コンテンツにスキップ

日比麻音子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひび まおこ
日比 麻音子
プロフィール
愛称 日比ちゃん、日比姉(ひびねえ)、日比みょん
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
生年月日 (1993-07-05) 1993年7月5日(30歳)[1]
身長 158cm[2]
血液型 O型
最終学歴 青山学院大学文学部英米文学科[3]
勤務局 TBSテレビ
部署 総合編成本部 アナウンスセンター[4]
活動期間 2016年 -
ジャンル 情報
公式サイト 日比麻音子
出演番組・活動
出演中Nスタ』(金曜日)
アフター6ジャンクション2
(第4週を除く火曜日)
王様のブランチ
(隔週土曜日)
オオカミ少年
スポーツ中継(駅伝
おんな酒場放浪記
BS-TBS
ほか
出演経歴 後述
備考
活動期間はTBSテレビアナウンサーとしての期間のみ記載。

日比 麻音子(ひび まおこ、1993年7月5日[1] - )は、TBSテレビアナウンサー

来歴[編集]

東京都大田区[5]の出身で、幼稚園へ通っていた時期に大阪府内で暮らしていたほか、幼少期に『おかあさんといっしょ』(NHK総合教育)へ出演した経験を持つ[6]。本人は「おばあちゃんっ子」であることを自認していて、実の祖母から多大な影響を受けているという。名前の「麻音子」も祖母から付けられていて、「の布のようにまっすぐ育ちながら、楽を愛でるになって欲しい」との思いが込められている[6]

保健体育教師である実母[7][注 1] の勧めで横浜雙葉小学校へ入学すると、内部進学で横浜雙葉中学校・高等学校にも在籍[6]。小学校5・6年時には吹奏楽部でユーフォニアムを演奏していた[8]が、中学校・高校への在学中には、演劇部で主に脚本の執筆や大道具の製作を任されていた[9][10]

(『王様のブランチ』で新作映画の紹介企画を長年担当している)LiLiCoが洋画の主演俳優へのインタビューに英語で臨んでいる姿へ憧れていること[11]や、実母の影響で英語教師を志していたこと[6]などを背景に、横浜雙葉学園から青山学院大学文学部英米文学科へ進学。大学でも演劇部での活動を検討していたが、実際には学内のESSに入って、3年時(2014年)から副部長を務めた[1]。また、大学1年時(2012年)にオックスフォード大学への短期留学を経験した[12]ほか、3年時に「第48回東京国際大学ウィラメット大学杯学生英語弁論大会」で優勝している[13]

大学生時代に中学校・高等学校の教諭1種免許を取得した[1]が、3年時にESSの活動でNHKワールド JAPANのスタジオを見学したこと[14]などがきっかけで、アナウンサーになることを本格的に志望。さらに、この時期に参加した「ミス青山コンテスト2014」で「2014 準ミス青山学院大学」に選ばれたこと[15]から、選出後には芸能プロダクションの「スプラウト」にも所属していた。TBSテレビのアナウンサー試験を受けた際には、同局で制作している『王様のブランチ』を「(採用されたら)担当したい番組」に挙げた[11]

大学卒業後の2016年4月1日付で、TBSテレビにアナウンサーとして入社。同期のアナウンサーは伊東楓2021年2月28日付で退社)と山本恵里伽で、入社式では、新入社員を代表して英語で挨拶した[16]。新人研修を経てアナウンスセンターへ正式に配属されてからも、英語圏での出生・居住・活動経験を持つ著名人やアスリートに対して、担当番組のロケ取材や生中継向けに英語でのインタビューを単独で任されることが相次いでいる[注 2]詳細後述)。ちなみに、TBSテレビでは「ミス青山コンテスト2014」のファイナリスト(青山学院大学での1年後輩)だった山本里菜を2017年、横浜雙葉中学校・高校での5年後輩に当たる佐々木舞音[注 3][6]を2021年に採用。いずれも、日比の同僚(アナウンサー)になっている[注 4]

TBSテレビのアナウンサーとしては、2016年8月19日の『ジェーン・スー 生活は踊る』(TBSラジオ)内の天気予報で、伊東・山本と共に「初鳴き」(番組デビュー)を経験[17]。同年の10月改編から『はやドキ!』と『Nスタ』(平日版)へのレギュラー出演を始めたことを皮切りに、『報道特集』『Nスタ』(日曜版)『あさチャン!』でスポーツキャスターを担当している。また、『ひるおび!』でコーナープレゼンター、同番組の13時台や『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作)でニュースキャスターを一時務めていたほか、単発・レギュラーを問わず音楽・バラエティ系の番組へ出演することも多い(詳細後述)。TBSグループがブランドロゴを一新した2020年からは、「TBSブランディング大使」としても活動[18]。同年4月からは、『From TBS』(関東ローカル向けに放送している番宣番組)のナビゲーターを、2年間にわたって単独で務めていた。

テレビのレギュラー番組では、『あさチャン!』が2021年9月30日で終了したことに伴って、翌10月1日から『Nスタ』(平日版)と『ひるおび』への出演を順次再開[19]。毎週月・火曜日に『Nスタ』でニュースプレゼンター、毎週水曜日の『ひるおび』で11時台に「JNN NEWS」のキャスターを担当しているほか、2022年12月23日までは毎週金曜日に『ひるおび』の全編でアシスタントを務めていた[20]。その一方で、2021年10月8日からは土曜日に『王様のブランチ』、2022年10月3日(月曜日)からは姉妹番組『プチブランチ』(同日から毎週月 - 木曜日に『ひるおび!』の前枠で放送を開始した関東ローカル向けの事前収録番組)の進行役も隔週で担当していた[21]

TBSラジオ制作の生ワイド番組では、2017年度の下半期(同年度まで設定されていたナイターオフ期間)のみ、『THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ好奇心家族』の金曜日にアシスタントとして出演。TBSラジオがプロ野球中継の自社向け放送業務から完全に撤退した2018年度以降は、前年度までのナイトゲーム中継基本放送枠(18:00 - 21:00)に通年で編成された『アフター6ジャンクション』(『アトロク』)の水曜日で、2018年4月4日放送分から宇多丸RHYMESTER)のパートナーを務めている。第26回参議院議員通常選挙の投・開票日(2022年7月10日)には、国政選挙開票特別番組の司会を、『開票ライブ!参院選2022』(JRN・TBSラジオ報道特別番組)[注 5]で(テレビを含めても)初めて担当した(荻上チキと共同で進行)[22]

スポーツ関連のテレビ番組・中継にも随時出演していて、国立競技場(第2代)のこけら落としイベント(2019年12月1日)では、先輩アナウンサーの安住紳一郎と共に特別番組(TBSテレビ系列独占生中継)の司会を担当。国立競技場などで2021年の夏季に開催された2020年東京オリンピックの期間中には、報道系アナウンサー の1人として、当時キャスターを務めていた『あさチャン!』と並行しながらTBSテレビ系列の競技中継や関連番組に連日出演していた。また、パリ・サンジェルマンFCフランスリーグ・アンに加盟するプロサッカークラブで略称は「PSG」)が2022年の7月下旬に日本国内で「PSG JAPAN TOUR」(Jリーグに加盟する川崎フロンターレ浦和レッズガンバ大阪との国際親善試合シリーズ)を開催した際には、来日記者会見(17日)の司会および、初戦に当たる20日(水曜日)[注 6] の対フロンターレ戦(国立競技場)テレビ中継(TBSテレビ系列で全国放送)の「スタジオMC」と副音声の進行を担当[23]。『S☆1』(週末に全国ネットで放送されるスポーツ情報番組)向けの事前収録企画として、「世界で初めて」とされるリオネル・メッシネイマールキリアン・エムバペ(いずれもパリ・サンジェルマンのメンバーとして来日した世界最高レベルのサッカー選手)[注 7]が揃ってのインタビューも敢行した[24]

さらに、2021年11月28日開催のクイーンズ駅伝2021(第41回全日本実業団対抗女子駅伝)テレビ中継で、第2中継所の実況担当としてスポーツ中継の実況にデビュー[25][26]。TBS(テレビ・ラジオ兼営局)→TBSテレビのアナウンサーから駅伝中継の実況を任された女性は、日比が初めてである。翌年のクイーンズ駅伝(2022年11月27日)では、「TBS→TBSテレビが制作する駅伝中継では初めて」という女性アナウンサーだけの中継所実況を、後輩アナウンサーの篠原梨菜・佐々木とのリレー方式で成し遂げた(本人は第1・第4中継所を担当)[27]

なお、『Nスタ』では2023年1月6日から、月・火曜日のニュースプレゼンターと並行しながら金曜日の「総合司会」を井上貴博2017年4月6日から平日版の全曜日で担当してきた先輩アナウンサー)から継承[28][注 8](放送上の肩書は「金曜キャスター」)。他のレギュラー番組から『ひるおび』『プチブランチ』を卒業したうえで、月 - 木曜日で「総合司会」を続ける井上と同様に、ホラン千秋(青山学院大学での先輩に当たるフリーアナウンサー)とのコンビでメインキャスターの役割を担っていた[29]2023年3月27日から1年間は井上に代わって月・火曜日の「総合司会」も任されていた[30]が、2024年の4月改編(3月29日)以降は、レギュラーの出演日を金曜日に限ったうえで「メインキャスター」を単独で担当[31]同年の夏季に予定されているパリオリンピックでは、前述した2021年開催の東京大会に続いて、開催地(フランス共和国パリ)でTBSテレビ系列向けの報道活動へ従事することが決まっている[32]

趣味は散歩映画音楽演劇の鑑賞、日本内外の美術館巡り。「青山学院大学へ進んでから距離を置いていた演劇への熱が、『アトロク』の出演日(水曜分)で高校演劇特集が放送されるようになったことを機に再燃した」とのこと[33]で、美術館巡りでは、「鑑賞した作品のポストカードを3枚だけ購入する」というルール(「3枚ルール」)を自主的に課している[34]

その一方で、ビールを初めとする飲酒を好んでいることを、TBSテレビへの入社直後からたびたび公言[1][35][36]。『アトロク』『Nスタ』内の企画[37][38][39][40]や同局アナウンサーとしての社外活動にも発展している[41]ほか、TBSテレビアナウンサーページ内の「アナウンサー名鑑」で公開しているプロフィールにも、「つまみをお供にビールを飲むことが好き」という情報が本人の希望で2021年から加えられた[1][36]2023年10月からは、第4週を除く火曜日に『アフター6ジャンクション2』(『アトロク』のリニューアル版)のパートナーを務める一方で、TBSテレビの現職アナウンサーから初めて『おんな酒場放浪記』(大衆酒場での飲酒を伴うBS-TBSのロケ番組)に「酒場おんな」(リポーター)としてレギュラーで出演中[42]

現在の出演番組[編集]

地上波テレビ[編集]

