シン・ウルトラマン

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウルトラシリーズ > シン・ウルトラマン
シン・ウルトラマン
Shin Ultraman logo.png
監督 樋口真嗣
脚本 庵野秀明
製作
  • 和田倉和利
  • 青木竹彦
  • 西野智也
  • 川島正規
製作総指揮
  • 臼井央
  • 黒澤桂
出演者
音楽
主題歌 米津玄師M八七
撮影
  • 市川修
  • 鈴木啓造
編集
  • 栗原洋平
  • 庵野秀明
制作会社
製作会社
配給 東宝
公開 日本の旗 2022年5月13日
上映時間 113分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ウルトラマントリガー エピソードZ
テンプレートを表示

シン・ウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり[2]、タイトルロゴには「空想特撮映画」と謳われている[3][4]円谷プロダクション東宝カラーが共同で製作し、スタッフとして、企画・脚本の庵野秀明、監督の樋口真嗣など『シン・ゴジラ』の製作陣が参加する[3][5][6]

キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。[7][8][9][10]、「空想と浪漫。そして、友情。[11][10][4]

ストーリー

物語の舞台は巨大不明生物「禍威獣カイジュウ」が出現し被害が発生している日本である。日本政府は防災庁・禍威獣特設対策室(略称:禍特対カトクタイ)を設立し禍威獣対策に当たっていた。そんな中、禍威獣ネロンガの出現時に謎の巨人が大気圏外から飛来し、これを撃退して去っていく。一方、巨人が飛来した際、逃げ遅れた子どもの保護にあたっていた禍特対の神永新二は、衝撃からその子をかばって死亡する。光の星から来た外星人であった巨人は、神永の自己犠牲を見て人類に興味を示し、神永と一体化する。そして、必要に応じて「ベーターシステム」で巨人に戻りつつも、禍特対の一員として人類を理解していく。巨人は続く禍威獣ガボラも撃退し、禍特対はその人類に配慮した戦法と去り際の一瞥から、「巨大人型生物 ウルトラマン(仮)」と命名された巨人が意思疎通可能な知的生命体であると推察する。

ウルトラマンの存在が公となる中、日本政府に接触した外星人ザラブは、宇宙文明の超技術を背景に不平等条約を締結しようとするが、真の目的は人類を内戦状態にし自滅させることにあった。ザラブは陰謀を察知した神永=ウルトラマンを拉致監禁し、ウルトラマンの正体が神永であることを世界中にリークする。さらに、にせウルトラマンに化けて破壊行為を行い、彼の抹殺を日本政府に提案するザラブだったが、禍特対の浅見弘子に救出された神永=ウルトラマンの手で撃退される。しかし、正体が知れ渡った神永=ウルトラマンは人間社会に居場所を失う。

新たに日本政府に接触した外星人メフィラスは、ベーターシステムによって強大な生物兵器に転用できる人類を独占管理しようと目論んでいた。彼はベーターシステムの実演として浅見を巨大化してみせた上で、ベーターシステムを活用した人類の巨大化による敵性外星人からの自衛を提案し、日本政府にベーターシステムを供与する代わりに自らを人類の上位存在として認めさせるという密約を交わす。一方、メフィラスは神永=ウルトラマンと接触し、禍威獣は地球に放置されていた生物兵器を目覚めさせたもので、ウルトラマンを誘き出すために自らが放ったことを明かす。神永=ウルトラマンは地球における共闘を持ち掛けられるが、外星人による地球文明への干渉を嫌ってこれを拒絶、禍特対の協力の下、ベーターシステム引き渡しの場を急襲する。メフィラスはウルトラマンとの戦闘を優位に進めるが、光の星からの新たな使いの出現により地球の命運を悟り、ベーターシステムを回収して撤退する。

このとき訪れた光の星からの新たな使いゾーフィは、ウルトラマンが神永と一体化したことで人類が生物兵器に転用できることが宇宙中に知れ渡ったため、人類は危険な存在として殲滅されることを告げ、地球を太陽系もろとも滅却する天体制圧用最終兵器ゼットンを衛星軌道上に展開する。神永=ウルトラマンはゼットンの存在を禍特対に明かした上で、単身ゼットンに挑むが敗退し、神永の姿に戻って一時昏睡に陥る。ウルトラマンの敗退に政府関係者が絶望に陥る中、神永=ウルトラマンが残したUSBメモリーにベーターシステムの基礎原理が書かれていることが判り、禍特対の滝明久を中心に世界中の科学者が知恵を集め、ベーターシステムを応用して次元の裂け目を作りゼットンを異次元に飛ばすという作戦を編み出す。この作戦は実行するウルトラマン自身も異次元に飛ばされる危険が高く、禍特対班長の田村君男は実行を躊躇するが、神永=ウルトラマンは自己犠牲を厭わず人類を守ることを優先し快諾、作戦を成功させる。しかし、ウルトラマンは次元の裂け目から脱出できず、異次元に飛ばされてしまう。

異次元を漂うウルトラマンの前に、彼の「生きたい」という意思を辿ってゾーフィが現れ、人類の知性と健闘を認めて殲滅を中止したことを告げる。彼はウルトラマンを光の星に連れ帰ろうとするが、今後の人類の行く末を案じたウルトラマンはこれを拒絶、神永に自分の命を与えてほしいと頼む。その意を汲んだゾーフィは、ウルトラマンと神永を分離する。次の瞬間、神永は禍特対の仲間たちに迎えられて目を覚ました。

登場キャラクター

禍威獣特設対策室

通称「禍特対カトクタイ」。日本に次々と出現する巨大不明生物「禍威獣」に対抗するために防災庁とともに禍威獣災害対策を主任務として設置された専従組織[12][13]

民間や各省庁から5人の精鋭たちが選抜され、作戦立案や現況分析を災害現場にて実施し、各自衛隊と協力して禍威獣を駆除する[13]

