地方記者・立花陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地方記者 立花陽介
ジャンル テレビドラマ
企画 長富忠裕
酒井浩至
脚本 岡本克己
坂田義和
難波江由紀子
監督 森崎東
吉川一義
出演者 水谷豊
森口瑶子
片桐竜次
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
製作
プロデューサー 長富忠裕(日本テレビ)
杉山邦彦(日本テレビ)
赤司学文(近代映画協会)
石川好弘(近代映画協会)
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年5月25日 - 2003年4月22日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 20
火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

地方記者 立花陽介』(ちほうきしゃ たちばなようすけ)は、1993年から2003年まで日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全20回。主演は水谷豊

概要[編集]

東洋新聞の記者である立花陽介は、結婚後、全国各地に置かれている地方通信局(記者が1人のみ置かれており家族とともに居住する局舎からなる)を妻とともに転々としており、新しい赴任先で事件に遭遇する。赴任先はサブタイトルを参照。

シリーズ当初より第18作まで脚本を担当していた岡本克己が2002年に死去した後も、脚本家を交代して第19作以降の制作もされたが、火曜サスペンス劇場の終了の2年前にシリーズは終了し、水谷主演作品は2004年に「事件記者・三上雄太」(全3作)へと引き継がれ、最終話で火曜サスペンス劇場のトリを取ることとなる。第1作から第13作まではフィルム制作。第14作よりビデオ制作。

登場人物[編集]

立花家[編集]

立花陽介
演 - 水谷豊
東洋新聞の記者。東京の本社勤務であったが、結婚と時期を同じくして伊豆下田通信局への異動を命じられる。この異動があまりにも突然であったこともあり、単身赴任することとなったが、のちに妻の久美も伊豆下田通信局に同居、以後、全国各地の地方通信局を転々とする。新聞記者らしく、コツコツと聞き込みや取材から情報を集めて事件を解決する。
立花久美
演 - 森口瑶子
陽介の妻、絵本作家で東京の出版社に勤務していた。陽介と相談して、結婚した後も仕事を続けることにしていたため、夫となった陽介の伊豆下田通信局への異動後も、東京に一人残った。しかし、第1作の事件解決後に伊豆下田通信局に移り住むことを決意し、その後、陽介の転勤とともに全国各地の地方通信局を転々とする。第3作にて懐妊するが、第4作で流産、以後の作品では陽介と2人で生活している。第16作は母親の由美が家に遊びに来る。

その他[編集]

根岸隆一
演 - 片桐竜次
東洋新聞の記者。本社社会部勤務で陽介からの情報照会に応じている。

ゲスト[編集]