  • Nスタ
    • 月・火曜日のコーナー担当:2016年10月 - 2017年3月 
    • 日曜版のスポーツキャスター:2017年4月 - 2018年9月
    • 月・火曜日のニュースプレゼンター:2021年10月4日 - 2023年3月21日[注 9]
    • 金曜日のMC(番組の全般にわたる進行役)
      • 「金曜キャスター」(ホラン千秋と共同で担当):2023年1月6日 - 2023年3月24日
      • 「総合司会」(井上貴博と共同で担当):2023年4月1日 - 2024年3月22日
      • 「メインキャスター」(単独で担当):2024年3月29日 - [31]
    • 月・火曜日の総合司会(ホラン千秋とのコンビで担当):2023年3月27日 - 2024年3月19日[注 10]
      • 平日版では、月・火曜日で「日刊中吊りニュース」と「N天」(天気予報、いずれもTBSと一部ネット局でのみ放送)を担当した後に、2021年10月4日から「ニュースプレゼンター」として両曜日への出演を再開。JNNの全国ニュースパートにも、日曜版からの降板以来2年振りにレギュラーで登場していた。
      • 『ひるおび』のアシスタントを務めていた2022年7月8日(金曜日)には、午前中に奈良市内で発生した安倍晋三銃撃事件の第一報を(TBSテレビの番組では最も早く)同番組午後枠の冒頭で伝えた後に、安倍晋三の死亡が確認されたことを受けて急遽編成された『JNN報道特別番組』(『Nスタ』の平日版と『news23』をベースに19:00 - 23:45[注 11][43]で生放送)へ出演[44]
      • 2022年1月からは、前年まで経験していなかったメインキャスターを、代理として通算で7日間担当[注 12][45]。本人曰く、「メインキャスターの代演を通じて『人間』としての意識が変わった」とのことで、「(情報の)『伝え手』としての欲が初めて湧いた」という[46]
      • 2023年1月からの3ヶ月間は、月・火曜日のニュースプレゼンターと並行しながら、「金曜キャスター」として金曜日にホラン千秋(アミューズに所属するフリーアナウンサー)とのコンビでメインキャスターをレギュラーで担当。TBS→TBSテレビの制作で平日の夕方にJNN全国ネットで放送されるニュース番組において、メインキャスターを女性のコンビが全編を通じてレギュラーで担うこと[注 13]は、金曜以外の曜日を含めても初めてである。なお、「金曜キャスター」への就任後も、水・金曜日以外の平日版を井上が休演した場合にはホランとのコンビでメインキャスターを代行していた[注 14]
      • 2023年3月27日からの平日版リニューアルを機に、「金曜キャスター」という肩書が外れる一方で、「総合司会」として月・火・金曜日に出演。月・火曜日ではホラン、金曜日では井上とのコンビでメインキャスターを務めた[30]ほか、月曜日には前述した「デリシャスキッチン」のリポーターを不定期で兼務していた。その一方で、井上とホランのコンビで進行している水・木曜日でいずれか一方のキャスターが休演した場合にも、メインキャスターを随時代行[注 15]。日曜版にも、後述する「1.5℃の約束」キャンペーンに関する取材リポートを兼ねた進行役として、2023年10月29日放送分の『Nスタ 気候変動スペシャル』で5年振りに出演している。
      • 2024年3月25日からの平日版再リニューアルに伴って、月・火曜日におけるメインキャスターの担当と、自身の出演日における井上/ホランとの共同進行体制を同月22日(金曜日)までに終了。再リニューアル後は、井上・ホランとの同格扱いを維持したまま、金曜日のメインキャスターを3月29日放送分から単独で続けている[31]
        • TBS→TBSテレビの制作で平日の夕方にJNN全国ネットで放送されるニュース番組において、同局の現職女性アナウンサーがメインキャスターを単独で定期的に任されることは、再リニューアル後の金曜日における日比が初めてである。もっとも、実際には放送の時間帯に応じて、「ニュースプレゼンター」の山内あゆ南波雅俊(いずれも先輩アナウンサー)から少なくとも1名と共同で進行[注 16]。金曜以外の平日には、基本としてスタジオへ出演していない。
        • 金曜日のメインキャスターに再び専念してからは、2024年夏季のパリオリンピックで報道活動に従事することを前提に、日本国内を拠点に活動するアスリートからこの大会での活躍が見込まれる人物を紹介する「パリ五輪へ ゲキ推しアスリート」(3月29日から金曜日の第0部で放送されている企画)[注 17]のロケ取材も担当。開催地のパリには、大会の開幕直前から1ヶ月程度の滞在を予定している[32]
  • オオカミ少年(アシスタント)
    • 特別番組として不定期で放送を再開した2020年から、浜田雅功ダウンタウン)のアシスタントを担当。2021年4月から復活したレギュラー版(第2期)にも出演している。
    • レギュラー版では2021年12月3日放送分まで[47]、オオカミの両耳をかたどったカチューシャを頭に着用[48]。第2期では金曜日(主に19時台)の放送に向けて隔週ペースでスタジオパートを収録している[6] ため、生放送番組の『ひるおび』へ毎週金曜日に出演していた時期(2021年10月 - 2022年12月)も、『Nスタ』(TBSテレビ=関東地方における前枠番組)金曜キャスターへの就任後(2023年1月以降)もこのパートのアシスタントを任されている。
  • 王様のブランチ(隔週土曜日、2021年10月9日 - )
    • 詳細は前述。2021年4月から野村彩也子と交互に進行役を務めていた宇賀神メグ(いずれも後輩アナウンサー)が、『あさチャン!』からの続投扱いで同年10月1日から『THE TIME,』(後継番組)の進行キャスターへ事実上専念することに伴うレギュラー出演で、宇賀神の担当分を継承した。
    • 『Nスタ』金曜キャスターへの就任(2023年1月)後も、『Nスタ』月・火・金曜分の「総合司会」への昇格(同年4月改編)後も隔週での出演を継続。2023年10月からは、後輩アナウンサーの若林有子(野村の後任)と交互に担当している。
  • ムビきゅん(2021年2月18日から毎月最終木曜日の未明に関東ローカルで放送中の映画情報番組) - ナレーター
  • スポーツ中継・関連番組
  • 不定期で出演しているレギュラー編成番組
    • S☆1
      • 『報道特集』・『Nスタ』日曜版のスポーツキャスターを務めていた時期から、レギュラーでキャスターを務めている同僚の女性アナウンサーがスタジオへ出演できない場合に、キャスター代理を随時担当。
      • 2022年7月23日深夜の土曜版と翌週(31日深夜)の日曜版では、同月の「PSG JAPAN TOUR」期間中に収録したリオネル・メッシネイマールキリアン・エムバペへのインタビュー映像を放送。23日深夜の土曜版では、番組内の『JNN NEWS』でも臨時でキャスターを務めた。
    • OAを見た後に…語らナイト(2024年4月20日から毎週土曜日の未明に関東ローカルで放送中の30分番組)
      • TBSテレビが全国ネット向けに制作している連続ドラマの1つを、同局の女性アナウンサーから週替わりで3名が1話分鑑賞した後に「パジャマトーク」を展開する番組で、同期入社の山本恵里伽がナレーターを担当。自身は、『くるり〜誰が私と恋をした?〜』を取り上げた第1回の放送に、後輩アナウンサーの佐々木・吉村恵里子と揃って出演した。
  • 定期的に放送される特別番組
    • キングオブコント(2020年 - 、決勝の生放送でMCを担当)
      • 2017年から2019年までは、準決勝(未放送)の会場MCをあべこうじとのコンビで担当[49]
    • オールスター感謝祭
      • 2020年秋(10月3日)放送分で、スタジオアシスタントとして初参加[50]。恒例企画の1つである「赤坂5丁目ミニマラソン」が同年初頭からのCOVID-19流行の影響で番組史上初めて東京ドイツ村で開催された2021年春(3月27日)放送分[51]からは、 「ミニマラソン」のスタート地点のリポーターとスターターを、2022年春(3月26日)放送分まで3回にわたって任されていた。
      • 2023年4月8日(土曜日)には、『王様のブランチ』で進行を担当した後に、『Nスタ』平日版リニューアル(前述)のPRを兼ねた記念企画の一環で「赤坂5丁目ミニマラソン」(2020年秋以来3年半振りに「2023年春」の生放送中に開催)へ初めて「出場」。リニューアル後のキャスター陣を代表して井上貴博と揃って参加した[52]ところ、レースの序盤で一時先頭に立った末に完走した[53]。2023年の秋(10月14日)放送分では、関東ローカル向けの告知枠にのみ、南後杏子(同年入社のアナウンサー)・ウエストランドと揃って生中継で出演[注 19]
    • お笑いアカデミー賞(進行)
      • ダウンタウンのMCで2021年から12月の第4土曜日に全国ネットで放送されている特別番組で、第1回から出演。ダウンタウンが揃ってMCを務めるレギュラー番組では、『水曜日のダウンタウン』でもロケ企画の進行を随時担当している。
    • 報道の日(情報プレゼンター)
      • 『Nスタ』のキャスター陣を代表して、平日版のメインキャスターに加わった2023年(12月30日放送分)から進行を担当。

2023年からは、TBS放送センターNスタジオ(『Nスタ』向けのセット)からの生放送による1月1日(元日)早朝の特別番組(同年は『Nスタ特別編~開運!初日の出スペシャル』→2024年は『開運!絶景!初日の出スペシャル』の司会も単独で任されている。

2024年1月1日(月曜日)には『開運!絶景!初日の出スペシャル』を7:30まで進行していたが、本番終了後の16:10頃に能登半島地震が発生。この事態を受けてTBSテレビが『JNN報道特別番組』を16:15頃から急遽編成したため、当時『Nスタ』金曜分のメインキャスターだった日比と井上貴博は、18:00以降4時間にわたってNスタジオから『JNN報道特別番組』へ出演した。さらに、日比は1月7日(日曜日)から10日(水曜日)まで、被害がとりわけ大きかった能登地方で『Nスタ』向けの取材と生中継リポートに従事(当該項で詳述[54]

BS放送[編集]

BS-TBS限定で放送される番組のみ記載。

  • おんな酒場放浪記(2023年10月6日放送分から「酒場おんな」の1人としてレギュラー出演)
    • 「よいの日スペシャル」として放送時間を通常の30分から1時間(23:00 - 翌0:00)に拡大していた2023年3月31日放送分に、「緊急参戦」と銘打って初登場。砂町銀座商店街東京都江戸川区)および、近隣(南砂町)で営業している大衆酒場に「酒場おんな」として赴いていた。
    • 2019年1月18日 - 2020年11月20日放送分に「酒場おんな」としてレギュラーで出演した後に、出産や育児でロケから遠ざかっていた弓木春奈気象予報士)の卒業が正式に決まったことを受けて、弓木の後任扱いで2023年10月からレギュラー出演[42]。母体番組に当たる『吉田類の酒場放浪記』でも、『吉田類の年またぎ酒場放浪記』(大晦日の夜から元日の未明にかけて編成されている特別番組)において、「年またぎ酒場」(営業中の大衆酒場に吉田類を迎えての収録パート)の進行を2023年度(2023年12月31日 - 2024年1月1日)放送分で任されている。

ラジオ[編集]

  • アフター6ジャンクション』シリーズ(曜日パートナー)
    • 『アフター6ジャンクション』水曜パートナー:2018年4月4日 - 2023年9月27日
      • 放送上は、毎週金曜日の20時台に放送される「アトロク フューチャー&パスト」(放送週における主な放送内容を同録音源とパートナーのコメントで曜日ごとに振り返るコーナー)にもコメント出演(水・金曜日以外での代演を含めて担当日の本番後に収録)。その一方で、『Nスタ』の金曜キャスターに就任した2023年1月以降も、(月に1 - 2回のペースで放送されることの多い)『オオカミ少年』へのレギュラー出演を続けている。このような事情から、TBSグループにおける金曜日夕方 - 夜間の関東地方(本来の放送対象地域)向け放送では、『Nスタ』『アトロク』への出演と『オオカミ少年』の放送が重なった週に「『Nスタ』から(テレビ・ラジオを通じて)3番組連続で登場」という事態が2023年1月から9月にかけて複数回生じていた[注 20]
      • 2018年7月18日(水曜日)には、アクション映画ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のジャパンプレミア・イベントが生放送中に東京ミッドタウン日比谷で開催されることを受けて、日本国内のメディア関係者としてはただ1人、会場のレッドカーペット越しからの生中継リポートを担当。「番組からのミッション」であったトム・クルーズ(主演)への独占インタビューばかりか、メインキャストの1人であるサイモン・ペッグへのインタビューも、生放送中に英語で実現させた[55][56][注 21]。2023年8月には、「世界で最も強く尊敬している俳優」というグレタ・ガーウィグ『バービー』(監督を務めた実写映画版)の日本公開に合わせた特別企画の一環で、東京に滞在していたガーウィグへの独占インタビューも敢行[57]。通訳を介して収録された音源が、同月9日(水曜日)に放送されている[58]。その一方で、2021年9月からから2022年1月までは、「LIVE&DIRECT」(19時台前半のライブパフォーマンスコーナー)内の「ARASHI_DJMIX」(が発表した楽曲を1年単位で振り返るリミックス企画として2020年12月から2022年1月まで月に1回放送)で「DJヒーヴィー」[59] というキャラクターに扮していた[60][注 22]
      • 放送1年目の2018年から毎年末(2021年までは金曜日における年内最後)の放送で実施している「ライムスター宇多丸のシネマランキング」(毎週金曜日18時台後半の映画評論コーナー「MOVIE WATCHMEN」で宇多丸が1年間に取り上げた作品をベースにリスナーからの投票などを交えながら発表する企画)にも、発表日が水曜日に初めて設定された2022年(12月28日放送分)から参加。当日は山本匠晃(先輩アナウンサーで本来は金曜日のパートナー)との「ダブルパートナー」方式で全編を進行したほか、自身が映画館や映画祭で鑑賞した作品から「2022年のトップ5作品」を発表している[61]。さらに、本番の終了後に実施されたポッドキャスト配信限定音源(「シネマランキング2022放課後」)の収録にも、番組史上初めて同席[注 23]
    • 『アフター6ジャンクション2』(第4週を除く)火曜パートナー:2023年10月3日 -
      • 番組のタイトルを変更するだけにとどまらず、『アフター6ジャンクション』では『Nスタ』平日版の一部(18時台のJNN全国ニュースパートおよび関東ローカルパート)と重複していた放送枠(TBSラジオでは基本として月 - 金曜日の18:00 - 21:00)を『Nスタ』本番後の時間帯(月 - 木曜日の22:00 - 23:30)へ移動させるなどのリニューアルを敢行。このリニューアルを機に、出演の曜日を(カレンダーで4週目に当たる)第4週を除く火曜日に変更したうえで、(毎週火曜日にメインキャスターを務めている)『Nスタ』の本番後に出演することになった。なお、(カレンダーで4週目に当たる)第4週の火曜日には山本匠晃をパートナーに充てているが、火曜日が5日にわたる月(2024年1月など)には日比が第5週(5週目の火曜日)にもパートナーも務めている。

ポッドキャスト[編集]

  • SDGsジャンクション~地球を笑顔にするRADIO~(案内役)
    • 2022年10月から2023年9月までは、『アフター6ジャンクション』で毎月第3水曜日(2023年3月までは19時台の後半→翌4月からは18時台の後半)にフロート番組[注 24]として内包されていた。『アフター6ジャンクション2』の放送を開始した2023年10月以降は、「TBSラジオPodcast」のコンテンツとして、毎月第3火曜日の同番組本番後(23:30)から最新回を配信[62]

YouTube[編集]

  • GAME × GAME powered by TBS【ガメガメ。】(不定期)
    • TBSテレビアナウンサーとしての先輩で、同社新規IP開発部内の「eスポーツ研究所」所員を兼務している宇内梨沙を中心に運営しているチャンネル。初出演は2024年5月15日から配信されているカラオケ対決シリーズで、他の企画での出演歴がある吉村と共に朝倉未来との対決に臨んでいる。
    • 宇内は『アフター6ジャンクション』シリーズにおけるレギュラーパートナーの1人で、同番組が放送されていた2020年からチャンネルを開設している。もっとも、日比の初出演は、現職のTBSテレビアナウンサーによるレギュラーパートナー陣で最も遅かった。

過去の出演番組[編集]

TBS入社後[編集]

地上波テレビ[編集]

