三戸部スエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三戸部 スエみとべ すえ1924年3月31日[1] - 1986年4月24日)は日本の女優北海道夕張市出身。本名同じ[1]

来歴・人物[編集]

日本大学芸術科(現・日本大学藝術学部)中退[1]太平洋戦争戦時中当時は瑞穂劇団に参加し所属[1]

1971年に俳優座を退団[1]。フリーとなって商業演劇、映画やテレビドラマに多く出演。脇役・老け役としての実力は高く評価された。1986年4月24日、胃癌のため死去。62歳没。

親類に作家の橘善男がおり、2001年に三戸部の半生を題材にした「小説俳優座―わざおぎ狂乱」(鳥影社)を出版している。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 河北新報 1983年6月7日 16面「登場」コーナー