南部虎弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なんぶ とらた
南部 虎弾
本名 さとう みちひこ
佐藤 道彦
ニックネーム 南部ちゃん
生年月日 (1951-07-14) 1951年7月14日(71歳)
出身地 日本の旗 日本山形県鶴岡市
身長 168cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 高崎経済大学中退
グループ名 ダチョウ倶楽部(1985年 - 1987年)
電撃ネットワーク(1990年 - )
相方 肥後克広寺門ジモン上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
ギュウゾウダンナ小柳(電撃ネットワーク)
芸風 パフォーマンス
事務所 オフィス電撃ネットワーク
活動時期 1980年 -
同期 中村有志
他の活動 俳優
配偶者 既婚
公式サイト 事務所HP
テンプレートを表示

南部 虎弾(なんぶ とらた、1951年7月14日 - )は、コメディアン・パフォーマーであり、電撃ネットワーク(海外ではTOKYO SHOCK BOYSの名称)の一員である。本名は佐藤 道彦(さとう みちひこ)。旧芸名は南部 虎太・南部 寅太(なんぶ とらた)。愛称は南部ちゃん。身長168cm。血液型RHマイナスO O型[1]。既婚。ダチョウ倶楽部の元リーダー[2]芸能プロダクション株オフィス電撃ネットワーク」に所属。メディア関係は主に、芸能プロダクション「ビッグ・ブッキング・エンターテインメント (株式会社BBE)」に委託している。芸名の名付け親は市原悦子[3]

人物・エピソード[編集]

山形県鶴岡市出身[4]高崎経済大学中退[5]

第一生命営業マンを経て渡仏[5]。帰国後、ロシア音楽舞踏団を経て、コント赤信号がいるテアトル・エコーに参加する[5]

デビュー当初のダチョウ倶楽部のリーダーだった[6]。デビュー当初の生意気な口の利き方については「あの当時、生意気な口を利いて共演者を怒らせて盛り上げる事が面白いと勘違いしていた」と述べている[5]。現在のダチョウ倶楽部の3人による南部時代の回顧によると「夜中に突然上島竜兵の家に電話をかけ、『お前ビー玉飲めるか?』と聞いた」「コントの段取りを無視して奇声を上げて走り回ったりした」「『ハナクソ』のイントネーションに関する議論だけで打ち合わせが延々続いた」「いきなり『俺は久米宏になる!』と宣言した」などがある。芸風や方向性の違い、更にはメンバーとの仲違い等からダチョウ倶楽部を脱退。その後の3人とは関係は良好であり、入院時には3人揃ってお見舞いに来たこともあったという。

脱退後、1990年に電撃ネットワークを結成[7]。過激な体を張った芸で有名である。1992年、トーキョー・ショック・ボーイズ(Tokyo Shock Boys)として海外進出し[2]オーストラリアを中心に活動している[7]。当時、金魚を飲み込んで吐き出すという「人間ポンプおじさん」が流行り、電撃風にアレンジするためにピラニアを使用して挑戦したものの、吐き出せなかったことがある[8]。吐き出せなかったピラニアが胃の中でかみつくなど、とにかく激痛であったが「怪我をした」というとテレビから声がかからなくなると思い、救急車も呼ばずに我慢した[8]。結局、ビールを飲むために訪れたリンガーハットのトイレで、真っ赤な血だらけのピラニアが出てきたとのこと[8]。この出来事について「水曜日のダウンタウン」に出演した際に今までで1番痛かった出来事に挙げている。

安眠ベッド通信販売番組に出演するほか、プロレス格闘技イベントのプロデューサーとしても活動している[5]黒澤明監督の『影武者』に端役で出演したことがあり、出演者クレジットは「南部虎太」となっている[要出典]

2010年田代まさしが再逮捕された際に「田代まさしはこれで最後です!」と厳しい文面をブログにアップした[9]。一方で、2018年に田代と再会した際には記念写真をツイッターにアップした[10]。また、出所を控えた2022年2月には同じく田代を支援していた中村ゆうじとともにYouTubeにて田代について対談し、「また何かやりたいと言い出したら一緒にやろう」とエールを送っている[11]

2017年3月末、糖尿病の悪化により自宅で倒れ、緊急入院。治療の過程で急性冠症候群による心不全の状態と診断され、同年5月12日に8時間にわたる心臓バイパス手術が行われる[12][13]。療養後、鳳恵弥が主演を務める連続ショートドラマ『あじさい』で活動を再開する[14]

2019年5月28日、糖尿病を原因とする腎機能低下の治療のため、妻をドナーとして生体腎臓移植手術を受ける[15]

持ちネタ[編集]