  • はやドキ!(キャスター)
    • 金曜日担当:2016年10月 - 2016年12月
    • 木曜日担当:2017年1月 - 2017年3月
    • 火曜日担当:2017年4月 - 2017年12月
      • TBSテレビへの入社後に初めて担当したレギュラー番組の一つで、2017年12月にレギュラー出演を終了してからも、不定期で登場することがあった(2018年1月3日放送の『新春スペシャル』など)。
  • イベントGO!(2017年2月ほか、不定期でナビゲーターを担当)
  • ひるおび
    • コーナープレゼンター:2017年4月 - 2019年3月/2019年10月 - 2020年9月
      • あさチャン!』への全曜日出演(後述)を2020年10月に始めるまでは、午後枠「ひるおびハテナ?」のプレゼンターを主に務めていた。2017年4月から9月まで月曜日のみ、2017年10月から2018年3月まで月・火・金曜日、2018年4月から2019年3月まで月・水・金曜日、2019年10月から2020年9月まで月曜日のみ(この期間には午前枠のプレゼンターも)担当。
      • 上記の期間中で自身の出演日に江藤(本来のアシスタント)が休演する場合には、13時台のニュースキャスターを担当しない日に限って、午後枠のアシスタント代理を兼務[63]。『あさチャン!』のキャスターに専念してからも、2020東京オリンピック開催期間中の2021年7月23日(金曜日)・27日(火曜日) に、国立競技場前特設スタジオからの生中継でオリンピック関連コーナーのキャスターを務めた[64]
    • 金曜日のアシスタント:2021年10月1日 - 2022年12月23日
      • 『Nスタ』金曜キャスターへの異動に伴ってアシスタントを卒業してからも、生中継やロケ企画で折に触れて出演(詳細後述)。
    • JNN NEWS」のキャスター
      • 木・金曜日の13時台:2018年10月4日 - 2019年3月29日
      • 水曜日の11時台:2021年10月6日 - 2022年12月28日
        • 江藤が2021年10月1日から『THE TIME,』(『あさチャン!』の後継番組)の木・金曜日で進行キャスターを務めることに伴って、『ひるおび!』(当時の番組タイトル)でのアシスタント担当曜日を全曜日から月 - 水曜日へ変更することを背景に、同日から金曜日のアシスタントとしてレギュラー出演を再開[19]。水曜日にはニュースキャスターとして、2021年の4月改編から出水と上村が隔週交代で出演していた『JNN NEWS』(基本として11時台のみ)を担当していた。
        • 2022年8月以降の金曜日には、『ひるおび』の本編(延べ3時間5分)でアシスタントを担当した後に、『Nスタ』でも全編(関東ローカルパートを含めて3時間11分)にわたってメインキャスターやニュースプレゼンターを代行することが相次いでいた。『Nスタ』の「金曜キャスター」へ正式に起用されたことを受けて、『ひるおび』のアシスタントを、金曜日における2022年の最終放送(12月23日)で卒業。水曜日の『JNN NEWS』については、『ひるおび』内における2022年最後の放送(12月28日)までキャスターを担当した後に、2023年最初の放送(1月4日)から出水がキャスターに復帰している。
  • あさチャン!(2019年4月 - 2020年9月にレギュラー出演)
    • 2019年3月までの期間にも、生中継でリポートに赴いたり、スポーツキャスターで先輩アナウンサーの石井大裕に代わってスポーツコーナーを進行したりするなど、祝日や年末年始期間を中心に不定期で登場していた。
    • 2020年4月から、石井の後任者の1人として、水 - 金曜日にスポーツキャスターを担当。2020年10月から全曜日(月 - 金曜日)へ出演するようになったことを機に、スポーツコーナーを単独で担当しながら、MC(日本テレビ出身のフリーアナウンサーだった夏目三久)に近い役割で報道系の特集コーナー(同年12月までは「World特派員リポート」「ニュースQ」→2021年1月以降は「ニュース645」)を共同で進行[65]。最終回が放送された2021年9月30日(木曜日)をもって夏目が公の活動を終えることから、当日の放送中には、夏目の前で目を潤ませながら「(キャスター席の)お隣で(夏目と)御一緒できたことで、いつも凛としながらニュースに立ち向かっていく姿から、アナウンサーとしても女性としてもたくさんのことを学ばせていただきました。これからもずっと憧れの存在です。ありがとうございました」との言葉で感謝の意を伝えている[66]。なお、2020東京オリンピックの開会式当日(2021年7月23日)から閉幕翌日(8月9日)までの期間は、第2代国立競技場前か国際放送センター(IBC)内の特設スタジオからの生中継でオリンピック関連のコーナーにのみ出演。
  • 報道特集(2017年4月1日 - 2019年5月25日)
    • 基本としてスポーツコーナーだけを担当していたが、スポーツ関連以外のストレートニュースを読むこともあった。
  • JNNフラッシュニュース(2018年10月 - 2019年3月、土曜日担当)
    • 『報道特集』スポーツキャスターとの兼務扱いで、年に2回土曜日の夜間に放送される『オールスター感謝祭』内でも2018年秋に担当。2019年3月で土曜日のレギュラー放送枠が廃止されたため、同枠では最後の担当者になった。
  • みんなのえいが(2017年4月17日未明(16日深夜) - 2018年3月12日未明(11日深夜))
  • トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!(2018年4月4日 - 9月19日) - 最終アシスタント
    • 放送日が水曜日で、関東地区での放送の時間帯が『アフター6ジャンクション』と重なっていた。
    • 動物を取り上げた番組では、2022年12月23日に放送の特別番組『キングオブアニマル』でも進行を担当。
  • ゴゴスマ -GO GO!Smile!-CBCテレビ制作、2018年10月4日 - 2019年3月29日、木・金曜日ニュース担当)
    • TBSや一部の系列局で同時ネットを実施しているニュースコーナー(TBS報道局からの生中継パート)で、前述の『ひるおび!』13時台に続いてキャスターを務めた。2020東京オリンピックの開催期間中の2021年7月23日(金曜日)には、国立競技場前特設スタジオからの生中継で、『ひるおび!』に続いてオリンピック関連のコーナーへ出演。
      • ロシアによるウクライナへの侵攻が始まった2022年2月24日(木曜日)には、TBSテレビ系列の番組では最も早く、オープニングの直後(14:00過ぎ)に侵攻開始の一報をTBSテレビ報道局内のニューススタジオから伝えた。当時は番組内のニュースキャスターから退いていたが、本来木曜日のニュースを担当している上村が北京冬季オリンピック(同月20日閉幕)取材から日本へ帰国後にCOVID-19対策との兼ね合いで同局への出勤を見合わせていたこと(当該項で詳述)を受けて、『ひるおび』内の「JNN NEWS」(前述した11時台・13時台)からニュースキャスターを代行していた。
    • 放送上は2022年1月から、『Nスタ』の平日版で「総合司会」を担当する日に、「きょうの"気になる"60秒」(『ゴゴスマ』と『Nスタ』のスタジオを生中継でつなぐクロスプログラム)へ登場。「60秒」で取り上げるトピックに関するクイズや質問を、他の「総合司会」(ホラン・井上貴博)と石井亮次(『ゴゴスマ』のMC)へ投げ掛けている。
  • 消えた天才(2018年10月 - 2019年8月)- レギュラー版で進行を担当
  • 立派なお家にピンポンしてみた(2018年10月17日から不定期で放送されていた特別番組) - スタジオ進行と一部の「ピンポン」(豪邸への突撃ロケ)取材を担当
  • 有田哲平の夢なら醒めないで「私たちは迷走しています…TBS女子アナスペシャル」(2019年2月5日)
    • 山本里菜、後輩の良原安美、当時の先輩アナウンサーだった宇垣美里林みなほと揃ってゲスト出演。当時コーナープレゼンターを務めていた『ひるおび!』のスタジオで、女性の観客を前に生放送で披露していたプレゼンテーションを、アシスタントの大橋未歩テレビ東京出身のフリーアナウンサー)から高く評価されていた[67]
  • 集団左遷!!日曜劇場版) - 第4話(2019年5月12日放送分)にカメオ出演
  • 安住紳一郎と2019年上半期のTBS(2019年7月6日の深夜に関東ローカルで放送) - 同僚アナウンサーの安住、宇賀神、山形純菜と共に出演
  • 上田晋也のニュースな国民会議(2019年9月8日および2020年2月15日・6月6日・10月24日に関東ローカルで生放送) - スタジオ進行を担当
  • 国立競技場 こけら落としイベント独占中継(2019年12月21日の21:00 - 22:00に生放送) - 前述 
  • From TBS(曜日を問わず関東ローカルで随時放送、2020年4月1日 - 2022年4月1日) - ナビゲーター
    • TBSテレビの女性アナウンサーからは初めての起用で、当初の予定より長く、2年間にわたって担当[68]。ナビゲーターへの起用と同じタイミングで始まった『TBS新番組プレゼン祭』(教室のセットで複数のアナウンサーが制服姿で新番組を紹介する関東ローカル向けの改編告知番組で年に2 - 3回放送)にも、2021年春(4月放送分)まで「プレゼンター」の1人として出演していた[69]
      • 日本国内には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が2020年の初頭から始まっていて、ナビゲーターの起用直後には、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の下で不要不急の外出の自粛が要請されていた。このような事情で(通常実施している)TBS本社内での収録の目途が立たなかったことから、宣言の発出期間中には、自身が出演するシーンの動画を自宅で撮影。本人曰く「スマートフォンでの自撮り」であったが、撮影された動画は後日放送の映像に組み込まれた[68]
      • 『Nスタ』平日版ニュースプレゼンター担当初日(2021年10月4日)のJNN全国ニュースパートでは、メインキャスターの井上貴博から「今日から番組に加入するのは、『今夜のTBSは』(でお馴染み)のあのアナウンサーです」と紹介されたため、『From TBS』がTBS以外のネット局で一切放送されていないにもかかわらず、「『今夜のTBSは』として放送する場合の(前述した3秒メッセージに続く)コールと仕草を再現したうえで、全国の視聴者に向けて挨拶する」という一幕があった。
    • 放送上は、ナビゲーターを卒業してからも、「ハリー・ポッターと呪いの子」東京公演のTBS応援大使や、TBSの「SDGs大使」としての活動の一環などで随時登場している。
  • CDTV ライブ!ライブ!(中継リポーター)
    • 宇内[注 25] と交互に、「出張 ライブ!ライブ!」(生中継企画)の進行を担当。レギュラー化前の2020年3月16日に放送された『 CDTVスペシャル! 卒業ソング音楽祭2020』でも、 森山直太朗出演の生中継パートでリポーターを務めた。月曜日夜間でのレギュラー化後は、12月31日深夜 - 1月1日未明に編成される『年越しスペシャル』にも出演。月曜日に『Nスタ』への出演を再開した2021年10月以降も、「出張 ライブ!ライブ!」の担当に名を連ねていたが、実際に出演する機会は『年越しスペシャル』などでの特別企画に限られていた。実際には同年の『年越しスペシャル』を最後に出演が途絶えていて、TBSテレビが「アナウンサー名鑑」などで公開しているプロフィールでも、2023年4月以降は「担当番組」として扱われていない。
    • レギュラー化後の2020年10月28日に放送された『CDTV特別編 みんな歌える!神プレイリスト音楽祭』では、東野幸治DAIGOBREAKERZ)と共に司会を担当。番組発のライブイベントとして2021年から始まった「CDTV ライブ!ライブ!フェスティバル!」(詳細後述)でも、2022年まで進行役を任されていた(2023年からは声優下野紘が担当)。
