ハナイチゴ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハナイチゴ
HANAICHIGO
左から、小松崎、関谷(2016年)
メンバー 関谷友美
コンプライアンス小松崎
結成年 2015年
事務所 太田プロダクション
活動時期 2015年9月[1] -
旧コンビ名 花いちご
現在の活動状況 テレビ・ライブ など
芸種 漫才
現在の代表番組 なし
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ハナイチゴは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ

メンバー[編集]

  • 関谷友美(せきや ともみ、 (1983-11-22) 1983年11月22日(35歳) - )
ボケ担当。立ち位置は左[1]
コブラナッツ時代は『コブラ関谷』の芸名もあった。
埼玉県坂戸市出身[2]。身長155cm、血液型はO型[1]
東京国際大学卒業[3]
環境社会検定(eco検定)の資格を持っている[1]2018年2月から半年間介護の資格学校に通い、同年8月に修了試験に合格し介護の資格を取得[4]。これを活かして介護デイサービスのアルバイトをしている[5]。2018年に入ってから婚活など出会いを求めに動いている[5]
特技はチアリーディング(学生時代はチアリーディング部[2])、ローラースケート。ローラースケートは、東京都練馬区の大会で2位になった実力を持っている[6]
2006年9月までチェリー伊倉とのお笑いコンビ「ヤングミセス」のボケ担当。ヤングミセス解散後、一時期「チューバッカー」という男女コンビで活動[7]
2007年7月にわた・ナッツとのコンビ『コブラナッツ』結成。コブラナッツは2011年8月に一度解散し[8]、その後二人ともピン芸人として活動していたが、1年後の2012年8月に同じくコブラナッツとして再結成[9]2015年5月6日、ライブ『ババア流星群!』(新宿バッシュ)の出演を以って、コブラナッツ解散[10][11]
2004年に吉本女子プロレスで、練習生としてプロレスをやっていたことがあり[7][1]、以前はそのプロレスをネタにした芸を披露していた。
芸能人女子フットサルチーム「YOTSUYA CLOVERS」に所属していたが、2006年12月29日のファンイベントをもって退団した。
ピン芸人して活動していた一時期には、チアリーダー、“アイドル芸人”などのキャラクターでの一人コントを演じていた。
海外旅行ディズニーランド[1]羽根モノパチンコ好き[2]競艇ファン[12]
伊藤みどりのファンになって以来、フィギュアスケートのファンであり[12]、ブログのタイトルもそれに合わせたものになっている。
プロ野球ヤクルトファン[13]
女性用風俗店を好み[14]、東京周辺のに飽き足らず、北海道の風俗店にまで足を延ばしたほどである[15]
吉本新喜劇の座員、レイチェルは同じ高校の同級生[16]
2013年当時は白幡いちほ[17]、2015年当時は同じ事務所の後輩芸人の薄幸と、それぞれ同居していた[18]
芸人女子野球部『ミラクルキッシーズ』を発足させ、活動している[19]。野球を知らなかったところから野球好きになり、マキタ学級野球チームに入ってプレー。そこで芸人女子だけでのチームを作りたいと思い立ち、チームの結成に至った[20][21]
  • コンプライアンス小松崎(コンプライアンスこまつざき、 (1986-02-14) 1986年2月14日(33歳) - )
本名:小松崎 和也(こまつざき かずや)
身長170cm、血液型はO型[1]
ツッコミ担当。立ち位置は右[1]
千葉県出身[1]
千葉県立千葉南高等学校日本大学法学部卒業。大学生時代は 日本大学経商法落語研究会に所属[22]
ヒューマンアカデミー渋谷校にて、お笑い芸人養成講座を受講[23]
2006年4月イノシマ全治6ヶ月とのコンビ「でこぼこビート」としてデビュー、サンミュージック所属となる。2007年2月解散
2007年5月、朝倉隼人とのコンビ『朝倉小松崎』結成(この当時サンミュージックプロダクションに所属)。M-1グランプリでは、2007年2008年と3回戦まで進出。2009年は初の準決勝進出を果たした。2010年M-1グランプリは三回戦敗退。
朝倉小松崎は、2011年5月末、朝倉の休業により活動休止。同時に事務所も退社[24]。同年8月末、小松崎のTwitter上で解散を発表[25]。なお、朝倉小松崎は2015年歌ネタ王決定戦出場のためだけに一度だけ再結成、準決勝進出[26]
朝倉小松崎解散の後、元リアルパンプキンの本間照と共に2012年9月「ハッピーパンプキン」を結成。この時はワタナベエンターテインメント所属。2015年11月ハッピーパンプキン解散。
妹がいる[6]
不動産でアルバイトしていた時に、宅地建物取引士の資格を取得[27]
養成所の時は「弾丸ライナー」というコンビを三ヶ月組んでおり、ボケ担当であった。この他「しっぷうどとう」というコンビも組んでいた。
過去R-1ぐらんぷりで二回戦まで進出したことがある。
ツイッターでライブ終わりに必ず芸人あるあるを書いている[28]。クオリティ高いのから素人レベルまであり一定のレベルを安定しない。
芸人として交友関係が多いのでよくライブ終わりで飲みに行く。仲のいい先輩には銀河の夜小沢、後輩にはスーパーニュウニュウの大将(いずれも小松崎の卒業したヒューマンアカデミー出身の同士)らがいる[29]
ピンでの主なネタは、スラムダンク桃太郎、インディーズお笑いニュースなどがある。
趣味はバドミントン。高校三年間バドミントンをしており、バドミントンで関東大会に出場したこともあった[6]。学生時代、走幅跳も学年で1位だったこともあり、周りにジャンプ力がすごかったと良く言われたこともあった。この他、棒高跳の運動歴もある[6]
お好み焼き検定初級、日本ビール検定5級、バーベキュー検定初級、ふしぎの国のアリス検定「白うさぎ級」のそれぞれの資格を持つ[1]
キュウリが食べられない。
憧れていた芸人はザ・ドリフターズ志村けんチャールズ・チャップリン[6]
かつて本名で活動していたが、2016年12月25日深夜放送の『冗談手帖』(BSフジ)に出演した際、同番組MC鈴木おさむに改名を勧められ、結果「コンプライアンス小松崎」に改名した[30]
地下芸人の知り合いがたくさんいる。
2018年に行政書士試験に合格。2018年6月に行政書士コンプライアンス小松﨑事務所開業[31]