  • 「禍威獣」と同様に「科特隊(科学特捜隊)」と音だけ合わせた当て字となっている[14]。英語名称は「S-Class Species Suppression Protocol(enforcement unit)」[10]で、英略称は科特隊と同じ"SSSP"となる。
  • メンバーの人数は原典に合わせたものとなっている[14]
  • 当初、出動時の専用のオレンジのジャケットがデザインされ、衣装合わせまで行われたが、後に採用が見送られた[15][14]。だが、妥協案として腕章をオレンジにすることとなった[14]。マークは縦仕様だが、車両などにも対応できるように横仕様のものも考案されている[15]
  • 専従班室の壁時計は、『ウルトラマン』に登場した時計と同様の形状となっている[16]。机上メインモニターの壁紙は、『マイティジャック』のスチールが採用された[14]
  • 専用車は製作費の削減も兼ねて原典と同様にマークを市販車に付けるのみとなった[14]
神永 新二かみなが しんじ
本作品の主人公。警察庁公安部より出向した専従班の作戦立案担当官[12][13]1986年7月17日生まれの血液型A型[17]。単独行動が多く、普段から表に感情を出さない性格[13]
デスクの上は何もない浅見との重複を避けるため、消波ブロックのミニチュアを並べている[14]
浅見 弘子あさみ ひろこ
元ニノ四分析官上席調査官で、公安調査庁より巨人対策のために出向した専従班の分析官[12][13][18]。神永とバディを組むも、単独行動が多い彼に反発する[13]
当初はゼットン戦の直前で神永との軽いキスシーンがあったが、全体的なバランスなどを考えて編集でカットされた[14]
机上には余計なものを何も置かないようにしている[14]
滝 明久たき あきひさ
城北大学理学研究科非粒子物理学専攻の専従班の非粒子物理学者[12][13]
机上には私物である『宇宙大作戦』のエンタープライズ号や『サンダーバード』の救助メカなど怪獣がメインで登場しない特撮作品の模型類が置かれている[14][18]
船縁 由美ふなべり ゆみ
文部科学省より出向した専従班の汎用生物学者[12][13]。禍威獣の対応策を生物学の観点から提案する[18]。非常事態でもマイペースを保つタフな性格で、おしゃべりかつ早口[13]
机上は生物学関連の書籍や多少のグッズぐらいにしている[14]
田村 君男たむら きみお
防衛省防衛政策局より出向した禍特対専従班の班長[12][13]
机上には班長らしいポイントとしてマスコットキャラのKATO太くんのぬいぐるみが置かれている[14]
宗像 龍彦むなかた たつひこ
禍特対の室長。

政府関係

小室 肇こむろ はじめ
防災大臣
大隈 泰司おおくま たいし
内閣総理大臣[1]
狩場 邦彦かりば くにひこ
防衛大臣[1]
中西 誠一なかにし せいいち
外務大臣[1]
政府の男
内閣官房長官
首相補佐官

その他

早坂はやさか
陸自戦闘団[1]
加賀美かがみ
警察庁警備局公安課[1]

外星人

ウルトラマン[4][19]
大気圏外から飛来した飛翔体で、禍威獣とは異なり、人間に類する体躯を持つ銀色の巨人[13]。何らかの意志や知性が感じられる行動を取り、浅見によって「ウルトラマン(仮)」と命名される[13][18]。神永と一体化してからは変身用アイテム・ベーターカプセルを起動させることで出現する[18]。十字に手を組むことで強力な光波熱線・スペシウム光線を発射する[13][18]
神永とは別人格であることから、斎藤以外の別の人物が声を充てることとなった[20]
ゾーフィ
光の星から来た新たな使い。
ザラブ
地球を来訪した外星人で言語を用いて人類にコンタクトを図る[13]
メフィラス
地球に来訪した外星人第0号を名乗る男[13][18]

禍威獣(敵性大型生物)

日本各地に出没した超自然発生巨大生物で、政府からは人類の敵と認定されたため、敵性大型生物「禍威獣」と命名された[13]。それぞれ個別の能力や形状、機能を有する[13]。後にウルトラマンを誘き出すためにメフィラスが地球に放置されていた生物兵器を目覚めさせたものと明かされる[1]

  • 現代では「怪獣」は怪しい獣、というイメージであり、これまでとは異なる世界観を少しでも出すために同音の当て字である「禍威獣」となった[14]
  • 成田のデザインの特徴であった、生き物ではあるが非生物のような金属的な部分があったり、コラージュなどハイブリッドな質感のものが多かったため、有機的なものと無機的なものが融合したキメラ的な解釈の兵器寄りのデザインとなった[20]
ゴメス
巨大不明生物[1]
マンモスフラワー
巨大不明生物第2号[1]
ペギラ
巨大不明生物第3号[1]
飛翔禍威獣 ラルゲユウス
敵性大型生物第4号[1]
溶解禍威獣 カイゲル
敵性大型生物第5号[1]
放射性物質捕食禍威獣 パゴス
敵性大型生物第6号[1]
禍威獣第7号 ネロンガ
禍威獣第7号である電気を捕食する特性を持つ透明禍威獣[1][13]。首都圏郊外に出現し、電力設備を襲撃する[18]
禍威獣第8号 ガボラ
禍威獣第8号である地底禍威獣[1][13]

天体制圧用最終兵器

ゼットン
ゾーフィがマルチバースの外星人たちが地球人類を兵器として転用する前に地球人を全て滅ぼすために光の星から持って来た天体制圧用最終兵器[1]

キャスト

声ノ出演

スタッフ

出典:パンフレット[1]

  • 製作代表 - 山本英俊
  • 製作 - 塚越隆行、市川南庵野秀明
  • 共同製作 - 松岡宏泰、緒方智幸、永竹正幸
  • 企画[21][27] - 塚越隆行、庵野秀明
  • 脚本[21][27] - 庵野秀明
  • 原作監修 - 隠田雅浩
  • エグゼクティブプロデューサー - 臼井央、黒澤桂
  • プロデューサー - 和田倉和利、青木竹彦、西野智也、川島正規
  • 協力プロデューサー - 山内章弘
  • ラインプロデューサー - 森賢正
  • プロダクション統括 - 曾田望
  • 撮影 - 市川修、鈴木啓造
  • 照明 - 吉角荘介
  • 美術 - 林田裕至、佐久嶋依里
  • 編集 - 栗原洋平、庵野秀明
  • VFXスーパーバイザー - 佐藤敦紀
  • ポストプロダクションスーパーバイザー - 上田倫人
  • CGアニメーションスーパーバイザー - 熊本周平
  • 録音 - 田中博信
  • 整音 - 山田陽
  • 音響効果 - 野口透
  • 装置設計 - 郡司英雄
  • 装飾 - 坂本朗、田口貴久
  • アクションコーディネイター - 田渕景也
  • スタイリスト - 伊賀大介
  • ヘアメイク - 外丸愛
  • コンセプトデザイン - 庵野秀明
  • デザイン - 前田真宏山下いくと竹谷隆之
  • VFXプロデューサー - 井上浩正、大野昌代
  • VFXディレクター - 佐々木悟
  • CGスーパーバイザー - 伏見剛
  • コンポジットスーパーバイザー - 小林晋悟
  • キャラクターモデリングスーパーバイザー / CGディレクター - 上西琢也
  • CGIアートディレクター - 小林浩康
  • カラーグレーダー - 齋藤精二
  • キャスティング - 杉野剛
  • スクリプター - 田口良子
  • 助監督 - 中山権正
  • 製作担当 - 岩谷浩
  • 撮影 - 尾上克郎摩砂雪轟木一騎樋口真嗣、庵野秀明、上田倫人
  • ウルトラマンCG原型モデル - 古谷敏
  • ウルトラマン雛型3Dプリント - 織田隆治
  • ウルトラマン第二号雛型着彩 - 原口智生
  • モーションアクションアクター - 古谷敏[1]、庵野秀明[1]、熊本周平[1]、出口正義[1]、松岡航平[1]、坂井良平[1]荒川真[1]、後藤健[1]、関田安明[1]
  • 宣伝プロデューサー - 中西藍
  • 光学作画 - 飯塚定雄[10][注釈 1]
  • ティザーポスター・ティザーチラシ表面デザイン - 庵野秀明、轟木一騎
  • 総宣伝監修 - 庵野秀明
  • 音楽 - 宮内國郎鷺巣詩郎[28]
  • 音楽プロデューサー - 北原京子
  • 音楽スーパーバイザー - 鳥居理恵
  • ウルトラマン / 禍威獣 / 外星人 オリジナルデザイン - 成田亨
  • 「シン・ウルトラマン」製作委員会 - 円谷プロダクション[21][27](高橋良太・庄司和宏・秋田光康・田中陽介)、東宝[21][27](上田太地・江見威彦・稲垣優・鎌田周平・尾村明洋)、カラー[21][27](緒方智幸・川島正規・三好寛)
  • 制作プロダクション - TOHOスタジオ[21]、シネバザール[21]
  • 監督補 - 摩砂雪[29]
  • 副監督 - 轟木一騎
  • 准監督 - 尾上克郎[30]
  • 総監修 - 庵野秀明
  • 監督 - 樋口真嗣[21][27]
  • 配給 - 東宝[21][27]