    • 生放送の音楽番組では、2001年から年に1 - 2回編成されている『音楽の日』でも、TBSテレビへの入社後に『あさチャン!』とのコラボレーション企画などで生中継を進行している。
  • 東大王(2021年4月28日・11月3日、2022年3月16日・11月2日、2023年11月8日)
    • 2022年3月16日放送回には(江藤・宇賀神・田村・バナナマンと共に東京公演の「TBS応援大使」を務めている)「ハリー・ポッターと呪いの子」チーム、それ以外の放送回には「SDGs大使」チームの解答者として収録に参加。いずれも水曜日の放送で、関東地方では放送の時間帯が『アフター6ジャンクション』と重なっていたが、同番組の生放送にも通常どおり出演している。
  • 愛のウップン!(進行)
    • 事前収録番組で、『土曜☆ブレイク』(関東ローカル向けの特別番組枠)での第1回放送(2021年10月16日)[70]を経て、2022年3月8日から全国ネット向けの放送へ移行[71]。全国ネット版の第3回放送日(2022年9月7日)は水曜日で、放送枠が20:00 - 21:57に設定されたが、21:00までは生放送番組の『アフター6ジャンクション』にも通常どおりパートナーとして出演している。
  • 快答!50面SHOW(アシスタント)
    • TBSでは2021年6月20日から7月25日まで、『日曜グランプリ』枠で関東ローカル向けに6回シリーズで放送。
  • チョコプラの超(スーパー)ヒット商品研究所』(チョコレートプラネットのMCでTBSグループの通信販売事業と連動した55分番組)
    • 2021年7月4日の関東ローカル放送を皮切りに(30分の短縮版を含めて)TBSテレビ、系列局、BS-TBSで順次放送された第1回でのみ、スタジオ収録や一部の商品体験ロケを進行。
  • ラヴィット!
    • アシスタント代理(2022年2月1 - 3日)
      • 前月(2021年の1月下旬)に判明した新型コロナウイルスへの感染に伴う療養[72][73][74]から復帰した[75]ばかりであったが、本来のアシスタントである田村真子(後輩アナウンサー)にも感染が確認されたことに伴って、生放送のレギュラー番組(1日は『Nスタ』・2日は『JNN NEWS』『アフター6ジャンクション』)への出演と並行しながら代演[76]。MCの川島明麒麟)も感染に伴う療養で出演を見合わせていたため、代演の期間中は、川島以外のお笑い芸人が日替わりでMCを務めていた[77]
    • ロケ企画のゲスト(いずれも『Nスタ』担当日の午前中に放送)
      • 「アルピーのお悩みアナウンサー変身計画」(2023年5月9日=火曜日)
      • EXITのテンションアゲアゲグルメ」(2023年6月2日=金曜日) - 中村仁美と揃って出演
  • プチブランチ(2022年10月3日 - 2023年1月) - 進行
    • 『王様のブランチ』シリーズの関東ローカル向け収録番組で、月 - 木曜日に『ひるおび』の前枠で放送。放送上は、『王様のブランチ』と同じパターンで野村と交互に出演していた。『Nスタ』金曜キャスターへの就任に伴って、2023年の初回(1月4日=水曜日放送分)で卒業を発表していたが、放送上は同月17日(火曜日)のロケ企画(2022年末に収録)まで登場。
  • 情報7daysニュースキャスター(2023年1月7日)
    • 本来は三谷幸喜脚本家)とのコンビで司会を務めている安住が、COVID-19への罹患によって2023年1月4日から生放送番組への出演を見合わせていることを受けて、通常は安住が番組の終盤(23時台の前半) にスタジオセットから伝えている『JNN NEWS』をオープニングパートと終盤に担当。1月7日は土曜日で『王様のブランチ』に出演していたが、この日の『ニュースキャスター』(『Nキャス』)では三谷が単独で司会を任されていたため、地震などの「万が一の事態」が『Nキャス』の本番中に生じた場合に三谷に代わって対応することも想定されていた[79][注 26]
  • アッコにおまかせ! - 「おまかせ!コレキテル!?」(話題のスポット・商品・サービスを取り上げるロケ企画)のリポーター
  • 関東大震災から100年 あす巨大地震が来たら(2023年9月1日の17:50 - 20:00に全国ネットで放送) - ロケリポートの一部を担当
    • 当日は金曜日(防災の日)だが、レギュラーで担当している『オオカミ少年』を休止・『Nスタ』の放送枠を短縮したうえで、全編収録の『JNN報道特別番組』として編成。ホラン千秋がスタジオパートのMCと、日比とは別のロケ企画で避難体験のリポートを担当した。また、関東地方では『Nスタ』に続いて放送された[81]ため、放送上は『オオカミ少年』の放送週と同じく2番組連続で登場。
  • 笑える!泣ける!動物スクープ100連発(2019年から年に4回のペースで放送)
    • 初回から同期の伊東→第16回(2021年4月1日放送分)から野村が担当してきた進行役を、第34回(2023年12月28日放送分)[注 28]で引き継いでいた。
  • TBS系人気番組対抗 オールスタードッキリ祭(2024年1月7日)
    • 放送時点でのレギュラー番組から、『Nスタ』と『オオカミ少年』がエントリー。『Nスタ』では森田正光(金曜日に共演している気象予報士)が仕掛けた「今夜アナウンサーが変身します」(変身ドッキリ企画)のターゲット、『オオカミ少年』ではおいでやす小田に対する「浜田病欠代打MCドッキリ」の仕掛け人の1人として参加。
  • ナレーションに専念していた番組
  • 火曜ドラマ」枠で放送された連続ドラマ
  • 音楽関連の特別番組
    • 演歌の乱 - 2017年12月9日に全国ネットで放送された第1弾で、先輩アナウンサーの駒田健吾と共に司会を担当[85]
    • 生放送で満点出せるか100点カラオケ音楽祭
      • 第2回(2020年8月30日)と第3回(2021年1月16日)で、楽屋からの中継リポートを担当(第1回のリポーターは江藤)。タイトルに「生放送」を冠しているが、第3回では放送日が放送の決定後に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出期間中と重なったため、撮って出し方式による収録番組として放送された。
    • 令和3年度 こども音楽コンクール(2022年3月)
      • TBSラジオなどが主催する「こども音楽コンクール」から派生した30分間の収録番組で、参加経験者の1人である青島広志作曲家)と共に、受賞校の児童たちに対するリモート方式でのインタビューなどを担当。3月11日にBS-TBSから全国向け、同月13日にTBSテレビから関東地方向けに放送された。
      • 自身も、横浜雙葉小学校吹奏楽部の一員として、5年時(平成16年度)と6年時(平成17年度)の「こども音楽コンクール」に東日本Aブロック(TBSラジオが担当する地域の1つ)から参加。審査の過程で他の部員と共に演奏した楽曲が、TBSラジオ版の『こども音楽コンクール』で放送されていた。TBSテレビへ入社してからも、横浜雙葉小学校の吹奏楽部が在籍中と同じ責任教師の下で参加していた東日本Aブロックの演奏会に、「司会」として立ち会ったことがある[8][86]
  • スポーツ関連の中継・特別番組
    • ニューイヤー駅伝中継(JNN系列全国ネットで元日に放送)- 2018年から2022年まで、実況以外の役割(中継所からのリポートや選手へのインタビューなど)を担当。
      • 2018年から2020年までは、一部中継所からのリポートを担当。2018年と2020年には、中継が始まる前に、スタート地点の群馬県庁から『森田さんのニッポンの初日の出』(TBS本社からの生放送による新春特別番組)向けの初日の出リポートも任されていた。
      • 2021年と2022年には、前夜から放送される『CDTV ライブ!ライブ!年越し音楽祭』へ出演した後に中継へ合流。2021年の中継では、(TBSと一部のJNN系列局でのみ放送される)直前情報パートの進行、群馬県庁からのスタート直前リポート、初田啓介(先輩のスポーツアナウンサー)の後任で優勝チームの監督・出場選手へのインタビューを任された。同年にはクイーンズ駅伝のテレビ中継で実況デビューを果たしたが、2022年のニューイヤー駅伝中継では、実況ではなくリポーターを再び担当。
      • 英語圏出身の選手が担当区間のタイムで区間1位(区間賞)を記録した場合や、所属チームの総合優勝に貢献した場合に、当該選手に対して通訳を兼ねたインタビューへ臨むことがあった。
    • 平成スポーツあったなぁ大賞(2019年4月7日) - 『消えた天才2時間半スペシャル』(18:30 - 21:00)からのステブレレスで編成されたため、放送上は2番組連続で進行を担当。
    • マラソングランドチャンピオンシップ中継(TBSテレビ・NHK総合テレビ共同制作、2019年9月19日) - 沿道リポーター
    • 世界陸上2019ドーハ(2019年9月 - 10月) - 現地リポーター
    • 第47回JALホノルルマラソン2019(2020年1月13日、同年2月2日の10:00 - 11:00にBS-TBSで全国放送)
    • クロスカントリー日本選手権2020中継(RKBテレビ制作、2020年2月22日) - スタジオMC
    • ゴールデングランプリ陸上
      • 2020年大会で「陸上好き女子会」(テレビ中継と連動したYouTube向けの動画ライブ配信イベント)の進行[87]、2022年大会のテレビ中継でウォームアップエリアからのリポートを担当。
    • プリンセス駅伝中継(2020年10月18日・2022年10月23日) - 進行(スタート・ゴール地点のリポート)と、出場チームの選手や監督へのインタビューを担当。
    • ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう
      • 月曜日に初めて編成された2020年に、初めて進行を任された。『速報!ドラフト会議 THE運命の一日』と改題された2021年にも月曜日(10月11日)に放送されたが、前枠番組の『Nスタ』で前週(4日)から務めているニュースプレゼンターに専念。
    • 2020東京オリンピック(放送上は2021年7月23日から閉幕翌日の8月9日まで報道活動に従事)
      • 『あさチャン!』『ひるおび!』『ゴゴスマ』や競技中継内の関連コーナー(第2代国立競技場前かIBC内の特設スタジオからの生中継)でキャスター、TBSテレビ放送分の柔道野球競技中継(総合司会は安住)で競技会場からのリポート[注 29]、メダルを獲得した日本代表選手(総勢で約30名)へのインタビューを『あさチャン!』や『新・情報7days ニュースキャスター』(『情報7daysニュースキャスター』の当時の名称)[注 30] の生放送中にIBC内の特設スタジオで担当。
        • 野球競技準々決勝・日本アメリカ戦(横浜スタジアム)のテレビ中継(2021年8月2日)に際しては、『Nスタ』内の全国ネット向け直前中継へ上原浩治と揃って登場したのに続いて、『よんチャンTV』(上原の地元局である毎日放送の関西ローカル向け報道・情報番組)内のローカル向け直前中継にも上原・中居正広と共に出演。日本代表のメダリストに対するインタビュー取材は、閉幕後にも『あさチャン!』向けにロケ方式で続けていた。
      • 2020東京パラリンピックの開催に際しても、『あさチャン!』のスポーツキャスターとして、日本代表選手の一部を開幕前に取材していた。開催期間中(2021年8月24日 - 9月5日)にはTBSテレビ系列で一部の競技中継やダイジェスト番組を放送しているが、自身は夏季休暇をはさんで、『あさチャン!』のスタジオから競技のルールや見どころ、競技に使用する道具、主な競技の結果、注目の選手を紹介することに事実上専念。
    • サッカー国際親善試合 パリ・サンジェルマン川崎フロンターレ戦中継(2022年7月20日)- 中継先(第2代国立競技場)内のスタジオMC
    • WBCを今からハイパー楽しむぞスペシャル(TBSテレビの制作で2023年3月4日の14:00 - 14:54に放送) - 進行

