ザ☆ウルトラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ザ☆ウルトラマン
ザ☆ウルトラマン
アニメ:ザ☆ウルトラマン
監督 鳥海永行神田武幸
キャラクターデザイン 二宮常雄
メカニックデザイン 大河原邦男河森正治スタジオぬえ
音楽 宮内國郎冬木透
アニメーション制作 日本サンライズ
製作 円谷プロダクション、TBS
放送局 TBS 系列
放送期間 1979年4月4日 - 1980年3月26日
話数 全50話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ザ☆ウルトラマン』は、1979年(昭和54年)4月4日から1980年(昭和55年)3月26日TBS 系で毎週水曜日19:00 - 19:30に全50話が放送されたテレビアニメ。製作:円谷プロダクションTBS。アニメーション製作:日本サンライズ(現:サンライズ、BN Pictures)

ウルトラシリーズ第8作目であり、第3期ウルトラシリーズの1作目にあたる。平均視聴率は11.0%。

概要[編集]

物語の骨子[編集]

科学警備隊のヒカリ超一郎隊員は、宇宙ステーション・EGGエッグ3から地球に向かう途中、U40ユーフォーティーからやって来た宇宙人と出会う。ウルトラマンと名乗った彼は、地球に怪獣などの怪異や超自然現象による脅威が迫っていることを察知したU40によって、それらの災害から地球を守るために派遣された。空に光るウルトラサインなどで人類に脅威の到来を警告し、第3種接近遭遇としてヒカリと一体化。

以後、ヒカリは危機に陥るとビームフラッシャーを使用してウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。

中盤でウルトラマンの本名がジョーニアスであることが判明。また、同じく中盤から従来のウルトラマンシリーズの枠組みを逸脱し、ジョーニアスの故郷・U40を舞台に複数のウルトラマンが登場するスペースオペラ的な展開を見せる[注 1]。なお、ウルトラの国を巻き込んだ宇宙戦争を描くという案は元々『ウルトラマンレオ』で検討された[1]

製作背景[編集]

ウルトラマンレオ』以降、『ウルトラシリーズ』は長らく途絶えていたが、ウルトラマン関係の書籍やグッズは子供達を中心に人気が続いていた[2]。これは、旧シリーズの再放送が夕方や早朝に定期的に放映されていた点が非常に大きかった。この状況の中で、ウルトラシリーズの新作が期待されていた。これに対し、円谷プロは新機軸でのウルトラマンの製作を検討したが、当時は『宇宙戦艦ヤマト』等のアニメーションブームの真っ最中であったことや、限られた製作予算と今後のメディア展開を考え、敢えて実写ではなくアニメーション作品として制作することとなった[3]。企画書にはアクションや怪獣の造形等に関し、アニメーションの表現力によって特撮の限界を超えられる旨が強調されていた[2]。円谷プロはアニメ作品の製作技術を持っていなかったため、『恐竜探険隊ボーンフリー』などで繋がりがあった日本サンライズに作品製作を委託した[3]

劇中で使用される用語には、当時大ヒットした映画『未知との遭遇』からの影響(第1~3種接近遭遇等)が見られる。また、後半のスペースオペラ的な展開には、同じく当時大ヒットした『スター・ウォーズ』の影響が認められる。また、アニメブーム(特に『宇宙戦艦ヤマト』)の影響は、主人公・ヒカリ超一郎に古代進役の富山敬と、ウルトラマンジョーニアスにデスラー役の伊武雅之というメインキャスト、本作のOPテーマとEDテーマの作詞を阿久悠が担当し、両方をささきいさおが歌うことになった。後半の母艦となるヤマトに酷似したデザインのウルトリア、ガミラス人を思わせる本作最大の敵となるヘラー、一部女性キャラクターの顔立ちが、当時多くのアニメ作品に関与した松本零士の描くそれと酷似している点からも見て取れるという説もある。

作品としては、タツノコプロ出身の鳥海永行虫プロダクション出身の吉川惣司など、ベテランスタッフが制作に当たったため[2]、起伏のあるドラマチックなストーリーが展開、「主人公がウルトラマンであるが故に肝心な時に姿を消す」という“暗黙の了解”がドラマ上の主題として正面から取り上げられ、主人公(すなわちヒカリ)の葛藤や周囲の疑惑などを描かれたことが挙げられる[注 2]。この主題は幾度かの変奏を経て、ウルトラマンの存在意義など、作品全体を意味付ける主題として昇華された。チーフ・ディレクターは前半期は鳥海、後半期のヘラー軍団編は神田武幸。完結編に当たる最終4話分では、高橋良輔富野喜幸(現:富野由悠季)が変名で絵コンテを制作した。また、平成作品でCGIモーションディレクターを務めた板野一郎も、当時アニメーター(動画)で参加していた[4]

アニメーション作品として製作された本作であったが、ショーなどの都合上、放映当時から実写用のスーツも製作された。スーツは撮影用とアトラクション用の2種類が製作され、放映開始から日が浅い1979年7月21日に公開された映画『ウルトラマン怪獣大決戦』では、各ウルトラ戦士の紹介場面にて新規に撮影された実写フィルムでの活躍を見ることができる。また、映画「新世紀ウルトラマン伝説」にもジョーニアスが実写で登場している。各種編集ビデオではアニメ映像が他のシリーズ同様に扱われている。

近畿広域圏での『ウルトラシリーズ』のネット局は『ウルトラマンレオ』までは朝日放送であったが、『レオ』終了直後の1975年3月31日ネットチェンジによって毎日放送に変更されており、毎日放送としては本作が初の『ウルトラシリーズ』の新作の放送となった。また、1979年10月5日からは同局の製作による『仮面ライダー(新)』も放送が開始されており、初めてTBS系列で『ウルトラシリーズ』と『仮面ライダーシリーズ』が同時期に揃って放送されることとなった。

設定・構成[編集]

アニメという媒体への違和感を緩和するため、科学警備隊の隊員編成で隊長、ウルトラマンに変身するヒーロー、巨漢の男、科学者タイプ、紅一点とし、隊長を「キャップ」と呼ぶなど、『ウルトラマン』の科学特捜隊のパターンを踏襲している。そのネーミングも、科特隊と『ウルトラセブン』のウルトラ警備隊を掛け合わせたかのような名前で、エンブレムは科特隊を意識している。また、オープニング・アニメーションには、『帰ってきたウルトラマン』のOPで採用されたシルエットと同様の、隊員が一斉射撃を構えるポーズが挿入されており、『ウルトラマン』での科学者タイプのイデ隊員を思わせるキャラたるトベ隊員は、実際にイデ隊員役の二瓶正也が声を当てている。

名称[編集]

コロコロコミック』等に連載された内山まもるによる漫画『ザ・ウルトラマン』と当時のTBSの人気番組ザ・ベストテンにあやかり命名[5]。本来接頭語の(英語のthe)は母音の前ではと発音するが、放送当時の日本ではそのことが一般的ではなかったため、本作でも「ザ」と表記されている。

登場人物[編集]

ウルトラマンジョーニアス[編集]

ウルトラの星U40からやってきた戦士。科学警備隊のヒカリ超一郎にコンタクトを取り一体化しており、戦闘時はビームフラッシャーを額に当てることでウルトラマンに変身、第21話以降は「ウルトラチェンジ!」と叫びながら変身している。

変身方法も2パターンあり物語前半は主にビームフラッシャーを高く投げ額に当て[注 3]、変身していた物語後半から主にビームフラッシャーを高く上げエネルギーを集め「ウルトラチェンジ!」と叫んで変身する[注 4]。急いでいるとき物語前半の変身などを使う。また、19話からウルトラマンに変身するまでには上にヒカリがジャンプし「シュワッチ!」と叫びウルトラマンに変身、ウルトラマンも空で「シュワ!」と叫び地上に降りてくる描写が追加された。

スターシンボルと呼ばれるカラータイマーが、青→黄→赤(点滅)という道路信号パターンで変化するところが特徴[注 5]で、赤になってから30秒が活動限界である。過去作品の一体化型ウルトラマンが徐々に人間と意識レベルで融合していったのに対し、最後までヒカリとは別人物として描かれた。

第49話でウルトラ艦隊を救援するため一旦ヒカリと分離したが、最終回でヒカリと合体し戦いの後に再度分離し、人間態で初対面。地球に平和が訪れたことを見届けた後、U40に帰っていった。

放送開始時点では単に「ウルトラマン」と称されていたが、第20話において彼の名が「ジョーニアス」であることがはじめて明らかにされる。通称は「ウルトラマンJジョー[6][注 6]。主に地球人からは「ウルトラマン」、U40の人々からは「ジョーニアス」と呼ばれる。ヒカリは当初は「ウルトラマン」と呼んでいたが名前が明かされてからは「ジョーニアス」と呼称した。

