絢爛たる流離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

絢爛たる流離』(けんらんたるりゅうり)は、松本清張連作短編小説。『婦人公論』に連載され(1963年1月号 - 1963年12月号)、1964年3月に中央公論社から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

連作中、いくつかの作品がテレビドラマ化されている。

概要・あらすじ[編集]

  • 前・戦中・戦後の各時代を背景に、3カラット以上もあるダイヤの指輪が転々と持ち主を変え、その持ち主が遭遇する境遇を綴ったオムニバス。清張はフランス映画『舞踏会の手帖』をイメージして書いたという[1]
  • 連作各編のタイトルは以下の通り。
    • 第1話『土俗玩具』
    • 第2話『小町鼓』
    • 第3話『百済の草』
    • 第4話『走路』
    • 第5話『雨の二階』
    • 第6話『夕日の城』
    • 第7話『灯』
    • 第8話『切符』
    • 第9話『代筆』
    • 第10話『安全率』
    • 第11話『陰影』
    • 第12話『消滅』

テレビドラマ[編集]

1963年版・1[編集]

『小町鼓』

  • 2月7日2月8日NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」枠にて2回にわたり放映。前編は22:30-23:00、後編は22:15-22:45の放映。
キャスト
スタッフ


『走路』

  • 3月28日3月29日(22:15-22:45)、NHKの「松本清張シリーズ・黒の組曲」枠にて2回にわたり放映。
キャスト
スタッフ

1963年版・2[編集]

『百済の草』

キャスト
スタッフ

『陰影』

  • 12月8日TBS系列の「東芝日曜劇場」枠(21:00-22:00)にて放映。
キャスト
スタッフ
TBS系列 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
足は暖かかった
(1963.6.9)
百済の草
(1963.6.16)
破壊された男
(原作:由起しげ子
(1963.6.23)
愛する
(1963.12.1)
陰影
(1963.12.8)
巷のあんばい
(1963.12.15)

1987年版[編集]

1987年3月30日から4月2日まで、テレビ朝日系列にて4夜連続で放映された(21:00-21:54)。


松本清張の絢爛たる流離・第1話 美しい人妻の復讐」。原作は『土俗玩具』。

キャスト
スタッフ


松本清張の絢爛たる流離・第2話 銀座の女の完全犯罪」。原作は『陰影』。

キャスト
スタッフ


松本清張の絢爛たる流離・第3話 離婚した花嫁の殺意」。原作は『夕日の城』。

キャスト
スタッフ


松本清張の絢爛たる流離・第4話 年上令嬢の危険な誘惑」。原作は『消滅』。

キャスト
スタッフ

脚注・出典[編集]

  1. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)69頁参照。