第1作「伊豆下田通信局」(1993年)
第2作「伊賀上野通信局」(1993年)
  • 末吉(上野警察署 刑事) - 奥村公延
  • 足立一郎(奈良文理大学 国文科教授) - 菅貫太郎
  • 手島俊道(東京の呉服会社社長・桜華女子大学 理事長) - 深江章喜
  • クラブのママ - 上原由恵
  • 芭蕉翁生家 従業員 - 絵沢萠子
  • 末吉(末吉の妻) - 阪上和子
  • クラブのママ - 弥生みつき
  • 小村和平(明日香の京友禅の下絵画家) - 大和田獏
  • 康子(芭蕉翁生家 従業員) - 左時枝
  • 足立よしみ(足立の妻・組紐の先生) - 姿晴香
第3作「釜石遠野通信局」(1994年)
第4作「青梅奥多摩通信局」(1994年)
第5作「米沢蔵王通信局」(1995年)
  • 井坂栄子(紅花工房 主人) - 松本留美
  • 池田(池田屋本店 社長・香田と平井の大学の同級生) - 石井愃一
  • 川上(米沢南警察署 刑事) - 志水正義
  • 笹野民芸館 店員 - 阪上和子
  • 香田ユカリ(香田の娘・大学生) - 相川恵里
  • 弘山保之(香田産業 社長秘書) - 大家仁志
  • 香田新吾(香田産業 社長) - 大和田伸也
  • 平井佑二(ホテル瀧波 従業員) - 下條アトム
  • 松下(米沢南警察署 主任刑事) - 斎藤晴彦
第6作「鎌倉湘南通信局」(1995年)
第7作「但馬城崎通信局」(1996年)
第8作「会津若松通信局」(1996年)
第9作「信州上田通信局」(1997年)
  • 堀尾リエ(上田電気 営業マン・山浦の恋人) - 鳥越まり
  • 佐伯六郎(食堂「勝福」店主・土屋の教え子) - 森川正太
  • 内山(警視庁捜査一課 刑事) - 伊藤敏八
  • 山浦浩明(司コーポレーション営業部営業三課 営業マン) - 安藤一夫
  • 上田電気 社員 - 加門良
  • 刑事 - 筒井巧
  • 立川(立川デンキ 店主) - 市川勇
  • 上田中央警察署 刑事 - 志水正義
  • 益谷(司コーポレーション営業部営業三課 課長) - 平泉成
  • 上田センタービル 受付 - 野々村のん
  • 骨董店店主 - 犬塚弘
  • 武田(上田中央警察署 刑事) - 金田明夫
  • 土屋(私立上田中央高等学校 教務主任・写真部顧問) - 岡本富士太
第10作「伊豆大島通信局」(1997年)
第11作「山陰出雲通信局」(1998年)
第12作「飛騨高山通信局」(1998年)
第13作「日光今市通信局」(1999年)
  • 佐山広志(佐山インテリア 社長) - 竹本孝之
  • 吉村萠(佐山インテリア 社員・佐山の婚約者) - 今村恵子
  • 北原(日光東警察署 刑事) - 松井範雄
  • 島本精一(コンビニチェーン企画課長) - 手塚秀彰
  • 白石(東洋新聞 記者) - 若林久弥
  • ホテル従業員 - 町田真一
  • 土産物屋の主人と客 - 小鹿番小池榮
  • 日光東警察署 刑事 - 矢崎文也
  • 浅川和也(新都建設 社員) - 清水章吾
  • 林田弓子(佐山の生き別れの母) - 左時枝
  • 植村喜八郎
第14作「阿波鳴門通信局」(1999年)
  • 小田チカ(通信局の近所の主婦) - 松金よね子
  • 中道俊作(占有屋) - 遠藤征慈
  • 松村(ハンター愛好会の会長・矢野の旧友) - 浜田晃
  • 上山宏(上山不動産 社長) - 松澤一之
  • 小田ユキ(上山不動産 社員) - 笹峰愛
  • 鳴門東警察署 刑事 - 大家仁志、小豆畑雅一
  • 記者 - 青木鉄仁
  • 矢野藤吉(昨年定年退職した元教師) - 小笠原良知
  • 矢野和子(昨年定年退職した元教師・矢野の妻・旧姓「滝山」) - 岩本多代
  • 林(鳴門東警察署 主任) - 前田吟
第15作「能登輪島通信局」(2000年)
  • 平田公平(輪島西警察署 警部補) - 綿引勝彦
  • 木村千代子(平田の妹・川辺の中学時代の同級生) - 平淑恵
  • 川辺たき(川辺の母) - 三條美紀
  • 川辺良夫(TWC 社長) - 松山政路
  • 藤村浩史(川辺の元客) - 町田真一
  • 川辺の元同僚 - 長谷川哲夫
  • 七尾港警察署 刑事 - 丸岡奨詞
  • ホームレス - 斎藤清六
  • 車のレンタカー会社社員 - 福崎和広
  • TWCと同じビルの社員 - 棟里佳
  • 輪島西警察署 刑事 - 矢崎文也
第16作「別府国東通信局」(2000年)
  • 水田秀子(主婦・風間の昔の友達) - 高田敏江
  • 加納(ふるさと産業館 従業員・風間の同級生) - 斎藤晴彦
  • 風間孝男(詐欺師・城山小学校 出身) - 河原崎次郎
  • 桑本ヒロシ(行政書士) - 藤田宗久
  • 栗山誠次(詐欺師) - 浅野和之
  • 東山健(「アイ・ユー・イー」重役・風間の昔の友達) - 津嘉山正種
  • 由美久美の母) - 浅茅陽子
  • 向井良重(別府警察署 警部補・半年後定年) - 竜雷太
  • 偉藤康次
第17作「越中高岡通信局」(2001年)
  • 今野高志(今野かまぼこ店 社長・陽介の学生時代の友人) - 中西良太
  • つや子(レイ子の叔母) - 岩倉高子
  • 今野夕子 (高志の妻) - 棟里佳[1]
  • 佐山敏夫(ギャンブルと女遊び好き) - 木下浩之
  • 石塚はな(通信局の近所の主婦) - 冨士眞奈美
  • 富山県警高岡東警察署 刑事 - 井上智之
  • 平山るみ(風俗嬢) - 松本智代美[2]
  • バー「加奈」従業員 - 須部浩美
  • 松尾加奈(バー「加奈」ママ) - 沖直未
  • 佐山レイ子(佐山の妻) - 芦川よしみ
  • 角田(富山県警高岡東警察署 刑事) - 石橋蓮司
第18作「津軽弘前通信局」(2002年)
  • 阿久津康彦(弘前西警察署 刑事) - 林隆三
  • 福原信作(会社社長・偽名「高橋」) - 木之元亮[3]
  • 小菅雅志(出稼ぎに行って戻らない) - ベンガル
  • 篠田千秋(民謡酒場主人) - 西川峰子
  • 小菅治子(雅志の母) - 今井和子
  • 小菅美郷(雅志の娘・津軽三味線が上手な少女) - 坂田麻衣子[4]
  • 前川キク(通信局の近所の主婦・治子の従姉妹) - 横山通乃
  • 西崎涼子(元保険外交員・偽名「田崎信子」) - 元井須美子
  • 高橋(喫茶店店主・福原の高校時代の担任) - 神山繁
  • 中田(福原の高校時代の同級生) - 徳井優
  • バーのママ - 松井紀美江
  • 東西運送 従業員 - 丸岡奨詞
  • 安田(雅志に病気の妻を助けてもらった男性) - 久保幸一
  • トラック運転手 - 久保酎吉
第19作「箱根小田原通信局」(2002年)
  • 日比野里美(老舗旅館「日比野屋」若女将・晴義の後妻) - 美保純
  • 城山孝蔵(城都興栄 社長) - 立川三貴
  • 芳本啓介(老舗旅館「日比野屋」板前) - 河西健司
  • 友部(小田原西警察署 刑事) - 前田淳
  • 小田原西警察署 刑事 - 矢崎文也
  • 森下(箱根医院の往診医) - 小鹿番
  • タミコ(老舗旅館「日比野屋」仲居) - 須部浩美
  • アキヨ(スナックのママ) - 桑田和美
  • スナックのホステス - 小林香織
  • 浦井杏子(スナック従業員) - 有沢妃呂子
  • 日比野静江(老舗旅館「日比野屋」大女将・晴義の母) - 有馬稲子
  • 日比野晴義(老舗旅館「日比野屋」主人・2年前死亡) - 加門良
  • 岡島(里美の先夫・5年前死亡) - 吉満涼太[5]
  • 医師 - 越村公一
  • みやげ物屋 - 斎藤清六
  • 上原ユキエ(五代の姪・江間の婚約者) - 須磨史衣
  • 大学生 - 津田三七子
  • 田宮(大学教授) - 水谷貞雄
  • 杏子のマンション管理人 - 小池榮
  • 寄木細工職人 - 益富信孝
  • 吉沢(山下警察署 刑事) - 渡辺寛二
  • 遠藤直子(里美の親戚) - 小柳友貴美
  • 主婦 - 吉本選江
  • 城都興栄 社員 - 井上智之
  • 暴力団員 - 手塚秀彰
  • 日比野孝(晴義と先妻の子供・心臓病) - 広田真吾
  • 岡島孝(岡島と里美の息子・5年前事故死) - 當間竣
  • 江間英彦(小田原西警察署 警部補) - 永島敏行
  • 五代敏男(小田原西警察署 刑事部長) - 名古屋章
第20作「佐渡両津通信局」(2003年)
  • 宍倉美恵子(夫の宍倉辰男を探している) - 萩尾みどり
  • 大垣正太郎(詐欺事件の容疑者) - 鶴田忍
  • 小林(相川中央警察署 刑事) - 角田英介
  • 漁師 - 益富信孝
  • 加茂湖漁業協同組合 - 丸岡奨詞、阪上和子
  • 坂本雄二(無名異焼の作家・本名「宍倉辰男」) - 新克利
  • 原田(伸枝の夫) - 加門良
  • 美恵子の近所 - 吉本選江
  • 民宿「原田」の客 - 福田賢二
  • 宍倉かおり(ツクイ運送 従業員・辰男と美恵子の娘) - 柳下季里
  • 美香(民宿「原田」の客) - 茂呂真紀子[6]
  • 小関はま(通信局の近所) - 白木万理
  • 原田伸枝(民宿「原田」女将) - 左時枝
  • 武藤千春(相川中央警察署 警部補) - 夏八木勲

