zopp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
zopp
生誕 (1980-02-29) 1980年2月29日(37歳)
出身地 日本の旗 日本東京都[要出典]
ジャンル J-POP
職業 作詞家小説家
活動期間 2003年 -
事務所 ザザ
U2

zopp(ゾップ、1980年2月29日[1] - )は、日本作詞家音楽プロデューサー東京都出身[2][要出典]ザザ所属。血液型O型[1]。代表作に修二と彰青春アミーゴ」、山下智久抱いてセニョリータ」がある[3]

人物[編集]

高校生の時にアメリカへ留学[3]。勉強の一環として様々なアーティストの英語の歌詞を日本語に翻訳するうちに、歌詞の内容に感動し、自分が経験したことを誰かにも伝えたいと思い、作詞を始めるようになった[3]

作詞をする上では「ストーリー性・インパクト・歌いやすさ・個性」を大切にしている[4]「青春アミーゴ」、「抱いてセニョリータ」を筆頭にインパクトのあるタイトル、物語性の強い歌詞を多く書いており「平成の阿久悠」と呼ばれている。最近は「フィルム・ノワールハードボイルド要素が強いのが特徴である。 尊敬するバンドはU2で、ペンネームの「zopp」も作詞を始めた高校生の頃によく聴いていたU2のアルバム『ZOOROPA』から名付けている。くりぃむしちゅー有田哲平ファン。犬とサッカーが好き[要出典]

2008年から『zoppの作詞クラブ』という作詞教室を開講し、現在までに20名以上のプロの作詞家を輩出している。彼の教え子たち[誰?]は、「ミスター / KARA」、「エレクトリックボーイ / KARA」、「マスカレード〜Masquerade〜 / 2PM」、「NoNoNo / Apink」、「エピローグ / 中島美嘉」、「涙のアトが消える頃 / V6」、「僕らの約束 / Kis-My-Ft2」、「With you / SexyZone」、「ユニバーサル・バニー / May'n」など、ヒット曲を多く手掛けている。

2013年11月11日に処女作『1+1=Namida』(出版:マガジンハウス)で小説家デビュー[4]。2014年に公式HPを開設。

2016年にカクメイゼンヤ・エンターテイメントを設立し、本格的なプロデュース業を始める。第一弾として育成型アイドル【RECOJO】をプロデュース。

代表作品[編集]

青春アミーゴ(修二と彰
2005年オリコン年間シングルランキング1位。2006年オリコン年間シングルランキング3位。2006年カラオケ年間ランキング1位。第20回日本ゴールドディスク大賞でソング・オブ・ザ・イヤー受賞[4]。第78回選抜高等学校野球大会入場行進曲。
抱いてセニョリータ(山下智久
山下智久主演ドラマ『クロサギ』の主題歌。2006年オリコン年間シングルランキング4位。
ミソスープ(テゴマス
ジャニーズ事務所初のスウェーデン先行発売。2007年度スウェデイッシュゴールド大賞受賞。

小説[編集]

1+1=Namida(出版元:マガジンハウス
本作を書き上げるのに4年(構想半年、執筆3年半)を費やした[4]。作品を語る上で欠かせないことは「作詞家が書いた小説」であること。執筆に取り掛かる前の作品はもちろん、執筆中に書いていた歌詞も本作のモチーフになっている。まとめサイトで、モチーフになっている作品と噂されているのは、「青春アミーゴ」、「抱いてセニョリータ」、「口づけでアディオス」、「2人/130000000の奇跡」、「キッス〜帰り道のラブソング」などである。特に「青春アミーゴ」、「抱いてセニョリータ」、「口づけでアディオス」の3曲は「スペイン歌謡曲三部作」とzopp本人は言っており、3曲を通して1つの物語になっている[5]
本書は2013年10月25日にKindle連載の18作品に選ばれる。
様々な業界からコメントが寄せられた。
音楽業界からはももいろクローバーZ百田夏菜子MAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnny、Sonar Pocketのko-dai。
漫画界からは若木民喜神のみぞ知るセカイ作者)中原アヤラブ★コン作者)、彩崎廉絶園のテンペスト作画)。
他にも、声優の東山奈央、ラジオDJ小林克也など、多くはzopp自身が仕事で関係のある人物である。[6]
天使の代償(zopp公式HP連載終了)
本作は自身の処女小説「1+1=Namida」の続編である。
ソングス・アンド・リリックス(2016年1月15日、講談社文庫
作詞業界にスポットを当てた青春音楽小説。[7]
帯コメントは前作同様にMAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnnyがコメントを寄せている。
他にも音楽業界からは黒猫チェルシーのボーカル渡辺大知ROOT FIVEのリーダーkoma’n。漫画業界からは若木民喜種村有菜がコメントを寄せている。

プロデュース[編集]

提供作品[編集]

ジャニーズ関係[編集]

アニメ関係[編集]

  • 中川かのん starring 東山奈央
    • ALL 4 YOU(2010年)
    • LOVE KANON(2010年)
    • ハッピークレセント(2010年)
    • YES-TODAY(2011年)
    • ウラハラブ(2011年)
    • 想いはRain Rain(2011年)
    • ダーリンベイビ(2011年)
    • 夏色サプライズ(2011年)
    • サマーボーイ(2011年)
    • 桜色卒業(2012年)
    • バレバレ・バレンタイン(2012年)
    • かのん100%(2013年)
    • 君色ラブソング(2013年)
    • 青春パラダイス(2013年)
    • ろまんてぃっく愛情(2013年)
    • 秋色片想い(2013年)
    • 瞳からスノー(2013年)
    • 恋に落ちたサンタ(2013年)
    • 歩いていくもん(2013年)
  • 中川かのん&水蓮時ルカ starring 東山奈央&山崎はるか
    • リンゴリボン(2013年)
    • ヘルプルミミ(2013年)

女性アイドル・アーティスト[編集]

男性アイドル・アーティスト[編集]

Lyric Adviser[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b zopp. “zoppのプロフィール”. 音楽業界綱渡り. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ 出生は滋賀県[要出典]
  3. ^ a b c プロフィール / PROFILE”. zopp公式サイト. ザザ. 2016年1月17日閲覧。
  4. ^ a b c d zopp、渾身の処女小説『1+1=Namida』遂に全国発売。ツイッターキャンペーンもスタート”. BARKS (2013年11月11日). 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ a b zopp (2015年12月20日). ジャニーズWEST、山下智久、ドリカム……なぜJ-POPの歌詞には“物語”が必要なのか?. インタビュアー:中村拓海. Real Sound.. http://realsound.jp/2015/12/post-5637.html 2016年1月17日閲覧。 
  6. ^ BARKS[要追加記述]
  7. ^ 「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」などを手がけた作詞家zoppが青春音楽小説を発表”. CDJournal (2016年1月14日). 2016年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]