ジョーニアスの名前の由来は、満田かずほの子息の名前「じょう」と「ジュニアス」と米国の「ジョージア州」の3つから由来する。

  • 出身:U40
  • 年齢:2万8000歳(U40年齢)
  • 身長:70メートル[6](最大120メートル、最小ミクロまで大きさ変化可能)
  • 体重:5万トン[6](最大8万5千トン、最小ゼロまで大きさ変化可能)
  • 飛行速度:マッハ8
  • 地中速度:マッハ8[7]
  • 腕力:20万トンタンカーをいとも簡単に持ち上げる[8]
  • ジャンプ力:1000メートル
  • 活動時間:4分

[編集]

プラニウム光線
二本指を突き出した両手を扇状に左右広げたアクションの後、両腕をL字型に組んで放つ必殺光線。組んで右腕にエネルギー光弾を作ってから敵に投げつけるAタイプ[9]と、組んですぐに光線を発射するBタイプ[10]があり、威力はAタイプ、発射時間はBタイプが優れている[10]。Aタイプには、両拳を合わせて発射するロッキングスパーク[9]と呼ばれる強化版があり、第21話でバゴンを倒している。Bタイプには、電撃状の光線を撃って敵を痺れさせるタイプや、両腕をクロスさせて撃つ変形タイププラニウム光線クロス撃ち[10]もあり、後者はアイランダの触手を怯ませた他、42話でも使用されている。
第35話ではエレクのエレクリウムビーム、ロトのロトラリア光線と同時にプラニウム光線Bを放つ3戦士トリプル光線[11]を使用した。
ロッキングスパーク[9]
プラニウム光線(Aタイプ)の強化バージョンで[9]、両手の拳を突き合わせてエネルギーを溜め、生み出した光球を放出する。ジョーニアスの技のなかでは最も威力が高く、第21話で900m以上の大きさを持つバゴンを倒している。
アストロビーム[6][12]
額のアストロスポットから放つ光線。顔の前で両腕を交差させてから放つ。スパイラルの心臓を貫き、ドラゴドスの翼を焼き切った。通常は破壊光線として使用するが、ザロームに吸収合体した魔術師を、細胞分解で救出したアストロビーム分解光線[12]や、ファイヤバドンに使用した、L字型に組んだ腕に当てることで、アストロエネルギーとプラニウムエネルギーを合成して発射するエネルギー合成光線[12]に使い分けられる。
スタービーム[12]
額のアストロスポットから放つ、星型光弾。威力は低いが、連射が可能。第19話でベドランに使用した他、35話ではプリズンにいた、名称不明の怪獣を倒している。
ブーメランギロチン[12]
プラニウムエネルギーを三日月形に凝縮して放つ、光の刃。第27話でレッドキングを倒した。
ウルトラレーザーショット[12]
手裏剣のように連射する光弾。色々な形がある。第7話でコンピューゴンに使用。
リトル光線[12]
怪獣を永久に小さくする光線。罪の無い怪獣を助ける時以外は使ってはいけない技とされている。タフギラコ、キングモアを小さくした。
ウルトラスピニングフラッシュ[10]
両腕を開いて体を回転させて、全身から連続発射する光弾。第13話でガラドラスに使用。
ウルトラストッパー[10]
エネルギーで敵を包み、一時的に活動を停止させる光線。エネルギーを著しく消耗する。第30話でスケルドンに使用。
ウルトラアイ[10]
透視能力。第30話では、ウルトラストッパーで停止させたスケルドンの体を透視、弱点を発見した。
ウルトラメディカルパワー[10]
両手先からリング状の光線を照射し負傷した人間などを治療させる光線。第13話でガラドラスの怪周波で石化した人々を元に戻した。
スーパーマグマ[13]
第36話で白鳥座82番星人ユンク博士の娘ノアからジョーニアスに託されたスーパーマグマエネルギーカプセルを体内に吸収、プラニウムエネルギーと合わせて放つ火炎光線。カプセルを太陽光線に当ててからでなければ使用できない。ダランチュラスを倒した。
ウルトラボディスクリュー[13]
両拳を前に突き出して飛行し、高速スピンしながら突進して、ドリルのように敵を貫く。第23話ではザンバを貫いてダメージを与えたほか、第14話のザイクロン戦では120メートルに巨大化した状態で使用して倒した。
ウルトラバリヤーケース[13]
敵を光の膜で包んで動きを封じる。第10話のザローム戦で大小2つ作り出し、大でザロームを閉じ込め、一時的に細胞分解させる際、分解した体が散らばるのを防いで、小にザロームに吸収されていた魔術師・佐竹の細胞を転送してバリヤー内で実体化させるために使用。
バリヤーガス[13]
第4話で気体になったレッドスモーギを、ガス状のバリヤーで包み込み、宇宙へ運んだ。
ディフェンスファープ[13]
両腕から発生させる防御光。第13話でガラドラスの怪周波を防いだ。
ウルトラバリヤー[13]
光の壁を作り出し、敵の攻撃を防ぐ。第34話で使用したが、エネルギーを消耗していたために、グロテングの光線に破られた。
スペースミラーバリヤー[13]
両手を交差させ、開くと発生する光の壁。第44話でスペーダーの光線を防いだ。
ウルトラパンチ[14]
強力なパワーとともに拳を相手に叩きつける、基本的な技のひとつ。相手の弱点を狙ったり、連続して繰り出したりと状況に応じて使い分けており、真正面に放つ「ストレートパンチ」[14]やマッハ8のスピードを生かして飛行しながら打ち抜く「フライングパンチ」[14]などがある。
ウルトラチョップ[14]
強烈なパワーとスピードで繰り出す、強力な手刀。ゴグランなどに使用した、頭上から振り下ろす「チョップV」[14]と、オプトの角を折るために繰り出した、水平に放つ「チョップH」[14]を使い分ける。
ウルトラエルボースマッシュ
折り曲げたひじを相手にぶつけることでダメージを与える技で、接近戦において効果を発揮する。また、羽交い締めにされた際などの脱出方法としても使用。ヘルキャットに用いた片ひじタイプと、ザイクロンに放った両ひじタイプがある。
ウルトラキック
強靭な脚力から放つ蹴り技で、相手に多大なダメージを加える。また、高く舞い上がってから急降下して放つ「急降下キック」[14]や、相手を空高く放り上げて、空中キックを決める「空中キック」[14]などのバリエーションも存在する。
ニードロップ[14]
高度数百メートルまでジャンプしたのち、急降下して敵の体にひざを打ちつける強烈な技。第19話で地面に倒れたゲラドに対して使用した。
ひざ蹴り[14]
突進しながら、敵にひざを相手に叩きつけることでダメージを与える技。第29話で飛行するジャゴンに対して使用した。
ウルトラスウィング[15]
強大なパワーによる投げ技。第19話で自身の倍以上の体重を持つゲラドの尻尾をつかんで投げ飛ばした。
ウルトラ回転投げ[16]
敵の体を抱え上げ、何度も回転を加えたのちに投げ飛ばす技。第13話のガラドラスとの湖面での戦いにおいて、水の浮力を利用して投げ飛ばした。
ウルトラ回転足投げ[15]
敵の首を両足で挟み込んだうえで、体を回転させて勢いをつけ、一気に投げ飛ばす技。バダンやキングモアとの戦いなどで使用した。
巴投げ[15]
自らの体を仰向けに倒しつつ、両足で相手の腹部を蹴り上げて後ろに投げ飛ばす技。自分より大きな怪獣に対して効果的で、ドルフィーゴ戦などでおいて使用した。
ウルトラ岩石落とし[15]
頭上に担ぎ上げた相手を、思い切り地面に叩きつける技。タフギランなどに対して使用した。
脳天逆落とし[16]
空中で敵の首を抱え込み、地上に向かって急降下することで、頭部を地面に激突させる技。第29話で空を飛ぶジャゴンに対して用いた。
空中回転落とし[16]
敵の足をつかんだまま空中で激しく回転し、敵の目を回させてから、勢いよく放り投げる技。第16話でキングモアに対して使用した。
空中逆落とし[16]
敵を担ぎ上げたまま空に飛び上がり、地上に叩きつける技。第1話でシーグラを用いたほか、第3話では海水に弱いワニゴドンを、海に投げ込んだ。
ウルトラ首締め[14]
100万馬力のパワーを生かし、相手の首を締め上げる技。ガドンやキングモアなどの怪獣に用いた。
ヘッドロック[16]
両腕で相手の頭を抱え込んで締め上げる技。ゲラドや翼竜怪獣などとの戦いで使用した。
ウルトラアタック[16]
全速力で相手に駆け寄って、体当たりで跳ね飛ばす技。第26話でギバルーガに対して使用した。
空中アタック[16]
空中アタックマッハ8の最高速度で飛行しながら、敵に体当たりする技。第15話のゴグランのように、空中を飛ぶ怪獣に用いた。
急降下ボディクラッシュ[16]
敵に全体重をかけて高空から落下させ、地面に激突させる技で、通常の投げ技に比べてダメージを倍増させる。第15話でゴグランに対して使用した。
ウルトラ解凍[15]
全身から熱を発し、シーグラの冷凍光線で凍りついた体を溶かした。
テレポーテーション[15]
第29話で使用、大阪から東京へ瞬間移動した。大きくエネルギーを消耗する。
エネルギー注入[15]
生命エネルギーを分け与え、重傷を負った者を回復させる。第31話でヒカリを通して使用、全身火傷を負った京子(この時アミアが一体化していた)を回復させた。

