草の陰刻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

草の陰刻』(くさのいんこく)は、松本清張の長編推理小説。『読売新聞』に連載(1964年5月16日 - 1965年5月22日)、1965年11月に講談社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

1994年にテレビドラマ化されている。

概要[編集]

検察庁失火事件に秘められた謎を追跡する青年検事の、挫折と希望・心の交流を描き出す推理長編。

あらすじ[編集]

5月16日の夜、松山地方検察庁地方支部の第二倉庫から出火する事件が発生、焼け跡からは事務官・平田の焼死体が発見された。平田と事務員の竹内は、庁舎の宿直を脱け出し、飲み屋で呑んでいたが、酔った竹内の記憶は途中からなくなり、気づいた時には40キロ離れた町に居たという。検事の瀬川良一は、火事で焼失した書類の復元につとめると共に、竹内の言葉と飲み屋の証言の食い違いに疑問を覚える。しかし、出火の原因は、決め手のないまま、漏電による失火と決定された。

平田は古い刑事事件簿の保管を担当していたが、刑事事件簿中、ちょうど昭和25年から26年にかけての部分が、行方不明となっていた。瀬川は当時の担当検事・大賀庸平に、焼失した書類の記載内容を覚えていないか問い合わせたが、大賀はその後ほどなく交通事故で死んでしまう。平田と竹内の行動を調べる中で、何者かによる放火との疑いを強める瀬川に、探索を止めるよう脅迫する電話が来る。瀬川は亡くなった大賀の娘・冴子に会って事件のヒントを得ることを強く希望するが……。

主な登場人物[編集]

小説前半の舞台となる愛媛県南予地方
(写真は宇和島湾)
主人公の転勤先となった前橋市市街
  • 原作における設定を記述。
瀬川良一
松山地方検察庁の検事で、昨年杉江支部に転任。31歳で独身。東京生まれ。
平田健吉
松山地検杉江支部の検察事務官。40歳。出火で焼死する。
竹内平造
松山地検杉江支部の事務員。31歳。出火事件後、神経衰弱をきたす。
大賀庸平
昭和25年から26年末にかけて、松山地検杉江支部に在任した元検事。その後東京で弁護士を開業。
尾形巳之吉
八幡浜市内の映画館「松栄劇場」経営主。パチンコ屋も経営。
大賀冴子
大賀庸平の娘。出火事件と父の死の関係に疑問を抱く。
青地洋子
瀬川の縁談相手。父・久吉は、大手建設会社「久島建設」の常務。
花田
5月中旬に、道後温泉で舞踊団を引率して廻ったとされる男。
山口重太郎
昭和25年に起こった大島信用金庫理事殺人事件の被疑者となるが、証拠不十分で釈放される。その後鞆町で土産物屋を営む。
山岸正雄
大島信用金庫理事殺人事件で取り調べを受けた元職員の一人。
朝風かおる
新宿東口の劇場のスネークダンサー。
春日月子
「草刈芸能社」所属のヌードダンサー。
増田与茂平[1]
大阪に拠点を持ち、関西で一、二を争う暴力団「増田組」の総長。
栗山ゆり子
高崎市内の割烹料理屋「成田屋」経営主。
佐々木信明
群馬県に地盤を持つ代議士。予算委員長の高村忠一と親しい。

エピソード[編集]

  • 小説中に登場するスネークダンサーにはモデルがあり、その女性に取材している。女性はドサ回りから帰ると、著者に挨拶の電話をかけてきていたという[2]

関連項目[編集]

テレビドラマ[編集]

松本清張三回忌特別企画
草の陰刻
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 22:52
放送期間 1994年8月5日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 鈴木哲夫(フジテレビ)
監督 長尾啓司
原作 松本清張『草の陰刻』
脚本 金子成人
プロデューサー 名島徹(レオナ)
小坂一雄(レオナ)
林悦子(霧企画)
出演者 宅麻伸ほか
テンプレートを表示

松本清張三回忌特別企画・草の陰刻」。1994年8月5日フジテレビ系列の「金曜エンタテイメント」枠(21:02-22:52)にて放映。 サブタイトル「怪火事件に隠された黒い疑惑 過去を消した男と謎のスネークダンサー」。視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
  • 脚本:金子成人
  • 監督:長尾啓司
  • 音楽:岩間南平
  • 選曲:山川繁
  • 技術協力:映広
  • 企画:鈴木哲夫(フジテレビ)
  • プロデュース:名島徹(レオナ)、小坂一雄(レオナ)、林悦子(霧企画)
  • 制作:フジテレビ、レオナ、霧企画

脚注・出典[編集]

  1. ^ 本名は第十一章参照。
  2. ^ 福岡隆『人間・松本清張 - 専属速記者九年間の記録』(1968年、大光社)184頁参照。