クイズ どんなMONだい?!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クイズ どんなMONだい?!
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 島田紳助
高木希世子
ほか
音声 ステレオ放送
クイズどんなMONだい?!
放送時間 火曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1992年4月21日 - 1993年12月
対戦版!クイズどんなMONだい!!
放送時間 火曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1994年1月 - 3月22日
テンプレートを表示

クイズ どんなMONだい?!』(クイズ どんなもんだい)は、1992年4月21日から1994年3月22日まで日本テレビ系列局で毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送されていたクイズ番組。司会は島田紳助が、アシスタントは高木希世子が担当。

概要[編集]

この番組で出題された問題の基本は、「答え(誤答)から、どんな問題(MONだい)が出されたのかを当てる」という、普通のクイズ番組とは逆の形式であった。街頭で一般人に問題を出題、スタジオの解答者は、出題された問題文が一部空欄となっているので、一般人の誤答から空欄に言葉を当てはめて、出題された正しい問題文を当てていく。

番組エンディングは、ビリだったスタジオ解答者だけを照明の落ちたスタジオに残し、あとの全員が豪華ディナーを楽しむというものであった。普通のクイズ番組では一番の成績優秀者にトップ賞が与えられるのに対し、この番組ではビリのみ賞が与えられない。トップであっても特に別途の賞品は送られなかった。そういった意味でそのコンセプトは後に『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)と『どっちの料理ショー』(読売テレビ制作、日本テレビ系)に受け継がれていると言える。

つまりこの番組の売りは、すべてが普通のクイズ番組と逆であるということにあり、それを踏まえ、番組内では「伝説のクイズ番組 クイズどんなMONだい?!」「幻のクイズ番組 どんなMONだい?!」などといったキャッチフレーズが発せられていた。司会の島田紳助も、番組の冒頭で「クイズ番組の革命主 クイズどんなMONだい?!」と言ったあと自己紹介をしていた。

番組マスコットはカバで、オープニングのアニメやクイズの時などに登場し、街頭クイズの誤答の時にも頻繁に登場した。キャラクター名は不明。黄色または薄い緑色の服に吊ズボンが基本の姿で、オープニングでは他にラグビー選手姿などもあった。

解答者席の得点表示は、スロット型のCG表示。10点置きに点数の書かれたドラムが回転し、加点、減点される。得点がプラスの時には青色、0点の時には黄色、マイナスの時には赤色に表示される。記号も付けられており、0点の時には「±0」となっていた。当時、日本テレビの看板クイズ番組であった『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』とプロデューサーなどが同じこともあり、同番組内で使用されていた「ミリオンスロット」と類似している点があった。得点表示は当初解答者の頭上にあり、解答者席のテーブルには解答表示モニターが組み込まれていたが、後に入れ替わった。番組のスロットCGは、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』のミリオンスロットと同様、ゲームメーカーのタイトーが製造したものであった。

このように何かと手の込んだ番組ではあったが、末期の3か月(1994年1月から番組終了)では番組タイトルを『対戦版!クイズどんなMONだい!!』と改め、それまでのセット・クイズ内容・システムなどをすべて撤廃。日本テレビの人気番組からの代表チーム1チームと、どんなMONだいチームと3対3の対抗戦となり、「問題文を当てる」という当初のコンセプトも消滅した。このときのスロット型の得点表示はメンバー単位の獲得した得点表示用で残ったが、0点とプラスだけの表示となり、1点の問題も存在したため「+1」という表示も出た。

初期の出題VTRはRPGゲーム使用の構成で、『ドラゴンバスター』のBGMが使用されていた。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー回答者[編集]

1枠

2枠

3枠

準レギュラー回答者[編集]

ルール[編集]

  • 解答者は、ゲストを含めて5人。
  • 出題される問題形式や得点ルールは前期・中期・後期で異なるが、最終問題は全期間共通で「対決ドボン!!」が出題された。
  • ビリにならない事(4位以上)が確定した時点で、そのパネラーはセット内にあるパーティー会場へ順次移動。最終的には、ビリの1人のみが暗転したセットの中でスポットライトに照らされ続けながら解答席に取り残され、司会者とビリ以外の解答者はパーティー会場で料理にありつける(お土産が手渡される事もあった)。
    • 末期は、暗転が無い代わりに宣伝を兼ねて、番組が発売した玩具「カバキック」で1人遊びを命じられた。

