微笑の儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

微笑の儀式』(びしょうのぎしき)は、松本清張小説。『週刊朝日』1967年4月28日号から6月30日号に、「黒の様式」第3話として連載され、1967年8月に短編集「黒の様式」収録の一作として、光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。

1995年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

大学で法医学を研究していた鳥沢良一郎は、夏の初め、奈良・法隆寺内の飛鳥仏を鑑賞中、30代半ば過ぎの男に声をかけられる。その男は、自分は止利様式の仏像が持つ「古拙の笑い」にとり憑かれている彫刻家だと云い、その大きな眼は情熱的な光を宿していた。秋になったある日、新聞掲載の展覧会評で、「微笑」という題の彫刻作品が取り上げられているのを目にした鳥沢は、予感を抱いて展覧会場へとおもむく。その彫刻の顔つきには飛鳥仏の特徴がよく出ていたが、作者はやはりあの時の彫刻家で、名を新井大助といった。新井に祝意を述べた鳥沢だったが、そのあと鳥沢を呼び止めた生命保険会社の男は、この彫刻の大きさが「人間の実物大」であり、「本当の人間の顔からそっくり取った」ものではないかと指摘、さらに、この彫刻とよく似た顔の宅間添子という女性が、最近死んだ事実を告げる。

テレビドラマ[編集]

松本清張スペシャル
微笑の儀式
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 22:54
放送期間 1995年3月7日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 長尾啓司
原作 松本清張『微笑の儀式』
脚本 金子成人
プロデューサー 伊藤祥二
出演者 役所広司
内藤剛志ほか
エンディング 沢田知可子「Day by day」
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・微笑の儀式」。1995年3月7日日本テレビ系列の「火曜サスペンス劇場」枠(21:03-22:54)にて放映。視聴率18.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。過去の彫刻家を主人公が思い出すストーリーとなっている。

キャスト

 ほか

スタッフ
日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
新・街道シリーズ4
(1995.2.28)
松本清張スペシャル
微笑の儀式
(1995.3.7)