葉山レイコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はやま れいこ
葉山 レイコ
プロフィール
生年月日 1969年7月13日
現年齢 47歳
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 162 cm / 45 kg
BMI 17.1
スリーサイズ 81 - 56 - 84 cm
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 1986年
ジャンル グラビア
モデル内容 一般
水着
他の活動 女優
歌手
タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

葉山 レイコ(はやま れいこ、1969年7月13日 - )は、日本女優タレントAV女優歌手として活動したこともある。

愛知県名古屋市出身。所属事務所浅井企画

ボディサイズはT160/B80/W56/H83(歌手デビューからAVデビュー時)→T162/B81/W56/H84(2006年、公式HP)。血液型A型。


経歴[ソースを編集]

1984年NHK教育テレビの「中学生日記」に出演していたところをスカウトされ、CFに出演。1986年、「オフショアの恋人」でポリドール(現ユニバーサルミュージック)より歌手デビュー、「ハワイアン族のマドンナ」として売り出されるが、芽が出ないままグラビア中心の活動に移行。

1988年3月、『オトメクラブ』(白夜書房)誌上で初ヌードを披露。翌月、『週刊プレイボーイ』の巻頭グラビアを飾り注目を集め、以後グラビアで人気となる。同年9月には唯一のアダルトビデオ作品、『処女宮 うぶ毛のヴィーナス』に出演、大ヒットとなる(成人指定のビデオは他にも発売されているが、いずれもイメージビデオの域を出るものではない)。

1989年東映Vシネマクライムハンター2 裏切りの銃弾』に出演、女優活動を本格化させる。1991年には『上方苦界草紙』で映画にも進出、女旅芸人役を演じて注目を集めた。代表作にエロティックサスペンス『監禁逃亡』などがある。 またテレビでは、1994年から翌年にかけて『ギルガメッシュないと』に出演するなど、お色気対応も可能なタレントとして深夜番組を中心に活動した。

2000年以降もタレント活動や、舞台を中心とした女優活動を続けている。2006年4月より2007年3月にかけてNHK教育テレビの『スペイン語会話』に生徒役の1人として出演した。2007年4月からはトランスアメリカインターナショナル放送ラジオ番組、『葉山レイコのSoy de Nagoya』でパーソナリティを務めている。2007年4月14日号の週刊現代では、「ラストグラビア」を謳ったグラビアが掲載された。

2014年11月23日、6歳年下の一般男性と結婚。

エピソード[ソースを編集]

  • 小学生の頃、「どんぐり音楽会」に出演した経験がある。
  • 『スペイン語会話』出演時には、受講中の成績によって進級、落第が決まり、年度末の3月にスペイン語チャンピオン(カンペオーナ)を選出するという演出がなされた。当初落第寸前だった葉山は2006年5月以降、好成績を続けて修め、民部良子ユリエと共にカンペオーナを競ったが、僅差で民部良子に敗れた。
  • テレビドラマ「スケバン刑事」シリーズIIに出演したことがある。

作品[ソースを編集]

音楽作品[ソースを編集]

  • 全てシングル作品のみで、単独名義でのアルバム発売はない。

シングル[ソースを編集]

  発売日 タイトル 発売元 収録曲 備考
1st 1986年4月25日 オフショアの恋人 ポリドール/Sound World
  1. オフショアの恋人
  2. Lover Come Back to me
    • 作詞:菊池里佳/作曲:Sigmund Romberg
2nd 1987年1月25日 My Love, My Life ダンスの森は眠らない ポリドール/Sound World
  1. My Love, My Life ダンスの森は眠らない
    • 日本語詞:児島由美/作詞・作曲:G.ROCHEL、C.HIRE
  2. Good-bye My Summer
    • 作詞・作曲:なつみ海
※表題曲はPATTY RYAN 「(You're)My Love,(You're)My Life」のカヴァー。
3rd 1990年3月21日 何、してた? ビクター音楽産業
  1. 何、してた?
  2. 純愛迷宮
再デビュー・シングル。
4th 1990年7月21日 Wet Wet ビクター音楽産業
  1. Wet Wet
  2. 恋がうたたね
5th 1992年10月21日 恋のイリグチ・マンボ ビクター音楽産業
  1. 恋のイリグチ・マンボ
  2. 愛のデグチ・マンボ
葉山レイコとシトラス・ムスク・ボーイズ名義。
6th 1994年4月21日 Pスポットの誘惑 ビクターエンタテインメント
  1. Pスポットの誘惑
  2. ツボにはまって
    • 作詞:さいとうみわこ/作曲:松田信男
テレビ東京ギルガメッシュNIGHT」挿入歌
  • ふたりのパラダイス(白片アタエ・葉山レイコ・ロー・アイランダース名義)
※白片アタエ「流れ星ひとつ」(1988年7月21日、テイチク)のB面に収録。

オムニバス・アルバム[ソースを編集]

  • I LOVE“DANCE NUMBER”(APRIL.1990) /V.A.(1990年4月21日、ビクター音楽産業)
※「何、してた?」収録。
  • I LOVE“DANCE NUMBER”(SEPTEMBER.1990)/V.A.(1990年9月21日、ビクター音楽産業)
※「Wet Wet」収録。

ビデオ作品[ソースを編集]

アダルトビデオ(成人指定のイメージビデオ含む)[ソースを編集]

イメージビデオ[ソースを編集]

  • インパクト・ラヴ(1988年11月21日、J.V.D.
  • プライベート・タイム(1988年12月19日、ピラミッド)
  • 仙女一夜 PART 1 仙女界から来た娘(1989年2月25日、J.V.D.)
  • 仙女一夜 PART 2 花嫁修行はお好き?(1989年3月25日、J.V.D.)
  • 仙女一夜 PART 3 お固い方の桃色ショック(1989年4月25日、J.V.D.)
  • 鏡の中の私に(1989年11月1日、SEXA VISION (J.V.D.))
  • 感じるバディスペシャル(1994年7月22日、ビクター)

主なオムニバス・編集作品[ソースを編集]

  • MAGAZINE VIDEO マドンナ 第4号(1986年12月23日、宇宙企画)多人数出演:水着、新曲プロモ
  • 葉山レイコ物語(1989年4月19日、10)編集版:「処女宮」未収録シーン含む
  • レイコ・清美・麗奈のトリプルエッチ(1989年8月26日、ミス・クリスティーヌ)オムニバス:「処女宮」未収録シーン含む
  • AV女優 葉山レイコ(1998年12月21日、ビデオバンク)「処女宮」DVD版
  • よみがえる葉山レイコ(2003年3月10日発行、鹿砦社)「鏡の中の私に」「仙女一夜2」他のDVD付き写真集
  • The Best of No.1 葉山レイコ Deluxe(2004年12月10日、ディースリー)「君はファイブスター」DVD版+未収録シーン
  • Legend vol.7 葉山レイコ(2006年11月17日、Graffiti

オリジナルビデオ[ソースを編集]

出演[ソースを編集]

ドラマ[ソースを編集]

バラエティー[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

写真集(再編集版除く)[ソースを編集]

主要掲載誌(男性誌除く)[ソースを編集]

  • シノラマ東京1990(アサヒカメラ 1990年1月号 表紙&pp.38-54、撮影:篠山紀信朝日新聞社
  • レイコ-Reiko in Bali(アサヒカメラ 1990年4月号 表紙&pp.7-13、撮影:渡辺達生、朝日新聞社)

外部リンク[ソースを編集]