王道バラエティ つかみはOK!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王道バラエティ つかみはOK!
ジャンル バラエティ番組
演出 園田憲
合田隆信
荒井光明
出演者 ダチョウ倶楽部
久本雅美
清水アキラ
堺正章
瀬戸朝香
ナレーター 中江真司
エンディングあの時君は若かった
製作
プロデューサー 桂邦彦
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年10月13日 - 1994年3月9日
放送時間 水曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
テンプレートを表示

王道バラエティ つかみはOK!』(おうどうバラエティ つかみはオッケー)は、1993年10月13日から1994年3月9日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週水曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

初回では肥後の愛車、ビュイック・パークアベニューが爆破された(写真は同型車)

ダチョウ倶楽部がメインを務めていた番組で、彼らによるつかみ芸やパロディコントなどギャグ連発の内容だった。放送第1回では、リーダー・肥後克広の当時の愛車(ビュイック)を爆破した。

前期には、『西遊記』のパロディコントコーナー「西ブー記」をメインにしていた。このコントには瀬戸朝香が参加していた。他にも『美少女戦士セーラームーン』のパロディ「美少女戦士セーラームラムラムーン」や、同じくTBS製作のテレビドラマ『RUN』のパロディ「RAN」があった。後期には「身代わり星人マゾラー」という、上島竜兵のリアクション芸をフィーチャーしたコーナーもあった。

その他の企画として、

  • イラク人とのPK対決
  • 当時台湾にいた、ダチョウ倶楽部そっくりのキャラクター「アヒル倶楽部」との対決企画
  • 暴走族に喧嘩を売る企画
  • 安岡力也にシバかれるドッキリ企画
  • ダチョウ倶楽部と一般参加チームが、当時流行していた3on3バスケットボールで対戦する企画 - ダチョウ倶楽部に勝った一般参加チームには賞金を出していた。ダチョウチームは連戦連敗で、メンバーが仲間割れをしていた。
  • ザ・ベストテンのパロディにて、ダチョウ倶楽部がDREAMS COME TRUEのものまねを披露 - 上島による吉田美和のものまねが大顰蹙を買い、抗議が殺到した。
  • かつてTBSが製作していた『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』のセットを流用した企画 - 両番組ともに担当プロデューサーが桂邦彦だったことから実現。
  • 「聞いてないよォ!」が流行語大賞銀賞を受賞した際の、表彰式の模様を放送(1993年12月1日放送。)
  • パンツ脱がしレスリング

などがあった。

エンディングでは、ダチョウ倶楽部がザ・スパイダースのものまねで「あの時君は若かった」を歌っていた。なお、ザ・スパイダースの元メンバーである堺正章本人も番組に出演していた。

最終回は総集編で、過去の放送内容のうち「抗議件数の多かったワースト5」を放送した(先述のドリカムのものまねも含まれていた)。

出演者[編集]

レギュラー


ゲスト

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 放送第2回目で、3人がふだん世話になっている人物のもとへ番組開始の挨拶詣でに出向く企画(企画名:「ありがとうお笑いウルトラクイズ」)があり、その際にビートたけしから「半年後にはいい思い出(番組打ち切り)になるんだから」と言われていた。この発言は現実のものとなり、番組は半年で終了した。なお、直前の水曜19:00枠(『ザッツ!』枠)で放送されていた『コサキンルーの怒んないで聞いて!!』も半年で終了した。
  • 竜兵会の後輩である土田晃之は本番組について、「低視聴率でわずか3か月で終わった伝説の番組」と後年テレビ朝日の番組『アメトーーク!』で言及している(実際には半年続いた)。またこの番組以来、ダチョウ倶楽部メインの番組が地上波に無いこともネタにしていた(実際にはTBSの『ダチョウ舌調ナイト!』やテレビ朝日の『ダチョーン倶楽部』などがある)。
TBS系列 水曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
おちゃのこサイサイ
(1993年5月5日 - 1993年9月15日)
王道バラエティ つかみはOK!
(1993年10月13日 - 1994年3月9日)
クイズ悪魔のささやき
(1994年5月11日 - 1996年5月8日)