客演作品[編集]

実写作品の世界観でも「ウルトラマン・フェスティバル」などのイベントで客演する機会が多い。

ウルトラマン怪獣大決戦
宇宙警備隊員として客演し、同映画の主題歌「ウルトラマン物語」にも「ウルトラマンジョーニアス」という歌詞が存在している。
ウルトラマンが地球へ旅立つ際に、ウルトラの星の銀の広場にウルトラマンキングに他のウルトラ兄弟と共に招集され、新しい戦士として紹介され、新規撮影された戦闘シーン(元々はウルトラ戦士各人が自分の技のデモンストレーションを行うシーンが過去の回想で技を見せるシーンへ変更されたため、ジョーニアスのみ新撮になった)がある。
ジョーニアスの着ぐるみは新規造型されたもので、後の映画二作に登場するマスクも同じ型から製作されている。
新世紀ウルトラマン伝説
本作の映像の流用でゲラドやバゴンとの戦いが紹介され、その後他のウルトラ戦士と共に天空魔と戦った。
着ぐるみは怪獣大決戦版の型から作られたマスクであるが、目を小さめに直されている。このスーツは翌年も使用された。
新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE
ウルトラマンキングの誕生日を他のウルトラ戦士と共に祝福する。

科学警備隊[編集]

主な隊員[編集]

ヒカリ超一郎ヒカリちょういちろう 隊員
声 - 富山敬
本作の主人公。設定年齢は20歳。宇宙ステーションEGG3から科学警備隊に転属され、地球へ向かう途中でウルトラマンジョーニアスと遭遇し、彼と一体化する。
ウルトラマンに変身している間は必然的にいなくなるため、周囲から疑惑の目で見られることに苦悩するが、終盤で正体を隠して戦う意義を見出した。ニシキ教授からは「若いの」と呼ばれる。
かつてEGG3に衝突した隕石から出てきたゴグランから多くの人命を救うため、酸欠で呼吸困難に陥りながらもゴグランの幼虫を倒した事があり、ジョーニアスと一体化するきっかけにもなった。
バデル族がウルトラマインドで造り出した精神寄生体による爬虫怪獣との戦いで命を落としてしまうが、U40でジョーニアス共々蘇生手術を受けて蘇った。そこで出会ったジョーニアスの妹・アミアに想いを寄せるようになる。
アキヤマ徹男 キャップ
声 - 森川公也(第1 - 26話)
科学警備隊の初代隊長。設定年齢は41歳。科学警備隊の結成において、隊員選抜の委任やスーパーマードックの使用を認めさせる事を条件に隊長の任を引き受ける。
任務では常に冷静沈着な姿勢で臨み、その一方で隊員達に対する心配りを忘れない。ニシキ教授からは「隊長君」と呼ばれる。
ギバルーガとの戦いの後、怪獣作戦参謀としてアメリカゾーンに転任した。
ゴンドウ大助 キャップ
声 - 柴田秀勝(第28 - 50話)
科学警備隊の2代目隊長。怪獣作戦参謀としてアメリカゾーンに転任したアキヤマの後任として選ばれた。知的なアキヤマと違ってバリバリの体育会系。
就任当初は隊員達の反感を買っていたが、ダバランとの戦いを通じて任務にかける熱意が伝わり、信頼されるようになる。ニシキ教授からは、初対面時は「でかいの」、その後は「隊長君」と呼ばれる。
豪快かつ大らかな性格で、任務においては何事にも屈せず、常に厳しい態度で臨むが、その一方で茶目っ気ある一面も見せ、お化けなどのオカルト分野が苦手だったりする。
ヒカリとジョーニアスとの関係に薄々気付き、ジョーニアスに感謝する一方で彼の力に依存していることに苦悩する。
終盤ではヘラー軍団との決着をつけるために防衛会議の決定を無視してウルトリアで出撃することを決断した。
マルメ敬 隊員
声 - 兼本新吾(第1 - 19・21 - 50話)
設定年齢25歳。作戦室に所属していたが、自ら慕っていたアキヤマに直訴した上で科学警備隊に配属される。故にアキヤマの推薦以外で入隊した唯一の隊員。怪力の持ち主で射撃の名手である。趣味にライブスチームづくりをする器用な面があり、時空コンパスを作ったこともある。実家は九州で母親が住んでいる。ニシキ教授からは「丸いの」と呼ばれる。
肝心な時(ウルトラマンジョーニアスの出現時)にヒカリが居なくなることを指摘することが多く、「未熟者」と笑って済ますこともあれば「逃げる弱虫」と糾弾することもあったが、最終的には「ヒカリ=ジョーニアス」という関係を疑い、その活動に期待するセリフを口にした。
トベ博明 隊員
声 - 二瓶正也(第1 - 19・21 - 50話)
設定年齢は24歳。かつては設計部に所属していたが、常々地球に起きる怪事件に関心を持っており、アキヤマの推薦で科学警備隊に配属される。スーパーマードックの設計をしていたことから数々の新兵器の研究や開発を行っている。頭脳派キャラであると同時に行動的な性格でもあり、アキヤマ退任からゴンドウ赴任の間までは隊長代行として指揮を務めた。ニシキ教授からは「運転手君」と呼ばれており、それ故、彼が苦手。
理知的な性格のため、マルメと違い他の隊員と対立することはほとんどないが、ヒカリがマルメに肝心な時にいなくなることを非難され反論した際には「行動で示せ」とヒカリを諭し、直後にゲドンとの戦いでムツミが重体に陥ると、ジョーニアスに変身するためにムツミの傍を離れていたヒカリを糾弾した。
初期稿のキャラクターデザインでは短髪で眼鏡をかけた風貌だったが、声の担当が二瓶正也に決定したことで変更が加えられている[17]
星川ムツミ 隊員
声 - 島本須美[注 7](第1 - 19・21 - 50話)
設定年齢は18歳。科学警備隊の紅一点で医療班から転属される。女性という理由だけで特別扱いされることを嫌い、男性隊員に引けを捕らない程の実力を持つ。ただし、コーヒーを淹れるのは苦手。ニシキ教授からは「お嬢さん」と呼ばれる。
また、怪事件に関心を持ち警備隊結成以前からトベとは旧知であり、ファイヤバドンなどの正体を看破したこともある。
ヒカリに対して想いを寄せている。隊員服の下に水着を着込んで出動し、事件に巻き込まれたことがある。終盤、ゴンドウとほぼ同じ頃にヒカリとジョーニアスとの関係に薄々気付き、ゴンドウに相談しようとして制止されたことがある。第46話ではヘラー軍の艦隊の攻撃で搭乗していたバーディーからの脱出後に死亡してしまうが、その回のうちに蘇生している。
第39話では全裸でのシャワーシーンも見せている。

地球防衛軍関係者[編集]

ピグ
声 - 滝口順平
地球防衛軍に配備されているピグモンそっくりの100体あるロボットの第1号で、正式名称は「コンピュータロボット・78」[18]。口癖は「~ダナ」と「~やっぱし」。
常に科学警備隊の司令室でモンキと共に情報係として働き、異常電波を感知する危険察知回路、怪獣語も翻訳する言語コンピュータ搭載。地球防衛軍極東ゾーン基地中央コンピューターとほぼ同等の機能を持つ。料理も可能。腹部が開閉して小物を収納可能。マルメ隊員とは良きコンビ。ニシキ教授からは「ピッケル君」と呼ばれる。
ロボットの第1号ゆえに自分を旧式と思い込み自暴自棄になった事もある。
戦闘機の操縦も出来るため、稀にパイロットとして戦闘に参加することもある。
ウルトラマン』に登場したピグモンがモデルになっており、「ロボット・ピグの歌」でも自分のルーツ、先祖とピグ自身が歌っている。
モンキ
声 - 千葉繁
科学警備隊のマスコットキャラクターに当たる小猿。常にピグと行動を共にしている。
ヘラー軍団の物体電送機により、一時的にドストニー1号と融合してモンキ・ドストニーとなってしまい、ドストニー2号と戦ったことがある。
ウルック
声 - 野沢由香里
ウルトリアに複数配備されているサポートロボットで、ウルトリア起動後にピグが起動ボタンを押した事によって1体が起動し、そのまま科学警備隊のサポート役となる。ピグと同じく人間的感情を持っており、良きケンカ友達でもある。必ず語尾を上げるのが特徴。まめで働き者だが、融通が効かない。足が無く、ホバー機能で移動する[18]
野島ユリ子
声 - 岡本茉莉[注 8](第12・13・18話[注 9]
地球防衛軍・極東ゾーンの喫茶室で働く女性。怪獣に詳しく、自室の壁にウーカメレキングなどの怪獣・超獣の写真を飾っている。
実家がある南浮子島に開業医をしている父を残し、上京。アイランダが島を襲撃した際には、ムツミ隊員に代わって島に赴いたことがある。
ヒカリ達には「ユリちゃん」、マルメやトベには時々「ユリ」と呼ばれ、島の漁師には「ユリッペ」と呼ばれている。
桜田長官
声 - 塩見竜介[注 10](第1・7・14・19・26・28・29・35・36・38・45・47話)
地球防衛軍・極東ゾーンの責任者。懐が広く、科学警備隊のメンバーからの信頼は厚い。U40へ向かおうとする警備隊を他の幹部たちが反対する中、一人だけ笑顔を見せていた。
宮井副官
声 - 上田敏也(第26・28・38話)、石井敏郎(第19話)、緑川稔(第45話)
桜田長官の側近。典型的な腰巾着であるが、どこか空回りしているところがある。
ヘンリー・ニシキ教授
声 - 熊倉一雄(第5・17・32・44話)
ロンドン生まれの日系二世でアフリカゾーンに所属している科学者。常に怪獣に関する研究を行っており、また行動派として科学警備隊をサポートするが、人名をまともに覚えずに適当な呼び方で済ませるところが玉に瑕。ジョーニアスが登場すると狂喜乱舞する。
ジョーニアスのリトル光線で縮小されたタフギラコを引き取り、アフリカゾーンにある自宅で飼っている。終盤に登場した際、ウルトリアが分離出来る事を発見した。時々ヒカリがウルトラマンジョーニアスだと看破しているかのような一面を見せる。
パブロ
声 - 千葉繁(第17話)※ノンクレジット
科学警備隊・アフリカゾーンの隊員。昆虫採集をしていたニシキ教授と同行していた。