音楽

下記のほかにも『エヴァンゲリオン』シリーズや『シン・ゴジラ』での候補曲から、未使用に終わっていた音楽も使用されている[14]

主題歌「M八七」(Sony Music Labels[31]
作詞・作曲・歌 - 米津玄師 / 編曲 - 米津玄師、坂東祐大
  • 本作品ではウルトラマンの出身地を明確にしておらず、米津から当初渡された曲のタイトルも「M78」であった。しかし、初代ウルトラマンの放送当時に「M87」と台本に書いてあったものが印刷台本時に間違って「M七八」になった、というエピソードを汲んで曲のタイトルを「M八七」にしてはいかがか、と返したところ米津もこれを快諾し、「M八七」になったという[14]
劇中曲「小鳥
作詞 - 山口洋子 / 作曲 - 筒美京平 / 編曲 - ボブ佐久間 / 歌 - 五木ひろし
  • 日本沈没』(1974年のテレビドラマ)の挿入歌

製作

本作品の企画は、フィールズの会長である山本英俊が中心となって模索されていた映画の企画が思うように進んでいなかったため、2017年11月16日に円谷プロの社長に就任した塚越隆行から、シリーズや劇場などの形態を問わずに、2020年に向けたウルトラマンを題材とした3本連作の企画と監督の依頼が元々親交のあった庵野に来たことから始まった[14][32]。庵野は本作品の企画以前に2013年12月28日に書いていた「帰ってきたウルトラマンプロットメモ」を分解再構成して前日譚と後日譚を合わせた3本連作の企画案を塚越に提出した[14]

脚本検討稿は2019年2月5日に脱稿し[27]、同年8月1日にウルトラシリーズの新作映画として製作が公表され、主要スタッフおよびキャストが同時に公開された[21][27]。庵野は同時期に『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』や『シン・仮面ライダー』の製作や撮影があり、ロケハンや撮影現場にはほとんど参加しておらず、数日間のカメラマン応援や監督代理、撮影と並行した編集作業を進め、両作品の制作がひと段落した2022年1月末から全体的なクオリティーコントロールのチェック作業をその都度行ったという[27][14]

撮影開始時期は未発表だが、2019年秋のエキストラ撮影に向けて同年8月20日にエキストラ募集がかけられ[33]、同年11月23日の『第2回熱海怪獣映画祭』において、すでに撮影が終了したことが発表された[34]

2019年12月14日には、円谷プロダクションによるラインナップ発表会『TSUBURAYA CONVENTION 2019』のオープニングセレモニーに主人公役を演じる斎藤工と監督の樋口が登壇し、本作品のウルトラマンのデザインやタイトルロゴが発表された[3][35]。その壇上にて斎藤は父がかつて『ウルトラマンタロウ』の現場(東北新社)で働いていたこと(爆破担当[36][4])を明かした上で「まさか自分がウルトラマンを演じるとは思っていなかったが、話を頂いてだから自分が演じるのかという気持ちになった」、樋口は本作品のウルトラマンの雛形フィギュアを披露し、「どのウルトラマン世代にも刺さる作品を目指したい」との旨をそれぞれ明かしている[3][35]

2020年2月9日には『ワンダーフェスティバル2020冬』のオープニングセレモニーでも発表され、円谷プロブースに本作品のウルトラマンの形状検証用の3D出力による素体立体物である「第一号雛型」、原口智生による彩色の体表ライン検証用の着彩済立体物である「第二号雛型」の実物が出展された[37][10]

2020年11月3日には公開時期が2021年初夏であることが発表されたほか、同日に開館した須賀川特撮アーカイブセンターの開館式においてスペシウム光線のポーズを取った立像が披露された[30][10]。その後、立像は『庵野秀明展』や大阪あべのハルカス美術館での巡回展にも展示された[10]

2021年1月29日には登場人物たちやウルトラマン、ガボラネロンガが登場する特報映像のほか、変身アイテムや主人公「神永新二」の名前が刻印されたドッグタグ、キャッチコピーが併記された特別ビジュアルが公開された[7][8][9][38][10]

2021年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で制作スケジュールの影響が生じたことを理由に公開の予定が当初の2021年初夏から延期となることが明らかにされた[39][40][注釈 2]

2021年12月13日、『TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM』にて、新たな公開日が2022年5月13日になることと、斎藤演じる主人公の役名が発表された[22]。そして新たな特報が公開された。

2022年3月17日、新たなポスター・劇場用バナービジュアルが公開された[11]。またスタッフリストも同時に公開された。

2022年3月30日、新たな場面写真のほか、主人公の所属組織の通称が禍特対(カトクタイ)であることや、そのメンバーの役名が発表された[23]

2022年4月15日、新たな特報映像とストーリーが公開され、ウルトラマンが立ち向かう巨大不明生物の呼称が「禍威獣」(カイジュウ)であることや、“外星人”の存在が明らかになった[42]

2022年4月18日、82秒の予告編が公開された[43]

