寺門ジモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺門 ジモン
本名 寺門 義人(てらかど よしひと)
ニックネーム ネイチャージモン
生年月日 1962年11月25日(54歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県川西市
血液型 A型
身長 166cm
方言 共通語
最終学歴 東京都立鷺宮高等学校
出身 テアトル・エコー養成所
トリオ名 ダチョウ倶楽部
相方 肥後克広上島竜兵
立ち位置
事務所 太田プロダクション
活動時期 1985年 -
同期 ウッチャンナンチャン
中山秀征 など
現在の代表番組 寺門ジモンの肉専門チャンネル
過去の代表番組 寺門ジモンの食バカ一代
取材拒否の店
寺門ジモンの常連めし
公式サイト www.nature-jimon.com

寺門 ジモン(てらかど ジモン、本名:寺門 義人〈てらかど よしひと〉、1962年11月25日 - )は、日本お笑いタレントダチョウ倶楽部の説教(ダメ出し)担当。太田プロダクション所属。兵庫県川西市出身。

来歴[編集]

兵庫県川西市出身。本人曰く家が山の頂上付近にあったため、2歳頃から毎日自然と戯れていた自然児で、朝起きるとクワガタなどの昆虫を捕まえていた。4歳頃から市街地の幼稚園に電車を乗り継ぎして通園し、他の子供より精神的に自立していたため周りから変人扱いされており、幼稚園での集団生活は合わなかったとしている。また、この頃から舌が異常に敏感だったため、母の料理が不味かったときはダメ出しし、料理の腕は母よりも上だったという。

父親が都市銀行員であり、東京と大阪を頻繁に転勤していたという。このため、出生地と戸籍は兵庫県だが、家庭環境の都合で日本各地を転々としてきたことで、関西弁を殆ど話さない。室町幼稚園(池田市)、箕面市立箕面小学校中野区立桃丘小学校中野区立第九中学校を経て東京都立鷺宮高等学校を卒業。

その後、役者を目指しテアトル・エコー附属養成所に所属したが、将来に不安を感じお笑い芸人に転身することを決意。同期であり、コンビを組んでいた上島竜兵と共にテアトル・エコーの先輩・渡辺正行に会いに行き、渡辺から肥後克広南部虎弾を紹介される。これがダチョウ倶楽部の出発点となった。

2014年10月、“旨い”を追求する会員制グルメサイト『食べマスター』を開設[1]

人物[編集]

射手座。身長166cm、体重67kg。B107/W87/H99。生まれたとき、胸の周り・顔・足の裏・手の甲以外の全身に約10cmの原因不明の体毛が生えていたが、生後1週間で抜けた。実家が裕福であり、50歳を超えた今でも、母親から仕送りをもらっている。本人曰く今でも母親の事を「ママ」と呼んでいる。

足が短い、顔が大きい、体を異常なまでに鍛えているなどの特徴が相まって今田耕司に「体のバランスがおかしい」と言われている。東野幸治など番組共演者の中には、何ものにも属さず他の追随を許さない孤高の精神に敬意を払う者も多い。

ダチョウ倶楽部で唯一の独身アウトドア愛好家やグルメなど多趣味なうえに、どれもかなりのマニアであることから、肥後と上島はこれらの話題について行けず、プライベートで3人集まることは滅多になく、ジモンのみ竜兵会の会員ではない。また、メンバーからは絡みづらいと言われ酒も飲めない為、テレビ出演や志村けん達との飲み会では肥後と上島だけでいることが多い。

メンバー内では一番持ち芸が少ないが、実は1番面白いというのが浅草キッドの評。有吉弘行に付けられたあだ名は、「短足天狗」と言われているが、実際はダチョ・リブレの番組内でノッチデンジャラス)が「短足天狗」と命名した。そこで有吉が命名したのは「ポリバケツ」であり、安田和博(デンジャラス)が「偽グルメ」、土田晃之が「うそつき」というあだ名を考案した。

趣味[編集]

グルメ[編集]