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1993年5月25日 伊豆下田通信局 岡本克己 森崎東 18.4%
2 10月19日 伊賀上野通信局 19.9%
3 1994年5月24日 釜石遠野通信局 吉川一義 21.9%
4 9月27日 青梅奥多摩通信局 19.3%
5 1995年3月21日 米沢蔵王通信局 17.6%
6 8月15日 鎌倉湘南通信局 17.5%
7 1996年3月19日 但馬城崎通信局 19.4%
8 9月10日 会津若松通信局 21.5%
9 1997年6月03日 信州上田通信局 21.1%
10 12月23日 伊豆大島通信局 14.4%
11 1998年6月09日 山陰出雲通信局 18.6%
12 12月15日 飛騨高山通信局 18.3%
13 1999年5月25日 日光今市通信局 18.1%
14 12月21日 阿波鳴門通信局 19.5%
15 2000年6月13日 能登輪島通信局 18.4%
16 12月26日 別府国東通信局 15.7%
17 2001年5月22日 越中高岡通信局 18.7%
18 2002年4月23日 津軽弘前通信局 20.0%
19 9月24日 箱根小田原通信局 坂田義和 12.4%
20 2003年4月22日 佐渡両津通信局 難波江由紀子 17.7%

脚注[編集]

  1. ^ ドラマ - アンフィニー(アーカイブ)
  2. ^ プロフィール - 円谷プロダクション(アーカイブ)
  3. ^ プロフィール - 東京俳優生活協同組合
  4. ^ プロフィール - 劇団東俳(アーカイブ)
  5. ^ ドラマ - enchante
  6. ^ プロフィール - オルスタ エンタテインメント(アーカイブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]