この他にも、レギュラー(または単発)で放送されるバラエティ番組(『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』やパイロット版時代の『オトラクション』など)で、スタジオ(またはロケ)の進行やナレーションを随時担当。

  • 以下はNHKと「民放」(放送対象地域が関東広域圏である地上波民放テレビ5局)の共同制作によってNHK総合テレビで全国向けに放送された番組で、6局のアナウンサーから1局につき1 - 2名が出演することを受けて、「TBSテレビの代表」としてNHK放送センターでの収録に参加。
    • 1.5℃の約束 いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。(2023年9月24日の10:05 - 11:00に放送、詳細後述
    • 明日をまもるナビ』「被災地との声に耳を傾ける」(2024年4月7日)
      • 「NHK民放6局防災プロジェクト」の第4弾に当たる特別企画で、能登半島地震の発生直後から取材を目的に「被災地」の能登地方へ赴いていた6局のアナウンサー(東日本大震災が発災した2021年以降の入社・入局組)から、今井翔馬(NHK)・中島芽生日本テレビ)・山木翔遥テレビ朝日)・田中瞳 テレビ東京)・木村拓也フジテレビ)と揃って出演。熊本地震の発生(2016年4月)直後に熊本県内の被災地を取材していたフジテレビの伊藤利尋(木村の上司)と、「NHKアナウンサー」としての初任局(能登地方が放送対象地域に含まれるNHK金沢放送局)で東日本大震災被災地への支援に関する取材企画へ携わっていた片山千恵子が共同で進行していた。
      • 日比自身は、収録後の2024年4月3日(水曜日)に台湾の東部で花蓮地震が発生したことを受けて、翌4日(木曜日)から急遽渡台。『Nスタ』と『ネットワークトゥデイ』(TBSラジオがJRN向けに制作している平日夕方の全国ニュース)向けの取材リポートを5日(金曜日)まで担当していたため、メインキャスターを務める同日の『Nスタ』には、取材先の花蓮市から生中継で出演していた。

TBSテレビでは上記以外にも、レギュラー(または単発)で放送されるバラエティ番組(『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』やパイロット版時代の『オトラクション』など)のスタジオ(またはロケ)進行やナレーションを随時担当。

BS放送[編集]

BS-TBS限定で放送された番組のみ記載。

  • サウンド・イン"S" クリスマススペシャル(2018年12月22日) - インタビュアー
  • バレーボール日本代表国際親善試合~東京チャレンジ2021~日本代表中国代表戦中継(2021年5月1日) - コートサイドリポーター兼インタビュアー
  • スイモクチャンネルシリーズ
    • 『スイモクチャンネル』としての第1回(2020年4月1日)で放送された「アナウンサーのモーニングルーティン」を皮切りに、前述した「女子アナが本気で歌ってみた」や「45秒踊ってみた!」といったアナウンサー企画へ随時登場。
      • 2020年10月からは、「女子アナが本気で歌ってみた」というカラオケ企画に後輩の宇賀神・野村・篠原梨菜(いずれも当時は自身と同じく『あさチャン!』のレギュラーアナウンサー)・近藤夏子と参加。『スイモクチャンネル』シリーズにレギュラーで出演していないにもかかわらず、自身の歌った『ドライフラワー』(男性シンガーソングライター・優里の楽曲)の収録音源が、『スイモクちゃんねる』に改題後の2021年4月から最終回(同年9月23日)までエンディングで流れていた[89]
  • オトナを楽しもう 春のよいの日 生放送スペシャル(2023年4月1日の19:00 - 20:54に放送)- 進行

ラジオ[編集]

