大根島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大根島
Daikon Island in Lake Nakaumi Aerial photograph.2009.jpg
大根島の空中写真。
なお、写真の右上端で切れている陸地が江島、写真の下端中央の小さな島は経島や続島など、写真の右下の非常に小さな島は渡島など。
2009年6月26日撮影の21枚を合成して作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 島根県松江市
所在海域 中海
座標 北緯35度29分40秒 東経133度10分30秒 / 北緯35.49444度 東経133.17500度 / 35.49444; 133.17500座標: 北緯35度29分40秒 東経133度10分30秒 / 北緯35.49444度 東経133.17500度 / 35.49444; 133.17500
面積 5.15 km²
最高標高 42.2 m
最高峰 大塚山
大根島の位置(島根県内)
大根島
大根島
大根島 (島根県)
大根島の位置(日本内)
大根島
大根島
大根島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

大根島(だいこんしま)は、島根県の東部の中海に浮かぶの1つである。その大きさは、東西に3.3 km、南北に2.2 km程度である。隣の江島と同様に火山島である。これらの島は、いずれも松江市に属する。

地理・地学[編集]

大根島の海岸線の長さは約12.0 kmで、その面積は約5.15 km2である[1]。島内の最高標高地点は、標高42 m程度の大塚山である[1]

地史[編集]

大根島は中期更新世の約19万年前に形成された小規模火山である[2]。島の中心部に標高42.2 mの大塚山と呼ばれるスコリア丘が見られる[2]。噴出した熔岩は、著しく粘性の低い玄武岩質の熔岩であったため、極めて勾配の緩やかな山体を成している[2]。大塚山を除くと、大根島火山は標高25 m以下、傾斜3度以下である[2]。なお、現在は島だが、噴火当時は氷期であったため海面が低く、陸地であった[2]。この関係で、大根島の周囲には、経島・続島・渡島などの小さな島々も見られる。

熔岩洞[編集]

粘性の低い玄武岩質の熔岩による火山島として形成された関係で、島内には熔岩洞が残っている。

なお、幽鬼洞は1952年に、天然記念物から特別天然記念物に格上げされた。幽鬼洞は現在立ち入り禁止で、竜渓洞は事前に八束公民館への連絡が必要である。洞窟内にはイワタメクラチビゴミムシと言う大根島固有の生物が生息している。

中海周辺の衛星写真。中央の島が大根島。
中海と大根島(中央右)。なお、手前は弓ヶ浜半島である。

ヒトとの関係[編集]

かつては隣の江島と共に八束郡八束町の町域であったが、平成の大合併によって松江市八束町になった。2004年には、東隣の江島と鳥取側境港市とが、全長1446 mの江島大橋で結ばれた。この江島や西の松江市街方向からは、道路を兼ねた堤防で結ばれている。中海では、より大規模な中海干拓事業が計画されていたものの、2002年に中止された[注釈 2]

農業[編集]

大根島は、2015年現在でもボタンの苗木栽培が盛んである[1]。1年間に約200万本のボタンの苗木が出荷され、これは日本の生産量全体の8割以上を占めている[5][注釈 3]

ボタン栽培以前から大根島の農業の中心であったのは「雲州人参」の名で知られたオタネニンジンの栽培である[5]。21世紀初頭において、収穫量では長野県福島県に次いで、3番目が島根県(大根島)である[5]。大根島でのオタネニンジン栽培は、江戸時代中期の宝暦年間に試作を行った事が起源とされ[5]松江藩の財政を潤したと言われている[5]。しかし21世紀初頭において、大根島を含め、日本のオタネニンジン産地では、農家の高齢化に伴って、その栽培面積が急激に減少している[5]

大根島は透水性の良い岩石や地層が有るために、地下に「淡水レンズ」が存在し、地中には豊富な淡水が溜まっている[2][注釈 4]1939年7月に発生した山陰地方の大干ばつで、島根県下のほとんどの農作物が被害に遭ったものの、大根島で水不足は起こらなかった[2]。なお、大根島南部の波入と呼ばれる地区の海岸では、溶岩の隙間から淡水の湧水が見られ、これは島根県の名水百選に指定されている[2]

島名の由来[編集]

奈良時代に書かれた『出雲国風土記』には「杵築の御崎のたこを捕らえた大鷲が、この島に飛来したことにより「たこ島」と名付けられた」との言い伝えが紹介されている。たこから太根(たく)そして大根(たいこ)と変化して今に至ったと考えられている[6]

一方で、オタネニンジンを「大根」と呼び換えた結果が、島の名の由来という説も有る[注釈 5]

観光スポット[編集]

由志園の日本庭園
  • 由志園(日本庭園)
  • グリーンステラ(植物園)
  • 中国牡丹園
  • 熔岩洞(上記参照) 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は干拓用護岸道路は完成していない。画像左下の湖中に見える白い物は、建設中の干拓堤防の一部である。
  2. ^ ただし、弓ヶ浜半島に近い場所、境港市の市域内には「中海干拓地」が存在する。このように中海に干拓地が作られなかったわけではない。
  3. ^ 参考までに、ボタンの根の皮は「牡丹皮ぼたんぴ」と呼ばれる生薬である。しかしながら、日本薬学会(編集)『薬学生・薬剤師のための知っておきたい生薬100 ―含 漢方処方―』 東京化学同人 2004年3月10日発行 ISBN 978-4-8079-0590-4の107ページによれば、日本における牡丹皮の産地は、奈良県や長野県であり、島根県は挙げられていない。
  4. ^ 淡水レンズとは、雨水が地中へと浸透して溜まった、淡水の地下水である。何らかの理由で陸地ができると、降水量が充分に多い地域では、海水の組成に近い地下水が洗い流される。さらに、塩水に比べて淡水は比重が軽い上に、地下水は流速が遅いため、次第に塩水の地下水の上に、淡水の地下水が溜まる。しかし、海底へは海水が浸透するため、一般に海岸に付近の淡水の地下水が溜まっている場所は地下の浅い場所に限られる。一方で、海岸から離れると、淡水の地下水が溜まっている場所は地下の深い場所にも達する。また、陸地の海水面よりも高い場所は、基本的には淡水の地下水が溜まる。この結果、陸地の下、まるで凸レンズのような形の範囲に、淡水の地下水が溜まる。これが淡水レンズである。
  5. ^ オタネニンジンは栽培に4年間から5年間かかる生薬の原料であり、一般的な野菜のニンジンとは異なる。生薬名で「人参」と呼ばれ、別名「白参はくじん」と呼ばれ、細長く白い、まるで、ひげ根が多い細いダイコンのようにも見える。なお、生薬の「紅参こうじん」は、白参を蒸して酵素を失活させるための処理を行った上で加熱乾燥させた品であり、したがって、元来の色は白参と同じである。

出典[編集]

  1. ^ a b c 加藤 庸二 『島の博物事典』 p.367 成山堂書店 2015年6月18日発行 ISBN 978-4-425-91151-6
  2. ^ a b c d e f g h 沢田順弘, 門脇和也, 藤代祥子 ほか、大山・大根島:山陰地方中部の対照的な第四紀火山」 『地質学雑誌』 2009年 115巻 Supplement号 p.S51-S70, doi:10.5575/geosoc.115.S51, 日本地質学会
  3. ^ 文化庁(ID:2167)
  4. ^ 文化庁(ID:2167)
  5. ^ a b c d e f 出典: 島根県の土壌と農業(2014年) - 松本真悟、2017年4月閲覧
  6. ^ 大根島の由来 - 松江観光協会 八束町支部、2017年4月閲覧

外部リンク[編集]