U40[編集]

U40に住むウルトラ人は、普段は地球人とよく似た肉体に古代ギリシャヒマティオントーガに似た白い衣服を纏った姿であるが、ジョーニアス同様ビームフラッシャーでウルトラマンに変身する。

U40にて最高の戦士に与えられる勇者の証・スターシンボルを使用する事により、宇宙のどの星にも短時間で瞬間移動できる。ウルトラ人の中でも巨大化できるのは8人と少なく、その中でもジョーニアスは最強の戦士とされている。緊急時には、自ら生命活動を止め仮死状態となり、あらゆる熱や圧力に耐えられる。

エレク
声 - 池田勝(第19・20・21・27・31・34・35・48 - 50話)
U40のウルトラ人の一人。腕を十字に組んで発射する、ジョーニアスのプラニウム光線Bと同等の威力があるエレクリウムビーム[6][19]、半球形の防御幕エレクバリヤー[19]が使える。
  • 身長:70メートル
  • 体重:4万8千トン
  • 飛行速度:マッハ7.6
ロト
声 - 宮村義人(第20・21・27・34・35・48 - 50話)
U40のウルトラ人の一人。腕を十字に組んで発射する、ジョーニアスのプラニウム光線Bと同等の威力がある[要出典]ロトラリア光線[6][19]が使える。
  • 身長:70メートル
  • 体重:4万8千トン
  • 飛行速度:マッハ7.6
アミア
声 - 滝沢久美子[注 11](第20・21・31・37・38・47 - 50話)
ジョーニアスの妹。変身はできるが巨大化はできない(ただし第31話ではスターシンボルを持ち出して変身したため、巨大化した)。
ヒカリ隊員に想いを寄せており、無断で地球へ来た事もある。
腕を十字に組んで発射するアミアッシャー[6][19]、暗闇を見通すアミア・アイ[19]が使える。戦闘時には双発双胴の複座戦闘機を使用することもある。変身後はブーツに小型光線銃を隠し持っている。
  • 身長:60メートル
  • 体重:3万3千トン
  • 飛行速度:不明
大賢者
声 - 宮内幸平(第20・21・27・31・34・37・49・50話)
U40の最高指導者。ジョーニアス達を見守る長老。第49話でヘラー軍団に捕まり、分解装置にかけられて四散するも、最終回でアミアが原子配列方法が記録されているカードを復元システムに入れたため、復活を遂げた。
5人の戦士
U40のウルトラ人のうち、巨大化変身できる5人。ウルトラ戦士ハンドビーム[19]を発射可能。
ジョーニアス、エレク、ロトら8人の戦士の合体技として、8人同時に光線を発射するウルトラスーパーレーザー[11]、8人のエネルギーで球状バリヤーを作り出すウルトラ戦士合同バリヤー[11]がある。前者はバラドン星人の円盤を粉砕し、後者はバデル族に盗まれたウルトラマインドのパワーを封じた。5人の戦士のうちひとりの名前が第21話でメレグであると判明している。
また第20話の台本ではあと二人にノアミゲルの名前が設定されていた。
一般戦士
U40で大賢者やエレク、ロト達戦士のサポートをする巨大化出来ない戦士。第34・35話で大賢者の指揮の下、奪われた怪獣収容星プリズンの捜索をしていた。
全員が同じ顔と姿で描写されている。ジョーニアスのボディの模様を簡略化した姿で、鋭く切れ長なジョーニアスの目に比べ実写版初代ウルトラマンの様な卵型の丸い目をしている。
議員
U40にある裁判所の議員たち。第37話で永遠の命を欲しがるヘラーに激しく反発していた。

ヘラー軍団[編集]

元はウルトラ人だったが、宇宙征服に乗り出したヘラーの指揮する軍団。ヘラーから兵士に至るまで全員がウルトラ人だが、裏切った際に皆変身能力は棄てている(ウルトラマインドの力は変身の為に使われるが、それに使わなければ不老不死を手にする事もできる)。裏切ったウルトラ人以外にも、多数の怪獣や異星人を従えている。

ヘラー
声 - 大木民夫(第37・49・50話)
ヘラー軍団を率いる冷酷非道の独裁者。ウルトラマインドの力で全宇宙の征服を目論む。大賢者達によってU40を追放されたが、艦隊を組織してU40を制圧。次の攻撃目標をウルトリアが眠る地球に定め、ロイガーの部隊を派遣した。パンサーという豹に似た生物を飼っている。小型の鞭を振るい、部下に指令を下す。
戦術家としても優秀で、U40に迫ったウルトリアをわざと潜入させて撃墜した。基地に潜入した科学警備隊を捕らえてジョーニアスの正体を確かめようとするが、既にジョーニアスはヒカリと分離していたために失敗。
ジョーニアス達の反撃によって艦隊が壊滅した後、本拠地であるヘラーシティを浮上させてU40から脱出しようとするが、ジョーニアスの鉄拳を受け、絶叫しながら爆発するヘラーシティと運命を共にした。
ロイガー
声 - 大友龍三郎(第37 - 44・48話)
ヘラーの右腕と呼ばれる腹心の部下。U40を制圧した後にヘラー艦隊を指揮するために地球へ派遣された。その際、搭乗艦をジョーニアスに破壊され、宇宙空間で艦橋を破壊されるも生存し、その後土星の衛星タイターンに前線基地を築き、地球攻略の指揮を執った。
目的達成のためには手段を選ばず、何も知らない子供をも利用する卑劣な人物。幹部として懐が深い一面があり、登場初期ではヘルキャットがジョーニアスに敗北して動揺する兵士達と違い、久々に強い敵と出会えた事を嬉々とする描写があった。
最期は負けを認めアミアがU40に連れて行かれたことをジョーニアスに伝え高笑いするが、落ちてきた瓦礫が直撃して死亡した。

その他[編集]

ゲスト[編集]