制作

ウルトラマンと主人公が融合する流れは、初代『ウルトラマン』のようにウルトラマンのミスによる人身事故の責任を取る流れを避け、他天体からの高度な生命体が異なる価値観などを持つ人間に興味を持ち、人間を理解したいという流れとなった[14]

原典では「光の国」だが、「国」ではやや狭いイメージになることから、本作品では「光の星」という名称となっている[14]

緩めの世界観にしたかったことから、政府系組織内外の設定などは『シン・ゴジラ』に比べてかなりフィクション寄りとなっている[14]

本作品に登場する怪獣であるネロンガとガボラは、『ウルトラマン』では同一の着ぐるみを改造したものであるが、本作品でもCGを作る時間やコストを抑え、デザイン的な共通点を作る予定であったが、リアリティの部分をこだわって追求していくうちに、当初のものから背中のデザインなどはだいぶ変わってしまったという[44]。キャラクターの造形物をスキャンして3DCGを作った『シン・ゴジラ』とは異なり、本作品ではデザイナーが描いた2次元のデザイン画をCG化したものとなっている[45]。禍威獣はアクターが演じたものを基に、アニメを起こして芝居を付けている[46]。着ぐるみでは四足歩行の怪獣は、中に人間が入ることから逆関節ではないため、本作品では逆関節になっていることも考えられたが、中に人が入ったことを想定してデザインしているため、逆関節ではなくなった[46]

スペシウム光線などの光学作画は、初代『ウルトラマン』と同様に光学合成の飯塚定雄が紙に手描きした作画素材をデジタル上に取り込んで使用している[46][47]

撮影技術としては、『シン・ゴジラ』でも導入された、4Kで撮影可能なiPhoneで撮影した広角アングルのカット[44]や、ドローンを用いた3Dスキャンの技術[45]、iPhoneで俳優が撮影しながら演じるスタイル[36]、などが取り入れられた。

実際の撮影では、多くのカメラに加え私物である何十台ものiPhoneで撮影された膨大なカットをiPadに記録してクラウドにアップして共有されたという。また、監督の樋口自身も自ら撮影したものもあったという[48][14]

通常は、1台のカメラで寄りの画や引きの画が撮影されるが、本作品ではどこから撮られているかわからず、誰かがセリフを噛んでも、シーンの最初から最後まで撮り切ることを繰り返していったという[48]

『シン・ゴジラ』と同様にメインタイトルは、爆発ワイプの表現がそのまま踏襲され、該当する前作が作品世界的に存在しないが、スタッフや『シン・』というタイトルの共通点、なんとなくつながっているような世界観[注釈 3]から『シン・ゴジラ』のタイトルロゴとなっている[14]

ロケーション撮影茨城県の県議会議事堂[49]神奈川県横浜市[50]千葉県千葉県立中央図書館市原市[51]山梨県甲府市身延町[52]などで行われた。また、神永新二(ウルトラマン)とメフィラスが話し合うシーンは居酒屋「浅草一文」で撮影が行われ、2人が座った席には予約が殺到したという[53]

デザイン

本作品のウルトラマンのデザインコンセプトは、初代ウルトラマンをデザインした成田亨が1983年に描いた油彩『真実と正義と美の化身』が元になっている。成田と彫刻家の佐々木明によるオリジナルデザインへの回帰を図った結果、カラータイマーや『ウルトラマン』のマスコミ用特写会の直前まで成田が躊躇した目の下の覗き穴、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭が廃され、マスクからボディ、グローブ、ブーツまでシームレスに繋がっており、宇宙人らしい原初のウルトラマンとなった[3][35][38][10][54][47]

長い手足と痩身の身体は、初代ウルトラマンのスーツアクターを担当した古谷敏の長身瘦躯のスタイルを色濃く投影し、当時の塗料では表現しきれなかった金属のようなメタル感が意識された皮膚感となっているなど、宇宙人の雰囲気を強くしている[38][55]。3DCG描写であるからこそ可能な表現として、原典のウルトラマン、古谷敏の動きや芝居など初代の雰囲気を再現するために、基本動作などはオリジナルの映像をトレースしたり、古谷のモーションキャプチャーのデータを元にしており、部分的には古谷の動きや芝居をイメージして庵野が動いたモーションキャプチャーデータも使用している[14]

CGモデルは古谷の体躯データから作成された[56]

体表のラインは成田が描いた様々な絵画やイラストからのシャープなイメージを融合させている[14]。カラータイマーは数多のウルトラマンとの差別化としてなくしたものであるが、原典と同様に後から制作の都合で付けられた流れと同様に、続編のプロットではカラータイマーの付いたウルトラマンが登場するようになっている[14]。原典でも活動制限時間は明確に描かれていないため、本作品でも時間は明記されておらず、続編でもその流れを活かすプロットとなっている[14]。その代わりにエネルギー残量が乏しくなると、体色が変化するものとなった。脚本では青から赤になる流れであったが、他のウルトラ作品では青にタイプチェンジするものが多いため、緑となり、赤のイメージが強かったことから、最初は赤で登場することとなった[20][56]。骨組みをウルトラマンのモデルに仕込んで普通に動かすと、つるんとした銀色の人が動いているだけであるため、ウルトラマンをアニメーションで作った後に、ウエットスーツを上から着せたような感じで歪みや皺を後に加えている[46]

地球飛来時の顔はウルトラマンAタイプのものに近づけられ、体色は銀色が採用された[56]

初代ウルトラマンが目のダイヤカットの1マスごとにFRPを裏から塗って電球が見えないようになっており、本作品でもダイヤカットが表現されている[10]

なお、書籍によっては、『ウルトラマン』でのマスクはA・B・Cの3タイプが制作されているが、本作品でのマスクはCタイプを元にしていると推測される[38]

本作品のウルトラマンは、基本のフォルムをドローイングで詰め、佐々木明が『ウルトラマン』制作当時の1966~67年に作成したマスクを原型に3Dスキャンして立体に起こされたマスクを基に3DCGでデザインされ、体表ラインやフォルムなどは、多くのCGモデルやデザイン画が描かれ、前述の「第一号雛型」や「第二号雛型」によって検証された[54][56][47]

反響・評価

2021年1月29日に特報映像が公開された際には「ウルトラマン」が日本国内のTwitterのトレンドに入ったほか、日本国外でも映画監督のギレルモ・デル・トロジョーダン・ヴォート=ロバーツが興奮や絶賛のコメントを寄せている[57]。また、同年8月12日にはジェームズ・ガンが樋口とのリモート対談で興奮しながら期待のコメントを寄せる映像が公開されている[58]

劇中におけるメフィラスの「私の好きな言葉です」「河岸を変えよう」「割り勘でいいか、ウルトラマン」という独特の言い回しが、ファンの間で「メフィラス構文」と呼称され話題になった[59][53]

