半保護されたページ

シン・ウルトラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウルトラシリーズ > シン・ウルトラマン
シン・ウルトラマン
Shin Ultraman logo.png
監督 樋口真嗣
脚本 庵野秀明
製作 庵野秀明
出演者 斎藤工
長澤まさみ
有岡大貴
早見あかり
田中哲司
西島秀俊
山本耕史
岩松了
長塚圭史
嶋田久作
益岡徹
山崎一
和田聰宏
音楽 鷺巣詩郎
制作会社 東宝映画
シネバザール
製作会社 円谷プロダクション
東宝
カラー
配給 東宝
公開 日本の旗 2022年5月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

シン・ウルトラマン』は、2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり[1]、タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される[2]円谷プロダクション東宝カラーが共同で製作し、スタッフとして、企画・脚本の庵野秀明、監督の樋口真嗣など『シン・ゴジラ』の製作陣が参加する[2][3][4]。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。[5][6][7]

キャスト

スタッフ

製作

脚本検討稿は2019年2月5日に脱稿し[11]、同年8月1日にウルトラシリーズの新作映画として製作が公表され、主要スタッフおよびキャストが同時に公開された[8][11]。庵野は同時期に『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の製作があったが、同作の完成後に樋口組へ合流する予定と発表された[11]

撮影開始時期は未発表だが、2019年秋のエキストラ撮影に向けて同年8月20日にエキストラ募集がかけられ[14]、同年11月23日の『第2回熱海怪獣映画祭』において、すでに撮影が終了したことが発表された[15]

2019年12月14日には、円谷プロダクションによるラインナップ発表会『TSUBURAYA CONVENTION 2019』のオープニングセレモニーに主人公役を演じる斎藤工と監督の樋口が登壇し、本作品のウルトラマンのデザインやタイトルロゴが発表された[2][16]。その壇上にて斎藤は父がかつて『ウルトラマンタロウ』の現場(東北新社)で働いていたことを明かした上で「まさか自分がウルトラマンを演じるとは思っていなかったが、話を頂いてだから自分が演じるのかという気持ちになった」、樋口は本作品のウルトラマンの雛形フィギュアを披露し、「どのウルトラマン世代にも刺さる作品を目指したい」との旨をそれぞれ明かしている[2][16]

2020年2月9日には『ワンダーフェスティバル2020冬』のオープニングセレモニーでも発表され、円谷プロブースに本作品のウルトラマンの検証用雛形である「第一号雛形」「第二号雛形」の実物が出展された[17]

2020年11月3日には公開時期が2021年初夏であることが発表されたほか、同日に開館した須賀川特撮アーカイブセンターの開館式において立像が披露された[13]

2021年1月29日には登場人物たちやウルトラマン、ガボラネロンガが登場する特報映像のほか、変身アイテムやキャッチコピーが併記された特別ビジュアルが公開された[5][6][7][18]

2021年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で制作スケジュールの影響が生じたことを理由に公開の予定が当初の2021年初夏から延期となることが明らかにされた[19][20][注釈 1]

2021年12月13日、『TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM』にて、新たな公開日が2022年5月13日になることと、斎藤演じる主人公の役名が発表された[9]

デザイン

本作品のウルトラマンのデザインコンセプトは、初代ウルトラマンをデザインした成田亨による絵画『真実と正義と美の化身』が元になっている。成田と佐々木明によるオリジナルデザインへの回帰を図った結果、カラータイマーや『ウルトラマン』のマスコミ用特写会の直前まで成田が躊躇した目の下の覗き穴、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭が排され、宇宙人らしい原初のウルトラマンとなった[2][16][18]

長い手足と痩身の身体は、初代ウルトラマンのスーツアクターを担当した古谷敏の長身瘦躯のスタイルを色濃く投影し、当時の塗料では表現しきれなかった金属のようなメタル感が意識された皮膚感となっているなど、宇宙人の雰囲気を強くしている[18][22]

なお、『ウルトラマン』でのマスクはA・B・Cの3タイプが制作されているが、本作品でのマスクはCタイプを元にしていると推測される[18]

評価

2021年1月29日に特報映像が公開された際には「ウルトラマン」が日本国内のTwitterのトレンドに入ったほか、日本国外でも映画監督のギレルモ・デル・トロジョーダン・ヴォート=ロバーツが興奮や絶賛のコメントを寄せている[23]。また、同年8月12日にはジェームズ・ガンが樋口とのリモート対談で興奮しながら期待のコメントを寄せる映像が公開されている[24]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2021年7月18日に映画『遊星王子2021』の完成披露上映会に出席した河崎実は、監督を務めた同作の公開時期を本作品に合わせた(2021年8月27日)が本作品が延期になったため、思惑が外れたことを明かしている[21]