  • 隊員 - 池田勝、二又一成塩沢兼人(第1話)
  • 伊海田弘津田英三(第2話)
  • タカシ - 小原乃梨子(第3話)
  • 島田 - 仲木隆司(第3話)
  • 宮村義人、友近恵子亀井三郎加藤早紀子(第3話)
  • 機長 - 久木念(第4話)
  • 古川登志夫、宮村義人、上恭ノ介、岡田なほ子(第6話)
  • ロボット101号 - 永井一郎(第7話)
  • バルタン星人 - 寺島幹夫(第8話)
  • 田島 - 池水通洋(第8話)
  • 南田 - 宮内幸平(第9話)
  • 清水 - 池田秀一(第9話)
  • 助手 - 西川幾雄、塩沢兼人(第9話)
  • ジョージ佐竹 - 久木念(第10話)
  • 治子 - 鈴木弘子(第10話)
  • 宏 - 中川まり子(第10話)
  • 少年たち - 松岡洋子、蒔村三枝子、加藤早紀子(第10話)
  • 大河原 大介 - 内海賢二(第11話)
  • 大河原 一郎 - 太田淑子(第11話)
  • 首脳 - 池田勝、品川徹小野丈夫(第11話)
  • 緒方賢一、品川徹、蒔村三枝子(第12話)
  • 木下 - 安原義人(第13話)
  • 木下の祖母[注 12] - 赤木葉子(第13話)
  • 稲葉 - 上恭ノ介(第13話)
  • スタッフ - 緒方賢一、牧村泉三郎、塩沢兼人、千葉繁(第14話)
  • 品川徹、稲葉実(第15話)
  • 船長 - 水鳥鉄夫(第16話)
  • 船員 - 村山明(第16話)
  • ドクター - 八奈見乗児(第16話)
  • 女客 - 岡田なほ子(第16話)
  • ユリコの父[注 13] - 緑川稔(第18話)
  • つるみ - 亀井三郎(第18話)
  • 漁師 - 稲葉実、山口健大山たかお(第18話)
  • ウルトラ族の男 - 青野武若本紀和[注 14](第20話)
  • ウルトラ族の女 - 宮内牧子(第20話)
  • コンピューター / ウルトラ兵士 - 二又一成(第20話)
  • ザミアス - 加藤修(第21話)
  • 田中康郎、水鳥鉄夫、品川徹(第21話)
  • フク(マルメの母) - 藤夏子(第22話)
  • ザーモス - 緒方賢一(第22話)
  • 青木 - 井上真樹夫(第23話)
  • アルファ・ケンタウリ第1惑星の王女 - 島本須美(第24話)
  • その侍従[注 15] - 大久保正信(第24話)
  • 小野丈夫、塩沢兼人(第25話)
  • ギバルーガ - 飯塚昭三
  • バラドン星人 - 飯塚昭三(第27話)
  • アナウンス - 友近恵子(第27話)
  • 科学者 - 塩沢兼人、福士秀樹、二又一成(第28話)
  • ジャダン星人・ボア - 飯塚昭三(第29話)
  • 佐藤由美子、松田重治(第29話)
  • 館長 - 大久保正信(第30話)
  • 二又一成、橋本茂雄(第30話)
  • 小高京子(第31話)
  • 暗黒星人バビラー[注 16] - 大竹宏、千葉繁(第32話)
  • 室長 - 桜本晶弘(第34話)
  • 管制官 - 二又一成(第34話)
  • クメ - 福士秀樹(第34、35話)
  • カネダ - 上恭ノ介(第34、35話)
  • ノア - 岡本茉利(第36話)
  • ノアの父[注 17] - 小野丈夫(第36話)
  • 小関一、稲葉実、千葉繁、品川徹(第37話)
  • 兵士A - 稲葉実(第38話)
  • EGG3司令官 - 品川徹(第39話)
  • 職員 - 千葉繁、山口健(第39話)
  • フェデリコ - 栗葉子(第40話)
  • 千葉繁、稲葉実、山内真理子[注 18](第40話)
  • 田中康郎、稲葉実、千葉繁(第41話)
  • ハタリ船長 - 相模太郎(第42話)
  • タンカー船長 - 伊海田弘(第42話)
  • 二又一成、広瀬正志、稲葉実(第43話)
  • ジンダ - 木原正二郎(第45話)
  • 屋良有作(第47話)
  • 扇谷敏、植田敏正(第48話)

地球防衛軍/科学警備隊[編集]

地球防衛軍は地球防衛をはじめ、宇宙開発や地球各地の観測を目的として設立された国際的組織であり、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、極東に各ゾーンが配置されている。科学警備隊は地球防衛軍の精鋭チームで、それぞれの支部が各ゾーンに置かれている。活動にあたっては、地球防衛軍の各セクションと緊密に連絡を取っている。

シリーズ中盤での隊長の交代劇があり、父親的なキャラクターのアキヤマキャップから兄貴分的なキャラのゴンドウキャップに交代した。

日本支部基地[編集]

科学警備隊に日本支部は、地球防衛軍の富士山麓の樹海を切り開いて建造された広大な敷地を擁する地球防衛軍の極東ゾーンに置かれている。

内部には、科学警備隊隊員達が勤務する『パドック』と呼ばれる司令室やリラックス用スペースのラウンジをはじめ、防衛軍一般隊員も休憩時に使用する喫茶室や各隊員達の私室、ロボット工場、スーパーマードック号の格納庫などが点在し、中盤以降は極東ゾーンの一部を改造してウルトリア専用ドックも造られた。

また、科学警備隊の他にも、分析班や医療班、宇宙生物研究班、怪獣処理班、航空班、宇宙監視班、海洋観測班といった各セクションが存在する。

ユニフォーム[編集]

ウルトラ警備隊を意識した、ライトブルーを基調としホワイトのラインが入ったデザインで、耐熱・耐寒に優れており、隊長クラスは左上腕部に階級章を付けている。

隊員装備[編集]

SGシーバー
全隊員が左腕に装着している腕時計型通信機。使用する際には内蔵アンテナを伸ばす。
SGメット
各メカに搭乗する際に被るシールド付きヘルメット。
宇宙服
宇宙空間での活動時に着用する専用服。
耐圧服
飛行メカで高高度を飛行する際に着用する専用服。
特殊ヘルメット
宇宙服や耐圧服を着用する際に被る専用ヘルメットで、SGメットとは形状が異なり、頭部から首まで覆う。
ウルトラガン
隊員達の標準装備である拳銃で、腰のホルスターで携行する。通常はレーザーを発射するが、麻酔弾やショック弾を発射することも出来る。更に銃口にアタッチメントを取り付けることで、様々な銃撃も可能。
グレネード・ガンディ
携帯式ロケットランチャー。シューターASS等で運搬されて使用する。マルメが多用しており、紫色の前期型と、深緑色の後期型の2種類がある。ミサイル戦車の攻撃が通じないワニゴドンに対し、接近して使用する事で、3発で倒した他、アーストロンも倒した。
サンプル採集キット
第1話でシーグラが乗っていた流氷を調査するために使用。
次元コンパス
第22話でマルメがザーモスを異次元に送り返すためにピグと共同で作成した小型装置。
探知機
様々な生物・物質を検知出来る装置。第25話で使用。
光子レーザー砲
墜落したステーションN3から取り外した大型レーザー砲。第34・35話でトベとマルメが使用。プリズンのウルトラエネルギーを繋げる事で、怪獣を倒せる威力を発揮した。
特殊通信機
第46話でトベがジョーニアスと交信する為に開発した、特殊サイクルを用いた通信機。後にヒカリの手で改良され、対話可能になった。

メカニック[編集]