ウルトラシリーズ」の中で歴代興収一位であった『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の記録を上回り、2022年7月現在も記録を更新している[53]

海外映画祭へ出品されることが決定しており、出品されるのは、スイス・ヌーシャテルで開催の「ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」(7月1日~9日)、カナダ・モントリオールで開催の「ファンタジア国際映画祭」(7月14日~8月3日)、アメリカ・ニューヨークで開催の「ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル(NYAFF)」(7月15~28日)の3つの映画祭[60]

批評的反応

本作品は日本でさまざまな評価を受けている[61]。2022年5月16日、オンラインマガジン「FILMAGA」は本作品をその日時点で日本において上映されていた全ての日本映画の中で4位にランク付け、映画レビューサイト「Filmarks」上での11,244件のレビューに基づく平均評価は5点中3.81点であった[62]。「映画.com」上では1056件のレビューに基づく平均評価は5点中3.5点であり、そのうち45%が5点中4点と評価した[63]

海外の批評的反応

ジャパンタイムズ」のマット・シュリーは本作品を5点中3.5点と評価し、「楽しいが、前作(『シン・ゴジラ』)のようなパンチと重厚さに欠ける。『シン・ゴジラ』は単なる著名なシリーズ作品のノスタルジックなリブートではなく、日本の官僚機構、軍事的能力の限界や東日本大震災のトラウマについて批評するための手段でもあった。『シン・ウルトラマン』は愛されてきたキャラクターを用いて現代日本社会を描くことにはあまり関心がなく、古いオモチャで遊ぶことのほうに興味があるようだ」と評した[64]

アニメ・ニュース・ネットワーク」のリチャード・アイゼンベイスは本作を「完全に見やすい映画であるが傑作にはほど遠い。クリエイター達に対して与えられた創作上の自由度がこの映画を最高にも最低にもしていることは明らかだ。結局のところ、『シン・ウルトラマン』は原作と同様に映画ではなくテレビシリーズにすべきだったという気がしてならない。結果、我々に残されたのはやり過ぎかつすこし物足りない映画である。けれども、半世紀前の『ウルトラマン』や同様の特撮番組へのラブレターとしては十分な作品である。ノスタルジックなスペクタクルであり、なぜこのシリーズが今でも人気を保ち続けているのかを理解することはたやすい」と評した[65]

Crunchyroll」のアリシア・ハディックは本作品を「新しい世代のために古典的キャラクターを蘇えらせるお手本をハリウッドに示す創造的なスペクタクルだ」と評した[66]

Unseen Japanのノア・オスコーは本作品を「『ウルトラマン』を現代風にアレンジした華やかで楽しい作品。巨大怪獣との戦闘はインパクトがあるものの、『シン・ゴジラ』とは異なり、巨大怪獣の存在がもたらす現実的な存亡の危機は感じられない。それは映画全体にも言える。政府の官僚制の弱さについての多少の言及を除けば、『シン・ウルトラマン』は基本的には頭を使わずにノスタルジックで楽しい時間を過ごすことに終始している」と評した[67]

興行成績

『シン・ウルトラマン』動員数・興行収入の推移
動員数
(万人)
興行収入
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末
(2022年5月14日・15日)[68][69][70]
1位 45.1 64.2 7.0 9.9
2週目の週末
(5月21日・22日)[71][72][73]
31.2 134.5 4.9 20.3
3週目の週末
(5月28日・29日)[74][75][76]
2位 22.9 181.0 3.4 27.1
4週目の週末
(6月4日・5日)[77][78][79]
15.6 214.0 2.3 31.8 週末動員は2位で、週末興収は3位。
5週目の週末
(6月11日・12日)[80][81][82]
3位 12.6 239.1 2.0 35.6 6月10日より全国82館で4D(MX4D、4DX)、全国5館でドルビーシネマの上映開始[83]
6週目の週末
(6月18日・19日)[84][85][86]
4位 257.2 1.3 38.4 週末動員は4位で、週末興収は3位。
7週目の週末
(6月25日・26日)[87][88][89]
5位 269.7 1.0 40.3 週末動員は5位で、週末興収は4位。

併映

2022年7月8日-21日まで『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」(メフィラス登場回)、同年7月22日-8月4日まで第39話「さらばウルトラマン」(ゼットン登場回)を映画本編終了後に上映[90]

関連書籍

  • 『シン・ウルトラマン デザインワークス』(2022年5月13日劇場先行発売・2022年6月24日一般発売、発売グラウンドワークス)[91][43]
  • 『シン・ウルトラマン Millennials BOOK』(2022年6月20日発売)

関連商品

関連番組

「映画公開記念!『シン・ウルトラマン』誕生SP!」
本作品の公開を記念した特番。放送時間30分。放送局や放送日は各エリアによって異なる[92][93]
「『シン・ウルトラマン』をもっと楽しむために!」
TSUBURAYA IMAGINATIONで配信された本作品の公開直前番組。本作品のキャストやスタッフ、米津へのインタビュー映像、メイキング映像で構成される[94]
シン・ウルトラファイト
ムビチケ映像特典。