  • ジェーン・スー 生活は踊る(前述)
  • THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ好奇心家族(2017年10月6日 - 2018年3月30日、金曜アシスタント)
  • サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ(2017年7月2日未明 - 2018年12月30日未明、ナレーション)
  • 都市型生活情報ラジオ 興味R(2017年9月18日ほか)
  • 伊沢拓司のクイズ年録2020(2020年12月24日) - 先輩アナウンサーの杉山真也と共に進行を担当
  • アシタノカレッジ
    • 「ちょっといいこと短歌」(月曜日)スタジオパートナー:2022年2月21日[92]
      • 2022年末まで放送されていた短歌の投稿企画。同僚のアナウンサーもパートナーを随時務めていたほか、自身がスタジオへ出演しない週に、自作の短歌がパーソナリティのキニマンス塚本ニキから紹介されることがあった。
    • 「アシタノChat Lounge」(水曜日)ニュースリーダー:2023年4月5日 - 2023年9月20日
      • 水曜日の『アフター6ジャンクション』へ出演している場合[注 31]に、放送日までの1週間の日本における社会の動向・状況について、番組側で選んだ3項目のトピックスを紹介する[93]目的で放送の当日(同番組の本番前後)にナレーションを収録[94]
      • 「アシタノChat Rounge」は2023年9月25日(月曜日)、『アシタノカレッジ』自体は同月28日(木曜日)をもって放送を終了。これを機に『アフター6ジャンクション』が『アフター6ジャンクション2』と改題したうえで『アシタノカレッジ』の最終放送枠(月 - 木曜日の22:00 - 23:30)を引き継ぐことから、放送上は当該時間帯の生放送番組へのレギュラー出演を『アフター6ジャンクション2』の(第4週を除く)火曜パートナーとして継続している。
  • JRN・TBSラジオ報道特別番組『開票ライブ!参院選2022』(2022年7月10日) - 第1部(TBSラジオでは20:00 - 翌11日の1:00に生放送)の司会を荻上チキと共同で担当[95]
    • TBSラジオで平日の夕方に『アフター6ジャンクション』(『アトロク』)の本番開始10分前(17:50)まで関東ローカル向けに放送されている『荻上チキ・Session』(荻上がメインパーソナリティを務める報道系の生ワイド番組)[注 32]をベースに制作された開票特別番組で、放送中には主要政党幹部へのインタビューも担当。上記の時間帯に関東地方(1都6県)のAM・FMラジオ20局からradikoを通じて実施していた放送番組のサイマル(ライブ)配信において、時間帯平均のシェアが全20局中1位(25.1%)を記録するなど大きな反響を呼んだ(当該項で詳述[96]
  • 朗読のミカタ(平日の午後に放送されていたJRN全国ネット向けの事前収録番組)
    • 2022年12月26日(月曜日) - 30日(金曜日):「2022年を代表する楽曲の歌詞」
      • 『アトロク』のパートナーを務めているTBSテレビのアナウンサーでは最も遅い時期での出演ながら、2022年の最終週に放送されることを前提に、「2022年を代表する」という観点で選ばれた楽曲[注 33]の歌詞を朗読。2023年1月から週4日(月 - 木曜日)の放送へ移行[注 34]することに伴って、2022年内の最終回(12月30日)で金曜分の放送を終了したため、金曜日および週5日の放送体制における最後の出演者にもなった。
    • 2023年3月16日(木曜日):ドキュメンタリー映画『War Bride 91歳の戦争花嫁』[97]
      中で紹介されている手紙の朗読
      • TBSテレビのプロデューサーとして『半沢直樹』などのドラマを手掛けていた川嶋龍太郎が、「第二次世界大戦の終戦から5年後(1951年)に、自身の伯母(日比にとっては横浜雙葉学園での大先輩に当たる女性)が(大戦中の日本では『敵国』とみなされていた)アメリカから日本に駐留していた軍人との結婚を経て20歳で渡米した」という実話を基に、当時の世相を物語る映像などを交えながら制作した作品。この作品を上映する「TBSドキュメンタリー映画祭2023」が、放送の翌日(3月17日)からヒューマントラストシネマ渋谷で開催されることに合わせて収録された[98]。ちなみに、劇場版では山根基世が朗読とナレーションを担当[99]
      • 基本として1週分の朗読を1名が担う番組で、2023年3月30日(木曜日)に放送を終了。ただし、上記の朗読が放送された週(3月13日・14日・16日)には、「別の朗読者(山本匠晃)が別のテーマ(映画の興行収入)というテーマで2日分(13日・14日)の朗読を担当する」という番組史上唯一の措置も講じられていた。
  • 関東電気保安協会 presents スガシカオ25th ANNIVERSARY RADIO -tomoshibi-(2023年2月3日) - スガシカオの紹介ナレーション
    • TBSラジオが金曜日の20時台に編成した関東ローカル向けの特別番組。放送の時点では『アトロク』(前述した「アトロク フューチャー&パスト」)をJRN14局ネットで編成している時間帯に当たっていたため、この日の『アトロク』では、20時台限定でネット全局への裏送りを実施した。
  • パンサー向井の#ふらっと(2023年5月18日・2023年11月23日、 いずれも高橋ひかるが「パートナー」・喜入が「アシスタント」という肩書で事実上のパーソナリティを務める週の木曜日)
    • 2023年5月18日放送分への出演については後述。同年11月23日(勤労感謝の日)には、「いいつまみ(1123)の日」でもあることにちなんで酒に合うつまみを「ふらっとトピック」(午前9時台のコーナー)で紹介する[100]など、ほぼ全編にわたって出演している[101]
  • 西加奈子×ジェーン・スー『わたしに会いたい』発売記念 特別対談『I miss me』(2023年11月23日)
    • 西が執筆した小説『わたしに会いたい』が2023年11月2日に発売されたことを受けて収録された特別番組で、『アフター6ジャンクション2』木曜分の放送枠に編成。日比は進行のナレーションに加えて、『わたしに会いたい』から一節の朗読を任されていた。
  • アシスタント森本(2024年の新春特別番組)
    • 「『新米パーソナリティ』(浜口京子コウメ太夫など4名)のアシスタントを森本晋太郎トンツカタン)が務める番組は、『ラジオ番組』として成立するのか?」というテーマで2023年内に収録されたドキュメント系バラエティ番組[102]。放送時間は1時間で、TBSラジオが2024年1月1日(月曜日)の16:00から放送した後に、秋田放送北日本放送山梨放送で時差ネットを順次実施することが予定されていた。
    • TBSでは、1月1日の放送中に令和6年能登半島地震(前述)が発生したことを受けて、16:12頃から地震関連のニュース速報を挿入。後に(北日本放送の放送対象地域である富山県など)広い範囲で緊急地震速報津波警報が出される事態に至ったため、『アシスタント森本』の放送を中断したまま緊急報道体制へ移行した[103]。その一方で、秋田放送では当初の予定に沿って当日の20:00 - 21:00、山梨放送では翌2日(火曜日)の15:00 - 16:00に完全版を放送。さらに、地震の発生に関連した警報や注意報が2日の10:00までにすべて解除されたことを踏まえて、北日本放送でも同日の15:00 - 16:00に放送した。なお、TBSでは1月22日の2:00(21日の26:00)から振り替え放送を実施している[104]

オンデマンド配信[編集]

  • すっぴんオンデマンド(2016年12月16日 - 2018年3月20日) - 同期入社の伊東・山本恵里伽と共演

YouTube[編集]

  • English Room - 2022年に「TBS NEWS DIG」の公式チャンネルから3回にわたって動画をライブ配信
    • 主に日本国内で英語を学んでいた経験を背景に、小学4年時から高校2年時までアメリカ合衆国ジョージア州で生活していた出水麻衣(先輩アナウンサー)を「先生」として、英会話や海外旅行などに重宝しそうな表現を直近のニュースや双方の体験からおよそ1時間にわたって紹介。第1回の配信(2022年2月23日)をはじめ、一部の回ではTBS NEWS (CS放送) の『あかさか実験室』(単発番組枠)でサイマル放送を実施していた。

TBS入社前[編集]

その他の活動[編集]

特記しない限り、TBSテレビ入社後の主な活動を記載。

イベントでの司会
  • Sony Music Records×TBS Presents「Voice JAM」(2018年8月3日、duo MUSIC EXCHANGE)
    • 2020年3月21日に、BS-TBSでダイジェスト番組を放送。
  • TBS DigiCon6 - 2019年から「JAPAN Awards」の授賞式などで担当(前述)。2023年には、アジア全域からの応募作品を対象に審査する「Digicon6 ASIA」でも、授賞式の司会を初めて任された。
  • CDTV ライブ!ライブ!フェスティバル!2021(2021年9月19・20日、東京ガーデンシアター)
  • CDTV ライブ!ライブ!フェスティバル!2022(2022年9月17・18日、同上)
    • 『CDTV ライブ!ライブ!』が初めて手掛けるライブイベントで、全ての公演日でParaviから動画の有料ライブ配信を実施。
  • JapanEventWeek2022「第9回ライブ・エンターテイメントEXPO」(2022年7月1日、東京ビッグサイト
    • 当日は金曜日で、『ひるおび』のアシスタントに続いて、「ライブ・エンターテイメントxSDGs」(西川貴教SUGIZOによるトークセッション)の「モデレーター」(進行役)を担当[106]
  • 吉田類の酒場放浪記』放送20周年記念ファンの集い Vol.1(2023年9月9日、新宿ロフトプラスワン
    • 当日は土曜日で、『王様のブランチ』の担当週でもあったため、開催の前には、同番組の特別企画として組まれていた東京ディズニーリゾートからの生中継も進行していた。
報道・啓発活動関連のCMやPR映像
  • TBS SDGs(2022年12月からTBSラジオで放送)
    • TBSグループによるSDGs達成への取り組みを紹介する啓発CMで、前述した『SDGsジャンクション』などと合わせて「地球を笑顔にするWEEK」(TBSグループがSDGsの達成に向けて2020年11月から展開しているキャンペーン)と連動。
    • 本人は、「地球を笑顔にするWEEK」の開始当初から2022年度まで「17人のTBSアナウンサー」の1人としてSDGs第7の目標(「エネルギーをみんなに」)の啓発活動へ参加した後に、同局の女性アナウンサーから初めて2023年度に「キャンペーン大使」へ名を連ねている。なお、「キャンペーン大使」としては本来の担当番組や『東大王』に加えて、以下の番組にも関連企画で出演。
      • 「2023春」以降:『ひるおび』
        • 金曜日の午前枠:「2023春」(2023年5月19日)・「2023秋」(2023年11月10日)・「2024春」(2024年5月3日)
          • 「地球を笑顔にする広場」(赤坂サカス内のキャンペーン関連イベント会場)からの生中継リポートで、総合司会を務める『Nスタ』の本番前に出演[107]
        • 木曜日の午後枠:「2024春」(2024年5月2日)
      • 「2023春」(2023年5月14日):『アッコにおまかせ!』
        • SDGsの達成に向けたセブンイレブン(キャンペーンパートナーの1社であるセブン&アイHDが運営)の取り組みを取材した映像を、前述した「おまかせ!コレキテル」枠の特別企画として放送[108]
      • 「2023春」(2023年5月18日):『パンサー向井の#ふらっと』(TBSラジオ)
        • 「パンサー向井」(メインパーソナリティの向井慧)と高橋ひかる(木曜パートナー)が自身と共に『一緒にやろう SDGsの日』(後述する特別番組)内の「東大王」(生放送によるクイズパート)で「オールTBSチーム」の一員として参加することを背景に、このパートへの予習を兼ねた「地球にもみんなにもやさし~いSDGsクイズ」の出題役として、『アフター6ジャンクション』出演の翌朝(木曜日)に「ふらっとトピック!」と「ふらっとひとやすみ」(いずれも午前9時台のパート)へ生出演[109]
      • 2023年5月20日(「2023春」の最終日):『一緒にやろう SDGsの日』(TBSテレビ系列における「2023春」のクロージング・プログラム)
        • TBSテレビ系列の全局で14:00から8時間放送された特別番組で、生放送パートの大半(前述したクイズパートや18時台に組まれていた『Nスタ』とのコラボレーションパートなど)に出演。出演しないパートでも、閉眼供養を終えた墓石の再利用に関するロケ取材の映像[注 36]が「TBS"生放送の顔"大集合!!」(『Nスタ』を代表してホラン千秋が出演していた15時台の生放送パート)で流されたほか、「ごみアートショー」(21時台)における赤坂サカス広場からの生中継で「実況」を担当した。
      • 「2023秋」(2023年11月9日):『news23
        • 水素エネルギーの最前線に関するロケ取材の報告を目的に、「SDGsキャンペーン大使」という肩書でスタジオに初登場。
      • 「2024春」(2024年5月4日):『超こどもの日 2100年まで生きる君へ』(16:00 - 20:00に生放送の特別番組)
        • 当日はこどもの日の前日(みどりの日)で、『王様のブランチ』を担当する週の土曜日でもあったが、同番組の本番終了2時間後から「キャンペーン大使」の1人として公開生放送に参加。また、放送中にTBS放送センター内のスタジオで開かれた「リメイクファッションショー」に『Nスタ』が協力することを受けて、放送時点でのキャスター陣を代表して「着なくなった衣服」をホラン千秋と共に提供した。
  • TBS NEWS DIG「16日分の天気予報を先取り」編(2023年2月18日から『JNN NEWS』の全国ニュースパート内などで放送)
    • スマートフォン向けアプリケーションの大幅なアップデート(2022年10月)によって、日常生活と密接に関連した気象情報を配信するサービスが増強されたことを紹介する目的で出演[110]
    • 上記のアプリケーションの一種である「NEWS DIG防災」では、人命に関わる防災情報(緊急地震速報津波警報大津波警報大雨特別警報など)を伝える際に流していた機械的な通知音を、2023年9月から日比と井上貴博によるアナウンス音源へ変更した。日比はこの音源の収録後に、「『人の声だからこそ伝わる力がある』と信じながら、1人1人の生命を守るために、短くても強い一言になるよう心を込めた」とのコメントを残している[111]
  • 国連広報センター民放NHK6局連動『1.5℃の約束 いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。』」(2023年9月10日からYouTubeなどで公開)
    • 世界の平均気温の上昇を産業革命以前に比べて「1.5℃」に抑えることの必要性に対する理解と、地球全体の気候変動へ歯止めを掛けることに向けた行動の変容を個人や組織に促すべく、国際連合(国連)と(TBSテレビを含む)日本国内の「SDGメディア・コンパクト」加盟企業が2022年から共同で推進しているキャンペーン[112]の一環として、本人曰く「(青山学院大学の3年時に前述した『NHKワールド JAPAN』の見学で足を踏み入れていたが、)TBSテレビへの入社が内定した当日から『二度と入れないだろう』と思っていた」というNHK放送センター内での収録(2023年8月)に臨んだ[113]。ちなみに、NHKからは高瀬耕造(収録の時点では大阪放送局に所属するチーフアナウンサー)、他の「民放局」(在京民放テレビ局)からは鈴江奈々(日本テレビ)、林美沙希テレビ朝日)、松丸友紀(テレビ東京)、安宅晃樹フジテレビ、いずれも収録の時点で現職のアナウンサー)が参加。
    • 2023年9月24日にNHK総合テレビから全国に向けて放送された同名の特別番組(同月10日に収録)にも、高瀬・鈴江・松丸・安宅および山口豊(テレビ朝日のアナウンサー)と揃って出演[113]。TBSグループで取り組んでいるペーパーレス施策の一環として、『Nスタ』『ひるおび』『news23』で使用するニュース原稿や進行表を、同年5月からデジタル配信(タブレットのモニターを介して表示・加筆・修正させる方式)へ完全に移行させていることを紹介した[注 37]。鈴江は収録の時点で毎週木・金曜日に『news every.』(日本テレビ系列における『Nスタ』平日版の裏番組)のメインキャスターを担当していたが、この収録を通じて、本人が「絶対にない」と思っていた日比(『Nスタ』金曜日のメインキャスター)との番組共演が初めて実現している[114]
  • TBS TVerセールス「日比麻音子アナウンサー編」(2024年4月からTVerとYouTube限定で配信されているPR動画)
    • TBSテレビがTVerから配信している動画向けにCMを出稿するスポンサーを募集する目的で、「流すなら‥」をテーマに、「江藤愛アナウンサー編」「田村真子アナウンサー編」と合わせて制作。
映画
  • スマホを落としただけなのに(2018年劇場公開、東宝) - スマホから流れる声だけの出演
  • だから私は前を向く 萌々花20歳(「難病と私 萌々花20歳」の映画版で『TBSドキュメンタリー映画祭2022』参加作品) - ナレーター
  • 骨噛み(2021年制作の短編アニメーション作品、監督:矢野ほなみ)- 音声ガイド向けの台本の執筆・ガイドのナレーションを担当[115]
    • 2021年に「DigiCon ASIA」をはじめ、数々の国際映画祭でグランプリを受賞。シネマ・チュプキ・タバタ限定のバリアフリー上映(2022年9月22 - 26日)に合わせた音声ガイドの制作に際して、「横浜雙葉学園の高等部時代に演劇部の脚本で手掛けて以来」という台本の執筆を、ガイドのナレーションと合わせて引き受けた[116]。上映期間終了2日後(9月28日=水曜日)の『アトロク』では、「日本のラジオ番組で初めての試み」(放送上の呼称は「フル上映」)と銘打って、実際に提供された音声ガイドの音源を全編にわたって「BEYOND THE CULTURE」(20時台の特集コーナー)で放送している[117]。シネマ・チュプキ・タバタでは、2023年の再上映(3月16日 - 30日)に際しても、このガイドを提供[118]
雑誌への寄稿
  • 月刊『ユリイカ』(青土社)2018年12月号(特集=雲田はるこ号)[注 38]「『いとしの猫っ毛』みいくんと恵ちゃんに感謝したいこと。」
    • 『いとしの猫っ毛』(雲田が手掛けたBL漫画)について、横浜雙葉学園への在学中に抱いていた恋愛観を交えながら、「BL初心者」の立場から感想を綴ったエッセイ。自身の執筆による文章を「TBSアナウンサー 日比麻音子」という名義で公表したことは、個人アカウントを開設しているSNSを含めても、このエッセイが初めてである。
  • 『月刊ワイン王国』別冊「ビール王国」Vol.32(ワイン王国、2021年10月14日刊行) - 「特別寄稿 忘れられないペアリング・エピソード1」(25ページ)
  • Sha Shin Magazine vol.3 Spell』(ふげん社、2023年1月20日刊行) - 打林俊(副編集長で写真史家・写真評論家)などと共にエッセイを寄稿
    • 日比が寄稿したエッセイのタイトルは「わたしを解き放つ一枚」で、出生直後の姿が祖母・実母と共に映っているモノクロ写真と合わせて174 - 175ページに掲載。
      • 打林は『アトロク』のリスナーで、「日比が2021年の誕生日に際して、『MASAHISA FUKASE』(「写真家深瀬昌久の集大成」とされる作品集)を宇多丸から贈られた」[注 39]というエピソードを誕生日前週(6月30日)の放送[119]で知ったことをきっかけに、このエピソードを『写真集の本 明治~2000年代までの日本の写真集662』(当時執筆していた飯沢耕太郎との共著書で同年10月5日にカンゼンから発売)の「著者紹介」(210ページ)へ日比・宇多丸の実名入りで加筆。『写真集の本』の刊行直前(9月22日)からは、写真に関する書籍やイベントに関する特集を『アトロク』水曜日の「CULTURE TALK」(18時台後半のコーナー)で取り上げるたびに、同コーナーのゲストとして日比と共演している[120]
新聞でのインタビュー特集
  • 日刊スポーツ』2023年3月26日付(文化・芸能面)「日曜日のヒロイン」
    • 『Nスタ』月・火・金曜日「総合司会」就任の前日に掲載されたため、紙面には(取材を受けた時点で担当していた)「『Nスタ』金曜キャスター」という肩書で登場。関係者を代表して、『アトロク』から宇多丸がコメントを寄せていた。
  • 毎日新聞』東京本社発行版朝刊(芸能面)「赤坂電視台」(2023年3月27日 - 29日)[121][122][123]
  • スポーツニッポン』2023年12月3日付(文化・芸能面)「あの人のモチベーション 夢中論」
    • 「午前1時にTBSテレビへ出勤する日々だった」という『あさチャン!』のキャスター時代から、週1回ペースの散歩で心身のリフレッシュを図っていることを、「『ウォーキング』というより『徘徊』に近い」という表現を交えながら告白[124]
  • デイリースポーツ』2024年1月4日付(芸能・社会面)「アナ番D」
    • 飲酒(『おんな酒場放浪記 よいの日WEEKスペシャル』向けのロケなど)にまつわるエピソードを披露しながら、「『女子アナ』という(世間での)イメージの壁を超えたくて戦い続けてきた」というアナウンサー生活を回顧[125]
  • サンケイスポーツ』2024年2月4日付(芸能面)「ヒューマン」
    • 『おんな酒場放浪記』2024年最初のロケ(同年2月9日本放送分)への密着取材記事で、ロケ中に飲む酒をつまみに合わせて自分で選んでいることを、ロケに立ち会っていた尾賀達朗(当時のチーフプロデューサー)が証言[126]
定期刊行誌への登場
定期刊行誌以外の雑誌媒体への登場
  • 美学生図鑑 - 青山学院大学への在学中に登場
  • 文春ムック「『週刊文春』グラビア特別編集 原色美人キャスター大図鑑2015」(文藝春秋、2015年2月12日刊行) - 刊行の時点で青山学院大学とスプラウトに在籍していたため、「現役女子大生キャスター」の1人として91ページで紹介。
  • 『アトロクプレゼンツ 高校演劇ZINE』シリーズ - 「Vol.1」(2022年2月に初版が刊行された第1号)のみ単独でのインタビュー記事、「Vol.2」(2021年11月刊行の第2号)以降の号で高校演劇経験者との対談記事に登場。
    • 『アトロク』の水曜日で高校演劇やZINE(個人や小規模なグループが非営利で制作する出版物)を特集したことをきっかけに、澤田大樹(日比と同じく高校演劇への造詣の深いTBSラジオ国会担当記者)の監修で制作が始まった部数限定の同人誌。第1号を2020年2月10・11日開催の「RADIO EXPO ~TBSラジオ万博2020~」会場(パシフィコ横浜)などで販売したところ短期間で完売したため、増刷分および、第2号の初版からは主に「TBSショッピング」(TBSグループが運営する通信販売サイト)で取り扱っている[128]。さらに、2023年の夏には「Vol.3」(第3号)を制作。
    • 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が日本国内へ最初に発出された2020年4月には、不要不急の外出の自粛が宣言下で要請されていたことを踏まえて、自身も「外出自粛新聞」というZINEを(号外を含めて)4号制作した(『アトロク』のアーカイブページ 限定で公開)。
一日警察署長