最終問題「対決ドボン!」[編集]

  • 解答の選択肢が同じだが問題文が異なる二択問題の問題パネルを11問表示。解答者は1人1問ずつ、先に指定された選択肢の方が正解である問題を選んでいく。正解が指定選択肢ではない問題を選んだ場合は「ドボン」、得点が大幅に減点される(-100点 ~ -500点)。指定された選択肢が正解の問題であれば「セーフ」、得点はそのまま。ただし、セーフの中には1問だけ「スーパーセーフ」というものが入っており、得点が0点未満の解答者がそれを引くと得点が0点に戻った。これを2周行って、ビリを決定する。
    例:北VS南 七番勝負 答えが「北」となるものを選べばセーフ
    • オーストラリア製の方位磁石の指す方角は 北?南?(セーフ)
    • 日本により早く伝わったのは 北のジャガイモ?南のサツマイモ?(セーフ)
    • 女子中学生のバスト平均、最下位は北海道?沖縄?(ドボン)
  • 後に、問題数が7問に変更、解答も1周のみになった。また、「スーパーセーフ」の代わりに、引いた時点では正解発表をせず一度他の4人の正解発表が終わってから改めて正解発表を行う「オアズケ」を導入。しかし、「オアズケ」も前期終了と同時に廃止された。
  • 後期では、テーマに沿った○×問題7問の中から正解が○の問題を選ぶ出題パターンが登場。
  • 「スーパークイズスペシャル」では1993年の春・秋の2回行われ、一軍が解答し「セーフ」ならミリオンスロットで出たショーバイマネーが加算。二軍・三軍と同様に一軍が出した同じショーバイマネーが加算される。逆に「ドボン」なら逆のパターンで一軍・二軍・三軍の3チーム共に現在の持ち点から一軍が出したショーバイマネーを引かされ、一軍は三軍に降格する。
    • 1993年春は持ち点よりショーバイマネーの方が大きかった場合はその減算分をマイナス表記したが、1993秋はマイナスがなくなり持ち点よりショーバイマネーの方が大きかった場合は後の「順金クイズ」→「世界年齢順クイズ」と同様に破産と同じ「0萬」の扱いとなった。
    • また、横取り40萬で、「セーフ」を引いた際は、縦列同士の横取り争いもあった。(これも後の「順金クイズ」→「世界年齢順クイズ」と同様だった。)
  • パネルの絵柄は「セーフ」は天女、「ドボン」は-100点のみ冷たい海に浸かるカバ、それ以外は(後期では-100点の場合でも)カバが絶叫しながら炎から逃げる絵になっている。またBGMは、「セーフ」時はハープの音。「ドボン」の時は「ドカ〜ン!!」という爆発音がしたあと、ターザンの雄叫びである「アアアアーッ!!」という音声が流れた。
  • この番組の枠の前に放送した「美味しんぼ」からの問題が一度だけあった。

前期[編集]

  • 第1問は、その週のゲスト1人に対して問題を出題。まずゲストが誤答した後にスタッフと正解を探っていくやりとりの中から、それ以外の4人がゲストに出された問題を、早押し形式で当てる。正解なら、100点獲得。第2問以降は、そのゲストも空いている解答席に座り、5人全員で解答する。
  • 第2-3問は、早押しクイズ。100点から街頭の人の誤答が増えたりVTRが進行する度に点数が10-20点ずつ減っていき、正解した段階での得点を獲得。
    • その後、第1問のゲストへのクイズは廃され、3問とも100点からの減点方式の早押しクイズとなった。
  • なお、初期は正解者以外の4人(第1問は3人)は自動的に30点減点されていたが、後に廃止された。

中期[編集]