主なコラボレーション

  • 2022年4月20日より、マクドナルドのタイアップ企画として、チキンタツタの新商品である「シン・タツタ 宮崎名物チキン南蛮タルタル」が全国のマクドナルドにて発売された。併せて「帰ってきたチキンタツタ」として定番商品のチキンタツタも再発売。ドリンクは本作品のウルトラマンのイラスト入りの限定カップで提供された[95]
  • 2022年4月22日から6月26日まで名古屋鉄道は本作品とコラボし、「シン」の付く8駅[注釈 4]を巡り、各駅の記念硬券入場券「ウルトラ入場券」を購入して集めるイベント「MEITETSU☆ウルトララリー」を実施[96][97]
  • 2022年4月29日から6月30日まで横浜ランドマークタワーにて、本作品とコラボレーションしたイベント「シン・ウルトラマン・横浜ランドマークタワー」が開催された[98]
  • 2022年5月12日より、P&Gのタイアップ企画として、「田村君男」を演じるジョイのイメージキャラクターである西島秀俊とコラボレーションしたWeb限定CM「シン・ジョイ特報」を配信。今後も新たなムービーの公開や一部店舗でのキャンペーンの実施などを予定している[99]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 『ウルトラマン』ではスペシウム光線を描いており、本作品でも同様にスペシウム光線を描いている[10]
  2. ^ 2021年7月18日に映画『遊星王子2021』の完成披露上映会に出席した河崎実は、監督を務めた同作の公開時期を本作品に合わせた(2021年8月27日)が本作品が延期になったため、思惑が外れたことを明かしている[41]
  3. ^ ただし、版権の管理上、明確につなげることが難しいことから、『シン・』というタイトルのほかに、竹野内豊が「政府の男」としてキャスティングされていたり、「巨大不明生物」という名称を使用している[14]
  4. ^ 新鵜沼駅新可児駅新那加駅新木曽川駅新清洲駅新安城駅新舞子駅新瀬戸駅。期間中、新鵜沼駅は駅名看板をシン・ウヌマ駅に変更。それ以外の7駅、および同様に"新"を冠する5駅(新加納駅新羽島駅新川橋駅新日鉄前駅新川町駅)と名鉄名古屋駅(旧・新名古屋駅)には「ウルトラ駅名標ポスター」を掲出。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae パンフレット 2022
  2. ^ Tsuburaya Global Business Interview Vol.1 Takayuki Tsukagoshi x Jian Sun (SCLA)” (英語). Tsuburaya Productions Co., Ltd - ULTRAMAN Series. 2020年8月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e “シン・ウルトラマン:ウルトラマンのデザイン公開 成田亨さんの絵画がコンセプト カラータイマーなし”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年12月14日). https://mantan-web.jp/article/20191214dog00m200002000c.html 2019年12月14日閲覧。 
  4. ^ a b c d フィギュア王292 2022, pp. 16–17, 「スペシャルインタビュー 神永新二役 斎藤工」
  5. ^ 東宝株式会社. “映画『シン・ゴジラ』公式サイト” (jp). 映画『シン・ゴジラ』公式サイト. 2019年12月15日閲覧。
  6. ^ NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト” (jp). NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト. 2019年12月15日閲覧。
  7. ^ a b “『シン・ゴジラ』のコンビの新作映画『シン・ウルトラマン』特報映像が公開 電力と関連の深い2体の怪獣がお目見え”. IGN Japan (産経デジタル). (2021年1月29日). https://jp.ign.com/shin-ultra-man/49740/news/2 2021年1月29日閲覧。 
  8. ^ a b “来たぞ!『シン・ウルトラマン』世界観が垣間見える特報映像&新ビジュアル!”. MOVIE WALKER PRESS (ムービーウォーカー). (2021年1月29日). https://moviewalker.jp/news/article/1018977/ 2021年1月29日閲覧。 
  9. ^ a b “シン・ウルトラマン:特報、特別ビジュアル公開 謎めいたアイテム 怪獣も 「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年1月29日). https://mantan-web.jp/article/20210129dog00m200000000c.html 2021年1月29日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k 宇宙船176 2022, pp. 104–105, 「シン・ウルトラマン」
  11. ^ a b “シン・ウルトラマン:二つの“シン”ビジュアル ウルトラマンの後ろ姿あらわに 「空想と浪漫。そして、友情。」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年3月17日). https://mantan-web.jp/article/20220317dog00m200012000c.html 2022年3月30日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f Pen202206 2022, pp. 28–29, 「『シン・ウルトラマン』で描かれる世界とは?」
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s フィギュア王292 2022, pp. 18–21, 「シン・ウルトラマン大特集」
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab デザインワークス 2022, pp. 73–75, 「『シン・ウルトラマン』手記 庵野秀明」
  15. ^ a b デザインワークス 2022, pp. 58–59, 「デザイン集 禍特対マーク・腕章等」
  16. ^ デザインワークス 2022, pp. 70–71, 「デザイン集 セット等」
  17. ^ @shin_ultramanの2022年7月27日のツイート2022年7月29日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h 『アニメージュ』徳間書店、 2022年7月号、84-87p
  19. ^ a b "高橋一生"ウルトラマンの声"を担当していた「まさか自分が」 『シン・ウルトラマン』公式が発表". ORICON NEWS. oricon ME. 13 June 2022. 2022年6月18日閲覧
  20. ^ a b c パンフレット 2022, 「STAFF INTERVIEWS 監督 樋口真嗣」
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m 「ウルトラマン」の歴史が動く、すべての人に贈るエンターテイメント『シン・ウルトラマン』製作決定!”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  22. ^ a b “シン・ウルトラマン:2022年5月13日公開 樋口真嗣監督「まだまだ作っています」 斎藤工が神永新二に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年12月13日). https://mantan-web.jp/article/20211213dog00m200042000c.html 2021年12月13日閲覧。 
  23. ^ a b c d e “シン・ウルトラマン:ベーターカプセルを掲げる“神永新二”斎藤工 巨大不明生物・ガボラやネロンガも 新場面写真公開 組織名は禍特対”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年3月30日). https://mantan-web.jp/article/20220330dog00m200044000c.html 2022年3月30日閲覧。 
  24. ^ a b c d e f g h i j “『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2145094/full/ 2019年9月25日閲覧。 
  25. ^ “「シン・ウルトラマン」ゾーフィの声は山寺宏一、ゾーフィ&ゼットンの名場面集も”. 映画ナタリー. (2022年6月27日). https://natalie.mu/eiga/news/483186 2022年6月27日閲覧。 
  26. ^ 声優・津田健次郎『シン・ウルトラマン』外星人・ザラブの声を担当”. シネマトゥデイ (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h i j 『シン・ウルトラマン』映画化に関するお知らせ”. 株式会社カラー (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  28. ^ シン・ウルトラマン - 映画・映像|東宝WEB SITE”. www.toho.co.jp. 2019年12月14日閲覧。
  29. ^ 「シン・ウルトラマン」斎藤工×長澤まさみ×西島秀俊が繋ぐ、現代の“子ども心”に向けた創造のバトン”. 映画.com (2022年5月12日). 2022年5月14日閲覧。
  30. ^ a b 2021年初夏公開決定!『シン・ウルトラマン』立像が初お披露目、“特撮の神様”円谷英二の出身地・須賀川にてシン・ウルトラマンの“スペシウム光線ポーズ”が明らかに!”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2020年11月3日). 2020年11月3日閲覧。
  31. ^ 米津玄師、映画『シン・ウルトラマン』主題歌に新曲「M八七」提供 シン・アーティスト写真も公開”. ORICON NEWS (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  32. ^ フィギュア王292 2022, pp. 36–37, 「スペシャルインタビュー 円谷プロダクション会長 兼 CEO 塚越隆行」
  33. ^ エキストラ募集【メルマガ登録】映画<樋口真嗣監督作品> ⇒『シン・ゴジラ』製作チームが再集結! ⇒出演:斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊 ほか”. 東京エキストラNOTES>募集情報2019. 2019年9月5日閲覧。
  34. ^ “「シン・ウルトラマン」撮り終えた樋口真嗣監督も「ゴジラ伝説」ライブに感激”. ENCOUNT (Creative2). (2019年11月23日). https://encount.press/archives/10560/ 2019年12月6日閲覧。 
  35. ^ a b c “映画「シン・ウルトラマン」のデザイン公開、カラータイマーがないその理由は?”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年12月14日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/14/news027.html 2020年1月12日閲覧。 
  36. ^ a b Pen202206 2022, pp. 52–55, 「出演者たちが語る、作品への想いと制作現場の舞台裏」
  37. ^ “2021年公開「シン・ウルトラマン」より「第一号雛形」「第二号雛形」の実物登場、まさに「真実と正義と美の化身」”. GIGAZINE (OSA). (2020年2月9日). https://gigazine.net/news/20200209-shin-ultraman-wf2020w/ 2020年2月11日閲覧。 
  38. ^ a b c d マガジンVOL.2 2021, pp. 3–7, 「シン・ウルトラマン」
  39. ^ “「シン・ウルトラマン」公開延期へ 今初夏公開予定も「新たな公開時期へ調整」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/26/kiji/20210326s00041000307000c.html 2021年3月26日閲覧。 
  40. ^ 『シン・ウルトラマン』公開時期に関して”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2021年3月26日). 2021年3月26日閲覧。
  41. ^ “B級映画の巨匠・河崎実監督「いろいろと大変なんです」 コロナ禍で思惑外れる”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年7月18日). https://hochi.news/articles/20210718-OHT1T51191.html 2021年7月31日閲覧。 
  42. ^ 『シン・ウルトラマン』巨大不明生物の呼称は禍威獣、外星人メフィラスも登場!特報&ストーリー公開(2022年4月15日)
  43. ^ a b “ウルトラマン、地球に降り立つ『シン・ウルトラマン』予告編公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2022年4月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129720 2022年4月20日閲覧。 
  44. ^ a b Pen202206 2022, pp. 42–45, 「特撮映画の牽引者は、『シン・ウルトラマン』でなにを描くのか?」
  45. ^ a b Pen202206 2022, pp. 46–47, 「最新技術で魅せる、CG制作の裏側を、キーパーソンが語る」
  46. ^ a b c d パンフレット 2022, 「PRODUCTION NOTE II VFXスーパーバイザー 佐藤敦紀×ポストプロダクションスーパーバイザー 上田倫人」
  47. ^ a b c HISTORICA 2022, pp. 64–65, 「シン・ウルトラマン」
  48. ^ a b Pen202206 2022, pp. 56–57, 「出演者たちが語る、作品への想いと制作現場の舞台裏」
  49. ^ ロケ情報”. いばらきフィルムコミッション. 2022年5月14日閲覧。
  50. ^ 横浜市支援作品の公開放映情報”. 横浜市. 2022年5月14日閲覧。
  51. ^ シン・ウルトラマン”. 千葉県フィルムコミッション. 2022年6月15日閲覧。
