トリガー (アニメ制作会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルトラスーパーピクチャーズ > トリガー (アニメ制作会社)
株式会社トリガー
TRIGGER Inc.
Trigger Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
165-0026
東京都中野区新井2丁目6番13号
設立 2011年8月22日
業種 情報・通信業
法人番号 3011301017935
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役社長 大塚雅彦
代表取締役副社長 宇佐義大
主要株主 株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ
関係する人物 今石洋之(取締役)
舛本和也(取締役)
外部リンク http://www.st-trigger.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社トリガー: TRIGGER Inc.)は、日本アニメ制作会社。株式会社ウルトラスーパーピクチャーズの子会社。

歴史[編集]

アニメ制作会社ガイナックスに所属していたアニメーション演出家の大塚雅彦今石洋之、制作プロデューサーの舛本和也の3人が2011年8月22日に設立したアニメーション制作会社。社名は「作品が弾丸だとしたら、それを打ち出す引き金でありたい」[1]との想いで名づけた。スタジオ設立前より持株会社「ウルトラスーパーピクチャーズ」の構想を聞かされ、最終的に各グループ企業の自主性を重んじる方針が決め手となり、設立時よりグループ企業として参加している。本社の他、福岡県博多に福岡スタジオを構える。

「キルラキル」や「リトルウィッチアカデミア」などのオリジナルアニメを得意としているが、『異能バトルは日常系のなかで』で初めて原作つき作品を制作した。

制作作品[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 備考
2013年 10月 - 2014年3月 キルラキル
2014年 10月 - 12月 異能バトルは日常系のなかで
ブラック・ダイナマイト シーズン2オープニング
2016年 4月 - 6月 宇宙パトロールルル子
キズナイーバー
2017年 1月 - 6月 リトルウィッチアカデミア
2018年 1月 - 7月 ダーリン・イン・ザ・フランキス 共同制作:A-1 PicturesCloverWorks
10月 - 12月 SSSS.GRIDMAN
2020年 4月 - 6月 BNA ビー・エヌ・エー
2021年 4月 - SSSS.DYNAZENON

アニメ映画[編集]

公開日 タイトル 備考
2013年3月2日 リトルウィッチアカデミア アニメミライ2013
2015年10月9日 リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード
2019年5月24日 プロメア

Webアニメ[編集]

公開年 タイトル 備考
2012年 インフェルノコップ
2013年 ターニングガールズ
2015年 電光超人グリッドマン boys invent great hero 日本アニメ(ーター)見本市出品作
共同制作(POWER PLANT No.33、ヒストリー機関):スタジオ・リッカ
POWER PLANT No.33
Sex&VIOLENCE with MACHSPEED
ヒストリー機関
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
2022年 サイバーパンク エッジランナーズ Netflixオリジナル作品

制作協力[編集]

放送年 タイトル 制作元請 備考
2011年 THE IDOLM@STER A-1 Pictures 各話制作協力
2012年 ブラック★ロックシューター Ordetサンジゲン 制作協力
ソードアート・オンライン A-1 Pictures 各話制作協力
マギ
2013年 戦勇。 Ordet・ライデンフィルム
ビビッドレッド・オペレーション A-1 Pictures 各話制作協力、オープニング制作協力
SHORT PEACE サンライズ 制作協力
夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 タツノコプロ 各話制作協力、エンディング制作協力
2014年 テラフォーマーズ ライデンフィルム 各話制作協力
2015年 ハッカドール THE あにめ〜しょん クリエイターズインパック 制作協力

その他[編集]

公開年 タイトル 担当
2012年 PROJECT X ZONE オープニングアニメーション制作
2013年 四百二十連敗ガール ファミ通文庫プレ15周年企画プロモーションアニメーション制作
2014年 美少女Mobage モバミちゃん プロモーションアニメーション制作
ハッカドール
2015年 イロドリミドリ
2016年 戦国アスカZERO 新作プロモーションアニメーション制作
2017年 リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議 劇中アニメーション制作
2019年 キルラキル ザ・ゲーム -異布- 開発監修
インディビジブル プロモーションアニメーション制作
ダンジョン飯 アニメーションCM
Shantae and the Seven Sirens プロモーションアニメーション制作

2016年のテレビCM中止問題[編集]

2016年に同社が制作し、8月2日にYouTubeで公開したキリンの缶入りチューハイ氷結」のプロモーション動画をテレビCMとして放映、キャンペーンの予定もあったが、市民団体の連合[2]により発売販売元のキリンへ動画の非公開を求める要望書を提出。内容上拘束するものではないものの、未成年が視聴することも勘案してほしい旨を前者が汲み取り非公開化した。しかし、翌2017年1月16日にアニメファンの運営するまとめサイト「togetter」に抗議文を掲載、署名を始めた[3]

なお、同サイトによると1月19日現在で2672名の署名を集めている。

長時間労働問題[編集]

2020年6月30日、「元従業員の長時間労働裁量労働制の誤った運用による未払い残業代について元従業員と団体交渉を行っていました」と公式サイト内にて報告した[4]

元従業員は、自身が加入する労働組合「ブラック企業ユニオン」を通じて団体交渉を行い、無事解決した。

元従業員は、「大変でしたが、無事解決してよかったです。この業界で正しく裁量労働制が運用されることを願います」と話している。

株式会社トリガーは「弊社は今後も労働条件の改善に努めていきます。」と話している。

この団体交渉は今回合意に至り、円満解決となった。

書籍[編集]

  • 『アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本』 (星海社新書) 発売日:2014年5月23日、舛本和也 (著)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アニメスタイル編集部 『月刊アニメスタイル』第6号、スタイル、2012年、110頁。
  2. ^ アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)と主婦連合会
  3. ^ 「キリン 氷結」アニメCM中止が波紋 「復活」署名はじまるJ-CASTニュース 2017年1月19日
  4. ^ 弊社元従業員との団体交渉について”. トリガー 公式サイト (2020年6月30日). 2021年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]