林家ペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林家 ペー
花菱紋.jpg
花菱は林家三平一門の定紋であり林家こん平に移門しても同じである。
本名 佐藤 嘉彦
生年月日 (1941-11-29) 1941年11月29日(75歳)
出身地 大阪府大阪市阿倍野区
方言 標準語
最終学歴 浪速高等学校
師匠 初代 林家三平
コンビ名 林家ペー・パー子
相方 林家パー子
芸風 漫談
事務所 P&P企画
活動時期 1964年 -
過去の代表番組 元祖どっきりカメラ
お笑いウルトラクイズ
他の活動 写真家
配偶者  妻(林家パー子)

林家 ペー(はやしや ペー、本名:佐藤 嘉彦1941年11月29日[1] - )は、日本タレント漫談家写真家である。自らが運営するP&P企画所属。また漫談家として落語協会所属。

来歴[編集]

大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目生まれ、同市阿倍野区出身。ただし、小学校は旧南区(現:中央区)の大阪市立精華小学校(現在は廃校し、大阪市立南小学校に統一)中学校は同中央区大阪市立南中学校(旧校舎は現:アメリカ村ビッグステップ)出身。浪速高等学校卒業。大阪球場の近く(当時の実家は裕福で、ヤマギワソフト大阪店〈現:ホテルヒラリーズ〉が建つ前の土地に建っていた[2])で育った。

幼い時から江戸っ子の粋に憧れて上京し、初代林家三平に入門する。当時、非常に人気が高かった三平へのあこがれから、思いついたギャグ(ダジャレなど)を何度も三平宛に投書し続けた。この努力が三平に認められ、入門を許された。当初から落語はやらず、立ち高座でギター漫談を主に演じる。三平全盛期のいわゆる「三平落語」の高座で、何度かバックギタリストとして共演している。また、三平からはいくつかの珍芸も伝授されている。ギターは伊東四朗から教えられた。ペー曰く、「人前では見せないが、伊東さんはギターもピアノも天才的に上手い。本当はプロとして飯が食っていけるほどだ」とのこと。

2008年には一門の後輩(兄弟子・林家こん平の弟子)の林家たい平に落語家として弟子入りし、「林家たいぺー」の高座名をもらう。2011年ごろから「あくびの稽古」「時そば」などを演じている。落語協会では引き続き漫談家として登録されている。三平一門で知り合った妻の林家パー子とは、「ペーパー」コンビで有名となる。桃色(ピンク)をこよなく愛している。好角家でもある。

大阪出身者であるが、いわゆる大阪弁は基本的に使わず、もっぱら東京弁で話すが、イントネーションは関西弁。

略歴[編集]

得意芸[編集]

  • 芸能界屈指の記憶力の持ち主で、数多くの有名人の生年月日を完璧に記憶していることで知られる。
  • 有名人との写真を撮りまくることでも知られる。最初に撮影された有名人は郷ひろみで、パー子との2ショットであった。膨大な枚数の写真とネガを保管するため自宅とは別にマンションを借りていたが、2005年からはデジタルカメラを取り入れた。気に入った写真は大きく引き伸ばして本人にプレゼントすることもある。
  • 即興のダジャレ(隣にいるパー子が爆笑するのがお約束)。
  • 「これは余談ですが…」「くしくも…」が口癖。

芸名について[編集]

林家三平一門の中で唯一、名前に「平」の字が付かない。来歴にもある通り、元々、師匠である三平から一度「林家ペー平(ペーぺー)」という芸名をもらったが、1963年に師匠の友人である近江俊郎宅を師匠ら数人と訪れた際、そこにいた近江の友人である占い師に『林家ペー平』で姓名判断してもらったところ「素晴らし過ぎる名前だ。いずれ師匠を食ってしまうほどの大物になるだろう」と言われ、小心者である三平(ペー本人がそう語っている)が弟子であるペーの台頭を恐れ、「平」を取ってしまったためである。日高晤郎のスーパーサンデーに夫妻で出演した際、ペー本人が語ったエピソードである。[3]

名付け親の三平が他界したため、「ペー」の書体がひらがなかカタカナかは本人にも分からない。ペー本人は「師匠に聞く前に他界されてしまった」と語っている。番組などで「横書きの時はカタカナ、縦書きの時はひらがな」と時折語っている。