グルメとして知られ、取材拒否の店寺門ジモンの常連めし〜奇跡の裏メニュー〜ダチョ・リブレ寺門ジモンの肉専門チャンネルなど、自らがMCをつとめる番組にて、寺門自身が常連として通っている飲食店を紹介している。

アンジャッシュ渡部建によれば、「間違いなく芸能界では一番、美味いものを食べている人」だという。渡部も当初は「ジモンさんがいくらグルメだといっても肉くらいで、他はたいしことないだろう」と思っていたところ、渡部がイタリアンでもフレンチでも寿司であっても、いかなる料理の名店に足を運んでも、「必ずジモンさんが既に通って」おり「どのルートから名店を辿っていっても必ずジモンさんにぶつかる」と言い、そして「俺がいくときとジモンさんがいくときでは(裏メニュー等のせいか)出るもんが違う」とのことで、寺門の凄さに気づいたという。実際、名店と呼ばれるようなグルメの世界で、寺門に面識のない人間を探すことは極めて困難だという。食に関しては尊敬すると述べている[2]

趣味のグルメを活かし、都内の百貨店の催事場にて、グルメイベントの監修もしている。2012年3月に渋谷東急百貨店にて「寺門ジモン厳選! 夢のウマすぎグルメ祭り!」が[3]、2013年3月には新宿京王百貨店にて「寺門ジモンのフードパーク マジ!ウマすぎ!!夢の特選グルメ大集合」が開催され[4]、2014年6月は池袋の東武百貨店にて「寺門ジモン厳選! 極上!! グルメ祭り」と題して実施された[5]

「食べ物に関してはうそをつけない」としており、グルメ番組の生放送中、京都の和菓子屋でよもぎの団子を食べたところ、メンバーが止めたにもかかわらず「嘘だ。これはよもぎの葉を使っていない」と見切り、そのままカメラを連れて調理場に入り、よもぎの粉を探し当てたことがある。

美味しいお菓子を食べると、箱に書いてある住所を頼りに工場を直接訪ねて作り方を聞いたり、マグロを知るために漁船に乗ったり、稲作を研究するために中国雲南省へ行ったことがある。また、毎年11月は白トリュフを食するために3週間イタリアに滞在する。その間、ダチョウ倶楽部3人での活動は出来ず、山田邦子に「あんた商売、一体何なの?」と言われたことがある。メンバーの肥後と上島は寺門の趣味であるので致し方ないとイタリア滞在を認めている。

にもこだわりがあり、オオクワガタ採集などで新潟や東北の山村に行くと、棚田を観察し、美味しそうなお米を生産している田んぼだとわかると、その生産者をでまちしてお米を売ってくれるよう交渉することもあるという。棚田は山間部にあるため、昼夜での寒暖差が激しく、平地で生産される米よりも美味しくなると言われる。その際に、まだ実っていないお米の味を判別するのに、稲穂の様子を観察し、日光や水路の位置を確認するだけではなく、土を実際に舐めてみるのだという。そうして選んだお米は、偶然にも寺門が通っている名店の料亭でも使っていたものであり、とある品評会でもトップを取ったお米であったという。また、寿司に精通しており、小学生の時から、お年玉を貯めて銀座の名店に通っていたという。

[編集]

焼肉に強いこだわりを持ち、「牛肉の話で俺より詳しい人に逢ったことがない!」「4〜5歳の雌牛、なおかつ処女の肉が最高なんだ!」等と語っている。ダウンタウンDXでは、焼肉だけで年に150万円使っており、焼肉屋のはしごや美味しい店であれば日本全国どこにでも出かけると語ったことがある。たけしの等々力ベースでも、ビートたけしに焼肉やホルモンを振る舞っており、たけしも芸能界一の肉通として認めている。肉に関しては、牛肉、鶏・豚だけではなく、馬肉・猪肉・鹿肉などのジビエにも詳しい。中でも、家畜用飼料を与えられていない野生動物の肉が美味いのだという。

