無限回廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
無限回廊
ジャンル 錯視パズル
影絵のパズル(光と影の箱)
対応機種 PSP
PS3(序曲、光と影の箱)
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
音楽 坂本英城
人数 1人
メディア UMD(PSP)
ダウンロード(PS3)
発売日

PSP
日本の旗2008年3月19日
欧州連合の旗2008年7月4日
オーストラリアの旗2008年7月17日
序曲
日本の旗2008年3月19日
アメリカ合衆国の旗2008年5月1日
欧州連合の旗2008年7月10日

光と影の箱
日本の旗2010年12月23日
対象年齢 日本の旗CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

無限回廊』(むげんかいろう)は、PSP用のパズルゲームである。また、PS3で『無限回廊‐序曲‐』(むげんかいろう じょきょく)という基本的に同じ内容のゲームも同日に発売した。2010年12月23日にはPS3用ソフト『無限回廊 光と影の箱』(むげんかいろう ひかりとかげのはこ、PlayStation Move専用)が発売された。

概要[編集]

九州大学の学者である藤木淳が制作したフリーソフト「OLE Coordinate System(以下、OLE)」をもとに、誕生したゲームである。藤木淳はOLEを錯視をコンセプトにして制作し、これを一般の人に見てもらうためにフリーで公開していた。ゲーム発売以前に「無限回廊‐練習曲‐」という名前の体験版が公式サイトで公開され、遊ぶことができる。一般の店頭で発売されるのはPSP版のみで、PS3版はPlayStation Storeのみでの配信となる。

2008年12月11日にPSP the BESTとして低価格化された(UMD版・ダウンロード版がある)。

特徴[編集]

プレイヤーは以下の五大錯覚を利用しながらキャスト (cast) と呼ばれる、いわば動き続ける駒を誘導する。

主観的移動
つながっていない道を、ある一点でつなげる錯覚。
主観的存在
途中で途切れている道を、別の道などで隠してつなげる錯覚。
主観的不在
道の上の落とし穴などを、別の道などで隠して存在しないことにする錯覚。
主観的跳躍
ジャンプした際に同じ道に戻ったり、そのままでは届かない、別の道に移動する錯覚。
主観的着地
落下している際に、見た目上、着地できるところに着地する錯覚。

canvasではオリジナルステージを作成することが可能。ステージ作成に使用できる配置物は9種類あり、それぞれ設置可能数が異なるが、規定数以内であれば組み合わせは自由。ただし、設定したいゲームルールによっては、各ルールごとに下記のような配置物の制限がある。

  • 「solo」ルール:solo(1つ)、echo(1つ以上)、others(なし)
  • 「pair」ルール:pairA(2つ)、pairB(2つ)
  • 「other」ルール:solo(1つ)、echo(1つ以上)、others(1つ以上)

作成したステージは「box」モードの「factory」内に保存され、そこからプレイすることも、ほかの人に贈ることも可能となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]