妻・パー子[編集]

パー子と並べると「ペー・パー」(=ペーパー)となり、この夫婦のことを俗に「ペーパーさん」と呼ぶ事もあるが、狙って名付けたわけではなく、全くの偶然である。パー子はもともと女流落語家として単独に活動していた時期があり、のちに兄弟子であるペーと結婚に至った。 パー子との結婚披露宴の引き出物は、トイレットペーパーだった。

寄席の高座も二人で務めるが、決して夫婦漫才ではない。パー子が落語協会に加盟していないこともあり、香盤には「漫談・ペー」としか書かれていない。つまり、パー子はペーの漫談の後見役として出演している。

写真撮影に関して[編集]

一般的にテレビ撮影中(本番中)は静音対策をしたカメラを用いるなどしなければならないが、ペーは本番中でもカメラ撮影をしており、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』では、「報道カメラマン」(問題によっては「戦場カメラマン」)扱いである。(なお、撮影された写真は、『お笑いウルトラクイズ』のエンディング、及び同作品のDVD版エンディングにも使用されている)

人気者でいこう!』の人気コーナーだった「芸能人格付けチェック」の2択問題でパー子とともに出演したことがある。2枚2組のパー子の写真を出演者に見せてプロ写真家が撮影した2枚とペーが撮影した2枚を当てさせる問題。ペーが撮影した写真には独特の温かみがあり、参加したプロ写真家の加納典明はプロとしての撮り方を解説した後、「(写真の勝負としては)面白かったけどね」と感心した様子でコメントしている。

ビートたけしの母の葬儀に、ピンクのスーツに黒いネクタイをつけて参列したペー・パー子夫妻は、棺桶の遺体の写真を無断で何枚も撮影し、たけしに激昂されて葬儀場から追い出されたことがある。その間もパー子は笑い続けていたという。これはたけし本人がテレビで語っている。

撮った写真は後日にテレホンカードにして周囲に配る。

2006年10月25日、荒川の土手を散歩中に、画像約900枚が入ったデジタルカメラペンタックス optio S6)を紛失。2007年11月28日放送の『トリビアの泉スペシャル』で大捜索が行われたものの、発見には至らなかった。

『お笑いウルトラクイズ』に関して[編集]

『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』の第1回大会優勝者でもある。2010年現在、20回全てに出演している皆勤賞でもある。また、たけし曰く、『お笑いウルトラクイズ』は「ペーをどうにかしてクローズアップする番組を作るために始めた」[4]という。「ナポレオン・ボナパルトの女房の名は?」という問題に「レミーマルタン(コニャックのブランド)」と回答したのがたけしのお気に入りのネタである。

たけしは、長らくこのペーの存在を不思議に思っていた。それは当時ペーが『元祖どっきりカメラ』にしかテレビに出ていなかったからである。「どっきり」にかけられるのがわかっているのに出ていることに興味を持ったたけしは『ビートたけしの全日本お笑い研究所』〜『お笑いウルトラクイズ』とペーを出演させるようになり、たけし番組を中心にテレビ的にもパー子共々、知名度を上げていった。

趣味・人物像[編集]

「芸人に年齢なし」という信念から、生年をあまり公表したがらない。 髪型のアフロヘアーは、妻のパー子が郷ひろみ(一時期は髪型をアフロヘアーにしていた)のファンであるため行っている。

メジャーリーグのイチロー選手のファンとしても知られる(オリックス・ブルーウェーブ時代から。2000年週刊ベースボールのプロ野球開幕企画でオリックスファンとしてインタビューを受け「優勝したら、祝勝会でイックン〔イチローをペーはこう呼ぶ〕にキスしたい」という旨の発言をしたこともある)。愛犬(柴犬)の名前をイチローにあやかり「幸イチロー(こういちろー)」と名づけたほどである。2006年2009年東京ドームで行われたワールド・ベースボール・クラシックの東京ラウンドをエキサイトシートで観戦していたが、応援している模様をテレビで映し出された。