脚注[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教え子の1人に、ミュージシャン臼井ミトン(TBSラジオ『金曜ボイスログ』のパーソナリティ)がいる(日比がパートナーを務めていた『アフター6ジャンクション2』2023年10月10日放送分の「BEYOND THE CULTURE」へ臼井がゲストで出演した際に公表)。
  2. ^ 2020年11月には、クリスティアーノ・ロナウドプロサッカー選手で当時はセリエAユヴェントスFCに所属)に対して、リモート方式による英語でのインタビューへ単独で臨んだ模様が『あさチャン!』で放送された(参考)。
  3. ^ 日比が大学生時代に教育実習で母校(横浜雙葉高校)の教壇へ立った際には、佐々木が2年生のクラスに在籍。自身のクラスを受け持っていなかったものの、当時の日比の姿をよく覚えているとのことで、日比も佐々木の入社を知らされた際に「我が母校の妹が(TBSに)来た」という表現で喜びを露わにしたという。
  4. ^ 山本里菜は、2023年10月までTBSテレビへ勤務した後に、翌11月から、セント・フォース(スプラウトの親会社)でフリーアナウンサーとしての活動を事実上再開。
  5. ^ TBSラジオでの放送時間は20:00 - 28:00(翌7月11日の4:00)で、25:00(11日の1:00)までの5時間分を「第1部」・以降の3時間分を「第2部」として編成したほか、同局のYouTube公式サイトからスタジオ動画のサイマル配信を実施。TBSラジオ以外でJRNに加盟する(NRNとのクロスネット局を含む)全31局のうち、少なくとも一部の時間帯で同時ネットを実施する局は24局で、残りの7局(青森放送新潟放送CBCラジオ朝日放送ラジオMBSラジオ和歌山放送長崎放送)はネットを見送っている。なお、荻上・日比を初めとする主な出演者は、「第1部」と「アフタートーク」(「第1部」の放送終了直後にYouTube限定で配信されたスタジオ動画)にのみ登場。
  6. ^ 中継(19:00 - 21:30)の大半と重なる時間帯(21:00まで)にパートナーとしてレギュラーで出演していた『アフター6ジャンクション』では、金曜パートナーの山本匠晃を日比の代役に起用。
  7. ^ 来日から4ヶ月ほど後(日本時間の2022年11月20日 - 12月18日)にカタールで開催された2022 FIFAワールドカップでは、メッシがアルゼンチン代表・エムバペがフランス代表・ネイマールがブラジル代表FWとして出場。決勝でアルゼンチンがPK戦の末にフランスの大会2連覇を阻んで36年(9大会)振り3回目の優勝を果たしたほか、メッシが大会のMVP、エムバペが決勝戦でのハットトリック達成(大会通算8得点)によって得点王のタイトルを獲得した。ブラジル代表は準々決勝でPK戦の末にクロアチア代表に敗れたものの、この期間中の『ひるおび』では、大会の話題を取り上げる際に来日時のインタビュー映像を随時放送。
  8. ^ 井上は『Nスタ』平日版の「総合司会」と並行しながら、2022年4月からTBSラジオで冠ワイド番組(自身の企画による『井上貴博 土曜日の『あ』』)のパーソナリティを担当中。いずれの番組も生放送で、1日当たりの放送時間が3時間前後にわたるにもかかわらず、井上は同年12月まで日曜以外の全曜日で出演を続けていた。本人によれば、「自分も番組(『Nスタ』)もさらに高みを目指すために、かねてから(「総合司会」を担当する曜日の変更などについて)番組側・会社(TBSテレビ)側と話し合いを重ねていた」という。
  9. ^ 2023年の3月第3週の月・火曜日(14日・15日放送分)には、井上の休暇に伴ってメインキャスターを代行していた。逆に、翌週の月・火曜日(21日・22日放送分)には自身が休演したため、ニュースプレゼンターとしては7日(火曜日)放送分まで出演。
  10. ^ もっとも、月・火曜日におけるメインキャスターの担当最終週(2024年3月第3週)には、ソウル大韓民国)での取材と生中継リポートを任されていた。アメリカのプロ野球(メジャーリーグ)において、同年から大谷翔平山本由伸が所属するロサンゼルス・ドジャースのレギュラーシーズン開幕カード(ダルビッシュ有松井裕樹などが所属するサンディエゴ・パドレスとの2連戦)が大韓民国(ソウル市内の高尺スカイドーム)で20日(水曜日=日本では春分の日)と21日(木曜日)にナイトゲームで組まれていたことによる。
  11. ^ アシスタントを務める『オオカミ少年』のレギュラー放送枠(19:00 - 20:00)が含まれているが、当日は『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』を19:00 - 22:00に放送することがあらかじめ決まっていた。
  12. ^ 最初の代演は、ホランが休暇を取得していた2022年1月17日(月曜日)放送分で、井上貴博と揃って『きょうの"気になる"60秒』(かつてニュースキャスターを務めていた『ゴゴスマ』とのクロスプログラム)から出演。18日(火曜日)にも同様のパターンで全編に登場していたが、19日(水曜日)の『JNN NEWS』『アトロク』生出演をはさんで、20日(木曜日)に受診のPCR検査で新型コロナウイルスへ感染していることが判明した。判明後は、10日間の自宅療養を経て、31日(月曜日)放送分から出演を再開。井上が休暇を取得していた同年3月14日(月曜日)・15日(火曜日)には、ホランとのコンビで井上の代役を初めて務めた。
  13. ^ 実際には、井上が休暇を取得していた2022年3月14日(月曜日)・15日(火曜日)にも、井上の代役(メインキャスター代理)としてホランとのコンビによる全編の進行を経験していた。
  14. ^ 最初の該当例は、井上が「研修」を理由に休演した2023年1月12日(木曜日)放送分。
  15. ^ 最初の該当例は、ホランが体調不良を理由に休演した2023年6月14日(水曜日)放送分で、本来は水曜日に担当している『アフター6ジャンクション』のパートナーを木曜日担当の宇内が代行。当該週(6月の第2週)には『王様のブランチ』(17日)への出演が当初から決まっていたことに加えて、15日(木曜日)の『Nスタ』でもホランの代理でメインキャスター(MC)を務めた結果、「月曜日から5日連続で『Nスタ』のMCを担当→同じ週の土曜日に『王様のブランチ』を進行」という事態が生じていた。2023年10月からパートナーを務める『アフター6ジャンクション2』には第4週を除く火曜日の『Nスタ』本番後(22:00以降)に出演するため、水曜日に井上とホランの少なくとも一方が休演しても、メインキャスターの代行に制約が生じなくなっている。
  16. ^ 第0部(任意ネットパート)のオープニング・第2部(JNN全国ニュースパート)の全編・第3部(関東ローカルパート)のエンディングには、基本として3名揃って出演。他のパートでは、時間帯に応じて山内か南波とのコンビで進行している。その一方で、生中継による取材リポートなどでNスタジオから登場しない場合には、全編のMCを山内・南波コンビに委ねている。
  17. ^ 年代・性別や活動するジャンル・エリアを問わず、『Nスタ』が全力で応援したい人物を紹介する目的で2023年3月27日から平日版の第0部で放送されている「ゲキ推しさん」からの派生企画。「ゲキ推しさん」は2024年3月25日の平日版リニューアル以降も金曜以外の平日に放送されているが、日比がロケ取材も担当する「ゲキ推しアスリート」と違って、放送上は当日のニュースプレゼンター(日替わりで1名)によるスタジオでの紹介に終始している。
  18. ^ 東北放送では、土曜日に『王様のブランチ』の午前枠限定で同時ネットを実施した後に、午後枠に相当する時間帯で『サタデーウォッチン!』を生放送。『王様のブランチ』については、日比と野村が隔週交代で(午後枠を含めた)全編を進行しているため、クイーンズ駅伝前日放送分の進行を野村に任せていた。なお、東北放送では『サタデーウォッチン!』を第42回大会の4ヶ月後(2023年3月25日)に終了したうえで、同番組の放送枠を『王様のブランチ』午後枠のネットに充てている。
  19. ^ 当日は『王様のブランチ』の担当日ではなかったものの、TBS放送センターの敷地内で午後に開かれた『TBS DRAMA COLLECTION 2023 Autumn!!』(関東ローカル向けの生放送やYouTube・TVerU-NEXT向けの動画ライブ配信と連動した2023年10 - 12月期連続ドラマの合同記者会見)で司会を務めた後に告知枠へ出演。
  20. ^ 最初の該当日は2023年1月13日。『オオカミ少年』では19:00からの2時間(または3時間)スペシャルを随時編成しているため、『Nスタ』の金曜キャスターへ就任する前から、『オオカミ少年』がスペシャル版を編成する週には同番組と「アトロク フューチャー&パスト」で放送上の出演時間が重複していた。
  21. ^ この模様は、TBSラジオで2018年12月16日に放送された『爆笑問題の日曜サンデー』の年末特別企画「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」において、リスナー投票で5位にランクイン。
  22. ^ 「ヒーヴィー」という名は苗字の「日比」にちなんでいて、当ページに記載されている実際のプロフィールから一部の情報(「『おかあさんといっしょ』への出演」「ロンドンへの留学」「TBSテレビへの入社」など)を盛り込みながらも、「日比とは別人の新人DJ」「OL界のリビング・レジェンド(Living Legend)」といった設定で出演している。ただし実際には、DJオフィシャルラブ(「ARASHI_DJMIX」に開始の当初から2021年8月分まで出演)によるリミックス音源が収められたPCDJコントローラーのスタートボタンを押す役に過ぎなかった。
  23. ^ 『アフター6ジャンクション』では2020年4月から2021年9月まで「別冊アフター6ジャンクション」と称するポッドキャスト限定の音源を定期的に配信していて、毎回の本番後に音源を収録していた。ただし、当時の日比は木曜日の早朝に生放送番組の『あさチャン!』へ毎週出演していた関係で、「別冊アフター6ジャンクション」への参加を見合わせていた。
  24. ^ 『アトロク』内のフロート番組では、2022年12月1日から4週にわたって木曜日の当該時間帯に内包された『ボディケアジャンクション』(キリンビバレッジの単独提供番組で藤本美貴が案内役として出演)でも、タイトルコール・提供クレジットのアナウンスや同社からのインフォマーシャルを担当。
  25. ^ 番組の開始当初は伊東、2021年度の上半期までは宇賀神も随時担当していた。
  26. ^ 実際には日比をスタジオセットの一角に待機させていたほか、スタジオへ出演するコメンテーターを通常の2名から3名に増やしたうえで、在京民放局の元・アナウンサー(通常は週替わりでコメンテーターを務めるTBS出身のフリーアナウンサー・三雲孝江とフジテレビ出身の弁護士・菊間千乃)を揃って登場させていた。
  27. ^ 「『ハリー・ポッターと呪いの子』東京公演・TBS応援大使」としての活動を兼ねて、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターからの体験リポートなどを担当。収録日は2023年4月12日(水曜日)で、「応援大使」を務める他のアナウンサーが東京のTBS放送センターで午前中に全国ネット向けの生放送番組(江藤と宇賀神は『THE TIME,』・田村は『ラヴィット!』)へ出演していたことを背景に、「生放送」(TBS放送センター内のラジオ第6スタジオから『アフター6ジャンクション』への出演)を控えての「出張」扱いでロケに臨んでいた。このため、収録の途中からは、Mr.シャチホコの相手役を吉村(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの所在する大阪府の出身)に交代。
  28. ^ 編成上は、『TBS人気映像系3番組合体スペシャル!衝撃映像100連発&動物スクープ&極限ミステリー』(18:00 - 23:43)の中盤(20:00 - 21:57)に内包
  29. ^ 7月30日(金曜日):柔道男子100kg超級・女子78kg超級(『あさチャン!』で取材していた素根輝が金メダルを獲得した階級)、同月31日(土曜日):柔道男女混合団体戦(いずれも日本武道館から谷亮子と共に直前リポートで出演)、8月2日(月曜日):野球競技準々決勝・日本代表対アメリカ代表戦。
  30. ^ 8月4 - 7日に開催の女子ゴルフ競技に日本代表で出場した稲見萌寧が、夏季オリンピックの同競技で日本勢初の銀メダルを獲得したことを受けて、7日放送分で稲見へのインタビューを担当。
  31. ^ 『アフター6ジャンクション』を休演した2023年6月14日には、パートナー代理を任されていた宇内がニュースリーダーも代行。
  32. ^ 放送4日前の2022年7月6日(水曜日)のエンディングパート(17:46以降のパート)に、『開票ライブ!参院選2022』の告知を兼ねて、『アトロク』用のスタジオ(TBSラジオ第6スタジオ)からの生中継で宇多丸と共に初出演(参照)。
  33. ^ 12月26日(月曜日):『 新時代 ウタ from ONE PIECE FILM RED』(Ado)、27日(火曜日):『エジソン』(水曜日のカンパネラ)、28日(水曜日):『CLAP CLAP』(NiziU)、29日(木曜日):『燦燦』(三浦大知)、30日(金曜日):『ミックスナッツ』(Official髭男dism
  34. ^ 金曜枠に2023年1月6日から3ヶ月限定で『三井ダイレクト損保 presents 強くてやさしい金曜日』を編成することに伴う措置。
  35. ^ 2021年4月改編から、『めざましテレビ』(2023年9月まで『あさチャン!』と放送時間が重なっていた全国ネット番組)のメインキャスターを担当。
  36. ^ 愛知県(CBCテレビの本社所在地および放送対象地域)で取材していたことから、放送の時点における「TBS"生放送の顔"」の1人(『ゴゴスマ』のMC)で、かつてCBCテレビのアナウンサーだった石井亮次がナレーションを担当。
  37. ^ 『Nスタ』で実際に使用しているタブレットを持参しての収録だったため、このタブレットの使い方を紹介する際には、熊崎が「ニュースプレゼンター」として実際の放送で読んでいたニュース原稿(最終稿)の画像をタブレットに映し出していた。
  38. ^ 『アトロク』の関係者からは、古川耕(構成作家)や福田里香(金曜日「フューチャー&パスト」コメンテーター)が別途執筆した原稿も掲載。
  39. ^ 『アトロク』では、男女を問わずパートナーが誕生日を迎えるたびに、宇多丸が自分で選んだプレゼントを誕生日当日(または直近)の放送の本番前にパートナーへ手渡すことが放送開始以来の恒例になっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日比 麻音子アナウンサー:名鑑”. TBSアナウンサーズ. TBSテレビ. 2021年9月20日閲覧。
  2. ^ 『あさチャン!』公式twitterアカウントで2021年3月15日に公開されたドミトリー・ムセルスキー(身長218cmの男子バレーボール選手で当時はVリーグのサントリーサンバーズに所属)への取材画像 を参照
  3. ^ “TBS女子アナ美女ズラリ!新人アナ11年ぶり女性のみ”. スポーツニッポン. (2016年4月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/02/kiji/K20160402012327050.html 2016年6月28日閲覧。 
  4. ^ “TBSテレビ 企業情報 組織図”. TBSテレビ. (2021年11月1日). https://www.tbsholdings.co.jp/tbstv/corporate/organization.html 2022年5月20日閲覧。 
  5. ^ 関東学生英語会連盟 KUEL 2015
  6. ^ a b c d e f B.L.T』2021年8月号「ANA-LOG Vol.106 TBS 日比麻音子」p.81
  7. ^ 『アフター6ジャンクション』2021年10月13日放送分「BEYOND THE CULTURE」全世界のアイドル好きに告ぐ…!推しの健康が願えないヤツは今すぐ出て行け!特集!by竹中夏海さん
  8. ^ a b 『アフター6ジャンクション』2023年6月28日放送分「聴かず嫌いはもったいない!吹奏楽特集 by漆畑奈月さん、小室敬幸さん」
  9. ^ TBS日比麻音子アナがグラビア挑戦 思い出の地で演劇魂見せる”. NEWSポストセブン. 2021年1月8日閲覧。
  10. ^ 【アナウンサーの推し事】熱くて苦い思い出がよみがえる。日比麻音子アナに聞く「高校演劇」の世界。”. TBSラジオ (2022年8月24日). 2022年8月25日閲覧。
  11. ^ a b TBS日比麻音子アナ『王様のブランチ』ファミリーに決定「光栄です」”. ORICON NEWS (2020年10月7日). 2020年10月7日閲覧。
  12. ^ アナウンサーと学ぶ、明日から使える(かもしれない)英語フレーズ(2022年2月11日に出水とのコンビで出演したBS-TBS『あかさか実験室#2』のYouTube向けライブ配信動画のアーカイブ)
  13. ^ 青山学院大学ESS・OB会 青山学院大学ミスコンで準ミスに! ESS総務日比麻音子さん 青山学院校友会
  14. ^ TBS日比麻音子アナ、新番組「消えた天才」進行役に「責任感じる」 強力裏番組の日曜ゴールデン帯(1)”. スポーツ報知 (2018年11月10日). 2021年7月8日閲覧。
  15. ^ 週刊文春グラビア特別編集 編「現役女子大生キャスター」『文春ムック 原色美人キャスター大図鑑2015』文藝春秋、2015年2月、91頁。 
  16. ^ “TBS女子アナ美女ズラリ!新人アナ11年ぶり女性のみ”. スポーツニッポン. (2016年4月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/02/kiji/K20160402012327050.html 2021年7月3日閲覧。 
  17. ^ 【TBS新人女子アナ素顔】ラジオデビュー天気予報読みの初々しさを堪能しよう【音声あり】”. TBSラジオ (2016年8月19日). 2020年7月26日閲覧。
  18. ^ TBSアナウンサーinstagram公式アカウントへ2020年3月2日に投稿された記事 を参照
  19. ^ a b 『ひるおび!』twitter公式アカウントから2021年9月30日に発信されたツイート を参照。
  20. ^ 『ひるおび!』twitter公式アカウントから2022年12月23日の本番後に発信されたツイート を参照。
  21. ^ “アルピー平子、TBS午前の新番組「プチブランチ」火曜から木曜までレギュラー出演”. お笑いナタリー. (2022年10月1日). https://natalie.mu/owarai/news/495834 2022年10月3日閲覧。 
  22. ^ <7/10 20:00~>JRN・TBSラジオ報道特別番組「開票ライブ!参院選2022」~多様な声を政治に直接届ける選挙特番”. TBSラジオ (2022年6月22日). 2022年6月22日閲覧。
  23. ^ 本人がinstagram公式アカウントへテレビ中継の本番前に投稿した記事を参照
  24. ^ 『S☆1』のtwitter公式アカウントからパリ・サンジェルマン対フロンターレ戦の当日(2022年7月20日)に配信された予告ツイートを参照
  25. ^ 『TBS陸上』twitter公式アカウントで公開された第2中継所での実況中継ダイジェスト動画 で、テレビでも放送された実況の音声から一部の聴取が可能。
  26. ^ TBS日比麻音子アナ、スポーツ実況初挑戦“三刀流”「目指したい」”. スポーツニッポン (2021年11月16日). 2021年11月16日閲覧。