出典

  1. ^ a b Tsuburaya Global Business Interview Vol.1 Takayuki Tsukagoshi x Jian Sun (SCLA)” (英語). Tsuburaya Productions Co., Ltd - ULTRAMAN Series. 2020年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e “シン・ウルトラマン:ウルトラマンのデザイン公開 成田亨さんの絵画がコンセプト カラータイマーなし”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年12月14日). https://mantan-web.jp/article/20191214dog00m200002000c.html 2019年12月14日閲覧。 
  3. ^ 東宝株式会社. “映画『シン・ゴジラ』公式サイト” (jp). 映画『シン・ゴジラ』公式サイト. 2019年12月15日閲覧。
  4. ^ NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト” (jp). NEWS|映画『シン・ウルトラマン』公式サイト. 2019年12月15日閲覧。
  5. ^ a b “『シン・ゴジラ』のコンビの新作映画『シン・ウルトラマン』特報映像が公開 電力と関連の深い2体の怪獣がお目見え”. IGN Japan (産経デジタル). (2021年1月29日). https://jp.ign.com/shin-ultra-man/49740/news/2 2021年1月29日閲覧。 
  6. ^ a b “来たぞ!『シン・ウルトラマン』世界観が垣間見える特報映像&新ビジュアル!”. MOVIE WALKER PRESS (ムービーウォーカー). (2021年1月29日). https://moviewalker.jp/news/article/1018977/ 2021年1月29日閲覧。 
  7. ^ a b “シン・ウルトラマン:特報、特別ビジュアル公開 謎めいたアイテム 怪獣も 「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年1月29日). https://mantan-web.jp/article/20210129dog00m200000000c.html 2021年1月29日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 「ウルトラマン」の歴史が動く、すべての人に贈るエンターテイメント『シン・ウルトラマン』製作決定!”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ a b “シン・ウルトラマン:2022年5月13日公開 樋口真嗣監督「まだまだ作っています」 斎藤工が神永新二に”. まんたんウェブ (MANTAN). (2021年12月13日). https://mantan-web.jp/article/20211213dog00m200042000c.html 2021年12月13日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j “『シン・ウルトラマン』にヘイセイ有岡出演「胸が熱くなります」 早見あかり、田中哲司、山本耕史も参加”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2145094/full/ 2019年9月25日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j 『シン・ウルトラマン』映画化に関するお知らせ”. 株式会社カラー (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  12. ^ シン・ウルトラマン - 映画・映像|東宝WEB SITE”. www.toho.co.jp. 2019年12月14日閲覧。
  13. ^ a b 2021年初夏公開決定!『シン・ウルトラマン』立像が初お披露目、“特撮の神様”円谷英二の出身地・須賀川にてシン・ウルトラマンの“スペシウム光線ポーズ”が明らかに!”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2020年11月3日). 2020年11月3日閲覧。
  14. ^ エキストラ募集【メルマガ登録】映画<樋口真嗣監督作品> ⇒『シン・ゴジラ』製作チームが再集結! ⇒出演:斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊 ほか”. 東京エキストラNOTES>募集情報2019. 2019年9月5日閲覧。
  15. ^ “「シン・ウルトラマン」撮り終えた樋口真嗣監督も「ゴジラ伝説」ライブに感激”. ENCOUNT (Creative2). (2019年11月23日). https://encount.press/archives/10560/ 2019年12月6日閲覧。 
  16. ^ a b c “映画「シン・ウルトラマン」のデザイン公開、カラータイマーがないその理由は?”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年12月14日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/14/news027.html 2020年1月12日閲覧。 
  17. ^ “2021年公開「シン・ウルトラマン」より「第一号雛形」「第二号雛形」の実物登場、まさに「真実と正義と美の化身」”. GIGAZINE (OSA). (2020年2月9日). https://gigazine.net/news/20200209-shin-ultraman-wf2020w/ 2020年2月11日閲覧。 
  18. ^ a b c d マガジンVOL.2 2021, pp. 3–7, 「シン・ウルトラマン」
  19. ^ “「シン・ウルトラマン」公開延期へ 今初夏公開予定も「新たな公開時期へ調整」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/26/kiji/20210326s00041000307000c.html 2021年3月26日閲覧。 
  20. ^ 『シン・ウルトラマン』公開時期に関して”. 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト (2021年3月26日). 2021年3月26日閲覧。
  21. ^ “B級映画の巨匠・河崎実監督「いろいろと大変なんです」 コロナ禍で思惑外れる”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年7月18日). https://hochi.news/articles/20210718-OHT1T51191.html 2021年7月31日閲覧。 
  22. ^ マガジン2020 2020, p. 20, 「ウルトラ雑学1 円谷プロダクション The Latest News」.
  23. ^ “デル・トロ監督が大興奮!『シン・ウルトラマン』特報、海外でも反響”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2021年1月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121390 2021年2月1日閲覧。 
  24. ^ “『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン&樋口真嗣が対談 映像公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2021年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0125326 2021年8月13日閲覧。 

参考文献

  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラ特撮マガジン 2020』講談社(講談社MOOK)、2020年8月31日。ISBN 978-4-06-520743-7
  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラ特撮マガジン VOL.2』講談社(講談社MOOK)、2021年5月24日。ISBN 978-4-06-523014-5

外部リンク