愛犬の幸イチローがボールを投げても取らないなど言うことを聞かなかったので、言うことを聞くようにとどうぶつ奇想天外でドックトレーナーに指導してもらったことがある。

愛車はトヨタ・カローラが好きで、前述の郷がイメージキャラクターだった5代目モデル(80系、1983年発売)からモデルチェンジの度に乗り換えていた。「車のことを英語で『カローラ』って言うと信じてたぐらい」とのこと。一度『所印の車はえらい』という番組でフォルクスワーゲンを購入するが、『天才!たけしの元気が出るテレビ』のクイズ(正解したらポルシェに交換してもらえるという企画)で不正解となり潰されてしまった。

一番長く乗ったのは7代目のカローラレビン(110系、1995年発売)で約15年乗って走行距離は約12万Kmまで走ったが、2014年7月に北赤羽駅前の交差点でペーが運転するレビンがオートバイと接触し、はずみで電柱に激突する事故を起こしている(オートバイの男性は軽傷で、ペーは無事だった)。この事故以降、車の運転はしていないという。

派手なピンクの衣装で有名だが、私服でもピンク系統の服が多いと月曜から夜ふかしで語っている。

2006年7月19日、『笑っていいとも』「知りたい正体このケータイ」に出演。このとき、所持している携帯電話はボーダフォン(日本法人、現・ソフトバンク)のV603T(ピンク&ピンク)待ち受け画面はデジタルカメラと紹介された。

好角家としても知られ、両国国技館にパー子と共にプライベートで訪れている様子が大相撲中継でも映し出されている(プライベートであるため、当然映るだけ)。しかし、プライベートであっても、いつものピンクの派手な衣装にカメラ片手というスタイルは変わらない。また、撮影するところも放送されている。応援している力士は遠藤聖大[5] 。遠藤の出身地の石川県穴水町に、初代林家三平の妻である海老名香葉子1945年の終戦前後に疎開していたことなど、穴水町と林家一門に交流があることによる[6]

投稿マニアでもあるペーにはこんなエピソードもある。『土曜一番!花やしき』という土曜朝の情報番組に毎週素人のふりをして川柳コーナーにFAXを送り続けていたが、同番組の構成作家をしていた親交のある小泉せつ子に見破られ、翌週番組に引きずり出されていた。その時まで使っていたペンネームは「PP砲」だった。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

コンピュータゲーム[編集]

  • 日米間プロ野球 FINAL LEAGUE - ダンカンとのダブル解説として声の出演。他にも、浅草キッド伊集院光松村邦洋の各コンビによるダブル解説も登場する(いずれもダンカンのプロデュースによる)。

ナレーション[編集]

  • 映画『世界の果てまでヒャッハー!』予告編(2016年) ※ 林家パー子と共演[7]

主な出版書籍[編集]

  • 林家ペーの有名人おもしろビックリ誕生日の不思議―あなたの誕生日の謎を解く本 二見文庫
  • 林家ペーの有名人マル秘お宝写真 双葉社
  • 林家ペーのクイズ誰のサイン? ワニ文庫

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (社)落語協会. “芸人紹介 林家 ペー(はやしや ペー)”. 2011年6月29日閲覧。
  2. ^ 朝日放送ごきげん!ブランニュ2013年10月28日放送分「赤井の朝から飲める店」での発言より。
  3. ^ ただし、2015年10月10日に放送された「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」の中では、ペー本人が「良すぎる名前です。まずい。不幸が背中合わせになる。三平さんが不幸になる」と姓名判断で言われたことから「平」を取ってぺーになったと語っている。
  4. ^ 『21世紀版 ビートたけしのお笑いウルトラクイズ 非常識大百科』2007年、日本テレビ、p18
  5. ^ 林家ペー&パー子 オフィシャルサイト2013年9月20日
  6. ^ ◎「穴水が私の原点」 海老名香葉子さん「ふるさとお話会」 仮設住宅に報恩行脚 47NEWS2007年10月9日(2014年3月20日閲覧)
  7. ^ “林家ぺー&パー子がナレーション挑戦、「ヒャッハー!」響くハイテンション映画予告”. 映画ナタリー. (2016年8月19日). http://natalie.mu/eiga/news/198769 2016年8月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]