リトル ウィッチ アカデミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトルウィッチアカデミア
続編 魔法仕掛けのパレード
監督 吉成曜
脚本 大塚雅彦
原案 吉成曜
出演者 潘めぐみ
折笠富美子
日笠陽子
村瀬迪与
日高のり子
音楽 大島ミチル
主題歌 「Magic Parade」大原ゆい子
製作会社 TRIGGER
配給 第1章: アニメミライ事務局
第2章: 東宝
公開 第1章: 2013年3月2日
第2章: 2015年10月9日
上映時間 第1章: 25分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

リトルウィッチアカデミア』(Little Witch Academia)は、2013年3月2日に『アニメミライ2013』の一作として公開されたTRIGGER製作のアニメ映画作品。

2015年には続編として『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』が2015年10月9日に2週間限定で公開予定。こちらは『アニメミライ』作品ではなく、単独企画作品となる。

概要[編集]

文化庁若手アニメーター育成プロジェクト『アニメミライ2013』の参加作品として『龍 -RYO-』『デス・ビリヤード』『アルヴ・レズル -機械仕掛けの妖精たち-』と共に2013年3月2日公開された[1]。『天元突破グレンラガン』や『Panty & Stocking with Garterbelt』の今石洋之をはじめとするスタッフが2011年に立ち上げたTRIGGER制作の劇場第1弾作品[2]。シャイニィシャリオのキャストは当初公開されておらず、公式サイトでキャストを当てるキャンペーンが行われた。また、文化服装学院コラボレーションとして公式でコスプレ衣装も制作され、主人公を務めた潘めぐみは2013年3月2日の初日舞台挨拶で人生で初のコスプレ姿を披露している[3]。2013年4月にはYouTubeで英語字幕付きで期間限定全編無料公開され[4]、海外ネットユーザーから続編を作って欲しい等の多く絶賛コメントが寄せられた[5]。 2013年には日本でのBlu-ray発売のほか、北米でacttilよりBlu-rayが海外発売[6]

2013年7月のアニメ・エキスポで大塚雅彦から続編製作を公表している[7]。続編の製作資金を集めるために、クラウドファンディングサイトのKickstarterで2013年7月8日から協力者を募ったところ、開始から5時間で目標額の15万ドルに達成し[8]、8月8日までの一ヶ月の募集期間で総額62万5518ドル(当時のレートで約6000万円)を調達した[9]

『アニメミライ』のテーマが"新人育成"を目的としたプロジェクトであることから、物語のあらすじもそれに則ったものになっている。監督の吉成曜曰く「新人アニメーターの話を別のものに置き換えできないか」というアイデアを元に、「新人アニメーターが、深夜枠の魔女っ子アニメに憧れて来ました、みたいなノリ」をテーマに書いたとインタビューで発言している[10]

2015年6月5日より『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の上映劇場で前売り券とムビチケが販売開始となり、10月より期間限定で劇場公開されることが決定した。[11]

2015年7月3日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される「アニメエキスポ」にて、『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』の、プレミア上映が行われる。[12]

ストーリー[編集]

『リトルウィッチアカデミア』[編集]

子供の頃に見た魔女シャイニィシャリオに憧れ魔女を夢見るアッコはルーナノヴァ魔法学校に入学するも上手くいかず笑われてばかり。そんな折り地下迷宮の実習中、封印されたいにしえの竜が復活してしまう大事態が起こる。偶然シャリオの杖を手に入れたアッコは親友のロッテとスーシィと共にいにしえの竜を何とかしようとすることに。

『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』[編集]

主人公はアッコ、ロッテ、スーシィら魔女育成学校に通う6人の少女。先生から「6人で力をあわせて、パレードを成功させる。さもなければ、落第」という最後のチャンスを与えられた少女たちが奮闘する。

登場キャラクター[編集]

『リトルウィッチアカデミア』[編集]

アツコ・カガリ(アッコ)[13][14]
声 - 潘めぐみ
ヨーロッパの魔女育成名門校『ルーナノヴァ魔法学校』の魔女見習い。幼少期にシャイニイシャリオのショーを見て以来彼女のファンだが、周りからは理解されずにいる。
性格は猪突猛進。日本の一般家庭出身で魔女の家系ではない為、魔法のホウキは入学して初めて乗っている。
優秀かつシャリオに否定的なダイアナに対抗意識を燃やしている。
ロッテ・ヤンソン[13]
声 - 折笠富美子
メガネをかけたアッコのルームメイトで親友。暴走気味のアッコに対して、しばしば冷静な突っ込みを入れる。
スーシィ・マンババラン[13]
声 - 村瀬迪与
アッコのルームメイトで親友。歯に衣着せぬ毒舌家。魔法薬の扱いが得意で、よくアッコを実験台にしている。
ダイアナ・キャベンディッシュ[14]
声 - 日笠陽子
アッコのクラスメイトで優等生。自尊心が高く実力もあるが、その自尊心ゆえの行動がいにしえの竜の封印を解く原因になってしまう。
シャリオに心酔しているアッコを見下していたが、自身もファンであることを仄めかす描写があり、物語冒頭でも幼少期のダイアナと思しき金髪の少女が描かれている。
シャイニィシャリオ
声 - 日髙のり子
アッコが幼い頃に憧れた魔女。魔法を使うときは髪が赤く輝く。しかしショー的な活動が多かったせいか、魔女に対する間違ったイメージを広げたとして魔女界では評判が悪い。
シャリオの持っていた杖『シャイニィロッド』は強力な魔力を持つ杖で、光の弓に変化し『シャイニィアルク』を放つ。なぜか迷宮に打ち捨てられていた所をアッコが発見する。
老教師
声 - 京田尚子
魔法史の先生。
教官
声 - 高山みなみ
魔法のホウキの実習教官。
アーシュラ先生
魔法学校の先生。アッコたちの迷宮での実践訓練での担当教官をしており、迷宮から出てきた いにしえの竜と対応する。
ハンナ
声 - 中尾衣里
ダイアナの取巻き。
バーバラ
声 - 赤﨑千夏
ダイアナの取巻き。
ミノタウロス
声 - 乃村健次
実践訓練の迷宮にいた怪物。スーシィに魔法薬を飲まされ、どろどろに溶解して消滅する。
いにしえの竜
迷宮地下のアイアン・メイデンに封印されていたドラゴン。魔力を吸収して成長する。ダイアナが封印を解いてしまい、大事態に発展してしまうこととなる。