  • 分かった人はモニターに答えを書いてから早押しボタンを押して解答権を得る「早押し早書きクイズ」がメインとなる。「早押し早書きクイズ」では、各々正解した時点の得点を加算、ゲームセット(問題終了)までに正解できなかった解答者は0点。
  • 中期前半は、第1問は4個程度の誤答から問題を当てる書き問題(正解したら50点)。第2-3問は「早押し早書きクイズ」(200点から10-20点ずつ減っていく減点方式。全員正解するか出題VTR終了でゲームセット。)
  • 中期後半は、第1-2問に「早押し早書きクイズ」(200点から20点ずつ減っていく減点方式。5人中4人(後に3人)正解するかVTR終了でゲームセット。)。「早押し早書きクイズ」の後、正解したら200点(後に100点)を獲得できる「ひとり占め早押しクイズ」が1-2問出題される。
    • また、中期後半から「○○は中国語で何と書くでしょう?」と出題される『中国語クイズ』がレギュラー問題として登場した。

クイズ どんなMONだい?! お年玉袋!![編集]

  • 1993年1月5日に唯一放送された特別番組。当時同局で放送していた『マジカル頭脳パワー!!』チーム(俵孝太郎千堂あきほ間寛平)と『どんなMONだい?!』チーム(中田・渡辺・松本)の2番組対抗戦。
  • 「早押し早書きクイズ」を3問(200点から20点ずつ減っていく減点方式。6人中5人正解するかVTR終了でゲームセット。)、正解したら200点の「ひとり占め早押しクイズ」を3問、各チームの得点最下位同士による直接対決1問[1]。正解した方に200点。、「対決ドボン!」の全8問を行い、3人の合計点が多かったチームの勝利。勝利チームが、お正月料理を食べられる。
    • この回の「対決ドボン!」は、通常より多い8枚の問題パネルから選択。1枚だけどちらも正解の「ヒキワケ」パネル[2]があり、そのパネルを引いた場合は改めてもう1枚パネルを選ばないといけない。

後期[編集]

  • 「対決ドボン!」以外の全問(3問前後)が、早押し早書き方式に。得点も、早く正解した先着3人が、正解順に100点、80点、50点を獲得できるルールに変更された。
    • 1993年秋の「スーパークイズスペシャル」ではこの体制を採用し、1軍のみの問題はクイズ前の「ミリオンスロット」で商売マネーを決め、正解順に商売マネーの倍額、全額、半額が獲得できるルールになる。2軍・3軍のみの問題での得点では書き問題の得点(2軍・10萬、3軍・5萬)に上記の倍率で獲得できるルールになった。
  • 問題も、正解が定まっていないものに対して様々な人が独創で答えていくものに変わった。出題された主な問題は、以下の通り。
    • 『中国語クイズ』 - 中期と同じだが、誤答にも解説がついてヒントが増えた。
    • 『お仲間クイズ』 - お題のテーマに沿っていそうなものを、街頭の人が解答。その正誤と解説から、お題を当てる。
    • 『書いてあるョクイズ』 - お題の物に記載されていそうな項目を、街頭の人が解答。その正誤と解説から、お題を当てる。
    • 『ココにもあるよクイズ』 - お題の物が設置されている場所を、次々と紹介。解答者は、その物が何かを当てる。唯一、街頭の人の解答が提示されない問題形式である。
    • 『有名人キャッチフレーズクイズ』 - 街頭の人が、キャッチフレーズの無い有名人に独創でフレーズを付け、解答者はその有名人が誰かを当てる。
    • 『スーパー漢字クイズ』 - お題のカタカナ語を、子供たちが創作漢字で表現。解答者は、何を表しているのかを当てる。
    • 『ワンダーお絵かきクイズ』 - お題のものを、子供たちが想像でタブレットに絵を描いて表現。解答者は、そのお題を当てる。後に、実在のものの一部分をスケッチしてもらう『どアップお絵かきクイズ』に変更された。
    • 『ミラクル体操クイズ』 - お題のものを、大学の器械体操部員が体操で表現。解答者は、何を表しているのかを当てる。
    • 『ウルトラなぞなぞクイズ』 - 「○○は○○でも」で始まるなぞなぞの後半部分を、子供たちが創作。解答者は、そのなぞなぞの答えを当てる。

など

「対戦版!クイズどんなMONだい!!」[編集]