ビールなどの缶を額にくっつけ、中身をグラスに注いだり、缶を凹ませたりする「禅パワー」、紙幣を耳たぶにステープラーで留めるという「福耳男」[4]睾丸にロープを括り付けてコンクリートブロックを持ち上げる、「サソリ食い」[2]「ドライアイスのむさぼり食い」[2]「蛍光灯のケツ割り」[2]など、過激なパフォーマンスが特徴である。

出版物[編集]

DVD[編集]

  • 『南部塾 糞闘編』 (ソニマ)(2006年6月)

書籍[編集]

連載[編集]

  • 「南部虎弾の俺の映画道」(2006年11月~終了不明、ゲオフリーマガジン『G-get Press』)
  • 「電撃ウォーリャーズ」(2004年4月~終了不明 毎月第4火曜日掲載、スポーツ新聞デイリースポーツ』)
  • 「オレもスゴイがヤツラもすげー!!」(2001年10月~終了不明、ぶんか社 月刊4コマ漫画雑誌本当にあった笑える話』)
  • 「死ぬかも知れないお仕事」(2006年1月~6月、双葉社 雑誌週刊大衆別冊パパラッチ』)
  • 「パチンコ情報コーナー」(2003年12月~2004年6月、夕刊紙夕刊フジ』)
  • 「南部虎弾のいい女指南塾」(2003年8月~2004年2月、ぴいぷる社 月刊女性専門求人誌『SaLan』)
  • 「南部道場」(2002年1月~2004年5月、ビッグマン社 情報誌『パチスロマニアックス』)
  • 「南部虎弾の危パン」(2001年9月~2004年8月、バウハウス 月刊雑誌『TV saru』)
  • 「格闘男」(2000年11月~2002年12月、夕刊紙『日刊ゲンダイ』)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

  • 北日本地産「3456(サガシゴロ)」(2012年1月〜、岩手県限定)

オリジナルビデオ[編集]

関係人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電撃・南部虎弾の手術キャンセル「危険度が95%」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「カミさんが身体の中にいる、だから生きている」世界一破天荒な夫を救った、妻の腎臓” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年11月6日). 2022年2月28日閲覧。
  3. ^ 南部虎弾の“名付け親”市原さん電撃と合うところが - おくやみ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月28日閲覧。
  4. ^ a b 南部虎弾がJ1昇格山形に「福耳の儀式」 - 芸能ニュース” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e 電撃ネットワーク・南部虎弾 心臓移植そして、生体腎移植…「先がないと思ったときに」”. 東京スポーツ (2022年3月27日). 2022年3月27日閲覧。
  6. ^ 「俺もボケたい」で解散!バービーにロバートら、芸人の “意外な元相方” たち” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年2月28日閲覧。
  7. ^ a b 電撃ネットワーク・南部虎弾さん「新たな可能性」|日曜アートサロン和錆” (日本語). 日曜アートサロン和錆 - TOKYO FM 80.0MHz -. 2022年2月28日閲覧。
  8. ^ a b c 電撃ネットワーク南部虎弾、ピラニア飲み込み惨劇!医者には「穴が空いてます」と言われ… - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年2月28日閲覧。
  9. ^ “「田代まさしはこれで最後です!」……復帰をサポートしてきた南部虎弾が怒り”. RBB TODAY (イード). (2010年9月17日). https://www.rbbtoday.com/article/2010/09/17/70691.html 2019年5月28日閲覧。 
  10. ^ 南部虎弾 [@nanbutorata] (2018年1月31日). "久しぶりに偶然会ったマーシーこと田代まさしは激太りそう、初めダレダカ分からなかった! 懐かしいミニにタコ #田代まさし #ミニにタコ #激太り #久しぶり #再開…" (ツイート). Twitterより2019年5月28日閲覧
  11. ^ 【緊急企画】もうすぐ出所!盟友・田代まさしを語る【南部虎弾×中村ゆうじ】” (2022年2月26日). 2022年5月12日閲覧。
  12. ^ “電撃ネットワーク・南部虎弾、心臓の手術成功”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2090803/full/ 2019年5月28日閲覧。 
  13. ^ “大手術の電撃ネットワーク南部虎弾「引退考えた」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年5月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1828732.html 2019年5月28日閲覧。 
  14. ^ “主演、鳳恵弥、NMB48の市川美織や渡辺いっけいが出演 連続ショートドラマ≪あじさい≫がクランクアップ FRESH!越後屋chにて9月9日に第1回放送開始”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年9月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20170907/prl17090710320031-n1.html 2019年5月28日閲覧。 
  15. ^ “南部虎弾、腎臓移植手術が成功 順調に回復すれば6月中旬退院見込み”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2136376/full/ 2019年5月28日閲覧。 

外部リンク[編集]