電脳学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電脳学園
電脳学園シナリオI Ver2.0
ジャンル クイズゲーム
対応機種 PC-8801
PC-9801
MSX2
開発元 ガイナックス
発売元 ゼネラルプロダクツ
人数 1人
メディア [PC-88・98] 5インチFD
[PC-98・MSX2] 3.5インチFD
発売日 1989年7月15日
1990年11月10日(Ver2.0)
対象年齢 未審査(Ver2.0より12歳未満のプレイ自粛要請表示)
Ver2.0は宮崎県有害図書指定
テンプレートを表示

電脳学園』(でんのうがくえん、CYBERNETIC Hi-SCHOOL)は、1989年7月にガイナックスより発売されたクイズゲーム。クイズに正解すると、登場するヒロインが服を徐々に脱いで最後は全裸になる脱衣ゲームである。ガイナックスのコンピュータゲーム参入第1弾であり、シリーズ化されて4作品が発売された。2015年現在は、4作ともProjectEGG系列のAmusement-Center内EGG PLUSでダウンロード販売中。

また、2000年から2001年にかけて新シリーズ『電脳学園ミレニアム』が2タイトル発売された(イベント・通販限定)。

沿革[編集]

1980年代後半、ガイナックスはアニメーション制作の赤字で悪化していた経営を立て直すため、ゲーム業界へ進出することを決定した。その第1弾として制作されたのが、本シリーズである。

当時のアダルトゲーム市場は一流メーカーの撤退により、グラフィックのレベルが低下していた[1]。また、MacintoshHyperCardで遊んでいた岡田斗司夫赤井孝美は、アドベンチャーゲーム程度であれば自分たちでも制作することが可能であると知っていた[2]。こうした状況から、システムが単純なクイズゲームにアニメ制作スタッフによるグラフィックを組み合わせることで、ゲーム制作は可能であり売上も見込めると判断され、本作が制作される。

PC88版で岡田と赤井はプログラムとBGMの作曲以外を全て2人でこなし、角川書店コンプティークにヨイショ同然の記事を書いてもらうという癒着ギリギリのバックアップを受け(最終的にはガイナックスからコンプティークにライターを派遣し、自分たちでヨイショ記事を書くまでになる)[3]、本作を発売した。大きな反響を呼んだが、1990年11月に発売した『電脳学園Ver2.0』は宮崎県有害図書指定を受けてしまう。ガイナックスは本指定に対して憲法違反で宮崎県を提訴するが、1999年12月に最高裁判所で敗訴した(詳細は#宮崎県有害図書指定訴訟を参照)。

電脳学園シリーズ[編集]

全4作。

電脳学園(シナリオI)[編集]

電脳学園の生徒であるプレイヤーを操作し、3名の講師とクイズで勝負する。クイズのジャンルはアニメ特撮・国内外のSFに関するものが多い。講師のキャラ名も特撮の登場人物に由来する。ノルマは25問中20問(正解率80%)で、ノルマを達成すれば相手の服を脱がすことが出来る。服を脱がした状態で、特定部位をクリックすると反応する。4枚脱がせるとクリアで、全員脱がせると「電脳博士号」の学位認定を受ける。絵は当時としては珍しく、ヘアの描写にこだわっていた。パニックモードでは「カブザードリィ 兜町の試練場」という、株取引RPG風の画面が表示された。

  • 初級:芹沢 博子(せりざわ ひろこ)
  • 中級:万城目 ユリ(まんじょうめ - )
  • 上級:神宮寺 静(じんぐうじ しずか)

電脳学園シナリオI Ver2.0[編集]

第1作の改良版。前作の購入者には半額でバージョンアップを受け付けた。なお、本バージョンは12歳未満のプレイ自粛が発売元から要請されていたが強制力は無かった。前述の通り、宮崎県より有害図書指定を受けている。

電脳学園II ハイウェイバスター!![編集]

1989年12月10日発売。ストーリーは前作からそのまま続いている。電脳学園を卒業した主人公が、首都高速に出没する正体不明のライダーを追い、その手がかりを得る為に再び電脳学園へ赴く。なお、本作より12歳未満のプレイ自粛が発売元から要請されている。