  • 番組レギュラーを中心にした『どんなMONだい!!』チームと、ゲストチーム(主に、日本テレビで放送されている別番組の出演者)の3対3対抗戦。
  • 1つのテーマに沿って6つの問題を出題。難易度に応じて得点配分が異なり(1~150点ないし200点)、解答者は答えられそうな問題を選んで早押しで解答する。先に3人全員正解したチームがその問題の勝者となり、3人が正解した問題の合計点数がチームに加算される。負けたチームは、正解した解答者がいても、その問題は0点となる。
  • 出題された主な問題は、以下の通り。
    • 『曲名当てクイズ』 - 歌い出し部分の歌詞から、その曲のタイトルを答える。時間経過と共に、ヒントとしてBGMが出題されている問題の楽曲に切り替わっていく。
    • 『ことわざクイズ』 - ことわざの空欄部分に、ただしい語句を埋める。
    • 『どアップクイズ』 - ある物の一部分を拡大した写真から、その物は何かを当てる。時間経過と共に、写真がズームアウトして分かりやすくなる。また、有名人の顔写真から出題される兄弟版『有名人どアップクイズ』もあった。
    • 『有名人福笑いクイズ』 - 有名人の顔写真の輪郭部分から、その人物を当てる。時間経過と共に、ヒントとして目鼻口などのパーツが顔写真に追加されていく。
    • 『あの有名人は今クイズ』 - かつて一世を風靡した有名人の現影から、その人物を当てる。

など。

  • 最終問題は「かくれんぼワードクイズ」。シークワーズの要領で、提示されたテーマに合った言葉6個を全て答える[3]。正解チームは、得点を獲得出来る。獲得できる点数は、300点×3人=900点→正解の言葉6個の中から1個を選んで、その言葉に隠された得点を獲得→ダーツを1回投げて[4]、当たって点数を獲得[5]、と変わっていった。1000点以上獲得したチームは香港グルメツアー獲得[6]
  • 勝利チームには、週変わりの品と「カバキック」が賞品で贈られた。また、どんなMONだい!?チームが5連敗した場合は原宿で街頭宣伝&ビラ配りの罰ゲームがあった[7]

スタッフ[編集]

グッズ[編集]

カバキック
番組のカバのマスコットをモチーフにした銃型のおもちゃで、タカラ(現・タカラトミー)から発売。8つの弾丸が付属しており、弾丸の先を捻ることで(「カチッ」と言う音が出るまでひねる)当たりハズレの数を自由に設定できる。選んだ弾丸を銃に込めて引き金を引き、当たりならピンポン音が鳴って「セーフ」、ハズレなら爆発音とともに銃口からカバの足が出て「アウト」の声が出る。また、銃に付いている小窓を開くと減点数が表示される(ドラムロールで、引き金を引くたびに回っている)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 早押しの代わりにかつて同局で放送されていた『アメリカ横断ウルトラクイズ』の「大声クイズ」と同様、一定の声量までマイクに向かって叫び続ける
  2. ^ 絵柄は爆発寸前の爆弾を抱えた「カバ」で、「ヒキワケェ!!」の声がした
  3. ^ 1人1個ずつ順番に答えて、2周出来れば正解。文字の配列の関係上、関係ない言葉も入っておりそれを答えた場合は不正解となる(例:回るものがテーマの場合、文字の配列上「麻酔」というテーマとは全く関係ない言葉が隠されていた)。
  4. ^ 番組では「ファイナルダーツ」名義
  5. ^ 外れたら、全得点没収で逆転負けだが、紳助の裁量で24時間テレビに2万円寄付する事によって一度だけやり直しが出来る場合があった。
  6. ^ 1994年3月1日放送分で『進め!電波少年』チームが1450点で香港グルメツアー獲得となった。
  7. ^ リニューアル後4連敗し、罰ゲームにリーチがかかった5週目に勝利したため、罰ゲームは行われなかった。
日本テレビ 火曜日19:30 - 20:00
前番組 番組名 次番組
アニメ・美味しんぼ
【ここまでアニメ枠】
クイズ どんなMONだい?!

対戦版!クイズどんなMONだい!!
【ここからバラエティ枠】
なんだろう!?大情報!
※19:00 - 20:00
(土曜19時台から移動)