今日の日はさようなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今日の日はさようなら
森山良子楽曲
リリース 1967年8月25日
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲フォークソング
レーベル フィリップス・レコード
作詞者 金子詔一
作曲者 金子詔一
その他収録アルバム

収録曲

  1. 「恋はみずいろ」
  2. 今日の日はさようなら

今日の日はさようなら」(きょうのひはさようなら)は、1966年公益財団法人ハーモニィセンター金子詔一によって作詞作曲された日本の歌曲[1]1967年8月25日森山良子の歌唱により日本ビクターからシングル恋はみずいろ』のB面としてリリースされ、ヒット曲となった。

概要[編集]

当時大学生だった金子は、警視庁少年課職員で調布市柴崎在住の大野重男らとボランティアグループ「ハーモニィサークル」を設立し、調布市立つつじケ丘児童館(西つつじケ丘3-19-1)で活動していた[2]。若者たちの友情を深める目的で作詞作曲し[1]、ハーモニィセンターのオリジナルソングとして活動の中で広く歌われるようになったのが始まりである[3]。ハーモニィサークルは財団法人ハーモニィセンター(現:公益財団法人)へと発展、大野重男は代表理事となっている[3]

1974年2月より、NHKみんなのうた』でも放送されたほか[4]1973年には高等学校1年生の音楽教科書に掲載された[5]

ボーイスカウトガールスカウトの活動において、団員やリーダーたちによって歌われるスカウトソングになっている。また卒業ソングとしても広く歌われ親しまれている。

2007年文化庁日本PTA全国協議会が、親子で長く歌い継いでほしい童謡唱歌歌謡曲など101曲を選定した「日本の歌百選」に選ばれた[6][リンク切れ]

2018年8月25日始発より、京王電鉄と調布市により京王線柴崎駅列車接近メロディに制定された[2]。使用開始日は森山良子のレコードリリース日に合わせている[2]。また市民有志による歌碑建立活動も始まり、同年11月8日、歌の発祥の地であるつつじケ丘児童館に木製の歌碑が建立された[7]

みんなのうた[編集]

みんなのうた
今日の日はさようなら
歌手 本田路津子
東京放送児童合唱団
作詞者 金子詔一
作曲者 金子詔一
編曲者 石川鷹彦
映像 実写
初放送月 1974年2月-3月
再放送月 1975年2月-3月
2011年8月-9月(ラジオのみ)
2018年2月-3月(ラジオのみ)
テンプレートを表示

NHK『みんなのうた』では、1974年2月に紹介。歌は本田路津子東京放送児童合唱団(現・NHK東京児童合唱団)

曲の構成は、3番のみ1・2番より1音上がっている。映像は実写で、3番の前半までは、ある公園で3人の少女が1人ずつ踊ったり、手をつないで歩いたりするが、3番後半ではそのうち2人が駅のホームから手を振り、残りの1人が橋の上から手を振って別れていく構成となっている。

1975年2月に再放送し,2011年8月に36年半ぶりにラジオ枠のみで再放送された。また2011年4月、『みんなのうた』版としては始めてCD『NHKみんなのうた 50anniversary BEST ~大きな古時計~』に収録された[8]

カバー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

映画挿入歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ピアノ伴奏 子どもの歌名曲選』ドレミ楽譜出版社、2012年2月20日、13頁。ISBN 9784285132748
  2. ^ a b c 「今日の日はさようなら」を京王線柴崎駅の列車接近メロディーに導入 2018年8月8日、調布市公式サイト、2019年8月20日閲覧。
  3. ^ a b ハーモニィセンターのこと 公益財団法人ハーモニィセンター 公式サイト、2019年8月21日閲覧。
  4. ^ 今日の日はさようなら”. 日本放送協会. 2015年2月22日閲覧。
  5. ^ 『歌い継がれる名曲案内 音楽教科書掲載作品10000』日本アソシエイツ、2011年1月。ISBN 978-4816922916
  6. ^ 団体概要”. ハーモニィセンター. 2015年5月20日閲覧。
  7. ^ 「今日の日はさようなら」ゆかりの地・調布に歌碑 市民有志の手で実現 調布経済新聞、2018年11月21日、2019年8月21日閲覧。
  8. ^ NHKみんなのうた「50年企画」 NHKエンタープライズ

関連項目[編集]