のりたま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 のりたま
販売会社 丸美屋食品工業
種類 ふりかけ
販売開始年 1960年
完成国 日本の旗 日本
関係する人物 桂小金治
三宅裕司
木村佳乃 ほか
外部リンク のりたま
テンプレートを表示
のりたまをかけたご飯

のりたまとは、丸美屋食品工業から販売されているふりかけ
同社の登録商標[1]であるため、他の食品メーカーから発売されている同種のふりかけは『たまご』『のり.たまご』[2]等と名前を変えて発売されている。

概要[編集]

ほんのりとした甘みのある玉子味の顆粒と香り高いきざみ海苔の味の組合せが特徴。成分は他にさば削節抹茶胡麻青海苔鶏肉砂糖醤油こしあん等から成る。
丸美屋食品の創業者・阿部末吉が、旅館朝食のような雰囲気を家庭でも手軽に味わえないかと考え、卵と海苔を使ったふりかけ「のりたま」を考案したという[3]
1960年(昭和35年)に発売(初代パッケージデザイン大高重治[4])されて以降、高い人気を得ている。
1963年(昭和38年)に丸美屋食品工業がスポンサーを務めたテレビアニメ『エイトマン』のシールをおまけに付け、大ヒットした。以降、代表的なふりかけ商品として広く市場に認知されている。
時代の変化に応えて、塩分の減量などを行ってきた。
ちなみに原材料の一つであるこしあんは和菓子に使われるあんこではなくを粉末状にしたもので甘さはない[5]。何故、入っているかは企業秘密事項となっている(テレビ朝日シルシルミシルにて)。

CM[編集]

初代CMキャラクターは落語家司会者桂小金治であった。NHK総合放送されたドラマポンポン大将』の船長に扮した小金治[6]が「面舵いっぱ~い、のりたまでいっぱ~い」というキャッチコピーが人気を集めた。CMにはその後、谷啓木村理恵コント・ラッキー7片岡鶴太郎三宅裕司加藤あいなどが出演した[7]。子役時代の坂本真綾がCMソングを歌っていたこともある。2015年現在は木村佳乃が出演している。

コラボレーション商品[編集]

  • 1999年明星食品から「のりたま焼そば」というカップ焼きそばが発売された。名前の通り、「のりたま」がふりかけとして入っていたもので、パッケージデザインも「のりたま」とほぼ同じものであった[8]。現在は発売終了。
  • 2017年5月8日、同じ明星食品から「のりたま焼うどん だし醤油味」が発売開始。前述の「のりたま焼そば」と同様、パッケージデザインは「のりたま」をイメージしたものになっている[9]

脚注[編集]

  1. ^ 特許情報プラットフォーム
  2. ^ 田中食品の『のり・たまご』がその一例。
  3. ^ 【丸美屋食品 のりたま】ふりかけの秘密(男の浪漫伝説 Vol.39) | ドリームメールArchived 2013年8月21日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 丸美屋「のりたま」
  5. ^ ふりかけに「こしあん」を使っているって本当ですか? - 丸美屋ごはんくらぶ お客様相談室
  6. ^ 「丸美屋食品50年史」50頁 2001年
  7. ^ 加藤の時は、映像のテレビに小金治のCM映像が流された事が有った。
  8. ^ ●のりたま焼きそば
  9. ^ のりたま焼うどん だし醤油味

外部リンク[編集]