肉好きが高じて、肉のセリに参加できる家畜商の資格まで取得し、松阪牛肉共進会にまで参加している。2011年11月、松阪牛のセリにおいて雌牛1頭を195万円で落札した[6]。さらに、老舗時計バンドメーカーのバンビと提携し、松阪牛の牛皮を使った革製品のプロデュースも行っており、SATOLIブランドとして展開している。寺門はこのブランドの立ち上げから参加し、それまで皮革製品として使われることのなかった松阪牛の製品化に多大な貢献をした。松阪牛は、飽和脂肪酸に対する不飽和脂肪酸の比率が、輸入牛や国産牛肉用のその他の品種に比べて高い。このため、皮革部分にも良質な油脂が含まれており、独特のが楽しめるという。これにいち早く目をつけたのが寺門であった。

有名人も通う行列の出来る名店とされる足立区の「焼肉スタミナ苑」には20年以上も通う常連であるが、いまでも開店2時間前から一般客に混じって並び、常連の芸能人だからといって特別に席を用意してもらうようなことは一切していないという。

グッズマニア[編集]

1990年代から、ナイキエアマックスカシオG-SHOCK等、多種多様な物を収集する「コレクター」「グッズマニア」として知られる様になった。物に対するこだわりや豊富な知識、情報収集に掛ける情熱は趣味の範疇を逸脱しており、その道の専門家と独自に交流していることからセミプロの域に達していると言える。ただし、一旦スイッチが入るとその豊富な知識を滔々と語りはじめる癖があり、興味の無い相手を辟易させることも少なくない。

芸能界では所ジョージと並ぶスニーカー通として有名。1995年、「エアマックス95」が発売され大ブームが起きたが、「エアマックス狩り」と呼ばれた少年による恐喝や、大量にニセモノが出回るなど騒動となった際には、エアマックスの目利きとしても活躍していた。『深夜水族館』など深夜の通販番組などでもコレクターマニアっぷりを披露している。下着はブリーフ派。

オオクワガタ[編集]

オオクワガタの採集・飼育も非常に好き。クワガタ業界では有名人となっており、様々なクワガタ雑誌で数多くの記事を書いている。一番多いのは採集記。自称、オオクワガタブームの先駆者。年に数回ドルクスハンターと呼ばれるプロ集団や兄と共にオオクワガタ採集に出かけている。冬季に入山し、夏に採集する際のルートを決めるとのこと。また、必要以上に濫獲したり樹木を破壊したりといったモラルのない採集は絶対にしない。

兄は薬学の研究員で、兄弟でオオクワガタの幼虫のエサとなる菌糸ビンの作成を計画している。クワガタを飼育する為だけの専用マンションを持っている。大塚で住んでいる時にクワガタが原因で近隣からの苦情により引っ越ししている。クワガタが大きな鳴き声を出すわけではないが、数千匹もあつまると尋常でない物音が発生するのだという。

その他[編集]

に関心を持ち、製糸工場の工場長と1週間語り合い、林業の雇用促進の仕事に関わる等寺門のこだわりは広がりを見せている。にも関心があり、ザ・フラットヘッドの小林昌良社長とともに、信州産の生糸振興にも関わっている[7]

格闘技にも精通しており、中でもモハメド・アリをこよなく愛している。ウィル・スミスがアリを演じた伝記映画『Ali』では「日本でこの映画を撮ったならば、アリ役をやるのは俺しかいない」と発言している。

大のウエスタン好きであり、専門雑誌コンバットマガジン』でコラムを掲載していた。モデルガンピースメーカーを使った抜き打ちにも精通、アクロバティックなテクニックを習得しており、各地で開催されるウエスタンスタイルの早撃ちコンテストの常連でもある。それゆえ、マニアックな物真似で知られるくじらと『草野☆キッド』(2006年9月12日放送分、「草野人生相談王決定戦!」)で共演し、「早撃ち名人メドレー」のマーク渡辺のモノマネを披露したくじらを「デタラメ」と一刀両断にして、マーク渡辺の早撃ちの特徴について専門的かつ詳細な解説を始め、くじら本人のみならず出演者の誰も寺門の解説を理解できず周囲を困惑させた。

