トイレットペーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トイレットペーパー
巻き取りタイプ
紙巻器に装着された状態(左)

トイレットペーパー英語: toilet paper, toilet-paper)とは、用便の際に排泄器官の汚れを清拭するために用いるをいう[* 1]。略称は「トイペ」「トレペ」など。

名称[編集]

日本語においては、用便の際の清拭用の紙を「落とし紙/落し紙おとしがみ)」[1][2]と総称するが、この語がいつ頃から用いられてきたかは不明である。ただ、落とし紙という紙そのものは古くから用いられてきた。英語由来の外来語トイレットペーパー (toilet paper, toilet-paper)」は、落とし紙の一種と見なすことができ、紙自体も語としても、近代以降のいつ頃からか用いられるようになったものである(巻き取りタイプは明治時代末期から)。また、鼻紙/花紙(鼻水を拭いたりするための紙)や落とし紙(落下式便所などで使って下に捨てる紙)を始めとする多用途の低品質紙を「塵紙/ちり紙(ちりがみ、ちりし)」という[3]ので、塵紙品質の落とし紙をその名で呼ぶことがある。加えて、円筒形の巻き取りタイプ(ロール紙タイプ)[* 2]を「トイレットロール和製英語: toilet roll)」と呼ぶこともある[* 3][* 4]。ほかにも、総称的な語として「便所紙(べんじょがみ)」があるものの、広く通用しているとは言えず、方言としての用法に限られ、昔ながらの平判タイプを円筒形・巻き取りタイプと区別する際の呼称であることも多い。

同じ漢字文化圏でも中国語では大きく異なり、排便時の清拭用紙を「簡体字:卫生纸繁体字:衞生紙)」「手纸手紙)」「厕纸厠紙)」「纸巾紙巾)」などといい (cf. wikt:zh:卫生纸wikt:en:衛生紙)、円筒形・巻き取りタイプは「厕纸卷厠紙捲)」という。

概説[編集]

トイレットペーパーの
バリエーション
巻き取り型、漂白パルプ製で、エンボス加工した製品の一例
巻き取り型、漂白パルプ製で、絵柄と香りを付けた製品の一例
巻き取り型、クラフトパルプ製の製品の一例

円筒形・巻き取りタイプには、長尺紙を重ねるか否かで区別があり、重ねない一枚ものを「シングル巻き」、二枚を重ねるものを「ダブル巻き」といい、珍しいが三枚重ねの「トリプル巻き」もある。

紙の材料とその色は国・地域や時代によって大きな違いがあり、無漂白クラフトパルプなどを材とした茶色がかった自然紙の色をしたもの、再生紙であるために再生前の印刷インクや微細な不純物が影響して灰色がかった白いもの、そして、漂白パルプを材とした真っ白なものという、3種類に大別できる。漂白パルプを使った製品では、その白さを生かして淡色系の着色の施されたものもあり、ピンク系・黄色系・緑色系・水色系などといった様々な色の製品が販売されている。

絵柄と、法人の名称やロゴタイプを始めとする、それぞれに異なる目的をもって印刷された情報を紙面に施された製品も、数が多いとは言えないまでも、商品史の黎明期から (cf. J C Gayetty N Y ) 変わらず作られ続けている。絵柄には、インダストリアルデザインに適うよう開発されたものもあれば、女性・子供など特定の消費者層に合わせて開発・販売されるものもある。クイズと解答、名言集、ジョーク集などといった濃厚な文字情報を載せた製品も、変わり種と呼べないほどに珍しいものではなくなっている。

使用感と清拭・吸収性の向上のためにエンボス加工を施した製品もある。

については、従来どおりの芯紙のある製品が一般的であるが、エコロジーの観点から芯紙を無くした製品も開発され、「芯が無い」という意味合いの「コアレス」などといった名称で流通している。芯紙のある製品の場合、材料はボール紙水解紙があるものの、圧倒的多数は昔からあるうえに安価な前者である(■右列に画像あり)。ほかにも、芯紙に香料で着香した製品もある。

下水道に流すか否か[編集]

トイレットペーパーには、下水道に流すか否かという問題がある[4][5]。トイレットペーパーが水に溶けない紙だったり、排水設備や管路の詰まりや堆積物などに深く関係して、インフラストラクチャー上の都合と流通品の品質の如何で、国家・地域によって、差異が極めて大きい。

