎の助力もあって入社し、後に『タイガーマスク』などを手掛ける。退社後、1969年頃に作画スタジオのネオメディアを設立。百瀬義行内山正幸田村英樹森山雄治北久保弘之福島喜晴らを輩出した。

サイボーグ009』『タイガーマスク』『レインボー戦隊ロビン』『ひみつのアッコちゃん』『アタックNo.1』『ルパン三世 第1シリーズ』『まんが世界昔ばなし』などを手がけた昭和を代表するアニメーターである。

2018年10月19日心筋梗塞のため東京都練馬区の自宅で死去。80歳没[1]

作品一覧[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 木村圭市郎氏が死去 昭和を代表するアニメーター「タイガーマスク」「サイボーグ009」手掛ける,スポーツニッポン,2018年10月23日
  2. ^ タイガーマスク”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]