略歴[編集]

2015年中にコブラナッツ、ハッピーパンプキンのそれぞれのコンビが解散後、関谷、小松崎ともそれぞれピンで活動しながら相方を捜していたが、2015年9月に「花いちご」としてコンビ結成。同時に関谷の個人名も「関谷あるみ」に改名。小松崎は関谷に合流する形で太田プロダクション所属となる[32]。なお、花いちごの名付け親は同じ太田プロに所属する芸人のホシノユキ[33]。その由来は、関谷の鼻の毛穴が大きく空いた状態で、イチゴのような形の「いちご鼻」だからということからである[34][注 1]。ただ、画数が良くないとのことで事務所のマネージャーにすすめられ、コンビ名は片仮名書きの「ハナイチゴ」に変更、関谷の芸名も本名の「関谷友美」に戻した。[35]

ハナイチゴとして初出場した2016年のM-1グランプリでは、3回戦まで進出し注目も集めた[36]

芸風[編集]

ネタは主に漫才。自分たちと同じ芸人を斬るという内容が多く、これらのネタは“毒舌漫才”とも言われている[37]。最後は小松崎に「謝れ」と促されて関谷が「はいソーリーソーリー」と言い、小松崎が「クソが!」と吐いて締めている。

一方で、正統派漫才をやることを望んでいる小松崎は「今のネタは嫌い」とも話している[37]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

WEBテレビ[編集]

ライブ[編集]

  • 小出お笑いサークル(レギュラー出演)[43]

