地方記者・立花陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地方記者 立花陽介
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜21:02 - 22:54(112分)
放送期間 1993年5月25日 - 2003年4月22日(20回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 長富忠裕
酒井浩至
監督 森崎東
吉川一義
脚本 岡本克己
坂田義和
難波江由紀子
プロデューサー 長富忠裕(日本テレビ)
杉山邦彦(日本テレビ)
赤司学文(近代映画協会)
石川好弘(近代映画協会)
出演者 水谷豊
森口瑶子
片桐竜次
エンディング 火曜サスペンス劇場」と同じ
外部リンク 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

地方記者 立花陽介』(ちほうきしゃ たちばなようすけ)は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(火曜日21:02 - 22:54)で1993年から2003年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全20回。主演は水谷豊

概要[編集]

東洋新聞の記者である立花陽介は、結婚後、全国各地に置かれている地方通信局(記者が1人のみ置かれており家族とともに居住する局舎からなる)を妻とともに転々としており、新しい赴任先で事件に遭遇する。

シリーズ当初より第18作まで脚本を担当していた岡本克己が2002年に死去した後も、脚本家を交代して第19作以降の制作もされたが、火曜サスペンス劇場の終了の2年前にシリーズは終了し、水谷主演作品は2004年に「事件記者・三上雄太」(全3作)へと引き継がれ、最終話で火曜サスペンス劇場のトリを取ることとなる。第13作まではフィルム制作。第14作からビデオ制作。

登場人物[編集]

立花家[編集]

立花 陽介
演 - 水谷豊
東洋新聞の記者。東京の本社勤務であったが、結婚と時期を同じくして突然と伊豆下田通信局への異動を命じられる。伊豆下田通信局への異動があまりにも突然であったこともあり単身赴任することとなったが、のちに妻の久美も伊豆下田通信局に同居することとなり、以後、全国各地の地方通信局を転々としている。新聞記者らしく、コツコツと聞き込みや取材から情報を集めて事件を解決する。
立花 久美
演 - 森口瑶子
立花陽介の妻。絵本作家で東京の出版社に勤務し、当初、陽介と相談して結婚した後も仕事を続けていくことにしていた。ところが、夫の陽介が突然と伊豆下田通信局への異動を命じられたため、東京に一人残って仕事を続けることとなる。しかし、第1作の事件解決後に伊豆下田通信局に移り住むことを決意し、その後、夫の陽介の転勤とともに全国各地の地方通信局を転々としている。第3作にて懐妊するが、第4作で流産、以後の作品では夫陽介と2人で生活している。

東洋新聞[編集]

根岸 隆一
演 - 片桐竜次
東洋新聞の記者。本社社会部勤務で陽介からの情報照会に応じている。

ゲスト[編集]

第1作(1993年) 「伊豆下田通信局」
第2作(1993年) 「伊賀上野通信局」
第3作(1994年) 「釜石遠野通信局」
第4作(1994年) 「青梅奥多摩通信局」
第5作(1995年) 「米沢蔵王通信局」
第6作(1995年) 「鎌倉湘南通信局」
第7作(1996年) 「但馬城崎通信局」
第8作(1996年) 「会津若松通信局」
第9作(1997年) 「信州上田通信局」
  • 土屋(私立上田中央高校教務主任・写真部顧問) - 岡本富士太
  • 佐伯六郎(土屋の教え子・食堂「勝福」店主) - 森川正太
  • 山浦浩明(司コーポレーション営業部営業三課営業マン) - 安藤一夫
  • 堀尾リエ(山浦のライバル会社女性営業マン・山浦の恋人) - 鳥越まり
  • 武田(上田中央警察署刑事) - 金田明夫
  • 内山(刑事) - 中丸新将
  • 立川(立川デンキ店主) - 市川勇
  • 益谷(司コーポレーション営業三課課長) - 平泉成
  • 内山(警視庁捜査一課) - 伊藤敏八
  • (骨董店店主) - 犬塚弘
第10作(1997年) 「伊豆大島通信局」
第11作(1998年) 「山陰出雲通信局」
第12作(1998年) 「飛騨高山通信局」
第13作(1999年) 「日光今市通信局」
第14作(1999年) 「阿波鳴門通信局」
第15作(2000年) 「能登輪島通信局」
第16作(2000年) 「別府国東通信局」
第17作(2001年) 「越中高岡通信局」
第18作(2002年) 「津軽弘前通信局」
第19作(2002年) 「箱根小田原通信局」
  • 江間英彦(刑事) - 永島敏行
  • 日比野里美(老舗旅館「日比野屋」女将) - 美保純
  • 日比野静江(日比野屋大女将) - 有馬稲子
  • 日比野晴義(日比野屋主人・故人) - 加門良
  • 五代敏男(刑事) - 名古屋章
  • 城山孝蔵(不動産業社) - 立川三貴
  • 芳本啓介(「日比野屋」の板前) - 河西健司
  • 浦井杏子(スナック従業員) - 有沢妃呂子
  • 日比野孝(里美の息子) - 広田真吾
  • 遠藤直子(里美の親戚) ‐ 小柳友貴美
  • (仲居) - 須部浩美
  • (箱根医院の往診医) - 小鹿番
  • (孝の入院先の医師) - 越村公一
  • (みやげ物屋) - 斉藤清六
第20作(2003年) 「佐渡両津通信局」
  • 武藤千春(刑事) - 夏八木勲
  • 原田伸枝(民宿「原田」女将) - 左時枝
  • 坂本雄二(無名異焼の作家) - 新克利
  • 宍倉美恵子(夫の宍倉辰男を探している) - 萩尾みどり
  • 大垣正太郎(詐欺事件の容疑者) - 鶴田忍
  • 宍倉かおり - 柳下季里
  • 小関はま - 白木万理

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1993年5月25日 伊豆下田通信局 岡本克己 森崎東 18.4%
2 10月19日 伊賀上野通信局 19.9%
3 1994年5月24日 釜石遠野通信局 吉川一義 21.9%
4 9月27日 青梅奥多摩通信局 19.3%
5 1995年3月21日 米沢蔵王通信局 17.6%
6 8月15日 鎌倉湘南通信局 17.5%
7 1996年3月19日 但馬城崎通信局 19.4%
8 9月10日 会津若松通信局 21.5%
9 1997年6月03日 信州上田通信局 21.1%
10 12月23日 伊豆大島通信局 14.4%
11 1998年6月09日 山陰出雲通信局 18.6%
12 12月15日 飛騨高山通信局 18.3%
13 1999年5月25日 日光今市通信局 18.1%
14 12月21日 阿波鳴門通信局 19.5%
15 2000年6月13日 能登輪島通信局 18.4%
16 12月26日 別府国東通信局 15.7%
17 2001年5月22日 越中高岡通信局 18.7%
18 2002年4月23日 津軽弘前通信局 20.0%
19 9月24日 箱根小田原通信局 坂田義和 12.4%
20 2003年4月22日 佐渡両津通信局 難波江由紀子 17.7%

関連項目[編集]

外部リンク[編集]