好角家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大相撲観戦者の中には足繁く通うファンも多い

好角家(こうかくか)とは、相撲観戦が好きな人物、相撲ファン相撲通のことである。取り分け大相撲ファンを指す。「角」は、相撲の別称でもある角力(すまひ、かくりき)から来ている。

横綱審議委員会会員や大相撲関連組織の中には、好角家であり、相撲好きが高じて委員になった者もいる。例えば内館牧子やくみつる六代目澤村田之助などがそうである。また、デーモン閣下は本業に並ぶほど大相撲評論の仕事が増え、評論家解説者の地位を得るまでになった好角家である。

好角家で知られる著名人[編集]

ア行[編集]

カ行[編集]

サ行[編集]

タ行[編集]

ナ行[編集]

ハ行[編集]

マ行[編集]

ヤ行[編集]

ワ行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 六代目の贔屓力士は、相模川佶延であったと言われている。相模川の取組を見るだけで、帰った事もあったそうである。芝居の幕間などを利用して観戦していたという。栃錦清隆(後の春日野)や江戸っ子力士で有名になった、出羽錦忠雄四股蹲踞などの相撲の所作を教えたという。
  2. ^ 相撲を観戦し「相撲はバランスの奇跡である」と評したほか「力士はシスティーナ礼拝堂の天井画からまいおりた類まれなる桃色の戦士(ヘルクレス)に属する人々である」とも評した。
  3. ^ 「座談会 大横綱になれ!」、『相撲』1961年第6号、ベースボール・マガジン社、1961年、 86-91頁。
  4. ^ 30年に亙って英語訛りで「ヒョー・ショー・ジョウ(表彰状)」と呼ぶことから広く関心を持たれ、大相撲観戦のため栄転離日を固辞し続けた他、仲介役として米国巡業を成功に導いた。

関連項目[編集]