  27. ^ 日比麻音子アナ、駅伝の女性のみで中継所実況に「『女子アナ』だからできないことなんてない」” (2022年11月29日). 2022年11月29日閲覧。
  28. ^ 2023年1月3日に放送の『Nスタ 新春スペシャル』で就任を発表した直後に自身のinstagram公式アカウントで就任を報告した記事 を参照
  29. ^ 『Nスタ』のinstagram公式アカウントから2022年1月3日(「総合司会」への就任が正式に発表された『Nスタ 新春スペシャル』の放送後)に投稿された報告記事を参照
  30. ^ a b 日比麻音子『Nスタ』メインキャスターに 井上貴博&ホラン千秋と“日替わり”新体制【コメントあり】” (2023年3月24日). 2023年3月24日閲覧。
  31. ^ a b c 『Nスタ』キャスター新体制 月~木は井上貴博&ホラン千秋、金は日比麻音子” (2024年3月19日). 2024年3月19日閲覧。
  32. ^ a b 『アフター6ジャンクション 2』2024年5月21日(火曜日)放送分のオープニングパート「日比麻音子、フランス語はじめました!」で初めて公表
  33. ^ 『アトロクプレゼンツ 高校演劇ZINE』第1号の4 - 14ページに掲載のインタビュー記事「『悔しさ』はリスペクトと同義語」を参照。
  34. ^ note上に開設している個人アカウントで2021年1月31日に公開した記事を参照
  35. ^ TBS日比麻音子アナ、新番組「消えた天才」進行役に「責任感じる」 強力裏番組の日曜ゴールデン帯(2)”. スポーツ報知 (2018年11月10日). 2021年7月8日閲覧。
  36. ^ a b 原田曜平 令和のトップランナーに訊く「TBS日比麻音子『女子アナ』という言葉の概念を更新したい」”. 日刊ゲンダイ (2021年5月8日). 2021年7月3日閲覧。
  37. ^ ウィズコロナ時代のバーチャル飲酒テクニック【酒場ライター・パリッコが教える】”. TBSラジオ (2020年6月10日). 2021年7月3日閲覧。
  38. ^ 家飲みをクリエイティブにする方法を試したらTBS屈指のお酒好き・日比アナがいい塩梅に【バキ酔いとは】”. TBSラジオ (2020年9月9日). 2021年7月3日閲覧。
  39. ^ 「宅飲み」特集で酔ったTBS日比アナが名言連発!【飲酒の読後感、とは】”. TBSラジオ (2021年7月7日). 2021年7月14日閲覧。
  40. ^ 第2回(『Nスタ』2023年5月9日放送分)「デリシャスキッチン」(『TBS NEWS DIG』のYouTubeチャンネルから最初に配信されたロケ動画)
  41. ^ a b TBS・日比麻音子アナ やっと公言できた“局内イチの酒豪”素顔…「飲酒は試合」と“持論”語る”. SmartFLASH (2022年1月19日). 2022年1月19日閲覧。
  42. ^ a b BS-TBS「おんな酒場放浪記」 TBS日比アナがレギュラー決定 飲みっぷり披露「1日の終わりは…」” (2023年9月5日). 2023年9月6日閲覧。
  43. ^ 加藤浩次MC「グッとフレーズ」放送延期 報道特別番組編成のため”. 日刊スポーツ (2022年7月8日). 2022年7月8日閲覧。
  44. ^ 「弾は体内を直線的に通るわけではない。組織が損傷しじわじわ出血する」 救命救急医に聞く 安倍元総理の救命措置は”. TBS NEWS DIG (2022年7月8日). 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月9日閲覧。
  45. ^ 東京、新規感染者は3719人 急拡大にTBS日比麻音子アナ「心の免疫も大事」”. デイリースポーツ (2022年1月17日). 2022年1月17日閲覧。
  46. ^ 『日刊スポーツ』2023年3月26日付文化・芸能面「日曜日のヒロイン」に掲載されたインタビューより。
  47. ^ 2021年12月10日(金曜日)の『オオカミ少年』放送直前に自身のinstagram公式アカウントで公開した予告記事 を参照。
  48. ^ 浜田雅功 日比麻音子アナのあざとい付け耳暴露「浜田さん、失礼します」”. デイリースポーツ (2021年4月16日). 2021年7月5日閲覧。
  49. ^ TBS日比麻音子『キングオブコント2020』MC就任 浜田雅功とのタッグに喜び「ついに決勝に行けた」”. ORICON NEWS (2020年9月11日). 2021年8月21日閲覧。
  50. ^ 生放送の終了後に自身のinstagram公式アカウントで公開した記事 を参照。
  51. ^ TBS感謝祭マラソン 史上初、東京ドイツ村で開催…コロナ禍で”. デイリースポーツ (2021年3月27日). 2021年7月5日閲覧。
  52. ^ twitter上の番組公式アカウントで2023年3月31日に発信された動画付きのツイート を参照。
  53. ^ 『アフター6ジャンクション』2023年4月12日放送分オープニング「日比アナ、赤坂5丁目ミニマラソンお疲れ様でした!」
  54. ^ 『アフター6ジャンクション2』2024年1月16日放送分のオープニングトーク「日比アナが取材をした能登半島の現在の様子について」
  55. ^ 『アフター6ジャンクション』2018年7月18日放送分オープニングトーク「日比アナ、トム・クルーズに突撃インタビュー!」
  56. ^ トムクルーズ来日レッドカーペット時に唯一トムが生出演したのが宇多丸ラジオだった理由【アフター6ジャンクション】”. TBSラジオ (2018年7月18日). 2021年7月13日閲覧。
  57. ^ 『アフター6ジャンクション』2023年8月2日放送分オープニングトーク「日比アナ、映画『バービー』グレタ・ガーウィグ監督にインタビューしてきました!」
  58. ^ 『アフター6ジャンクション2』2023年8月9日(水曜日)「映画『バービー』公開記念、グレタ・ガーウィグ監督インタビュー
  59. ^ 「DJデビュー」の前日(2021年9月28日)に『アフター6ジャンクション』twitter公式アカウントから発信された告知ツイート でのハッシュタグ表記を参照
  60. ^ 『アフター6ジャンクション』2021年8月18日放送分「いつだってARASHIの曲は最高!2005~2006楽曲だけでDJmix」
  61. ^ 『アフター6ジャンクション』2022年12月28日放送分「シネマランキング2022 日比麻音子アナのトップ5」
  62. ^ X(twitter)上の『TBS系SDGsプロジェクト・地球を笑顔にするつぶやき』公式アカウントから2023年10月17日(火曜日)の『アフター6ジャンクション2』本番前に発信された同月分の配信告知ポスト(ツイート)を参照
  63. ^ TBS江藤愛アナ「ひるおび」再び欠席 代役の日比麻音子アナ「大事を取って」”. スポーツニッポン (2020年4月27日). 2021年7月30日閲覧。
  64. ^ 『ひるおび!』2021年7月23日(金曜日)放送分
  65. ^ “TBS日比麻音子アナが語る夏目三久さん「ほとんど夏目さんから学んだと言っても過言ではない」”. 日刊スポーツ. (2023年3月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202303250001521.html 2023年3月26日閲覧。 
  66. ^ “日比麻音子アナ「ずっと憧れの存在」夏目三久アナに涙の感謝”. 日刊スポーツ. (2019年9月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109300000135.html 2021年9月30日閲覧。 
  67. ^ 『有田哲平の夢なら醒めないで』公式サイト「しいたけリーディング」(2019年2月5日放送分)
  68. ^ a b 2022年4月4日に自身のinstagram公式アカウントで公開した『From TBS』ナビゲーター卒業報告を参照
  69. ^ TBS日比麻音子アナ、宇賀神メグアナらが制服ショット公開 「まだまだ制服みんな似合うね」(『ENCOUNT』2021年4月3日付記事)
  70. ^ 土曜☆ブレイク『愛のウップン言わせ10』
  71. ^ 『好きだけど言わせてランキング 愛のウップン!』
  72. ^ TBS日比麻音子アナがコロナ感染 のどに痛み発熱はなし「ひるおび!」欠席”. デイリースポーツ (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  73. ^ 『アフター6ジャンクション』twitter公式アカウントから2022年11月16日(水曜日)の本番前に発信されたツイート
  74. ^ TBS日比麻音子アナがコロナ感染「ひるおび」欠席 宇内梨沙アナが代役”. 日刊スポーツ (2022年1月21日). 2022年1月21日閲覧。
  75. ^ 新型コロナ感染のTBS日比麻音子アナ、復帰を報告 療養中の刺しゅう作品は「母にプレゼント」”. スポーツ報知 (2022年1月31日). 2022年2月2日閲覧。
  76. ^ 「喉が燃えている」TBS日比麻音子アナ、療養明けの13時間勤務に心配の声”. 日刊サイゾー (2022年2月4日). 2022年4月15日閲覧。
  77. ^ 麒麟川島『ラヴィット!』復帰。よかった代打MCランキング、2位はロンブー淳”. 女子SPA! (2022年2月15日). 2022年5月1日閲覧。
  78. ^ “アナウンサー史上初のブリーチで『Nスタ』に登場!?「B’z」の大ファンTBS南波雅俊アナが稲葉浩志風に大変身!”. 中日スポーツ. (2023年5月9日). https://www.chunichi.co.jp/article/686589 2023年5月9日閲覧。 
  79. ^ 安住紳一郎、新型コロナ感染で『Nキャス』休演 三谷幸喜が“代役”&日比麻音子アナがスタンバイ”. ORICON NEWS! (2023年1月7日). 2023年1月8日閲覧。
  80. ^ “TBS吉村恵里子アナ、大学生の時以来となるUSJを満喫 「アッコにおまかせ!」のロケで”. 日刊スポーツ. (2023年4月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202304230000547.html 2023年4月25日閲覧。 
  81. ^ 『Nスタ』のX(twitter)公式アカウントから2023年8月26日に発信された告知ポスト(ツイート)を参照
  82. ^ 『アフター6ジャンクション』2023年3月15日放送分のオープニングトーク「日比アナ『ドラマの音声ガイド』について」
  83. ^ 『TBSレビュー』2023年4月23日放送分「〈特集〉『解説放送』の制作現場は」
  84. ^ 放送の当日に自身のinstagram個人アカウントで公開した記事を参照
  85. ^ おぎやはぎ・矢作も「今年一番笑った!」“演歌歌手×Jポップ”TBS『演歌の乱』の細川たかし無双”. 日刊サイゾー (2017年12月12日). 2021年7月10日閲覧。
  86. ^ 『こども音楽コンクール』(TBSラジオ版)のtwitter公式アカウントから2023年6月28日(前述した「吹奏楽特集」の放送中)に発信されたツイートも参照。このツイートでは『アフター6ジャンクション』における日比の肩書を「木曜パートナー」と誤記しているが、実際には、「水曜パートナー」に訂正する旨のツイートが当日中に発信されている。
  87. ^ みちょぱ、AYA&朝比奈彩と“陸上好き女子会” 『ゴールデングランプリ陸上』で配信イベント”. ORICON NEWS (2020年8月14日). 2022年5月14日閲覧。
  88. ^ 『TBSサッカー』(TBSグループのサッカー関連twitterアカウント)から2022年7月18日に発信された告知ツイートを参照
  89. ^ 『スイモクちゃんねる』YouTube公式チャンネル【女子アナが本気で歌ってみた】ドライフラワー/ 優里 Covered by TBS日比麻音子アナウンサー
  90. ^ 【よいの日WEEK】4月1日(土)よる7:00~8:54「オトナを楽しもう 春のよいの日 生放送スペシャル」総合司会に薬丸裕英が決定!』(プレスリリース)BS-TBS、2023年2月22日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000005544.html2023年2月22日閲覧 
  91. ^ TBSラジオ「ハライチ岩井 ダイナミックなターン!」3月限定で放送!』(プレスリリース)Digital PR Platform、2018年3月1日https://digitalpr.jp/r/260752021年8月11日閲覧 
  92. ^ フレッド・コレマツを知っていますか?【アシタノカレッジ】”. TBSラジオ (2022年2月21日). 2022年4月15日閲覧。
  93. ^ 2023年4月12日(水曜日)に『アシタノカレッジ』の生放送と同時にYouTubeから配信された音声入りスタジオ動画(アーカイブ版)を参照
  94. ^ 『アフター6ジャンクション』2023年4月5日放送分「BEYOND THE CULTURE」(当日は同番組の本番前にナレーションを収録)
  95. ^ JRN・TBSラジオ報道特別番組『開票ライブ!参院選2022』~多様な声を政治に直接届ける選挙特番』(プレスリリース)TBSラジオ、2022年7月10日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000821.000003392.html2022年7月10日閲覧 
  96. ^ “TBSラジオ選挙特番、関東1都6県のradikoシェア首位 他局と一線画す内容に反響”. ORICON NEWS. (2022年7月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2241925/full/ 2022年7月11日閲覧。 
  97. ^ 「TBSドキュメンタリー映画祭2023」上映作品紹介
  98. ^ 『アフター6ジャンクション』2023年3月15日放送分「カルチャートーク:大久保竜さん(TBSドキュメンタリー映画祭について)」
  99. ^ 山根基世オフィシャルサイト 2023年分「最新NEWS」
  100. ^ 『パンサー向井の#ふらっと』のX(twitter)公式アカウントから午前8時台に発信されたポスト(ツイート)を参照
  101. ^ 『パンサー向井の#ふらっと』のX(twitter)公式アカウントから午前10時台に発信されたポスト(ツイート)を参照
  102. ^ TBSラジオのX(twitter)公式アカウントから放送の当日に配信された告知ポスト(ツイート)を参照
  103. ^ TBSラジオのX(twitter)公式アカウントから当日に配信された令和6年能登半島地震への対応に関するポスト(ツイート)を参照
  104. ^ TBSラジオのX(twitter)公式アカウントから2024年1月15日に配信された放送日時変更の告知ポスト(ツイート)を参照
  105. ^ 「今夜くらべてみました」 2015年2月17日(火)放送内容
  106. ^ セッションの終了後にSUGIZOがtwitter上の個人アカウントから発信したツイートを参照
  107. ^ 『ひるおび』のtwitter公式アカウントから当日の放送後に発信されたツイート
  108. ^ 『アッコにおまかせ!』のtwitter公式アカウントから発信された予告ツイート
  109. ^ 『パンサー向井の#ふらっと』のtwitter公式アカウントから出演中に発信されたツイート
  110. ^ 『TBS NEWS DIG Powerd by JNN』のtwitter公式アカウントから放送開始の当日に発信された動画付きのツイートを参照
  111. ^ 「TBS NEWS DIG Powered by JNN」地震発生時の「命を守る」機能がさらに強化”. TBS NEWS DIG (2023年9月1日). 2023年10月2日閲覧。
  112. ^ 「1.5℃の約束 - いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」国連とメディアによる共同キャンペーン2年目、きょうからスタート』(プレスリリース)国連広報センター、2023年3月20日https://www.unic.or.jp/news_press/info/47272/2023年9月10日閲覧 
  113. ^ a b 松丸友紀アナ:NHKとテレ東の共通点はセットの再利用 「ゴッドタン」もいろいろな番組から調達 NHK&民放5局アナ一堂に”. MANTANWEB (2023年9月10日). 2023年9月10日閲覧。
  114. ^ “日テレ鈴江アナ、TBS日比アナとの共演で「Nスタの秘密兵器を見ることができた」各局アナが環境番組でNHK集結”. スポーツ報知. (2023年9月11日). https://hochi.news/articles/20230911-OHT1T51019.html?page=1 2023年9月17日閲覧。 
  115. ^ TBS日比麻音子アナウンサーが、視覚障がい者のためのバリアフリー音声ガイド制作を担当し、DigiCon6ASIAグランプリ作品『骨噛み』上映会を開催。』(プレスリリース)TBSラジオ、2022年9月21日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000881.000003392.html2022年10月1日閲覧 
  116. ^ 2022年8月31日(水曜日)の『アフター6ジャンクション』放送中に番組のtwitter公式アカウントから配信されたツイート
  117. ^ 『アフター6ジャンクション』2022年9月28日放送分「特集:完結編『骨噛み』音声ガイド 完成披露上映会by平塚千穂子さん(シネマ・チュプキ・タバタ)&石井健介さん
  118. ^ twitter上の『シネマ・チュプキ・タバタ』公式アカウントで2023年3月4日に発信された告知ツイートを参照
  119. ^ 『アフター6ジャンクション』2021年6月30日放送分オープニングトーク
  120. ^ 『アフター6ジャンクション』2021年9月22日放送分「ニッポンの『写真集』はスゴイのだ!特集 by 打林俊さん」
  121. ^ 2023年3月27日付『赤坂電視台』「日比麻音子アナウンサー/1 メインキャスター週3日」
  122. ^ 2023年3月28日付『赤坂電視台』「日比麻音子アナウンサー/2 全員野球のような番組」」
  123. ^ 2023年3月29日付『赤坂電視台』「日比麻音子アナウンサー/3 仕事は全部つながっている」」
  124. ^ 日比麻音子アナ TBSでマルチに活躍 「徘徊に近い」散歩が支える等身大の日々」『スポーツニッポン』、2023年12月3日。2023年12月3日閲覧。
  125. ^ 日比麻音子アナ TBSでマルチに活躍 「徘徊に近い」散歩が支える等身大の日々」『デイリースポーツ』、2024年1月4日。2024年1月4日閲覧。
  126. ^ 【ヒューマン】TBSアナウンサー日比麻音子、酒豪認定「ようやく楽になりました」 BS-TBS「おんな酒場放浪記」で飲みっぷりが話題に、はつらつロケに密着」『サンケイスポーツ』、2024年2月4日。2024年2月4日閲覧。
  127. ^ TBS日比麻音子アナ、人生初グラビアで貴重な素顔&輝く美脚を披露”. ORICON NEWS (2020年1月27日). 2021年1月8日閲覧。
  128. ^ アフター6ジャンクション「高校演劇ZINE Vol.2」販売!”. TBSラジオ (2021年11月17日). 2021年11月21日閲覧。
  129. ^ 「S☆1」 2018年4月8日(日)放送内容”. 価格ドットコム. 2022年9月21日閲覧。
  130. ^ 警視庁広報課Twitter”. 警視庁広報課Twitter. 2022年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]