ヌイグルマーZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヌイグルマーZ
監督 井口昇
脚本 継田淳
井口昇
原作 大槻ケンヂ
縫製人間ヌイグルマー
製作 松野拓行
宮本純乃介
製作総指揮 森川敦
出演者 中川翔子
武田梨奈
音楽 福田裕彦
主題歌 特撮×中川翔子
「ヌイグルマーZ」
撮影 村川聡
編集 矢船陽介
製作会社 ガンジス
配給 キングレコードティ・ジョイ
公開 日本の旗 2014年1月25日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ヌイグルマーZ』は、2014年公開の日本映画。監督は井口昇

解説[編集]

大槻ケンヂ自身が所属しているパンクバンド『特撮』の楽曲「ヌイグルマー」をモチーフとした小説、『縫製人間ヌイグルマー』が原作の特撮アクション変身ヒーロー映画である。

ヌイグルマーのキャラクターデザインに 鶴巻和哉コヤマシゲトが参加。スポーツ新聞にそのカラーバリエーションが1面を飾った。その際には原作小説の表紙のカラーリングである黄色いヌイグルマーの姿も確認できる。

本作では日本映画史上最多の109体のゾンビが登場している。CG処理ではないゾンビエキストラの特殊メイクには、国内外で残酷表現で定評のある西村喜廣があたっている。

主演の中川翔子は本作で自前のピンクのフェイクファのヌンチャクでアクションシーンを見事に演じている。

キャッチコピーは『キミを守る。ボタンの瞳にかけて

あらすじ[編集]

鮎川響子は幼い日の誕生日に作家の母から手作りのピンクのテディベアをプレゼントされブーたれたようなその顔から「ブースケ」と名づける。

しかしそのテディベアには、はるか彼方の惑星ドムホから放浪してきた綿状生命体が寄生をしていた。

同じ日に母の田舎から、身内を亡くし独りぼっちになっていた妹の夢子(ダメ子)が上京してきた。

響子の誕生日のお祝いにレストランで食事をしているところにゾンビと化した一団が流れ込んできた。ゾンビの放った銃弾から娘を守ろうと、身を挺しかばった響子の母は死んでしまった。

顔を伏せて直接その光景を見ていなかった響子はダメ子をかばって死んだのだと誤解してしまった。

ゾンビの集団は惑星ドムホからブースケと共に地球にやってきた、デ・パルザと合体(チャーリー)をしたタケシの悪の計画の一部だっだ。チャーリーは部下の超能力者キル・ビリー、左腕がマシンガンの片腕ロリータとゾンビを連れて混乱をばら撒いていた。

ゾンビから響子を守るため負傷したダメ子に、ブースケは共に合体をすることで助けようとした。合体の際にダメ子は「可愛らしさとやわらかさ、それと力強さ」を強く求めた結果、「綿より鋭い抱き心地、悪党どもには抱かせない」ピンク色のぬいぐるみ戦士「ヌイグルマー」として生まれ変わった。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌
  • 挿入歌
    • 「一点もの」(歌:特撮)
    • 「遊星歯車機構」(歌:特撮×中川翔子)
    • 「マリリン・マラソン」(歌:特撮×中川翔子)
    • 「世界中のロックバンドが今夜も」(歌:特撮)
    • 「ハンマーはトントン」(歌:特撮)
  • エンディング
    • 「映画化(シネマタイズ)」(歌:特撮)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]