スーパーマードック
全長:30m 重量:20t 乗員:6名 飛行速度:マッハ5.5(空中)、マッハ3(地上)、マッハ2(水上)、マッハ1(水中)、マッハ9.5(宇宙空間)
トベ設計の空・海底・宇宙対応の大型収納攻撃空母艦機。バーディー、ベータミーの母機でもある。各種レーザー砲とミサイルが武器。また遠距離任務の移動本部としての機能を持つ。簡単な分析を行なえる科学室も存在する。後に潜水エンジンや耐水圧を強力に改造した潜水モードに変形できるようになった。第37話でヘラー軍団の宇宙船の攻撃で破損し、グモンスの攻撃を受けて大破した。
バーディー
全長:7m 乗員:1名 飛行速度:マッハ5
カナード翼にレーザー砲を装備。軽快な運動性を誇る、各隊員搭乗の真っ赤な量産型トルーパー機。また第47話で同型のスペースバーディが出撃し、同機2機でヘラー軍団地球方面軍の戦闘機隊を全滅させている。
ベータミー
全長:8m 乗員:2名 飛行速度:マッハ5
スーパーマードックに搭載している試作改良型小型主人公機で、偵察、攻撃機。両翼のノズルが180°可変し、垂直離着陸が可能。機体最後部に回転式連装レーザー砲を搭載。また第48話で同型のスペースベータミーが登場している。
パッセージャー
全長:10.8m、12.7m(Ⅱ号) 全幅:16.8t、9.9t(Ⅱ号) 定員:4名 速度:時速700km、時速850km(Ⅱ号)
水陸地中戦闘調査用ドリル戦車。ドリルを高速回転して、水陸地中を突き進む。ミサイルを装備。また、実戦テスト用のダブルドリルの2号機、パッセージャーⅡ号もあり、第33話に登場した。
シューターASS
定員:2名 走行速度:時速850km
科学警備隊の特殊車輌。6輪のタイヤを持ち、主にパトロールと、航空機では入れ込めない場所で活躍する。また分析やレーダー機能を搭載しており、小型研究室を持つ頑丈なスーパーカー。
ステーションホークN3
全長:36m 乗員:2名
宇宙空間を飛ぶ戦闘用小型ロケット。防衛軍所有の宇宙ステーションであるEGG3への移動手段として使われている。装備として、プラズマミサイルや光子レーザー砲がある。第34話でプラズーンに破壊された。
巨大戦闘艦ウルトリア
古代ウルトラ人がU40と地球の危機の際に備えて南極地下に隠匿してあった。大賢者がアミアを使者としてウルトリアを探索させ,そのまま科学警備隊に授けられた全長300mを越える超巨大宇宙戦艦。
第37話で大破したスーパーマードックに代わり科学警備隊の主力兵器となる。艦体の中央部(α号)と後部両翼部(β号)に分離して独立行動・攻撃が出来る。
ワープ航法により、地球から200万光年離れたU40へも航行可能。動力源はウルトラ素粒子で、出力は全世界の原発エネルギーの10倍に達し、補給・点検は100年間不要。一人でも操縦可能。人工重力機能により、宇宙空間や重力圏離脱を行っても搭乗者は無重力感や衝撃を感じずに済む。兵装は艦首突起部の大型ビーム砲(確認できる使用は三度)と艦載機発進口後方の連装大型ミサイルをはじめ、怪獣の体を貫通するほどの威力を持つ3連装反陽子ビーム砲をα号上面に3基,下部に1基、β号翼前端部に大型3連装反陽子ビーム砲を2基とその後ろ上面に小型混載反陽子ビーム砲塔が確認できるが、トベ隊員のウルトリア分析によるとこのような反陽子砲を150基装備しているらしい。数本のマニピュレーターも装備している。
スペースバーディやスペースベータミーは、ウルトリアによってもたらされた技術を基に開発されている。
同艦の配備にあたり科学警備隊基地は大改築を施され、繋留中の威容はさながら基地構築物の一部である。第49話でウルトラ艦隊とともにU40衛星軌道上に差し掛かったところ、ウルトラマインドを用いたヘラー軍団の極太ビーム砲撃を受けてウルトラ艦隊とともに窮地に陥った。やむを得ず撃破されたと装って噴射口を閉めた上でエンジン全開とし暴走させ,惑星上に突入。落下しながらヘラーシティの防衛タワーに体当たりを敢行し一部を破壊,平地に不時着して科学警備隊員が脱出した後に爆発した。一見無謀な方法であったが、ヘラーシティのバリアと防衛システムの一部を破壊することができ,また,これにより科学警備隊員が無事突入でき,U40解放へつながった点で大殊勲であったといえる。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 円谷皐満田かずほ(以上、円谷プロダクション)、忠隈昌(TBS)
  • チーフディレクター - 鳥海永行神田武幸
  • 作画監修・キャラクターデザイン - 二宮常雄
  • メカニックデザイン - 大河原邦男[注 19]河森正治[注 20]スタジオぬえ
  • デザイン - 高橋昭彦、山口修
  • 怪獣原案[22] - 高橋昭彦、鯨井実、旭靖美、小川富美夫、斉藤誠一
  • 色指定 - 若尾博、及川あつ子、羽鳥真一ほか
  • 特殊効果 - 土井通明、山崎雅典、田中孝夫、風屋洋
  • タイトル - スタジオ・トライ
  • 作画 - 二宮常雄、林田雅子、西島良隆、藤野京子、谷口守泰駅間我子ほか
  • 仕上 - シャフト
  • 美術 - 中村光毅、坂本伸人、宮川一男、佐藤信、新井寅雄
  • 背景 - マスコット
  • 撮影 - 旭プロダクション
  • 編集 - 鶴渕友彰、小谷地文雄
  • 現像 - 東京現像所
  • 音楽 - 宮内國郎冬木透
  • 効果 - 南部満治
  • 録音 - 新坂録音、高橋久義
  • 録音ディレクター - 鳥海俊材
  • 製作プロデューサー - 渋江晴夫
  • 製作デスク - 善名良行
  • 企画デスク - 江藤直行
  • 文芸担当 - 鶴見和一
  • 製作担当 - 栃平吉和
  • アニメーション制作 - 日本サンライズ
  • 製作 - 円谷プロダクション、TBS

音楽[編集]

ウルトラシリーズとしては初めて、音盤化を前提としたBGMが作られた。第1回録音分はシリーズとしては『ウルトラマン』以来、円谷プロ作品としても『トリプルファイター』以来の登板(『恐竜戦隊コセイドン』では主題歌作曲のみ担当)となった宮内國郎。実写ではなくアニメという、シリーズの新機軸を打ち出した作品ではあるが、音楽面では原点回帰を狙った。

宮内による音楽はジャズビッグ・バンドという、彼の十八番とする編成ながら、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』よりも規模は大きい。全てロサンゼルスで録音され、シリーズ初の海外録音ともなった。主題歌のアレンジ、科学警備隊のテーマといった主要モティーフを中心に、Mナンバーにして60曲が用意された。なお、実際の音楽には弦楽器も含まれているが、これは日本に帰ってきてからオーバーダビングされたもの。これらの曲はLP「組曲 ザ☆ウルトラマン」という形のサントラ盤(日本コロムビア)として、番組開始とほぼ同時に発売された。

番組開始直後、追加録音が早速決まり、冬木透が新たに登板した。録音は国内において管弦楽の編成で行われた。冬木による音楽はLP「交響詩ザ☆ウルトラマン」としてリリースすることを前提に、宮内作曲の主題歌アレンジ曲、挿入歌メロディ入りカラオケ(通称メロオケ)、冬木版ウルトラマンのテーマや科学警備隊のテーマなど、Mナンバーにして57曲が録音され、番組でも第10話から宮内の音楽と併用された。しかし、冬木による追加録音曲は『交響詩〜』としての単独発売はされず、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』、『ウルトラマンA』のBGMと併せた二枚組LP「冬木透の世界」として世に出ることとなった。一部、「交響詩」に組み込まれなかった曲(冬木版科学警備隊のテーマなど)もあったが、それらは1989年発売のCDで日の目を見ることになった。なお、冬木担当分の楽曲「スクランブル!科学警備隊」は『ウルトラマン80』第14話のスカイハイヤーが降下するシーンで流用され、ワンダバコーラスを被せたヴァージョンが「スクランブル2006」として『ウルトラマンメビウス』第17話で使用された。

劇中音楽の追加録音と並行して挿入歌・イメージソング(下記)も新規に録音された。作曲は冬木透を中心に、円谷プロ社長(当時)だった円谷皐も<谷のぼる>名義で行っている。これらの曲は主題歌2曲とともにLP「ザ☆ウルトラマン ヒット曲集」に収録された。

また、LPではなくシングル盤収録の「ザ・ウルトラマン・ディスコ・フィーバー」という曲(作曲・編曲:宮内國郎/演奏:ロサンゼルス・ウルトラ・バンド)もあった。これは劇場版『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』で使用された「ディスコウルトラマン」のB面曲である。両曲ともインスト曲ではあるが、日本コロムビアの主題歌・挿入歌CDで聴くことができる。

このように本作は結果的に宮内國郎と冬木透というウルトラシリーズの音楽の二大巨匠が顔合わせをし、かつ、シリーズ初のステレオBGMおよび海外録音、そしてヒット曲集の発売という、質量ともに類を見ないものになった。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「ザ☆ウルトラマン」
作詞 - 阿久悠 / 作曲・編曲 - 宮内國郎 / 歌 - ささきいさおコロムビアゆりかご会[注 21]
エンディングテーマ - 「愛の勇者たち」
作詞 - 阿久悠 / 作曲・編曲 - 宮内國郎 / 歌 - ささきいさお
エンディングテーマが存在するのは、本作がウルトラシリーズ初の事例。
BGM担当者が主題歌も作曲するのは、同シリーズでは『ウルトラセブン』以来。
2曲ともカラオケは劇中音楽と同様、ロサンゼルスで録音された。

挿入歌・イメージソング[編集]

