あくび指南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あくび指南』(あくびしなん)とは古典落語の演目の一つである。主な演者に4代目柳家小せんなどがいる。別名『あくびの稽古』。

あらすじ[編集]

八五郎は、道で友人の熊五郎に遭遇した。熊さんは、これから芸の稽古に行こうとするところらしい。一緒に来ないかと誘われるが、この熊さんは以前にもいろんな習い事をかじったことがあり、歌の稽古をすれば長屋中の植木が腐り、踊りの稽古をすれば東の空に円盤が現れたというくらい何か芸を習う度に事件を引き起こしてきたので、八五郎は一度は断るが、習う内容が「あくび」という珍しいものであったため、興味が涌き、見学にだけ行くことにする。そんなわけで芸の先生宅へ行き、あくびの稽古は始まるのだが、一番やさしいという夏のあくびの内容というのでさえ、

お~い…船頭さん…船を上手へやっておくれ…堀へ上がって、一杯ヤッて…夜はへでも行って遊ぼうか…船もいいが、こう長く乗っていると、退屈で…退屈で…(フワァ~~)ならねぇや…

という難しそうな内容であるため、熊さんは悪戦苦闘する。その上、熊さんは、「遊郭」のくだりになると必ずと言っていいほど脱線してしまう。先生からも終いには呆れられ、心ないことまで言われ始めたため、頭に来て怒って出ていこうとするが、そこに来て八五郎が居眠りをしていることに気づく。八五郎は、半ば八つ当たり気味にたたき起こされ、「お前らは稽古してるからいいけどよぉ…見てる俺は…退屈で退屈でならねぇんだよ。」とあくびを一発…これを見ていた先生は「あら?お連れさんの方が、御器用だ…

その他[編集]

2015年8月30日放送の笑点の演芸で、林家木久扇木久蔵親子が本作のパロディの『スーパースター指南』を披露した。サゲの後で木久扇の2人の孫が登場し、『ミネソタの卵売り』を歌った。