見送って

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

見送って』(みおくって)は、松本清張短編小説。『小説新潮』1978年5月号に『清張短篇新集』第4話として掲載され、1979年12月に短編集『隠花の飾り』収録の1作として、新潮社より刊行された。

1986年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

昨年女子大を卒業した島村悠紀子は結婚式を迎えた。スピーチの場で、悠紀子の母・基子が、夫を早く喪ったのち、厳格な姑に従いつつ、娘を育ててきたことが、相次いで賞賛される。基子は短歌を作る愉しみを持っていた。しかし、悠紀子にはいまだに解らない歌があった。母はその時信州へ行ったはずなのに、京都で「君」を詠んだ謎の歌を残している…。

親族の見送る中、新郎新婦は新婚旅行へと飛び立っていった。その後一同空港出口へ向かう途中、姑たちの前でふいに立ち止まった基子は…。

テレビドラマ[編集]

松本清張サスペンス 隠花の飾り
見送って
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『見送って』
脚本 大薮郁子
監督 鷹森立一
出演者 司葉子
荒木道子ほか
製作
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1986年5月19日
放送時間 22:00 - 22:54
放送枠 関西テレビ制作・月曜夜10時枠の連続ドラマ
テンプレートを表示

1986年5月19日関西テレビ制作・フジテレビ系列(FNS)の「松本清張サスペンス 隠花の飾り」(22:00-22:54)の1作として放映。視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
関西テレビ制作・フジテレビ系列 松本清張サスペンス・隠花の飾り
前番組 番組名 次番組
足袋
(1986.5.12)
見送って
(1986.5.19)
愛犬
(1986.5.26)