「ウルトラマン賛歌」
作詞 - 満田かずほ / 作曲・編曲 - 冬木透 / 歌 - ささきいさお、くにたちカンマーコール
歌を担当したささきは、今まで歌った中で一番苦しんだ難しい曲としている[23]
「ウルトラの星」
作詞 - 谷のぼる / 作曲・編曲 - 冬木透 / 歌 - コロムビアゆりかご会
「ムツミの歌」
作詞 - 満田かずほ / 作曲 - 谷のぼる / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 堀江美都子
「スーパーマードック」
作詞・作曲 - 谷のぼる / 編曲 - 高田弘 / 歌 - ささきいさお、くにたちカンマーコール
「我ら科学警備隊」
作詞 - 満田かずほ / 作曲 - 谷のぼる / 編曲 - 高田弘 / 歌 - ささきいさお、くにたちカンマーコール
「ロボット・ピグの歌」
作詞 - 谷のぼる / 作曲 - 冬木透 / 編曲 - 丸山雅仁 / 歌 - 滝口順平
「明日に……」
作詞・作曲 - 谷のぼる / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 富山敬
第18話に使用され、第23話では、インストが使用された。
「怪獣レクイエム」
作詞 - 満田かずほ / 作曲・編曲 - 冬木透 / 歌 - ささきいさお、くにたちカンマーコール
次作『ウルトラマン80』の第15話で、城野エミ隊員が怪獣ミューに子守唄を歌うシーンで使用され、第44話では、80と妄想ウルトラセブンが戦うシーンでインストが使用された。また『5夜連続シリーズ スーパーTV』の「人気怪獣大パレード」(1984年3月26日-30日、『ウルトラマンタロウ』、『ミラーマン』、『ファイヤーマン』、『ジャンボーグA』のダイジェスト版で構成)のエンディングとしても使用されている。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 登場怪獣
第1話 1979年
4月4日
新しいヒーローの誕生!! 阿部桂一 鳥海永行 石田昌久
  • 冷凍怪獣シーグラ(4体)
第2話 4月11日 光るペンダントの秘密 吉川惣司 古川順康
  • 竜巻き怪獣スパイラル
第3話 4月18日 草笛が夕日に流れる時… 星山博之 四辻たかお
  • 分裂怪獣ワニゴドン(3体)
  • 分裂怪獣ペロ
第4話 4月25日 謎の赤い雲を追え!! 若槻文三 小鹿英吉
  • 雲怪獣レッドスモーギ
第5話 5月2日 パッセージャー号地底突破!! 石田昌久
  • 地底怪獣タフギラン
  • 地底怪獣タフギラス
  • 地底子怪獣タフギラコ
第6話 5月9日 燃える深海への挑戦 荒木芳久 古川順康
  • 溶岩怪獣ファイヤバドン
第7話 5月16日 攻撃指令!目標はピグ!! 若槻文三 石田昌久
  • 電子怪獣コンビューゴン
  • 宇宙怪獣
  • ロボット101号
第8話 5月23日 ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!? 荒木芳久 安濃高志
  • 宇宙忍者バルタン星人
  • モンスター怪獣ミコノス
第9話 5月30日 目覚めた古代生物の恐怖!! 星山博之 四辻たかお
  • 頭脳怪獣ドルフィーゴ
第10話 6月6日 見えたぞ! まぼろしの怪獣が…[注 22] 藤川桂介 鳥海永行 古川順康
  • テレポート怪獣ザローム
第11話 6月13日 科学警備隊へのチャレンジ!! 吉川惣司 布川郁司 安濃高志
  • 液体怪獣
    • 機械怪獣ヘクトール
  • ブルドーザー兵器ヘクトール
第12話 6月20日 怪獣とピグだけの不思議な会話 平野靖士 寺田和男 石田昌久
  • 同居怪獣オプト(チョウ、ジン、サン)
第13話 6月27日 よみがえった湖の悲しい伝説 星山博之 八尋旭 古川順康
  • 音波怪獣ガラドラス
第14話 7月4日 悪魔の星が来た!! 梓沢四郎 安濃高志
  • 火焔怪獣ゲロン
  • 火山怪獣ガドン
  • 宇宙怪獣ザイクロン
    • 謎の天体
第15話 7月11日 君がウルトラマンだ 吉川惣司 鳥海永行 石田昌久
  • いん石獣ゴグラン(幼虫、成虫)
第16話 7月18日 生きていた幻の鳥 若槻文三 八尋旭 小鹿英吉
  • 幼鳥モア
    • 古代怪鳥キングモア
第17話 7月25日 ベータミーが消えた!! 鳥海永行 石田昌久
  • こん虫獣バダン
第18話 8月1日 謎のモンスター島 吉川惣司 奥田誠治 古川順康
  • 岩礁怪獣アイランダ(超巨大怪獣)
  • 岩礁怪獣アイランダ(小型怪獣)
第19話 8月8日 これがウルトラの星だ!! 第1部 小田経堂 石田昌久 精神寄生体
  • は虫怪獣 ゲラドゲラド
  • は虫怪獣 ゲラドジャニュール
  • は虫怪獣 ゲラドベドラン
第20話 8月15日 これがウルトラの星だ!! 第2部 辻勝之
  • 凶悪星人バデル族(多数体)
第21話 8月22日 これがウルトラの星だ!! 第3部
  • 凶悪星人バデル族(多数体)
  • 暗黒怪獣バゴン
  • は虫怪獣ジャニュール三世
第22話 8月29日 南海の怪しい空間[注 23] 星山博之 八尋旭 八木岡正美
  • 異次元怪獣ザーモス
第23話 9月5日 超音速の対決 高橋資祐 辻勝之
  • 高速怪獣ザンバ
第24話 9月12日 ふたりのムツミ隊員 吉川惣司 奥田誠治 古川順康
  • 宇宙竜ドラゴドス
  • アルファ・ケンタウリ第1惑星王女
  • アルファ・ケンタウリ第5惑星人(名前のみ)
第25話 9月19日 悪魔の花園 荒木芳久 松浦錠平 辻勝之
  • 毒花怪獣デスバラン
第26話 9月26日 地球最大の危機!! 平野靖士 石黒昇 八木岡正美
  • 凶暴怪獣ギバルーガ
第27話 10月3日 怪獣島浮上!! 若槻文三 坂田透 辻勝之 レッドキングと怪獣軍団
  • どくろ怪獣レッドキング
  • 凶暴怪獣アーストロン
  • 爆弾怪獣ゴーストロン
  • プラスチック怪獣ゴギネズラ
  • 青色発泡怪獣アボラス
  • 赤色火炎怪獣バニラ
  • 宇宙悪魔バラドン星人(少数)
第28話 10月10日 新キャップが来た!! 吉川惣司 蛭田充 八木岡正美
  • 合体怪獣ダバラン
    • 象怪獣
    • 翼竜怪獣
第29話 10月17日 悪魔のUFO大襲来[注 24] 若槻文三 白土武 又野弘道
  • 侵略星人ジャダン
    • 双頭怪獣ジャゴン
第30話 10月24日 動きだした巨大化石 星山博之 山口務 八木岡正美
  • 骨怪獣スケルドン
第31話 10月31日 ウルトラの女戦士 吉川惣司 横山裕一郎 辻勝之
  • 宇宙星獣ガルバドス
第32話 11月7日 宇宙からの物体X[注 25] 若槻文三 八木岡正美
  • 暗黒星人バビラー
  • ロボ怪獣メガザウラ
第33話 11月14日 GO!! マグマの決死圏 星山博之 白土武 又野弘道
  • 集結怪獣ガミバ
第34話 11月28日 盗まれた怪獣収容星(前編) 平野靖士 満田かずほ 辻勝之 宇宙怪獣群
  • 宇宙怪獣ゴードリアン
  • 宇宙海賊インベド人(多数体)
  • 宇宙怪獣プラズーン
  • 宇宙怪獣ジナリオ
  • 宇宙怪獣グロテング
  • 宇宙怪獣アグジョン
  • 宇宙怪獣デスパワー
  • 宇宙怪獣ズーマ
  • 宇宙怪獣グロル
第35話 12月5日 盗まれた怪獣収容星(後編) 八木岡正美 宇宙怪獣群
  • 宇宙海賊インベド人(多数体)
  • 宇宙怪獣プラズーン
  • 宇宙怪獣ジナリオ
  • 宇宙怪獣グロテング
  • 宇宙怪獣アグジョン
  • 宇宙怪獣
第36話 12月12日 宇宙から来た雪女 宮田雪 山口務 関田修
  • 白鳥座82番星人ノア
  • 氷結怪獣ダランチュラス
第37話 12月19日 ウルトラの星U40の危機!! ウルトリアの謎? 吉川惣司 藤岡正宣 辻勝之 ヘラー軍団
  • ヘラー
  • ロイガー
  • ヘラー軍兵士
  • カプセル怪獣グモンス
第38話 12月26日 ウルトラ大戦争!! 巨大戦闘艦ウルトリア出撃[注 26] 横山裕一郎 八木岡正美 ヘラー軍団
  • ロイガー
  • ヘラー軍兵士
  • カプセル怪獣グモンス
第39話 1980年
1月9日
ねらわれた巨大戦闘艦ウルトリア[注 27] 白土武 又野弘道
  • 巨大怪猫ヘルキャット
第40話 1月16日 怪獣を連れた少年 平野靖士 坂田透 辻勝之
  • オペルニクス星人フェデリコ
  • ペット怪獣オロラーン
    • 改造オロラーン
第41話 1月23日 激突!! ウルトラマン対ウルトラマン 若槻文三 藤岡正宣 関田修
  • 回転怪獣ギロス
  • にせウルトラマンジョーニアス
  • 宇宙兵士ギロ星人
第42話 1月30日 ウルトラマン生けどり作戦 吉川惣司 山崎和男 八木岡正美
  • 宇宙ハンターハタリ
    • 大型戦艦
第43話 2月6日 怪獣になったモンキ!? 平野靖士 白土武 辻勝之
  • 電送怪獣ネオドストニー
  • ドストニー1号
  • ドストニー2号
  • モンキ・ドストニー
第44話 2月13日 ウルトリアが二つに割れた!? 若槻文三 坂田透 関田修
  • 宇宙魔軍サイエン星人
    • 隕石円盤サイエンダー
  • 円盤怪獣スペーダー
  • カプセル怪獣カペラドン(10体)
第45話 2月20日 爆弾を抱いたピグ 平野靖士 白土武 辻勝之
  • 積雲怪獣ゴルディング
  • アンドロイド201部隊
第46話 2月27日 よみがえれムツミ 吉川惣司 横山裕一郎 関田修
  • メカ怪獣ゲドン
  • ヘラー軍宇宙円盤
第47話 3月5日 ウルトラの星へ!!第1部 女戦士の情報 白土武 又野弘道 ヘラー軍団
  • ヘラー軍兵士
  • ヘラー軍地球攻撃司令官
第48話 3月12日 ウルトラの星へ!!第2部 前線基地撃滅 山口和十八 辻勝之
  • 合成獣ヘラ・ウマーヤ
第49話 3月19日 ウルトラの星へ!!第3部 Uウルトラ艦隊大激戦 斧谷稔 関田修 ヘラー軍団
  • ヘラー
  • ヘラーのペットパンサー
  • ヘラー軍兵士
第50話 3月26日 ウルトラの星へ!!完結編 平和への勝利 ヘラー軍団
  • ヘラー
  • ヘラーのペットパンサー
  • ヘラー軍兵士
  • 処刑怪獣マクダター