アメカジにも詳しく、国内の主要ブランドであるフェローズザ・フラットヘッドトイズマッコイ等との交流も深い。ジーンズもマニアであり、良く色落ちさせるため、土に埋めたこともあった。その際には、長く埋めすぎてしまい、雑菌が入ったために糸が切れてしまって破れてしまったという。また、ザ・フラットヘッドが主催するイベントSUPER WEEKENDおいて毎年メインMCを務めている[8]

エピソード[編集]

ネイチャージモン[編集]

やりすぎコージー東野幸治に名付けられたネイチャージモンとして活動する事も多い。これは、彼の趣味である肉体鍛錬、自然探訪、知的探求が独特の形で結実し、結果として「自然と同化した芸人・寺門ジモン」を誕生せしめたことによるものである。偏執的なほどのサバイバルに対する造詣や、説得力ある独自のセオリーなどで人気を博した。浅草キッド水道橋博士のコラム執筆により認知された面も大きい。

  • 山ごもりは1年に6度も行っている。「山ではヒクソンに勝てる。自然の掟をわかっている。そこに到達できたのは、大山倍達宮本武蔵と自分だけだ」「(山でならば)ミルコ・クロコップを倒せる」と語る。また山篭りをする際は、軍事用懐中電灯を携帯している。これは接近戦では強い光で目をくらませることで、相手を動けなくすることができるというシロモノ。
  • 「完全に山と同化した時は、10km先の相手が自分の悪口を言ったことがわかる」
  • 「山には車よりでかい鹿がいる」
  • 「山は歩くんじゃない。泳ぐんだよ」
  • 横隔膜を鍛え抜けば最強になれる」
  • 「人間は一週間、山にいると蚊に刺されなくなる、蚊に刺されないニオイみたいなのが出てくる」これは山はデコボコのために脳を使いながら歩くため、脳と生物としての本能が活性化するからでこれにより、クマを自慢の横隔膜を使い4度撃退したことがあると語っていた。
  • ペンギン・白熊など動物と想像上で戦うために、上野動物園で自分の期末テストをしている。
  • 内容は、対戦する動物を選んで檻の前に立ち、横隔膜を使い動物を威嚇する。そして目を閉じて想像上で格闘する。
  • ペンギンと対戦して目をえぐられたらしい。ペンギンは「早い、柔らかい」(本人談)
  • 白熊と対戦したが、一発でやられたらしい。「白熊は動物じゃない! あれは怪獣!」(本人談)
  • 他にも自分自身を鍛えるため、雨に打たれ体温だけで服を乾かす練習や、6時間動かず雪に当たる、わざと熱中症にかかるなど、独特のトレーニングを行う。
  • 自分はいついかなる時も戦闘を想定して行動しており、テレビ局のスタジオでも他の芸人達より常に半歩下がって背中を見せず、椅子には立ち上がり易いように浅く腰掛ける。
  • 見知らぬ建物等にテレビ出演等で進入した際には、必ず緊急時の脱出を想定し最初に非常口の位置を確認しておく。
  • 暗闇でも辿り着けるように立ち位置から非常口までの歩数と経路を把握し、窓の硬度を殴って割れる強度か等も念入りに調べる。
  • 防災・護身については枚挙に暇がない。
    • 心臓を保護するために22口径の拳銃で撃たれても貫通しない厚さの英和辞典を入れたバッグを左胸にあてている
    • 世界最小放射能探知機を常に携帯している
    • 地震等で閉じ込められた時に備えてドライ納豆を携帯している
    • 食事中に襲われた時に備えて武器にもなる箸を使う

スポーツマンNo.1決定戦[編集]

  • 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦の第2回芸能人サバイバルバトルに初参戦。QUICK MUSCLEでは常に高記録を連発し「腕立ての鬼」と称されるも、ケイン・コスギ池谷直樹という強豪に阻まれて毎回、種目別No.1を逃している。
  • 第4回は当時、ケインが保持していた最高記録の130回に並ぶも、ケインが131回で僅か1回及ばず。
  • 第5回は遂にケインに勝利しながら、池谷に阻まれる悲運。
  • 最後の出場となった第7回は146回の当時、芸能人歴代3位の記録を作るも、結局、種目別No.1獲得はならなかった。
  • 一方で、MONSTER BOXは成功経験なしと得意種目と苦手種目の差が激しい選手でもあり、総合0pか10pで背水の陣でQUICK MUSCLEを迎えることもしばしばあった。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第2回大会 1997年4月2日 6位
第3回大会 1998年4月1日 8位
第4回大会 1998年10月2日 10位
第5回大会 1999年3月26日 11位
第6回大会 2000年3月24日 10位
第7回大会 2000年10月10日・14日 10位

