安部紀克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安部あべ 紀克よしかつ
本名 同じ
生年月日 (1992-06-12) 1992年6月12日(30歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
血液型 A型
身長 169cm
方言 共通語
最終学歴 東京アナウンス学院
コンビ名 すとろんぐカラ〜(2012年 - 2016年)
納言(2017年 - )
相方 富田瑞基(すとろんぐカラ〜)
薄幸(納言)
芸風 漫才(ツッコミ)、コント(ボケ)
立ち位置
事務所 太田プロダクション
活動時期 2013年 -
同期 ゆりやんレトリィバァ
レインボー
からし蓮根 など
テンプレートを表示

安部 紀克(あべ よしかつ、1992年〈平成4年〉6月12日 - )は、日本お笑い芸人。お笑いコンビ納言のツッコミ担当(コントではボケ担当)、立ち位置は向かって左。

来歴[編集]

人物[編集]

  • 埼玉県川口市出身[1]。身長169cm、血液型A型[1]。趣味はウインドウショッピング[1]
  • 芸人を目指したきっかけはM-1グランプリ2008で敗者復活から準優勝したオードリーに憧れたこと[4]
  • 童貞[5]。デートやキスの経験もなく、相方を性的な目で見たこともない。初体験の理想は処女で痴女[6]
  • 自分のアピールポイントについて「悪いことがあっても、全く引きずらないところ」と話していたことがあるが、それに対し薄に「仕事で大失敗しても、ご機嫌なのが本当にむかつく」と言われたことがある[7]
  • 薄に比べ「特徴がない」「じゃない方」と言われることが多い。しかし、本人は「じゃない方」扱いに対して何の不満も持っていない[8]
  • 街中で気づかれる、声をかけられるといった経験が一度もない。本人曰く、眼鏡がないから気づかれない。(普段は眼鏡をかけていない)[8]
  • 内村さまぁ〜ず THE SECOND」に出演した際、内村光良さまぁ〜ずから「一発で嫌われる素質がある」「売れる可能性のあるイライラ感」と言われた[8]
  • 薄にコンビ結成を持ちかけた際に1度断られたが、それでも諦めずLINEで薄と組んだ体でのネタを8本送った。その結果、薄から「とりあえず、お試しで」と言われ結成[8]
  • 薄曰く、コンビ結成前の安部の印象は「何を考えているんだかわからない奴」だった[8]
  • 初恋の相手は元AKB48小嶋陽菜で、小嶋について「めちゃめちゃきれいでかわいい。歌もうまいし、ダンスも味があるというか…。一言では語れないですけど10代の全て」と語っている。高校時代は週5でアルバイトをして金を稼ぎ、小嶋のポスターやグッズに総額100万円ほどつぎ込んだ[9]
  • 結成当初はネタを全て作っていた[4]

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ のちに「ヤマダイラー」を組んだ大野啓太(大野アドゥドゥドゥ)と、のちに「ペッパーボーイズ」を組んだ前田かずな(前田かずのしん)と石本昇輝(石本しょーき)によるトリオ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 納言 | 太田プロダクション”. 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ すとろんぐカラ~ | コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年4月30日閲覧。
  3. ^ “納言・安部、自費出版で写真集 タイトルは「期待値」 制作費は50万円”. デイリースポーツ. (2021年8月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/08/30/0014636366.shtml 2021年9月21日閲覧。 
  4. ^ a b 日経エンタテインメント! 2020年2月号「ばらえてぃびと」p.94
  5. ^ 鈴木, 工 (2019年9月16日). “寝る前に発泡酒ロングで10本やっつける――やさぐれキャラでブレイク直前・納言の“狙わない”戦略”. 日刊サイゾー: p. 2. オリジナルの2020年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201006000933/https://www.cyzo.com/2019/09/post_216486_entry_2.html 2021年7月9日閲覧。 
  6. ^ 今思えばやらなきゃよかった...劇団ひとりが中谷美紀とのキスシーン裏話を告白:ゴッドタン”. テレビ東京 (2019年11月11日). 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ 納言・薄幸、相方にイライラ「仕事で大失敗しても、ご機嫌で楽屋に…」<Interview>”. ザテレビジョン (2020年2月2日). 2020年2月3日閲覧。
  8. ^ a b c d e 納言・薄幸が明かす 相方・安部紀克は“じゃない方”になんの不満も持たない真の“じゃない方”芸人”. クイック・ジャパン (2021年3月29日). 2021年9月24日閲覧。
  9. ^ 「納言」安部紀克、初恋相手は元AKB小嶋陽菜 高校時代に総額「100万円」つぎ込んだ”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2020年9月8日). 2021年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]