一つに、トイレットペーパーから便器清掃用の紙製品まで流してよい例、一つに、トイレットペーパーしか流せない例、今一つに、紙類一切を流せない(ごみ箱に捨てる別の処分方法がある)例がある[6]。国・地域別での具体例を挙げるなら、中華圏中国本土香港澳門を含む〉と台湾)では、水洗式便所にトイレットペーパーを流すのは非文明的・非常識な行為とされていて[4][5]、それ以前の社会全体が貧しかった時代から使っていた新聞紙と同様、ごみ箱に捨てるのが社会良識となっている[5]。そのため、日本のように正反対の行為が社会良識として浸透している文化圏もあって、そういった地域を旅行する際には注意が必要であることを、現地メディアが紹介しているくらいである[5]。一方で、中華圏の中のトイレ先進地域(先進的な都市部)では、「抽水馬桶(水洗式便所)に紙を流してはならない」旨の注意書きが、正反対の常識を持つ日本人向けに用意されている例も、2010年代後期には見られる[4]ようである。中国本土や台湾でトイレットペーパーなどを下水道に流してはならない理由は、なんと言っても下水道インフラが未発達で[4]管路が細く詰まりやすい[5]ことにあり、しかし2つ目には紙質が“良すぎて”溶けにくいことも挙げている[5]ことがある(※もっとも、日本のものは紙質が悪いせいで溶けやすいわけではなく、品質向上を追求した結果、速やかに溶けて流れる商品が開発されてきたというのが事実であり、水解紙などは目下その最たるものである)。

歴史[編集]

平らな裁断紙のトイレットペーパー/"Le Troubadour (ル・トゥルバドゥール)" という銘柄のパッケージに収められている、1960年代フランス製品。

普及前は、富める人は羊毛レースを用い、その他は直接手を用いるか、木の葉、干し草トウモロコシの皮、かんなくず)、貝殻、ぼろ布や、付近にヤツデを植栽して葉を用いるなどしていた。古代エトルリアの便所(公共水洗便所を含む)では、使い捨てにしない用具として天然のスポンジである海綿が使われており、この習慣は古代ローマにも継承された。日本では、使い捨てにしない用具として、貝殻や籌木(しゃがんで排便する際に姿勢を維持するために用いる木片で、体などに便が付着した際は掻き落とすのにも用いる)が長いあいだ使われ続けた。

帝政ロシアでは、皇帝専用紙に皇帝の印が家臣によってなされた。イングランド王ヘンリー8世の宮廷では、王族の用便後に素手で清拭する便所担当には特に信頼された廷臣が選ばれ、王と個別に相対する好機として影響力を期待し望む者も多かった。日本でも、江戸時代大奥に似たような慣習があり、大奥女中に拭わせる仕来りにどうしても馴染めない御台所が自ら拭うということもあったという。

何が?14世紀皇帝専用に中国で最初に生産された。

1857年12月8日には、アメリカ合衆国実業家ジョセフ・ガイエティー英語版[7]、"J C Gayetty N Y (J・C・ガイエティー・ニューヨーク)" の名を透かし印刷で紙面に載せた巻き取り型のトイレットペーパーを[7]医療用製品として生産し始め[8]、これがトイレットペーパーとして世界初の工業製品であった[7]

日本では、明治中期頃より、古紙が原料の塵紙パルプが原料の落とし紙や京花紙などが主に用いられていた[要出典]。また、明治時代末からは巻き取り型のトイレットペーパーも使われ始めたが、当時は舶来品が占めていた[9]。それでも、そういった変化は都市部での話で、農村部では、大正時代の頃まで木の葉やのほか、古来の籌木が用いられ続けていた[2]。日本国内で最も早い時期に巻き取り型のトイレットペーパーを発売した企業は、紙の博物館によれば、記録の残る限りで、神戸市内にあった貿易商の島村商会(嶋村商會)であるという[9]1924年(大正13年)、島村商会は高知県の工場に原紙の製造を依頼し、同商会がトイレットペーパーに仕上げた上で外国汽船などに納入していた[9]。上下水道整備の進捗に伴い、1955年昭和30年)前後から便所の様式が「汲み取り式」から「水洗式」へ「和式便器」から「洋式便器」へ変化し、合わせて巻き取り型のトイレットペーパーの生産量も増加した。使用量は[いつ?]日本人一人あたり年間およそ8キログラムと推算[10]されるほど生活必需品で、非常時に備えて平時の備蓄が望まれる。

設置[編集]

紙巻器[編集]

壁でなくドアに設置

専用什器の紙巻器などで設置する。

2個横向きに並列配置した2連紙巻器は紙切れの不便解消[11]などに配慮した商品で、公共施設などで設置が見られる縦に2巻配する什器は使用済み芯紙を取り除いて新たな1巻を使用する。

三角折り[編集]

三角折り、2個配置

巻き始めの先端を三角形に折る事例は、日本では三角折りと俗称する者も見られ、アメリカの消防署で緊急出動受令時に用便中でも迅速な対応を目した「ファイヤーホールド」に由来[* 5]するなど様々語られており、ホテル、劇場、店舗など公共の場所で散見[* 6]される。

自動販売機[編集]

日本では、鉄道駅のトイレ入り口などを中心に自動販売機が設置されている場合があるが減少傾向にある[12]

規格[編集]

便器の水溜りに滞留するトイレットペーパー
水解紙製のトイレットペーパーの芯

巻き取り型のトイレットペーパーは、通常は便所個室内で専用什器に装着して使用するため規格化が必要であるが、国情によりロール径や幅が若干異なる。また、トイレ、排水設備、管路等の詰まりや堆積物等の問題を回避するために、ほぐれやすさ(分解性)まで規格化されている国・地域もある[6]