  52. ^ 山梨ロケ作品紹介(2017年4月〜)”. 富士の国やまなしフィルム・コミッション. 2022年6月1日閲覧。
  53. ^ a b c 宇宙船177 2022, pp. 98–99, 「シン・ウルトラマン」
  54. ^ a b Pen202206 2022, pp. 36–37, 「成田亨が描いた、ウルトラの原点」
  55. ^ マガジン2020 2020, p. 20, 「ウルトラ雑学1 円谷プロダクション The Latest News」.
  56. ^ a b c d デザインワークス 2022, pp. 2–7, 「デザイン集 ウルトラマン」
  57. ^ “デル・トロ監督が大興奮!『シン・ウルトラマン』特報、海外でも反響”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2021年1月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121390 2021年2月1日閲覧。 
  58. ^ “『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン&樋口真嗣が対談 映像公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2021年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0125326 2021年8月13日閲覧。 
  59. ^ “シン・ウルトラマン:動員200万人突破 興収は31.8億円 入場者プレゼントに「メフィラス構文ポストカード」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年6月6日). https://mantan-web.jp/article/20220606dog00m200011000c.html 2022年6月6日閲覧。 
  60. ^ 『シン・ウルトラマン』海外映画祭への出品が決定!(2022年6月17日)
  61. ^ Komatsu, Mikikazu (2022年5月17日). “Japan Box Office: Shin Ultraman Beats Conan, Making Impressive No.1 Debut”. Crunchyroll. 2022年5月23日閲覧。
  62. ^ 【発表】映画『劇場版 おいしい給食 卒業』初日満足度ランキング1位獲得”. FILMAGA. Filmarks (2022年5月16日). 2022年5月23日閲覧。
  63. ^ シン・ウルトラマン”. 映画.com. 2022年5月13日閲覧。
  64. ^ Schley, Matt (2022年5月19日). “‘Shin Ultraman’: No deeper messages, just a lot of fun”. The Japan Times. 2022年5月20日閲覧。
  65. ^ Eisenbeis, Richard (2022年5月19日). “Shin Ultraman - Review -”. Anime News Network. 2022年5月20日閲覧。
  66. ^ Haddick, Alicia (2022年5月19日). “REVIEW: Shin Ultraman’s Fanatic and Hope-Filled Entry in the “Shin” Universe”. Crunchyroll. 2022年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月20日閲覧。
  67. ^ Oskow, Noah (2022年6月11日). “Review: Shin Ultraman is no Shin Godzilla – But That’s Not a Bad Thing”. Unseen Japan. 2022年6月14日閲覧。
  68. ^ “『シン・ウルトラマン』が初登場1位を獲得!『流浪の月』が5位、『バブル』が9位にランクイン(5月14日-5月15日)”. CINEMAランキング通信. (2022年5月16日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202205/16153439.php 2022年5月16日閲覧。 
  69. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年5月19日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年5月24日閲覧。 
  70. ^ “「シン・ウルトラマン」公開3日間で興収9.9億円突破 「シン・ゴジラ」超え、2022年邦画実写トップの“ウルトラ”大ヒット!”. 映画.com. (2022年5月16日). https://eiga.com/news/20220516/11/ 2022年5月16日閲覧。 
  71. ^ “『シン・ウルトラマン』が2週連続1位を獲得!『映画 五等分の花嫁』が2位、『大河への道』が4位など、新作3本がランクイン(5月21日-5月22日)”. CINEMAランキング通信. (2022年5月23日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202205/23160320.php 2022年5月24日閲覧。 
  72. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年5月24日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年5月24日閲覧。 
  73. ^ 『五等分の花嫁』の大ヒットが示す 「実写よりアニメ」の決定的なシフト” (2022年5月26日). 2022年5月27日閲覧。
  74. ^ “トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』が初登場1位!『劇場版 呪術廻戦 0』がラスト上映で8位に返り咲き”. CINEMAランキング通信. (2022年5月30日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202205/30160234.php 2022年6月2日閲覧。 
  75. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年6月2日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年6月2日閲覧。 
  76. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (2022年5月31日). "『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』は10日間で動員14万517人&興収1億8933万2610円『シン・ウルトラマン』は17日間で動員180万9789人&興収27億1175万8900円『バブル』は17日間で動員10万8041人&興収1億4843万5850円『流浪の月』は17日間で興収5億8938万2110円" (ツイート). Twitterより2022年6月2日閲覧
  77. ^ “『トップガン マーヴェリック』が2週連続で1位を獲得!3位に『機動戦士ガンダム〜』、6位に『極主夫道 ザ・シネマ』が初登場”. CINEMAランキング通信. (2022年6月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202206/06154336.php 2022年6月12日閲覧。 
  78. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年6月9日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年6月12日閲覧。 
  79. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (2022年6月7日). "『シン・ウルトラマン』は24日間で動員214万9人&興収31億8233万2850円『バブル』は24日間で動員11万7910人&興収1億6128万5080円『死刑にいたる病』は31日間で動員58万8670人&興収8億3738万5600円" (ツイート). Twitterより2022年6月12日閲覧
  80. ^ “『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が初登場1位を獲得!新作では6位に『からかい上手の高木さん』がランクイン(2022年6月11日-6月12日)”. CINEMAランキング通信. (2022年6月13日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202206/13150458.php 2022年6月20日閲覧。 
  81. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年6月16日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年6月20日閲覧。 
  82. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (2022年6月14日). "『シン・ウルトラマン』は31日間で動員239万586人&興収35億6328万950円『死刑にいたる病』は38日間で動員65万1167人&興収9億2599万4420円『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は40日間で動員139万1909人&興収21億3405万6550円" (ツイート). Twitterより2022年6月20日閲覧
  83. ^ “ラージフォーマット上映決定!”. 『シン・ウルトラマン』公式サイト. (2022年6月3日). https://shin-ultraman.jp/sp/news/ 2022年6月20日閲覧。 
  84. ^ “『トップガン マーヴェリック』が再び1位に返り咲き!新作では5位に『バスカヴィル家の犬〜』、6位に『峠 最後のサムライ』がランクイン(2022年6月18日-6月19日)”. CINEMAランキング通信. (2022年6月20日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202206/20160745.php 2022年7月13日閲覧。 
  85. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年6月23日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年7月13日閲覧。 
  86. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (2022年6月21日). "『大河への道』は31日間で動員39万2000人&興収4億8600万円『シン・ウルトラマン』は38日間で動員257万2376人&興収38億3971万円『死刑にいたる病』は45日間で興収9億9225万7100円『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は59日間で動員164万1377人&興収19億7263万9050円" (ツイート). Twitterより2022年7月13日閲覧
  87. ^ “『トップガン マーヴェリック』は返り咲きから2週連続1位をキープ!新作では3位に『ベイビー・ブローカー』など4作品が初登場(2022年6月25日-6月26日)”. CINEMAランキング通信. (2022年6月27日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202206/27155714.php 2022年7月13日閲覧。 
  88. ^ “海外ボックスオフィス”. comScore via KOFIC. (2022年6月30日). https://www.kobis.or.kr/kobis/business/stat/boxs/findWeekendForeignBoxOfficeList.do 2022年7月13日閲覧。 
  89. ^ 元編集長の映画便り [@moviewalker_bce] (2022年6月28日). "『五等分の花嫁』は38日間で動員134万4255人&興収17億7639万2600円『シン・ウルトラマン』は45日間で動員269万6807人&興収40億2750万850円『死刑にいたる病』は52日間で興収10億3817万2140円" (ツイート). Twitterより2022年7月13日閲覧
  90. ^ テレビシリーズ「ウルトラマン」(1966年)メフィラス・ゼットン登場回付き上映 各2週間限定上映決定!!公式サイト 2022年7月4日
  91. ^ 『シン・ウルトラマン デザインワークス』5月13日発売”. 株式会社カラー. 2022年4月20日閲覧。
  92. ^ 米津玄師が描き下ろしたウルトラマンが目印「M八七」ジャケット公開、特番でインタビュー放送(2022年4月22日)
  93. ^ 映画『シン・ウルトラマン』公開記念特番【大ヒット上映中】”. 2022年6月4日閲覧。 YouTube ( 2022/05/22公開 )
  94. ^ 「シン・ウルトラマン」公開直前特番、11日から無料配信AV Watch(2022年5月9日)
  95. ^ 「シン・ウルトラマン」×マクドナルド。「シン・タツタ」登場(2022年4月14日)
  96. ^ “映画『シン・ウルトラマン』とコラボした「MEITETSU☆ウルトララリー」を実施します” (PDF) (プレスリリース), 名古屋鉄道, (2022年4月19日), オリジナルの2022年4月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20220419214847/https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2022/__icsFiles/afieldfile/2022/04/19/220419ultra_1.pdf 2022年7月16日閲覧。 
  97. ^ 名鉄「シン・ナゴヤ」も - 映画『シン・ウルトラマン』コラボ実施(2022年4月19日)
  98. ^ ウルトラマンが横浜・みなとみらいに現れる!?「シン・ウルトラマン」の映画公開記念イベントが開催(2022年4月22日)
  99. ^ “食器用洗剤『ジョイ』と映画『シン・ウルトラマン』の夢のコラボレーションが実現 スペシャルコラボムービー「シン・ジョイ特報」を5月12日(木)よりウェブにて公開” (プレスリリース), PR TIMES, (2022年5月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000185.000006237.html 2022年7月11日閲覧。 

