泉昭二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
泉 昭二
生誕 (1932-04-25) 1932年4月25日(84歳)
東京都荒川区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画
代表作 ジャンケンポン
受賞 第5回日本漫画家協会賞優秀賞『出発進行』
テンプレートを表示

泉 昭二(いずみ しょうじ、1932年4月25日[1] - )は、日本漫画家男性東京府東京市荒川区(現:東京都荒川区)生まれ[1]法政大学卒業、東京デザインカレッジ漫画科修了[1]

概要[編集]

中学生のとき、大人の雑誌に投稿した作品が掲載され、出版社に原稿料を受け取りに行って驚かれた。この頃に漫画家を志望するが、8人きょうだいの末っ子という経済的な理由もあり、家族には切り出せずにいた。33歳のとき、サラリーマン生活をやめ、東京デザインカレッジに一期生として学ぶ。その後、朝日新聞のPR版に挿絵を描いていたところ、子供向けの新聞漫画の執筆に誘われたのが転機となった。当初は1ヵ月程度の連載のつもりだったという[2]

1969年9月30日、『朝日小学生新聞』に4コマ漫画『ジャンケンポン』を連載開始。以来、新聞休刊日以外は一日も休まず執筆し、現在も連載中で、2011年4月23日で連載13000回を達成した。新聞漫画の現役最長寿作品[3]である。

受賞歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P40
  2. ^ 朝日小学生新聞(2011年4月23日)
  3. ^ お楽しみ! まんが連載”. 朝日学生新聞社. 2011年5月2日閲覧。