他媒体展開[編集]

映像ソフト化[編集]

海外版[編集]

アメリカ合衆国にて、2本の英語吹き替え&再編集版が公開された。

The Adventures of Ultraman
1981年公開。日本国内では「LD-BOX」の映像特典として収録。
  • 脚本・監督 - Jeff Segal
  • 音楽 - Mark McKinniss
  • 音楽プロデューサー - 玉川静(Sussie Tamagawa名義)
  • アソシエイトプロデューサー - Ken Fukui
  • プロデュース - 円谷皐、満田かずほ、忠隅昌
Ultraman II The Further Adventures of Ultraman
1983年公開。日本未公開。
  • 共同制作 - Associates Entertainment International
  • 製作総指揮 - Mark Cohen
  • プロデュース - 円谷粲、Sidney L.Kaplan
  • アソシエイトプロデューサー - 大木淳
  • 監督・ナレーション - Tom Weiner
  • 脚本 - Sidney L.Kaplan、Tom Weiner

映画作品[編集]

ウルトラマン怪獣大決戦
実写映画作品。ウルトラマンジョーニアスが登場。
新世紀ウルトラマン伝説
実写映画作品。ウルトラマンジョーニアスが登場。本作の映像の流用で本作の怪獣(ゲラドやバゴン)を紹介。
新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE
実写映画作品。ウルトラマンジョーニアスが登場。

漫画作品[編集]

掲載号 サブタイトル
1979年4月号 新しいヒーローの誕生!!
1979年5月号 雲怪獣レッド・スモーギ
1979年6月号 ウルトラマンの大蛇たいじ
1979年7月号 きょうふの巨大怪獣
1979年8月号 ヒカリ対カゲ
1979年9月号 恐竜天国
1979年10月号 決死!燃料輸送作戦
1979年11月号 怪獣島浮上!!
1979年12月号 氷づけのマンモス
1980年1月号 宇宙アメーバの襲来
1980年2月号 にせウルトラマンジョーあらわる
1980年3月号 タイタン基地の決戦
1980年4月号 U40へ!!

居村眞二による漫画版は、ミリオン出版より刊行された『ウルトラマン80 宇宙大戦争』に収録された。

『ウルトラマン列伝』での紹介[編集]

ウルトラマン列伝』でも何回か取り上げられたが、なぜか敵側のキャラクターが解説を行うことが多い。

『ウルトラマン列伝』
第100話のナビゲーターを務めたウルトラマンベリアルが「100話」にちなみ、自身が変貌した百体怪獣ベリュドラの構成怪獣を紹介する際、唯一本作からの出典であったレッドスモーギが登場する第4話を紹介した。これを見たベリアルは、ジョーニアスとの手合わせを熱望していた。
『新ウルトラマン列伝』
第49話ではバルタン星人の話を行っていた際、グローザ星系人・氷結のグロッケンが『列伝』第100話でベリアルがジョーニアスに興味を持っていたことから、ジョーニアスにもバルタン星人と戦った経験があることを述べ、その戦いを紹介する形で本作の第8話が取り上げられた。
第105話冒頭では歴代ウルトラ戦士とともに新撮の実写映像で登場。
最終話の第155話ではナビゲーターのウルトラマンゼロが「とっておきの戦士」として「ウルトラマン怪獣大決戦」のベドラン戦映像(音声は新録)でジョーニアスを紹介し、ギンガXが感想を述べた。締めのウルトラ戦士集合映像(新撮)にも登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 理由の一つとして、プロデューサー・忠隈昌は「アニメでは実写ほどには怪獣の迫力が出せないから」とファミリー劇場の『ウルトラ情報局』2009年11月号にてコメントしている[出典無効]
  2. ^ 『ウルトラマン』放送後に金城哲夫が執筆した『小説 ウルトラマン』にて取り上げられている。だが、これはオリジナルスタッフの手によるものではあるが、あくまでもノベライズであり、映像作品で描写されたものは本作が初である。
  3. ^ 第1話から第18話。
  4. ^ 第19話から第50話。叫ぶのは21話からである
  5. ^ 初代ウルトラマンでも初期設定では3色変化であったが、実写では構造が複雑になるため青→赤で表現となり、以降実写版では踏襲されていった経緯がある。
  6. ^ EDのクレジットの「ウルトラマンJ」と表記されているが、第41話のみ「ウルトマンJ」とクレジットされた。
  7. ^ 本作は島本須美のデビュー作とされることが、正しくは初のレギュラー作品になる。デビュー作は同年3月放送の『ゼンダマン』のイブ役である。
  8. ^ 第18話のみ「岡本茉利子」と表記。
  9. ^ 第12話は台詞なし。
  10. ^ 後期では「塩見介」とクレジットされている。
  11. ^ 第20話のみ滝沢くみことクレジット。
  12. ^ 役名は「老母」
  13. ^ 役名は「父」
  14. ^ 「紀昭」の誤り。
  15. ^ 役名は「男」
  16. ^ 役名は「バビラー星人」
  17. ^ 役名は「博士」
  18. ^ 「山ノ内」の誤り。
  19. ^ 科学警備隊のメカを担当[20]
  20. ^ ウルトラリアやU40のメカを担当[21]
  21. ^ 鈴木康夫&スクールメイツ・ブラザーズによるカバー版も存在する。
  22. ^ この回よりサブタイトルのBGMが変更されている。
  23. ^ この回よりサブタイトルの字体が変更されている。
  24. ^ この回よりオープニングバックにゴンドウキャップが登場。
  25. ^ 今回からエンディングバックがゴンドウキャップに変更。
  26. ^ この回よりオープニングバックにウルトリアが登場している。
  27. ^ この回よりサブタイトルの字体が手書きスタイルに変更されている。

出典[編集]

  1. ^ 「モンスタープロファイリングカプセル怪獣」『ウルトラセブンイズム』 辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日、124頁。ISBN 4-88641-779-5
  2. ^ a b c 白書 1982, pp. 94 - 95
  3. ^ a b 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、166頁。ISBN 9784096820742
  4. ^ ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』DVDのオーディオコメンタリーより。
  5. ^ 満田かずほによるコロコロ文庫版『ザ・ウルトラマン』1巻あとがきより。ただし、内山が描いた「ザ・ウルトラマン」は当作品との直接の関係はなかった。
  6. ^ a b c d e f g ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 104, 「ザ・ウルトラマン」
  7. ^ ナンバーワン超百科 2012, p. 9.
  8. ^ ナンバーワン超百科 2012, p. 10.
  9. ^ a b c d 超技全書 1990, p. 107
  10. ^ a b c d e f g 超技全書 1990, p. 109
  11. ^ a b c 超技全書 1990, p. 115
  12. ^ a b c d e f g 超技全書 1990, p. 108
  13. ^ a b c d e f g 超技全書 1990, p. 110
  14. ^ a b c d e f g h i j k 超技全書 1990, p. 112
  15. ^ a b c d e f g 超技全書 1990, p. 111
  16. ^ a b c d e f g h 超技全書 1990, p. 113
  17. ^ ファミリー劇場『ウルトラ情報局』2009年9月放送分より[出典無効]
  18. ^ a b ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 105, 「ザ・ウルトラマン 全怪獣」
  19. ^ a b c d e f 超技全書 1990, p. 114
  20. ^ 白書 1982, p. 198, メカニック設定1.
  21. ^ 白書 1982, p. 199, メカニック設定2.
  22. ^ 『ウルトラマン大全集II』(講談社・1987年) p.255
  23. ^ 「ささきいさおインタビュー」『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、52頁。ISBN 978-4-8003-0174-1

参考文献[編集]

  • 『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版。雑誌コード:67897-80。
  • てれびくんデラックス愛蔵版シリーズ(小学館
    • 『ウルトラ怪獣大全集』 小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1984年9月10日ISBN 4-09-101411-9
    • 『ウルトラ戦士超技全書』 小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1990年9月10日ISBN 4-09-101423-2

関連項目[編集]

TBS系列 水曜19時台前半枠
【当番組より第3期ウルトラシリーズ
前番組 番組名 次番組
ザ☆ウルトラマン
(1979年4月4日 - 1980年3月26日)
ウルトラマン80
(1980年4月2日 - 1981年3月25日)