参考文献

  • 『シン・ウルトラマン』パンフレット 2022年5月13日発行 編集:株式会社東宝ステラ 発行:東宝株式会社事業部
  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラ特撮マガジン 2020』講談社(講談社MOOK)、2020年8月31日。ISBN 978-4-06-520743-7 
  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラ特撮マガジン VOL.2』講談社(講談社MOOK)、2021年5月24日。ISBN 978-4-06-523014-5 
  • 『宇宙船』vol.176(SPRING 2022.春)、ホビージャパン、2022年4月1日、 ISBN 978-4-7986-2796-0
  • Pen』(2022年6月号)、CCCメディアハウス、2022年4月28日、 雑誌コード:17785-06。
  • 『シン・ウルトラマン デザインワークス』監修 庵野秀明、株式会社カラー、2022年5月13日。ISBN 978-4-905033-28-8 
  • 『フィギュア王』No.292、ワールドフォトプレス、2022年6月30日、 ISBN 978-4-8465-3271-0
  • 『宇宙船』vol.177(SUMMER 2022.夏)、2022年7月1日、 ISBN 978-4-7986-2862-2
  • 『ULTRAMAN HISTORICA ウルトラQからシン・ウルトラマンまで』講談社〈講談社MOOK〉、2022年6月28日。ISBN 978-4-06-528129-1 

関連項目

外部リンク