ものまねレパートリー[編集]

など

その他[編集]

  • ダチョウ倶楽部としてテレビ番組に出演した場合、肥後克広と上島竜兵の陰に隠れあまり目立たない存在だが、『徹子の部屋』(テレビ朝日系、2005年11月15日放送)に12年ぶりに出演した際、司会の黒柳徹子に一番気に入られた。3人が順番に持ち芸を披露し、寺門は数少ない持ち芸のひとつ「般若の面」を披露。メンバーの肥後と上島は久米宏西田敏行の物真似を披露したが、当人をよく知る黒柳はあまり関心を示さず、寺門の「般若の面」を絶賛。カメラマンにアップの映像や様々な角度から寺門を写すよう指示した。同番組は収録番組だが基本的に編集を行わない生放送スタイルのため、この模様がそのまま放送された。寺門は黒柳のリクエストに応え、計6度「般若の面」を繰り返して披露した。
  • 1996年10月5日放送の「オールスター感謝祭’96超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号」で、第10ピリオドでチャンピオンになり、賞金50万円を獲得した。
  • 2006年9月11日放送の『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』で、「10m高飛び込み」にメンバーと挑戦した時は、上島が飛び込んだ直後に怖がる所を一切見せずに飛び込んだ。
  • 土田晃之は「未だに『俺は本気を出せばミルコ・クロコップに勝てる!』と言ってる残念な人」と語っている。
  • 一人で食肉会社のCMにでる、など肉への想いは人一倍だが、その思いが強すぎて、有吉弘行と高級国産牛のグルメリポートをした際に食べた後有吉がボケで「やっぱオージービーフは旨いですね〜」と言った瞬間にマジ切れ、カメラを止めた。
  • 有吉は『人志松本の○○な話』の『ゆるせない話』で「うっとうしい!」と吐露し、「あの人、力ある人には弱いから、一回松本さんかジュニアさん辺りの力持ってる人がガツンと言ってくれませんか!?」と懇願した。
  • 肥後や上島と違ってなかなかエピソードが披露されないのも上記のことが関係しており、さらには芸人なのに自身のおもしろエピソードを話されると本気で怒るため2011年12月1日放送の『アメトーーク!』で披露されるまでなかなか機会がなかった。その中で人気番組が好きなことが判明しアメトーークに出演ということで張りきっていたことが明かされた。

主な出演等[編集]

テレビ番組(冠番組)[編集]

テレビ番組(その他)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CD[編集]

著書[編集]

書籍[編集]

  • 寺門ジモンのこれを食わずに死ねるか!!(2006年)ISBN 4777906388
  • 寺門ジモン えっ、これを食わずに生きてたの? (2007年 エイ出版) ISBN 477790895X
  • 世界偉人伝 ネイチャージモン(2007年、白夜書房)ISBN 4861913047
  • 寺門ジモン 降臨! 肉の神様(自称) 疑う前に食べなさい (2008年 エイ出版) ISBN 4777911985
  • 別冊Lightning 73 ジモンの肉本 (エイムック 1861 別冊Lightning vol. 73 2009年 エイ出版) ISBN 477791514X
  • 寺門ジモンの「取材拒否の店」 (2010年 扶桑社) ISBN 459406244X
  • 寺門ジモンの続・取材拒否の店 (2010年 扶桑社) ISBN 4594063357
  • 別冊ライトニング 95 ジモンの鍋本 (エイムック 2080 別冊Lightning vol. 95 2010年 エイ出版) ISBN 4777917894
  • 常連めし! 奇跡の裏メニュー (2014年 太田出版ISBN 4778313984

漫画原作[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]