THE WORLD! EVANGELION JAZZ NIGHT =THE TOKYO III JAZZ CLUB=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THE WORLD! EVANGELION JAZZ NIGHT =THE TOKYO III JAZZ CLUB=
新世紀エヴァンゲリオンサウンドトラック
リリース
ジャンル アニメサウンドトラック
時間
レーベル スターチャイルド(KICA-3219)
プロデュース 大月俊倫
庵野秀明
鷺巣詩郎
チャート最高順位
新世紀エヴァンゲリオン アルバム 年表
Evangelion PianoForte #1
2013年
THE WORLD! EVANGELION JAZZ NIGHT =THE TOKYO III JAZZ CLUB=
(2014年)
ShiroSAGISU OUTTAKES FROM EVANGELION (VOL.1)
2016年
EANコード
EAN 4988003443597
テンプレートを表示

THE WORLD! EVANGELION JAZZ NIGHT =THE TOKYO III JAZZ CLUB=』(ザ・ワールド・エヴァンゲリオン・ジャズ・ナイト ザ・トウキョウ・スリー・ジャズ・クラブ)は、エヴァンゲリオンシリーズのサウンドトラック。 2014年12月24日スターチャイルドから発売された。

概要[編集]

アルバム解説[編集]

楽曲解説[編集]

  • 1曲目「WELCOME TO THE TOKYO III JAZZ CLUB」のハイレゾ配信版は、曲の終わりにペンペンの鳴き声が追加されている[5]
  • 3曲目「COME SWEET DEATH, SECOND IMPACT」は、「Komm, süsser Tod」の日本語アレンジ版である。庵野秀明の原詩ではなく、林原が手掛けた日本語の歌詞が使用されている。
  • 6曲目「EMPTINESS, INTERLUDE」と7曲目「EMPTINESS, THE LONGEST」は、CDでは別々のトラックになっているが、ハイレゾ配信版では1つのトラックになっている[5]
  • 8曲目「DILEMMATIC TRIANGLE OPERA」は、林原が綾波レイの声で歌ったテイクもあったが、没になった[6]。そのテイクは2018年に発売された林原のアルバム『Fifty〜Fifty』に「Dilemmatic triangle opera AYANAMI Version」として収録された[6]。林原はこの曲の作詞を鷺巣に依頼された際、「Hedgehog's Dilemma」に歌詞を付けることに対して「心がドン引きした。」と述べている[6]
  • 11曲目「THE IMAGE OF BLACK ME」は、1997年に発売されたアルバム『EVANGELION-VOX』に収録されている「THE IMAGE OF ME-vocalize」の日本語アレンジ版である。

収録曲[編集]

  1. WELCOME TO THE TOKYO III JAZZ CLUB [6:34]
    歌:Ian Michael G Pitter、Lorrain Briscoe、Evette Briscoe、Paul Lee、高橋洋子
    MC:Ian Michael G Pitter
    作詞・台本:Mike Wyzgowski、編曲:鷺巣詩郎、狭間美帆
  2. SWINGING A1 [5:15]
    編曲:狭間美帆
  3. COME SWEET DEATH, SECOND IMPACT [7:13]
    歌:林原めぐみ
    作詞:MEGUMI、日本語原詩:庵野秀明、英語原詩:Mike Wyzgowski
  4. BAREFOOT IN THE CLUB [5:24]
  5. A MEDLEY: ‘MILESTONES’ AND ‘THE FINAL DECISION WE ALL MUST TAKE’ [6:17]
    作曲:Miles Davis、鷺巣詩郎
  6. EMPTINESS, INTERLUDE [2:06]
  7. EMPTINESS, THE LONGEST [6:28]
  8. DILEMMATIC TRIANGLE OPERA [5:43]
    歌:林原めぐみ
    作詞:MEGUMI
  9. A9, MELLOW SLOW-JAM [9:15]
  10. THEME Q, SUPPA-DUPPA! [4:58]
    編曲:狭間美帆
  11. THE IMAGE OF BLACK ME [7:22]
    歌:林原めぐみ
    作詞:MEGUMI、英語原詩:Mike Wyzgowski
  12. WEEKEND, THE OUTRO [1:56]
    歌:Ian Michael G Pitter、Lorrain Briscoe、Evette Briscoe、Paul Lee
    MC:Ian Michael G Pitter
    作詞:Mike Wyzgowski、台本:鷺巣詩郎
  13. FLY ME TO THE MOON (BONUS) [7:25]
    MC:Ian Michael G Pitter
    台本原案:鷺巣詩郎、台本英訳:Mike Wyzgowski、作曲:Bart Howard

特記のない曲は、鷺巣詩郎作曲・編曲。

スタッフクレジット[編集]

Illustration 安野モヨコ
Art Direction and Design 市古斉史(TGB design.)
Artwork Coordination 中村栄司(キングレコード)
Promoter 矢田晶子(キングレコード)
Director 島居理恵(キングレコード)
A&R Producer 宿利剛(キングレコード)
Executive Producer 庵野秀明大月俊倫(キングレコード)

原曲[編集]

  • M-1:「MISATO (B16)」「次回予告 (F02)」
  • M-2:「Rei I (A01)」
  • M-3:「Komm, süsser Tod (M10)」
  • M-4:「BAREFOOT IN THE PARK (C02)」
  • M-5:「Milestones」「The Final Decision We All Must Take (2EM33_0902)」
  • M-6,7:「空しき流れ (M03)」
  • M-8:「Hedgehog's Dilemma (B01)」
  • M-11:「Rei I (A01)」
  • M-12:「MISATO (B16)」

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b The world!EVAngelion JAZZ night =The Tokyo III Jazz club= - 鷺巣詩郎”. ORICON NEWS. 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ a b Archive(S)”. 鷺巣 詩郎 Shiro SAGISU Official Website. 2020年2月29日閲覧。
  3. ^ THE WORLD!EVANGELION JAZZ NIGHT=THE TOKYO 3 JAZZ CLUB=”. CDJournal. 2020年2月29日閲覧。
  4. ^ 安野モヨコによる描き下ろしジャケが公開、鷺巣詩郎のEVAジャズ・アレンジ盤”. CDJournal. 2020年2月29日閲覧。
  5. ^ a b The world! EVAngelion JAZZ night =The Tokyo III Jazz club=”. e-onkyo music. 2020年2月29日閲覧。
  6. ^ a b c 林原めぐみのTokyo Boogie Night』#1364(2018年6月17日放送)より