関谷のコブラナッツ時代の出演についてはコブラナッツ#出演の、小松崎の朝倉小松崎時代の出演については朝倉小松崎#出演番組のそれぞれの節を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 関谷が中学生時代、世間で小鼻の角栓取りが流行っていたということからそれにハマり、毛穴から何かものが出てくる感じや角栓を取った後の毛穴のスッキリ感などを良く感じて角栓を取りまくった結果、現在こうなったのだという。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照
  2. ^ a b c 関谷(ハナイチゴ)twitter 自己紹介(2017年6月3日閲覧)
  3. ^ 関谷(ハナイチゴ)twitter 2018年1月1日
  4. ^ 資格取ったぞー!!!”. ハナイチゴ・関谷友美オフィシャルブログ (2018年8月24日). 2018年8月31日閲覧。
  5. ^ a b 婚活を続ける芸人・ハナイチゴ関谷友美、介護関連の資格を取得「簡単に取れるってナメてました」”. アメーバニュース (2018年8月25日). 2018年11月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e お笑いポポロ』(麻布台出版社)2009年5月号 p.104-105 より
  7. ^ a b 芸人名鑑「コブラナッツ」
  8. ^ [1]より。
  9. ^ 関谷友美のきらきらブログ 2012年8月21日更新より。
  10. ^ 延長入りま〜す!!”. コブラナッツ・コブラ関谷のブログ『クールダウンなんて許さない!』 (2015年4月9日). 2015年9月28日閲覧。
  11. ^ 応援ありがとうございました!!”. コブラナッツ・コブラ関谷のブログ『クールダウンなんて許さない!』 (2015年5月20日). 2015年9月28日閲覧。
  12. ^ a b ハナイチゴ 関谷友美 プロフィール(Ameba)(2017年6月1日閲覧)より。
  13. ^ ヤクルト応援記☆”. スケート大好き芸人 コブラナッツ関谷のブログ☆ (2012年10月8日). 2013年11月30日閲覧。ライブ予定&ヤクルトファン感謝DAY”. スケート大好き芸人 コブラナッツ関谷のブログ☆ (2013年11月29日). 2013年11月30日閲覧。など。
  14. ^ 有吉弘行「歌舞伎町の風俗マスター」だったが、意外性がなく話題にならず”. niftyニュース (2018年4月24日). 2018年8月2日閲覧。
  15. ^ 2018年6月14日 関谷(ハナイチゴ)twitter2018年6月14日
  16. ^ 関谷あるみ(花いちご)twitter(2015年10月12日)
  17. ^ 母校”. 白幡いちほオフィシャルブログ (2013年2月17日). 2016年11月1日閲覧。
  18. ^ 関谷(花いちご)twitter 2015年1月30日(2016年11月1日閲覧)
  19. ^ ブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」での自己紹介より。
  20. ^ 女子野球をやってみたい!”. ブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。
  21. ^ なお、このチームの参加メンバーは、ロリィタ族。橋爪ヨウコこじらせハスキー)、このみ、みなっち(元つーから)、桜花、さち(かぎしっぽ)、マジコーラル奈子、がーひー、常笑気流、まるゆか(ユメマナコ)、フラポテおおた(ジョリー惑星)など いざ練習初日!”. ブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2013年6月23日). 2015年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月23日閲覧。
  22. ^ 経商法落研 お笑い芸人OBらも出演 新入生歓迎ライブ”. nu press e-NEWS. 2015年9月29日閲覧。
  23. ^ 2006年4月30日 ついに出た!脅威の結果発表 事務所交渉権75%!”. ヒューマンアカデミー (2006年4月30日). 2015年9月29日閲覧。
  24. ^ 公式ブログ 2011年6月3日
  25. ^ 小松崎のTwitter
  26. ^ 「歌ネタ王決定戦2015」75組が準決勝進出”. お笑いナタリー (2015年7月10日). 2015年9月28日閲覧。
  27. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)twitter 自己紹介より。
  28. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)twitter 2011年1月20日(2016年12月26日閲覧)
  29. ^ おざおざtwitter 2016年12月8日 (2016年12月26日閲覧)
  30. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)twitter 2016年12月25日(2016年12月26日閲覧)
  31. ^ コンプライアンス小松崎(ハナイチゴ)@行政書士芸人 twitter 自己紹介(2018年8月2日閲覧)より。
  32. ^ ※ご報告※”. 関谷あるみブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2015年9月19日). 2015年9月28日閲覧。
  33. ^ ※ご報告※”. 関谷ブログ「学生時代帰宅部だったけど、芸人女子野球チームはじめました!」 (2015年9月19日). 2015年9月28日閲覧。
  34. ^ 婚活力アップ!!〜開き毛穴撲滅作戦〜”. 関谷友美オフィシャルブログ「サブマリンに憧れて」 (2018年4月26日). 2018年4月29日閲覧。
  35. ^ 関谷(ハナイチゴ)twitter 2016年11月21日(2016年11月23日閲覧)
  36. ^ 男女コンビの新星・ハナイチゴが「冗談手帖」登場、小松崎に改名案”. お笑いナタリー (2016年12月24日). 2016年12月31日閲覧。
  37. ^ a b 第11話 ハナイチゴ”. 冗談手帖. BSフジ (2016年12月25日). 2016年12月31日閲覧。
  38. ^ 関谷あるみ(花いちご)twitter(2015年10月26日)
  39. ^ RCCカンムリ!!そして鑑賞会!”. 花いちご・関谷のブログ (2016年9月24日). 2016年10月9日閲覧。
  40. ^ テリーさんとロケ!!”. ハナイチゴ・関谷友美オフィシャルブログ (2018年6月19日). 2018年7月16日閲覧。
  41. ^ Inc., Natasha,. “「有田ジェネレーション」桐野安生、ハナイチゴやエスファイブと再試合 - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年9月13日閲覧。
  42. ^ じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜 2018年8月10日放送回”. gooテレビ (2018年8月10日). 2018年8月12日閲覧。
  43. ^ 関谷(ハナイチゴ)twitter 2016年12月8日(2016年12月31日閲覧)

外部リンク[編集]