南部虎弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南部 虎弾(なんぶ とらた 本名:佐藤 道彦(さとう みちひこ) 1951年7月14日 - )は、コメディアン・パフォーマーであり、電撃ネットワーク(海外ではTOKYO SHOCK BOYSの名称)の一員である。旧芸名は南部 虎太南部 寅太(なんぶ・とらた)。愛称は南部ちゃん。身長168cm。血液型O型。ダチョウ倶楽部の元リーダー。芸能プロダクション株式会社電撃兄弟社」に所属。 メディア関係は主に、芸能プロダクション「ビッグ・ブッキング・エンターテインメント (株式会社BBE)」に委託している。

人物・エピソード[編集]

  • 山形県鶴岡市出身。山形県立鶴岡南高等学校卒業、高崎経済大学中退。
  • 黒澤明監督の『影武者』に端役で出演している。出演者クレジットは「南部虎太」となっている。
  • デビュー当初のダチョウ倶楽部でリーダー、ボケ担当だった。
  • デビュー当初の生意気な口の利き方については「あの当時、生意気な口を利いて共演者を怒らせて盛り上げる事が面白いと勘違いしていた」と述べている。
  • 現在のダチョウ倶楽部の3人による南部時代の回顧によると「夜中に突然上島竜兵の家に電話をかけ、『お前ビー玉飲めるか?』と聞いた」「コントの段取りを無視して奇声を上げて走り回ったりした」「『ハナクソ』のイントネーションに関する議論だけで打ち合わせが延々続いた」「いきなり『俺は久米宏になる!』と宣言した」そうである。
  • ダチョウ倶楽部脱退後、電撃ネットワークに参加する。過激な体を張った芸で有名である。
  • 海外では、特にオーストラリアを中心にトーキョー・ショック・ボーイズ(Tokyo Shock Boys)として活動し、知られている。
  • 金魚を飲み込んで吐き出すという「人間ポンプおじさん」が流行ったその当時、電撃風にアレンジするためピラニアを使用して挑戦したが吐き出せなかったことがある。胃の中でかみつくなど、とにかく激痛であったが「怪我をした」というとテレビから声がかからなくなると思い、救急車も呼ばずに我慢したがビールを飲んだら血だらけの状態で出てきたとのこと。この出来事について水曜日のダウンタウンに出演した際に今までで1番痛かった出来事に挙げている。
  • 安眠ベッド通信販売番組に出ることもある。 
  • プロレス格闘技イベントのプロデューサーとしても活動している。
  • 2017年3月末、糖尿病の悪化により自宅で倒れ、緊急入院。治療の過程で急性冠症候群による心不全の状態と診断され、同年5月12日に8時間にわたる心臓バイパス手術が行われる[1][2]。療養後、鳳恵弥が主演を務める連続ショートドラマ『あじさい』で活動を再開する[3]

持ちネタ[編集]

  • 禅パワー…ビールなどの缶を額にくっつけるという不思議な芸。そのままグラスに注いだり、缶を凹ませることも。
  • 福耳男…紙幣を耳たぶにステープラーで留めるという芸。
  • 睾丸にロープを括り付け、コンクリートブロックを持ち上げる。

出版物[編集]

  • DVD 南部塾 糞闘編 (06年6月)
  • 書籍 電撃ネットワーク南部の公開処刑 (95年3月)

連載[編集]

  • G-get Press「南部虎弾の俺の映画道」(全国のゲオショップにて無料配布)(06年11月~終了不明)
  • デイリースポーツ「電撃ウォーリャーズ」毎月第4火曜日掲載(04年4月~終了不明)
  • 本当にあった笑える話「オレもスゴイがヤツラもすげー!!」(ぶんか社)(01年10月~終了不明)
  • 週刊大衆別冊パパラッチ「死ぬかも知れないお仕事」(双葉社)(06年1月~6月)
  • 夕刊フジ「パチンコ情報コーナー」(03年12月~04年6月)
  • SaLan「南部虎弾のいい女指南塾」(ぴいぷる社)(03年8月~04年2月)
  • パチスロマニアックス「南部道場」(ビッグマン社)(02年1月~04年5月)
  • TV saru「南部虎弾の危パン」(バウハウス)(01年9月~04年8月)
  • 日刊ゲンダイ「格闘男」(00年11月~02年12月)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 北日本地産「3456(サガシゴロ)」(2012年1月〜、岩手県限定)

オリジナルビデオ[編集]

関係人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]