鼻水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鼻水(はなみず)はから出る流動性あるいは半流動性の液体鼻汁(はなじる、びじゅう)・(はな)ともいう。鼻水から水分が抜け固体となったものを鼻糞(はなくそ)という。

鼻水は、鼻腔内の鼻腺杯細胞などから分泌された粘液、および血管からの浸出液などの混合物である。鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、気道の粘膜を病原菌から保護するために常に分泌されているが、通常は無意識のうちに飲み込んでいる。

しかし風邪をひいた、花粉症にかかった場合などには、鼻やに付着した病原菌や花粉を殺菌し洗い流すために大量の鼻水が分泌され、鼻からあふれ出ることになる。

また、最近では少なくなったが、蛋白質の摂取が不足すると緑色の鼻水が大量に分泌され、俗に「青っ洟」(あおっぱな)と呼ばれる。1960年代頃までの日本では食肉の消費量が少ないこともあって、成長期の子供は蛋白質が不足する事が少なくなく、「青っ洟」を垂らしている子も普通に見られたが、現代ではまず見られない。

鼻水をすするととなって喉から出てくることがある。これは鼻とが気道によって繋がっているためである。

なお激しく泣いたときなどに出る鼻水は、が鼻涙管を経て鼻に流れ込んだものである。

鼻水に鼻息が混じり膨らんだモノを鼻提灯(はなちょうちん)と言う。アニメ漫画においては眠っている様子を表現するために用いられることがある。

俳句においては冬の季語になっている[1]

鼻水の出し方[編集]

鼻水を意図的に排出することを「洟(はな)を擤(か)む」または「鼻水を擤(か)む」と表現する。 片方の鼻の穴をおさえ、もう一方の鼻から息を強く出して鼻水をティッシュペーパーハンカチなどに押し出す方法がよく用いられる。 因みにティッシュペーパーなどで受けずに手で片方の鼻を抑えて鼻水を外部に排出することを「手鼻を擤(か)む」という。

詳しくは擤鼻を参照。

鼻腔内に鼻水が存在している時にくしゃみをすると勢いで鼻水が排出される事が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば「水洟(みづばな)や鼻の先だけ暮れ残る」(芥川龍之介)などの作品があるが俳句では自嘲やユーモアが表現されることが多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]