密教の水源をみる 空海・中国・インド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

密教の水源をみる 空海・中国・インド』(みっきょうのすいげんをみる くうかい・ちゅうごく・いんど)は、小説家の松本清張による著作。1984年4月に講談社から書き下ろし刊行された[1]

平安時代初期の僧・空海の入前後の事情や、古代インドで成立したとされる密教の発生・伝来に関する著者の推論を交えながら、中国・インドの各地をたどる紀行エッセイ。特別番組「松本清張、密教に挑む - マンダラに宇宙を見た」(1984年3月27日放送、朝日放送制作)の取材班への同行記録となっている(取材期間は1983年5月25日 - 6月13日(中国)、1983年10月1日 - 10月13日(インド))。

内容[編集]

ナーランダの遺跡
  1. 中国篇Ⅰ 無錫福州揚州
    大運河の街・無錫/入唐の起点・福州/空海入唐の謎/大使と空海一行の行路/交通の要衝・揚州/『東征伝』の虚構
    • 日本から唐に渡った空海の実像をめぐる考察、鑑真像に関する見解など。
  2. 中国篇Ⅱ 西安蘭州
    大都・長安/「中国密教」の流れ/人の通路・蘭州
    • 長安での空海の活動、古代中国での密教の待遇をめぐる考察など。
  3. インド篇 デリーナーランダーパトナーマハーバリプラムコナーラクブバネーシュワルカルカッタ
    首都・デリー/仏教研究の中心・ナーランダー寺大学/統治手段とされた大乗仏教/インド宗教の変遷/ヒンドゥー寺院を歩く
    • 古代インドにおける宗教の特質、古代ペルシア文化との関連をめぐる考察など。
  4. 考究篇
    「インド密教」の幻影/中国密教・空海
    • 本書全体の結論。

参考文献[編集]

  • 松長有慶「清張 東アジア 密教」(『松本清張研究』第12号(2011年、北九州市立松本清張記念館編集・発行)収録)
    • 仏教学者の視点から、本書執筆時の背景や、本書で提示された仮説の2011年時点における評価について言及。

脚注[編集]

  1. ^ その後1994年に講談社文庫版が刊行されたが、さらに修正を施し注を加えた版が『松本清張全集 第65巻』(1996年、文藝春秋)に収録されている。