白木みのる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しらき みのる
白木 みのる
本名 柏木 彰
(かしわぎ あきら)
生年月日 (1934-05-06) 1934年5月6日(83歳)
出生地 日本の旗 日本島根県八束郡八束村
身長 140cm
職業 俳優
実業家
ジャンル 舞台
活動期間 1950年代 -
主な作品
てなもんや三度笠』(珍念)

白木 みのる(しらき みのる、1934年5月6日 - )は俳優実業家島根県八束郡八束村大根島、現在の松江市)出身。本名、柏木 彰(かしわぎ あきら)。本名の姓「柏」の「つくり」と「へん」を分けて「白木」、何か実るといいだろうとの理由で「みのる」という芸名にした。愛称は「ベイビー」。身長約140cm[1]

来歴・人物[編集]

父の仕事の関係で日本と満州を往復して育った。小柄な体躯を活かせる騎手を夢見るが挫折する。中学時代から美声を買われ、流しのミュージシャンと共に地元の山陰地方を中心に歌謡ショー等に出演していたが、やがてドサ回りの歌謡劇団にスカウトされて近畿方面を巡業、代役で大阪キャバレーに出演していた時、大阪劇場の支配人に才能を見出され「ミサイル小僧」の芸名で大阪劇場の専属歌手となった。23歳の時に吉本興業にスカウトされ「白木みのる」の芸名を自ら考案、1959年ミヤコ蝶々の『あっぱれ蝶助』(関西テレビ)のレギュラーとなり、1961年、大阪・朝日放送の『スチャラカ社員』に給仕役で出演、人気を博す。これを機にミヤコ蝶々の押しかけ弟子となった(日向企画所属、マネジメントは吉本興業)。

1960年代を代表するテレビコメディーの『てなもんや三度笠』に珍念役で出演し、時に子役と誤解されつつも藤田まこと財津一郎らと絶妙な掛け合いを展開し、お茶の間の人気を集めた。しかしNHKからは「白木が出ると視聴者に不快感を与える」との理由で長らく出演を許されなかったため、腹を立てた白木は受信料の支払いを拒否した他、NHKが一切見られないよう電器屋を呼んで自宅のテレビのチャンネルを削らせたという[1]

吉本新喜劇の出演本数も300本以上にのぼり、芝居では白羽大介ルーキー新一花紀京との共演が多かった。1968年、『てなもんや三度笠』の終了と共に吉本興業を去って上京、次第にテレビから舞台へ活躍の比重を戻し島倉千代子三波春夫の舞台に出演したほか、北島三郎の歌謡ショーで30年以上にわたり不動のゲストとして活躍した。

2001年キングジムテプラ」やMr.ChildrenのアルバムのCMに出演してテレビに復帰、2003年から2004年連続テレビ小説てるてる家族』で初めてNHK出演を果たした。永年に絶交していた藤田と遂に和解し、2007年10月14日御堂筋パレードでは一緒に「てなもんや三度笠」号に乗って登場した。

白木は蓄財を基に実業家としても成功しており、2007年現在、兵庫県芦屋市の3階建てマンションのオーナーとして同じマンションで暮らしており、この他に鳥取県内にて両親のために建てた300坪の別荘、芦屋市内に弟夫妻のために建てた60坪の家、さらに淡路島に数万坪の土地を所有している[1]。1年のうち、160日間は北島の特別公演(2011年、芸道生活50周年記念北島三郎特別公演を最後に出演なし。)の舞台に立つ日々を送っている。

独身で結婚歴はなし。「結婚を考えたことはないです」と言い、白木はその理由について「僕は寸法が足りなくて、一人前の人間じゃないからね、女性も困るだろうと思っていました」と述べている[1]

一門[編集]

弟子には青芝フック石倉三郎室谷信雄らが居り、西川きよしは付き人を務めた。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

歌謡曲[編集]

  • つんちゃな馬子さで/泣くもんか(1963年7月5日)日本コロムビア SAS-79
  • 泣いちゃいけない男の子/!(オッタマゲ)のスキャット(1969年10月25日)日本コロムビア SCS-91
  • あゝ修身/珍念のタンゴ(1970年8月10日)日本コロムビア SAS-1439
A面は二宮金次郎小野道風嘘をつく子供の逸話について歌っている。B面は珍念が「花ちゃん」という女の子に恋をする歌。
  • 銭$ソング(マンダム親子のテーマ)/ダメおやじ(1971年)キャニオン CA-59
古谷三敏漫画マンダム親子」のイメージソング。伊集院光が幼少時にこのレコードを愛聴しており、後年自身の番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」「伊集院光 日曜日の秘密基地」(共にTBSラジオ)でこの曲を紹介。その強烈な歌詞、ファンキーなサウンド、白木のシャウトが話題となって再評価された。ちなみに「秘密基地」で白木本人にこの曲についてインタビューをしたところ、歌ったことすらまったく忘れていたらしい。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「「白木みのる」テレビから消された「てなもんや人生」」『週刊新潮』2007年5月17日

外部リンク[編集]