ミッション:インポッシブル/フォールアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッション:インポッシブル
フォールアウト
Mission: Impossible – Fallout
監督 クリストファー・マッカリー
脚本 クリストファー・マッカリー
原作スパイ大作戦
ブルース・ゲラー
製作 トム・クルーズ
クリストファー・マッカリー
ジェイク・マイヤーズ
J・J・エイブラムス
製作総指揮 デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
ドン・グレンジャー
出演者 トム・クルーズ
ヘンリー・カヴィル
ヴィング・レイムス
サイモン・ペッグ
レベッカ・ファーガソン
ショーン・ハリス
アンジェラ・バセット
ミシェル・モナハン
アレック・ボールドウィン
音楽 ローン・バルフ
撮影 ロブ・ハーディ英語版
編集 エディ・ハミルトン
製作会社 スカイダンス・プロダクションズ
TCプロダクションズ
バッド・ロボット・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年7月27日[1]
日本の旗 2018年8月3日[2][3]
上映時間 147分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $178,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $791,107,538[4]
アメリカ合衆国の旗 $220,159,104[4]
日本の旗 $42,439,160[4]
前作 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
テンプレートを表示

ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:Mission: Impossible – Fallout)は、2018年制作のアメリカ合衆国スパイアクション映画。『ミッション:インポッシブルシリーズ』の第6作目。

概要[編集]

製作総指揮はシリーズの製作権を持つ主演のトム・クルーズの他、『ミッション:インポッシブル3』で脚本・監督を担当したJ・J・エイブラムス。監督・脚本は前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に引き続きクリストファー・マッカリーが務め、初めてシリーズで監督が前作から続投する。

ストーリー[編集]

IMF(Impossible Missions Force、不可能作戦部隊)のエージェントのイーサン・ハントと彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を⽬前にしていた。だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまう。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。この事件の裏側には、シンジケートの⽣き残り勢⼒が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、⼿がかりはジョン・ラークという正体不明の男の名前と彼が接触するホワイト・ウィドウと呼ばれる謎めいた⼥の存在のみ。だが今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのオーガスト・ウォーカーを監視役に同⾏させることを条件とした。イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱⾛に⼿を貸すが、その影響で味⽅の⼥スパイ、イルサと対⽴してしまう。⼀⽅、同⾏するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、2⼈はやがて対決の時を迎える。やがてタイムリミットが刻⼀刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻ジュリアの命まで危険にさらされる等、いくつものフォールアウト(影響)がイーサン・ハントに降りかかる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
イーサン・ハント トム・クルーズ 森川智之
オーガスト・ウォーカー ヘンリー・カヴィル DAIGO
ルーサー・スティッケル英語版 ヴィング・レイムス 手塚秀彰
ベンジー・ダン サイモン・ペッグ 根本泰彦
イルサ・ファウスト レベッカ・ファーガソン 甲斐田裕子
ソロモン・レーン ショーン・ハリス 中尾隆聖
エリカ・スローン アンジェラ・バセット 高島雅羅
ホワイト・ウィドウ ヴァネッサ・カービー 広瀬アリス
ジュリア・ミード ミシェル・モナハン 岡寛恵
パトリック ウェス・ベントリー 松本忍
ゾラ フレデリック・シュミット 遠藤大智
アラン・ハンリー アレック・ボールドウィン 田中正彦
ラーク・デコイ リャン・ヤン
ニルス・デルブルック クリストファー・ヨーネル英語版 烏丸祐一
ウルフ・ブリッツァー英語版 星野充昭
指令の声 梅津秀行

備考[編集]

トム・クルーズは本作のビルからビルへとジャンプするシーンの撮影中に骨折した。なお、その時のシーンはそのまま使用されている[5][6][7]

本作も4、5作品目同様、ドイツの自動車メーカーBMWがスポンサーになっており、最新型のBMW・M5E28型 5シリーズBMWモトラッドR nineT スクランブラーなどが登場する[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ McClintock, Pamela (2016年11月8日). “Tom Cruise's 'Mission: Impossible 6' Lands Summer 2018 Release Date”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/tom-cruises-mission-impossible-6-lands-summer-2018-release-date-945560 2016年11月9日閲覧。 
  2. ^ 日本版オフィシャルサイトより
  3. ^ “トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」第6弾、日本公開は8月3日!”. 映画.com. (2018年1月30日). http://eiga.com/news/20180130/2/ 2018年2月22日閲覧。 
  4. ^ a b c d “[https://www.boxofficemojo.com/movies/?id=missionimpossible6.htm Mission: Impossible - Fallout]” (英語). Box Office Mojo. 2018年8月5日閲覧。
  5. ^ Tom Cruise Injured in 'Mission Impossible 6' Stunt”. TMZ (2017年8月13日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ Tom Cruise hurt filming 'Mission: Impossible 6' roof-jumping stunt”. The Los Angeles Times (2017年8月14日). 2018年2月22日閲覧。
  7. ^ “「ミッション:インポッシブル」第6弾予告、トム・クルーズが骨折したあのシーンも”. 映画ナタリー. (2018年2月15日). https://natalie.mu/eiga/news/269522 2018年2月22日閲覧。 
  8. ^ “トム・クルーズが「ミッション:インポッシブル」最新作で使用するBMW M5の実力”. サライ. (2018年8月2日). https://serai.jp/hobby/323561 2018年8月6日閲覧。 
  9. ^ “第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』”. webCG. (2018年8月2日). http://www.webcg.net/articles/-/39189 2018年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]