ゲームシステムは前作とほぼ同じだが、ヘルプ機能やパニックモード(ゲームプレイ中にBackspaceキーを押すと、画面が切り替わって全く別のアプリケーションを動かしているようにカモフラージュする、通称「ボスが来た」)が追加されている他、キャラクターデザインに新田真子明貴美加菊池通隆と豪華なゲストメンバーを迎えている。クイズのジャンルは交通法規・自動車に関する問題が中心。運転免許を持っていればさほど難しくはない。また、新規導入のアドベンチャー部分は全4章に分かれており4人全員脱がせるとクリア。

電脳学園III トップをねらえ![編集]

1990年3月24日発売。同名OVAが原作。前作までとストーリー上の繋がりは無い。新型ガンバスターである「グレートガンバスター」のパイロットを決めるため、タカヤ・ノリコ、アマノ・カズミ、ユング・フロイトの3名がクイズで戦いを繰り広げる。

監督に庵野秀明、作画に窪岡俊之と、アニメ本編のスタッフが参加。自分たちが創ったキャラクターを脱がすことに抵抗はなく、むしろいかにエロくするかを追求したという[4]

電脳学園IV エイプハンターJ[編集]

1991年7月20日発売。(ゲーム発売時から見て)近未来(2006年)が舞台。深刻な猿害に悩まされる人類社会を救うため、主人公のエイプハンターが人間に成り済まして電脳学園に潜んでいる「進化猿」を発見し、抹殺するのが目的。進化猿は裸にして尻尾の有無を確認しないと人間と区別できないという設定を脱衣することの理由付けとしている。また世界観を解説するため、「高校生の現代社会科 猿害の実態」というタイトルの教科書が付録としてつけられている。

原作・脚本・監督は、みんだ☆なお(眠田直)。

電脳学園ミレニアムシリーズ[編集]

2000年 - 2001年にナインライブスよりイベント・通販限定で発売された。なお、16歳未満のプレイ自粛が要請されている。

電脳学園ミレニアム[編集]

2000年にイベント・通販限定で発売。Windows95 - 98XP非対応)・Macintoshハイブリッド。基本的には1作目のリメイクで、新キャラ2名が追加されている。

電脳学園ミレニアム2 紅の女王[編集]

2001年にイベント・通販限定で発売されたオリジナルの新作。主人公・日の本リリカとその助手・御堂マコトが電脳学園に潜入し、国家の存亡を揺るがす陰謀を暴くと言うストーリー。

宮崎県有害図書指定訴訟[編集]

1992年7月、宮崎県は「宮崎県における青少年の健全な育成に関する条例」に基づき「電脳学園シナリオI Ver2.0」を有害図書に指定した。理由は必ずしも明確ではないが、岡田は「ヘアが無修正で描写されていたのが引っかかった」と推測し、有害指定されたことは当然であると認識していた。しかし赤井はこの指定に猛反発し[5]、ガイナックスはパソコン雑誌を中心に「私たち、有害指定されちゃったんです」と題する意見広告を掲載。特に、宮崎県公報における有害指定の理由が必ずしも明確でないとする点を指摘し、宮崎地方裁判所に指定取り消しを求めて提訴するが1994年1月24日に敗訴。1995年3月1日福岡高等裁判所宮崎支部における控訴審でも同様に敗訴。これに対し、ガイナックスは最高裁判所へ上告するが1999年12月14日の最高裁・第三小法廷判決も一審・二審の判決を支持し、上告を棄却した。

なお、ガイナックスは本訴訟の敗訴後にコンピュータソフトウェア倫理機構へ加入している。

脚注[編集]

  1. ^ 岡田斗司夫 『遺言』 筑摩書房、2010年10月25日、210-211頁。ISBN 9784480864055
  2. ^ 岡田斗司夫 『遺言』 筑摩書房、2010年10月25日、168頁。ISBN 9784480864055
  3. ^ 岡田斗司夫 『遺言』 筑摩書房、2010年10月25日、171頁。ISBN 9784480864055
  4. ^ 岡田斗司夫 『遺言』 筑摩書房、2010年10月25日、215-216頁。ISBN 9784480864055
  5. ^ 岡田斗司夫 『遺言』 筑摩書房、2010年10月25日、213-214頁。ISBN 9784480864055

外部リンク[編集]