ヤツデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤツデ
Fatsia japonica
Fatsia japonica
(2007年11月15日、スペイン
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類II euasterids II
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
亜科 : Aralioideae
: ヤツデ属 Fatsia
: ヤツデ F. japonica
学名
Fatsia japonica
(Thunb.) Decne. et Planch.[1]
英名
Japanese Aralia
変種品種栽培品種[2]
  • リュウキュウヤツデ F. j. var. liukiuensis
  • ヤグルマヤツデ F. j. f. lobulata
  • フクリンヤツデ F. j. 'Albo-marginata'
  • キモンヤツデ F. j. 'Aureo-variegata'
  • チヂミバヤツデ F. j. 'Undulata'
  • シロブチヤツデ F. j. 'Variegata'

ヤツデ(八手、学名: Fatsia japonica)は、ウコギ科ヤツデ属常緑低木が大型で独特の形をしているのでよく目立ち、見分けやすい。

名称[編集]

和名ヤツデは、葉は掌状に深い切れ込みがあることに由来し、葉は実際には8つに切れ込んで9枚に裂けているものが多いが、「八手」の八は数が多いという意味がある[3]。ヤツデの別名(地方名)はテングノハウチワ(天狗の羽団扇)である[4][注釈 1]

学名のFatsia日本語の「」(古い発音で「ふぁち」、「ふぁつ」)または「八手(はっしゅ)」に由来し、これが転訛したものだといわれている[5]

ヤツデの花言葉には、「分別」[3]「親しみ」[3]「健康」[3]などがある。

分布・生育地[編集]

関東地方南部以西の本州四国九州沖縄に分布する[6]。主に暖地の海岸近くの山林などに自生する[6][7]。日陰に強く、日当たりの悪い森林のなかにもよく自生しているのが見られる[6]

形態・生態[編集]

常緑の低木で、高さは2 - 5メートルほどになり、多くは株立ちする[5]。茎は数本集まって出て、ほぼ単一に伸びる[7]。20センチメートル以上もある大きなに、長い葉柄をつけて互生、あるいは輪生する[5][3]。葉は表面につやがあり、下面はやや白っぽくて若いときには茶褐色の軟毛があり、やや厚手[8]。形は文字通り状だが、若葉のときは卵形をしていて、次に3裂して、次第に数を増して7、9、11の奇数に深く裂ける[5][9]。ヤツデの名のように、8裂はしない[5]。葉の先端は尖り、葉縁はわずかにギザギザがある[5]。2年たつと柄ごと落葉し[7]、葉跡はくっきりした半月型でかなり目立つ[5]

花期は晩秋(10 - 12月)で、茎の先に球状の散形花序がさらに集まって大きな円錐花序をつくる[6]は直径5ミリメートルほどの5弁花で白く、両性花または、雄花と雌花があり、枝先の先に丸まってつく[7][10][3]。雄しべは5本、雌しべ(花柱)も5本あり[3]花びらは小さくて反り返っており[7]花茎を含めて黄白色でよく目立つ。他の花が少ない時期に咲くため、気温が高い日はミツバチハナアブハエなどの昆虫が多く訪れ、蜜を供給して受精を確実にしている[3]。果期は翌年の4 - 5月で[3]果実は直径3ミリメートルほどの球状で、翌春に黒く熟す[6][10]

花が終わると、それまでの主軸であった花茎が倒れて、わきから新芽が出て成長し、やがて新しい主軸になっていく[3]。これは、大きな花茎を残しておくと、まっすぐに上に伸びることができないためである[3]

人間との関わり[編集]

庭木としても利用される

丈夫なので庭木としてもよく植えられる。古人は魔除けの意味で庭に植えていたともいわれている[3]

葉を乾燥させたものは「八角金盤」と呼ばれる生薬になり、去痰などの薬として用いられる[3]。しかし、葉などにはヤツデサポニンという物質が含まれ、過剰摂取すると下痢嘔吐溶血を起こす。

また、葉を刻んで浴湯料として風呂に入れると、リウマチに効果があるとされる[3]

昔は用の殺虫剤として用いていたこともある。古い鉄道駅の一角に栽培されていることが多いが、これはかつて汲み取り便所の蛆殺しにその葉を使っていたためである。

栽培品種・変種[編集]

ヤツデには変種や栽培品種があり、葉に白い斑が入ったフクリンヤツデ(覆輪八手)、葉縁が白いシロフヤツデ(白斑八手)、黄色い斑があるキモンヤツデ(黄紋八手)、波打った葉縁が特徴のチジミバヤツデ(縮葉八手)、葉の裂片がねじれているヤグルマヤツデ(矢車八手)などがある[11]。これらの変種は庭木として珍重され、原因は主にウイルスによるものだとされている[11]

ヤツデ属[編集]

ヤツデ属(ヤツデぞく、学名: Fatsia)は、ウコギ科の一つ。

また、ヤツデとセイヨウキヅタとの属間雑種ツタヤツデ(ファツヘデラ) X Fatshedera lizei は、観葉植物として栽培される。

なお、外見的に似ているが縁の遠いものにカミヤツデ Tetrapanax papyrifer(カミヤツデ属)、よく似た葉をつける草本クサヤツデ Ainsliaea unifloraキク科モミジハグマ属)など、「ヤツデ」の名を持つものは他にも多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ハリギリの別名も、「天狗の羽団扇」とよばれている[3]

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Fatsia japonica (Thunb.) Decne. et Planch.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年11月5日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 田中潔 2011, p. 72.
  4. ^ 林将之 2011, p. 83.
  5. ^ a b c d e f g 辻井達一 2006, p. 146.
  6. ^ a b c d e 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 145.
  7. ^ a b c d e 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 237.
  8. ^ 辻井達一 2007, p. 146.
  9. ^ 林将之 2008, p. 113.
  10. ^ a b 辻井達一 2006, p. 148.
  11. ^ a b 辻井達一 2006, pp. 148–149.

参考文献[編集]

  • 田中潔『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、72頁。ISBN 978-4-07-278497-6
  • 西田尚道監修 学習研究社編『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂ベストフィールド図鑑 5〉、2000年4月7日、237頁。ISBN 978-4-05-403844-8
  • 林将之『葉っぱで調べる身近な樹木図鑑』主婦の友社、2008年2月29日、113頁。ISBN 978-4-07-258098-1
  • 林将之『葉っぱで気になる木がわかる:Q&Aで見わける350種 樹木鑑定』廣済堂あかつき、2011年6月1日、83頁。ISBN 978-4-331-51543-3
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、145頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 辻井達一『続・日本の樹木』中央公論新社〈中公新書〉、2006年2月25日、146 - 149頁。ISBN 4-12-101834-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]