殺意 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

殺意』(さつい)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1956年4月号に掲載、同年10月に短編集『』収録の1編として、講談社ロマン・ブックスより刊行された。

過去4度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

営業部長・磯野孝治郎は、青酸カリを飲み、部長室の机の上にうつぶせになって死んでいた。自殺を推定する材料はない。狭心症持病を持つ磯野は、製薬会社の見本薬を飲もうとしていた。見本薬の入手経路などから容疑者が浮上するが、その人物に動機が見当たらない上、そもそも石のように堅いその見本薬に、途中で青酸カリを混入する手段があるだろうか?

テレビドラマ[編集]

1958年版[編集]

1958年5月22日日本テレビ系列の「俳優座アワー」枠にて放映。

キャスト
スタッフ

1960年版[編集]

1960年2月14日フジテレビ系列の「午後十時劇場」枠(22:00-22:30)にて放映。

キャスト
スタッフ

1963年版[編集]

1963年3月7日3月8日(22:15-22:45)、NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」の1作として2回にわたり放映。

キャスト
スタッフ

2004年版[編集]

松本清張特別企画
殺意
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:54
放送期間 2004年10月11日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 難波一弘
原作 松本清張『殺意』
脚本 林誠人
プロデューサー 丹羽多聞アンドリウ
出演者 高島礼子ほか
テンプレートを表示

松本清張特別企画・殺意」。2004年10月11日TBS系列の「月曜ミステリー劇場」枠(21:00-22:54)にて放映。女性刑事・琴塚七海を主人公に設定している。

キャスト
スタッフ
TBS系列 月曜ミステリー劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張特別企画
殺意
(2004.10.11)

外部リンク[編集]