季節はずれの海岸物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

季節はずれの海岸物語』(きせつはずれのかいがんものがたり)は、1988年から1994年にかけてフジテレビ系列で放送されたテレビドラマである。

フジテレビの第二制作部(現:バラエティ制作センター)が番組制作を担当した。年に1~2本の割合で放送され、『季節はずれの海岸』の番組タイトルの通り、秋や冬の時期の放送が編成されることが多かった。

第1作は1988年1月1日正月のスペシャルドラマとの位置づけで放送、同年10月には第2作が放送された。その後も不定期に放送され、1994年の完結までに計14作が制作される人気ドラマとなった。

出演[編集]

喫茶店「QUE」のマスター。
圭介の女友達。
圭介の大学時代の同級生。「'93秋」にて交通事故で死亡する。
  • 渡辺理恵:渡辺美奈代 (「砂浜のDESTINY」以降全話出演)
  • 山本幸一:山本陽一 (「'90冬」以降全話出演)
  • 遠藤和彦:古尾谷雅人 (「'89夏」、「'92秋」、「'93秋」、最終回に出演)
初期の頃、ダチョウ倶楽部寺門ジモンがQUEのアルバイト(?)・春文の弟分役で数回出演した。

概要[編集]

圭介は海岸沿いの喫茶店「QUE」(キュー)を切り盛りするマスター。マスターの女友達である徳子が店を手伝っている。圭介の隣に住むのが理恵。この3人の恋物語を中心にドラマは展開される。徳子は学生時代からの悪友・春文の元妻という設定で、少し苦味のある大人の恋が描かれた。

圭介の恋の相手として毎回異なるマドンナが出演し(下記参照)、放送当時は「現代版寅さん」と言われたこともある。

封印作品[編集]

田代まさしの一連の事件以降、一度も再放送が行われていない。また映像ソフト化もされておらず、封印作品の一つとなっている。

サブタイトル[編集]

雑誌等で紹介されたサブタイトルと実際の放送のサブタイトルとでは、表記に違いが見られる。ここではテレビ放送のものを記載する。

放送日 サブタイトル ノベライズ版 圭介の恋の相手 その役者 その他ゲスト
1988年1月1日 季節はずれの海岸物語 涙のSeaside Cafe Terrace 真澄 石野真子
1988年10月3日 季節のなかの海岸物語 真夏のヒコーキ雲 夏海 美保純
1989年1月3日 季節はずれの海岸物語 砂浜のDESTINY 砂浜のDESTINY 真由美 斎藤慶子 中森明菜
1989年8月25日 季節はずれの海岸物語 '89夏 Good by そして Good Luck 麗子
愛子
鈴木保奈美
室井滋
1990年1月2日 季節はずれの海岸物語 '90冬 Sweet Christmas Again 明子 樋口可南子
1990年10月11日 季節はずれの海岸物語 1990 暑かった夏 あの夏のDestiny 久美子 森尾由美
1991年1月2日 季節はずれの海岸物語 '91冬 想い出は美しすぎて 思いでは美しすぎて 未散 つみきみほ
1991年11月8日 季節はずれの海岸物語 '91秋 フィルムのなかの想い出 フィルムの中の夏 かおり 南野陽子
1992年1月2日 季節はずれの海岸物語 '92冬 恋は夢の彼方に 恋は夢の彼方に 友美
冴子
石田ゆり子
中村あずさ
1992年10月8日 季節はずれの海岸物語 '92秋 通りすぎた夏 優香子 松田聖子
1993年1月7日 季節はずれの海岸物語 '93冬 ひとりぼっちの波 祥子 麻生祐未
1993年9月27日 季節はずれの海岸物語 '93秋 愛に微笑みたくて ゆかり 西田ひかる
1993年12月24日 季節はずれの海岸物語 X'masスペシャル 未収録 里美
愛子
財前直見
室井滋
1994年10月13日 季節はずれの海岸物語 〜いつも海があった〜 未収録 徳子
優香子
可愛かずみ
松田聖子

音楽[編集]

主題歌は「DESTINY」(松任谷由実)。また、挿入歌にサザンオールスターズ松任谷由実の楽曲が頻繁に使われていた。他にTUBE竹内まりや、本作にマドンナとして出演した松田聖子歌唱の楽曲も使われた(ただし、松田聖子の楽曲の使用は松田が出演した作品のみ)。