『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』からの登場人物[編集]

アマンダ・オニール
ダンスやパーティーが大好きなアイルランド系アメリカ人。
コンスタンツェ・ブラウンシュバンク・アルブレヒツベルガー
アマンダのグループの一員。校則違反のハイテク機器を改造&密売するドイツ人。
ヤスミンカ・アントネンコ
アマンダのグループの一員。授業中に盗み食いして教師に怒られることもしばしばの食いしん坊ロシア人。

スタッフ[編集]

  • 監督・原案・キャラクターデザイン・作画監督 - 吉成曜
  • 脚本 - 大塚雅彦
  • 美術監督 - 金子雄司
  • 色彩設計 - 垣田由紀子(T2studio)
  • 撮影監督 - 山田豊徳(サンジゲン
  • 編集 - 坪根健太郎(REAL-T)
  • 音響監督 - 渡辺淳
  • 音楽 - 大島ミチル
  • プロデューサー・担当制作 - 堤尚子
  • 原画 - 吉成曜
  • 中堅原画 - 芳垣祐介、堀剛史、米山舞
  • 若手原画 - 金子雄人、坂本勝、三宮昌太、田頭悠郎、半田修平
  • アニメーション制作 - TRIGGER

主題歌[編集]

「Magic Parade」
作詞・作曲・編曲 - MANYO / 歌 - 大原ゆい子

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 2013年4月1日 月曜 26:15 - 26:45 TBS系列
日本全域 アニマックス 2013年4月26日 金曜 19:00 - 19:30 アニメ専門BS/CS放送

Blu-ray[編集]

商品名「アニメミライ2013」
品番 - ANTX-33002 / 発売元 - アニプレックス
2013年3月30日・31日の『Anime Contents Expo 2013』で1,000部販売。
商品名「リトルウィッチアカデミア」ブルーレイ
品番 - TRG-10001 / 発売元 - Trigger
2013年8月から「TRIGGERオンラインショップ」で数量限定販売している。

脚注[編集]

  1. ^ 「日本のアニメは面白い!」、渾身の4作品が公開された「アニメミライ2013」完成披露試写会GIGAZINE 2013年1月21日
  2. ^ TRIGGERの最初のアニメーション作品は『インフェルノコップ』。
  3. ^ 声優の潘めぐみが人生“初”のコスプレ姿を披露/「アニメミライ2013」舞台挨拶財経新聞 2013年3月3日
  4. ^ アニメミライ2013で公開された短編アニメ『リトル ウィッチ アカデミア』がYouTubeで全編公開!Kotaku JAPAN 2013年4月22日
  5. ^ ネット公開された日本の魔法少女アニメが海外で大絶賛! 「続編を作ってくれ!」「この世に神は存在した」ロケットニュース 2013年4月22日
  6. ^ トリガー制作「リトル ウィッチ アカデミア」 英語版リリースへ LAでファンイベントも開催アニメ!アニメ! 2013年6月29日
  7. ^ アニメエキスポにて続編制作発表!「リトルウィッチアカデミア」上映会でファン喝采アニメ!アニメ! 2013年7月8日
  8. ^ “ファンの期待に応えるための「Kickstarter」という選択 『リトルウィッチアカデミア2』のスタジオトリガー ロングインタビュー[2/3]”. ITmedia. (2013年8月13日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1308/13/news024.html 2013年8月13日閲覧。 
  9. ^ “アニメ「リトルウィッチアカデミア」、続編制作の資金調達に成功! 予定額の4倍超となる約6千万円を1ヶ月間で”. アキバ総研. (2013年8月9日). http://akiba-souken.com/article/anime/17242/ 2013年9月6日閲覧。 
  10. ^ 『アニメスタイル』 2013年3月号 特集 吉成曜より
  11. ^ 「キルラキル」クリエイター集団の新作アニメが10月劇場公開
  12. ^ 「キルラキル」スタッフが贈る魔女っ子アニメ続編、米アニメエキスポへ
  13. ^ a b c 第二回取材*若手アニメーターインタビュー・半田修平さん2012年11月10日
  14. ^ a b 第八回取材*予告第三弾公開*キャラデザ追加発表2013年1月17日

外部リンク[編集]