JIS[編集]

日本では、紙パックなどさまざまな再生パルプを多く用いて、およそ4割が静岡県で製造され、「ティシュペーパー及びトイレットペーパー」として家庭用品品質表示法の適用対象で雑貨工業品品質表示規程[13]に、品質や寸法などは日本工業規格[* 7]に定めがある。

市販品は、日本工業規格(JIS規格)で1巻27.5、32.5、55、65、75、100メートル、許容差+3と公定されているが、量販品は60メートル巻きが多い。

公共用途の業務用は一巻あたり150から210、最大500メートルと高頻度需要に適応しているが、1巻重量は最大1~2キログラムで軸が鉛直方向の専用大型什器に装着する交換頻度低減を目する製品である。

また、日本では1993年(平成5年)からJISにトイレットペーパーのほぐれやすさ試験(分解性試験)が付加された[6]

ISOでの規格化の動き[編集]

カナダでは、トイレクリーナーなどトイレに流せると表示された紙製品等によって、トイレ、排水設備、管路での詰まりや、堆積物、スクリーンかす、汚泥の処理費が増大した[6]。そのため、2014年1月、カナダは ISO/TC224(上下水道サービス運営規格検討委員会)に対して「トイレに流せる製品」 の規格化を提案した[6]

ドイツは、水洗便所にトイレットペーパー以外を流してはならないとしており、ISOでの規格化に反対している[6]。また、日本では、日本下水道協会が ISO原案のほぐれやすさ試験(分解性試験)の基準が日本工業規格 (JIS P4501)より著しく緩くなっている点について問題を指摘している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 他の辞典類での定義として、『大辞泉』第2版では、便所用の紙。
  2. ^ 商品になった紙の形態には、平判(ひらばん)と巻取り/巻き取り(まきとり)がある。ロール紙(ロールし)は後者の一種で、巻き取りタイプのトイレットペーパーは、「トイレットペーパー・ロール」というのが最も正確な言い回しといえる。出典はコトバンクの「平判」「巻取り」
  3. ^ 辞典類では、通用語としては掲載未確認(2018年時点)。
  4. ^ 英語イギリス英語)でもこの語はあるが、「トイレットペーパーの一巻き」を意味する。日本語「トイレットロール」に相当する英語としては "toilet-paper roll" がある。
  5. ^ 1870年代にはトイレットペーパーが普及していたアメリカの消防署で、用便中の緊急出動受令時の迅速対応を目して考案された。出典は、伊予消防等事務組合消防本部(公式ウェブサイト、アーカイブ版)。
  6. ^ 日本では1900年代半ばに帝国ホテルで「清掃は完了している」旨の従業員同士の伝達手段として用い始め、客室で紙巻器上部の「清掃済み」ラベルと併せ見た利用客らが自宅などで用い、それら居宅の訪問客が帰宅後に模倣して拡散しているとする解釈も見られる[要出典]
  7. ^ 日本工業規格 (JIS P4501)

出典[編集]

  1. ^ 落とし紙・落し紙”. 大辞林』第3版. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。
  2. ^ a b 落(と)し紙”. 『デジタル大辞泉』、『世界大百科事典. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。
  3. ^ 塵紙”. 『デジタル大辞泉』、『大辞林』第3版. コトバンク. 2018年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 中島恵(フリージャーナリスト) (2016年4月20日). “〈地獄は解消されるか? 中国・トイレ大革命のビフォー&アフター〉実写版「ニーハオトイレの現在・過去・未来」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). http://sp.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160418-OYT8T50072.html?page_no=4 2018年6月12日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 村山健二 (2018年6月11日). “日本と中国で「使用済みのトイレットペーパー」の捨て方が違う理由=中国メディア”. サーチナ (SBIサーチナ). http://news.searchina.net/id/1661003?page=1 2018年6月12日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g 「トイレに流せる製品」ISO 規格化について”. 日本下水道事業団. 2018年2月26日閲覧。
  7. ^ a b c Robert Hendrickson (2000). The Facts on File Dictionary of American Regionalisms. Infobase Publishing. pp. 679–. ISBN 978-1-4381-2992-1. https://books.google.com/books?id=yXY0yQnvmmUC&pg=PA679. 
  8. ^ Cowboy Bob (2013). Gayetty's Medicated Paper. Cowboy Bob's Dictionary. http://www.lemen.com/imageGayetty1.html. 
  9. ^ a b c “神戸産のトイレ紙、日本最古か 京都の男性が入手”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2016年12月3日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009719366.shtml 2018年6月12日閲覧。 
  10. ^ トイレットペーパーの気になる!?消費量報告 エスエス産業 アーカイブ版 2018年7月22日閲覧。
  11. ^ ティドビット〜水まわりのまめ知識〜”. TOTO. 2013年5月25日閲覧。
  12. ^ “消えゆく駅のちり紙自販機 もはや「絶滅危惧種」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2016年12月28日). http://www.j-cast.com/2016/12/28287117.html 2016年12月28日閲覧。 
  13. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]