木村郁美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きむら いくみ
木村 郁美
プロフィール
愛称 キムイク
出身地 日本の旗 日本 東京都小金井市
生年月日 (1973-01-19) 1973年1月19日(44歳)
最終学歴 学習院大学文学部英米文学科
勤務局 TBSテレビ
部署 TBSテレビ編成局アナウンス部
活動期間 1996年 -
ジャンル 情報番組など
配偶者 あり(離婚歴あり)
公式サイト アナウンサー通信
出演番組・活動
現在 TBSレビュー
音ボケPOPS』など
過去 チューボーですよ!
スパスパ人間学!』など

木村 郁美(きむら いくみ、1973年1月19日 - )は、TBSアナウンサー。愛称は「キムイク」。

母方の遠戚に伊東四朗がいる。

来歴・人物[編集]

東京都小金井市出身。2歳 - 6歳にドイツ、16歳 - 18歳にアメリカに滞在していた帰国子女。大学時代にはインドネシアフィリピンへの1ヶ月間のホームステイを経験している。

吉祥女子高等学校を経てアメリカ・カリフォルニア州立ロイヤルトン高校、学習院大学文学部英米文学科卒業。学生時代は放送研究部に所属。同研究部には、木村の1年後輩に春日由実フジテレビ)、2年後輩に山本モナ(フリーアナウンサー[注釈 1])、3年後輩に山本真純(元日本テレビ)も所属していた。

1996年4月、TBSアナウンサー31期生として入社。同期入社にはアナウンサーの小笠原亘広重玲子(現在:ペイテレビ事業部)・志賀大士(現:制作局バラエティー制作部のプロデューサー[1][2]の他、別の部署に属していた小渕優子(現在:政治家)がいる。1998年から1999年にかけて最大9本のレギュラー番組を抱えていた。最も忙しい時期だったのが『エクスプレス』のMCを務めていた2000年頃で、当時担当していた番組に加えてシドニーオリンピック中継の進行役など、さまざまなジャンルの番組を担当していた。

大学の先輩でもある小島慶子(2010年6月末にTBSを退社)との結びつきが深く、アナウンサーになったきっかけも、大学時代に小島から話を聞いて興味を持ったという。小島が産休のため降板したテレビ番組を2本(『スパスパ人間学!』、『時事放談』)受け継いだこともあった。

趣味は料理、読書、サイクリング、健康、スキューバダイビング、旅、珍しいものを食べること(ゲテモノ食い)。特技は英会話、いつでもどこでも寝られること。好きな食べ物・飲み物はワイン焼酎ハーブ。苦手な食べ物はラーメン(熱い食べ物を急いで食べる感覚が嫌い)、甘いもの(スウィーツ系)。英語検定準1級、普通自動車運転免許、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター日本常識力検定3級、マナー検定初級など様々な資格を有している。

インドネシアのホームステイ先の家族から、ご馳走のつもりで羊の脳みそや鳩の頭を出されて、断れずに食したことから「ゲテモノ食い」が趣味のひとつになる[3]。一方で、後述のようにワインをはじめとするアルコール類も好み、自ら企画したTBSチャンネル向けの番組『ロワール川(フランス)ワイン紀行』『九州焼酎紀行』などが製作された。なお一部の番組は、関東ローカルで地上波でも放送されている。

2006年5月19日、元プロテニスプレイヤーでスポーツマネジメント会社「スカンヂナビア」社長の杉澤修一と入籍。10月28日に都内のホテルで挙式を行った[4]。しかし、2009年5月に離婚。離婚の原因はお互い多忙によるすれ違いの生活と、2人の間に金銭問題があったという[5]

2014年5月に年上の会社経営の男性と再婚していたことが7月8日に発表された。

現在の出演番組[編集]

TBSテレビ[編集]

TBSチャンネル[編集]

  • 木村郁美のほろ酔い紀行(2009年 - )
    • 2010年12月までの時点で「奄美大島・焼酎編」「山梨・ワイン編」「福島・日本酒編」「北陸・日本酒編」「北海道・ワイン編」「東京・本当に旨い店編」が制作

BS-TBS[編集]

TBSラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

TBSテレビ[編集]

レギュラー出演
単発出演など

BS-i→BS-TBS[編集]

  • 山下マヌーの旅天国(2003年10月 - 2004年1月)
  • 旅まにあ(2004年2月 - 2005年3月)
  • 運びきれない思い出(2005年4月 - 2005年9月)
  • 生様人生(2005年10月 - 2007年3月)
  • 映画の時間+ 気ままにディレクターズカット(2010年5月 - 2011年3月)月に1回水曜23時台に放送
  • Cinemagic Cafe(2011年4月 - 2012年3月)毎月最終土曜日に放送
  • 音ボケPOPS (2014年4月 - 2015年9月) 不定期アシスタント

TBSラジオ[編集]

TBSチャンネル[編集]

  • 木村郁美の九州焼酎紀行 〜幸せな焼酎〜(放送時間は不定)
  • 木村郁美のキレイの食卓 〜韓国編〜(同上)
  • 木村郁美のロワール川ワイン紀行(同上)

出演映画[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 朝日放送の局アナ・放送記者。フリー転向後、最初はオフィス北野に所属。一時期「中西」姓を名乗っていた。活動休止期間あり
  2. ^ 年末年始版

出典[編集]

  1. ^ 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1996.4<31期生> 4人入社(男2・女2) 小笠原亘 志賀大士 木村郁美 広重玲子」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、33頁。「96.4<31期生>4人入社 小笠原亘 志賀大士 木村郁美 広重玲子」
  3. ^ 八塩圭子 『女性アナウンサーという生き方』 日経BP社1999年12月、49-58頁。
  4. ^ “木村郁美アナ 年上実業家とスピード婚”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005kekon/KFullNormal20060523037.html 2006年5月23日閲覧。 
  5. ^ “スピード婚から3年…TBSの木村郁美アナ離婚”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009hakyoku/KFullNormal20090728127.html 2009年7月28日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「木村郁美 R「こども音楽コンクール(1996)」「中野浩一のスーパートーク(1997)」 TV「王様のブランチ(1997)」「チューボーですよ」「エクスプレス(2000)」」
  7. ^ a b c d e 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、33頁。「木村郁美…R「こども音楽コンクール(96)」「中野浩一のスーパートーク(97)」 TV「王様のブランチ(97)」「チューボーですよ」「エクスプレス(00〜)」」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
(番組設立前につき、なし)
J-SPORTS女性サブキャスター
2002年 - 2003年
次代:
川田亜子