この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スター・ウォーズ
フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens
Star Wars The Force Awakens.jpg
監督 J・J・エイブラムス
脚本 ローレンス・カスダン
J・J・エイブラムス
マイケル・アーント
原作 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ
製作 キャスリーン・ケネディ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮 トミー・ハーパー
ジェイソン・マクガトリン
出演者 ハリソン・フォード
マーク・ハミル
キャリー・フィッシャー
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ダン・ミンデル
編集 メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 ルーカスフィルム
バッド・ロボット・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 Newworldmap.svg ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 フランスの旗2015年12月16日
台湾の旗 香港の旗2015年12月17日
アメリカ合衆国の旗 日本の旗 Newworldmap.svg 2015年12月18日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $200,000,000[1]
興行収入 $2,000,000,000世界の旗[2]
前作 エピソード3/シスの復讐
テンプレートを表示

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(スター・ウォーズ/フォースのかくせい、原題:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)は、2015年に公開されたアメリカ映画

概要

アメリカスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第7作品目で、レイを主人公とする続三部作の第1章『エピソード7』に当たる。

公開時のタイトルにエピソードとエピソード番号が表記されないのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』以来である。

ウォルト・ディズニー・カンパニールーカスフィルム買収後に製作した、初の本シリーズの映画である。

公開日は、フランスイタリアなどで12月16日11時30分(現地時間)。香港台湾12月17日中国2016年1月9日)を除くその他の地域は12月18日金曜日)9時30分(UTC)に同時刻一斉公開[3][4][5]

アメリカ(MPAA)では、前作『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』同様PG-13(13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要)に指定された[6]

ストーリー

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

エンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイ騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。その間に銀河帝国軍の残党から新たにファースト・オーダー英語版が台頭し、再び銀河に脅威をもたらすと同時に彼の抹殺を狙っていた。彼の双子の妹であるレイア・オーガナ将軍は、新銀河共和国英語版の支援の下で独自の軍事組織「レジスタンス」を指揮してファースト・オーダーに立ち向かうと共に、彼の行方を捜索していた。

ルークの地図を入手するためポー・ダメロンは、BB-8と砂漠の惑星ジャクーにいるロー・サン・テッカを訪れる。ポーは彼から地図を受け取るが、間もなくカイロ・レンやキャプテン・ファズマ率いるファースト・オーダーが村を襲撃する。ポーは乗ってきたXウイングにBB-8と乗り込み離陸しようとするが、数人のストームトルーパーに見つかり、彼らのブラスターでXウイングの後部を破壊され離陸できなくなってしまう。逃げられなくなったポーはBB-8に地図データを託して逃げるよう指示する。テッカはレンに斬り殺され、ポーはレンに自分のブラスターで立ち向かうが、レンを狙って放たれたレーザーは彼のフォースで止められ、ポーはファースト・オーダーの捕虜になってスター・デストロイヤーに連行される。その後レンの命令により、村人達はストームトルーパーに虐殺される。一方、戦友の死や村人の虐殺に衝撃を受けた一人のストームトルーパー「FN-2187」は、帰還したスター・デストロイヤーの格納庫デッキで自分のヘルメットを外して動揺を鎮めようとするが、キャプテン・ファズマに咎められて出頭を命令される。ポーは独房で拷問を受けるが、ルークの所在を示す地図の在りかを答えるのを拒み続ける。最終手段としてレンはフォースの力を使ってポーの意識の中を探り、BB-8が地図を持っていることを知る。

一方、ジャクーのゴミ漁りであるレイは家の外で夕飯を食べていると、BB-8の電子音を聞きつけ、廃品回収業者に網で捕えられたBB-8を発見する。彼女は網を切りBB-8を解放すると、BB-8と一緒に行動することとなった。翌日彼女は、廃品をアンカー・プラットに売りに行った際に彼からBB-8を渡すよう唆されるが断る。

立場を失って追い詰められたFN-2187は脱走を決意し、パイロットであるポーを救出すると、共にTIEファイターを強奪してスター・デストロイヤーから脱出する。そのさなかでポーはFN-2187をフィンと名づける。しかし、追手の攻撃を受けたTIEファイターはジャクーへ墜落し、フィンとポーははぐれてしまう。フィンは残されたポーの飛行服をまとうと、砂漠を放浪の末、レイとBB-8に出会う。BB-8がポーの飛行服に気付いたため、フィンはポーと出会ったことを明かし、とっさにレジスタンスであると嘘をつく。そこにBB-8を捜索していたストームトルーパーとTIEファイターが現れ、攻撃を開始する。逃げるレイ達は成り行きで、ジャンクヤードに留置されていたミレニアム・ファルコンに乗り込み、追手を振り切ってジャクーを脱出する。危機を脱した二人とBB-8だが、偶然ファルコンは謎の大型船エラヴァナのトラクター・ビームに捕獲される。二人は覚悟を決めるが、エラヴァナからファルコンの船内に乗り込んできたのはハン・ソロチューバッカだった。ファルコンを「盗まれた」ソロたちは、エラヴァナを使って密輸稼業を営んでいたのだった。そんな中、バラ・ティク率いるグアヴィアン・デス・ギャングと、タス・リーチ率いるカンジクラブが船に乗り込んで来て、借金を取り立てるためにソロを捕らえようとする。レイは彼らを隔離しようと試みるが、誤ってソロが捕獲した猛獣ラスターを解き放ってしまい、船内は大混乱に陥る。しかし、その混乱に乗じて、4人はファルコンで脱出する。だが、バラ・ティクはBB-8がソロの元にいることをファースト・オーダーに通報してしまう。

4人はBB-8の地図を見て、それが不完全なものであることを知る。ルークのことをもっと知りたいフィンとレイに、ソロはエンドアの戦いの後のルークの足跡を語る。ルークはジェダイ騎士団の再建を試みたものの、弟子の一人がフォースの暗黒面に落ちて裏切り、ルークがそれまでに築いた全てを破壊されてしまった。そして噂では、ルークはジェダイ最古の寺院を探す放浪の旅に出たというのだ。

ソロ達は惑星タコダナへ赴き、友人であるカンティーナの主人マズ・カナタに助けを求める。ソロはBB-8をレジスタンスに届けるようマズに頼むが、マズはソロ自身が行うべきだと助力を拒否する。また、ファースト・オーダーの恐ろしさを知るフィンは銀河辺境への逃走を望み、レイと衝突する。最終的にフィンは自分が元ストームトルーパーの脱走兵であることを明かし、その場を立ち去る。その間にも、カンティーナの店内にいた内通者が、レイ達がタコタナにいることをファースト・オーダーに報告する。酒場に残されたレイは突如聞こえた不思議な声を追いかけてBB-8と地下の貯蔵室へ入ると、アナキン・スカイウォーカーと彼の息子ルークが使っていたライトセーバーを見つける。レイがそのライトセーバーに触れた瞬間、フォースと干渉し強烈なヴィジョンを見る。その時レイは、惑星ベスピンのクラウド・シティにあるルークとダース・ベイダーがライトセーバーで闘った一室に繋がる細い通路、俯くルークがR2-D2の頭を右腕の義手でなでるヴィジョン、カイロ・レンと彼が率いるレン騎士団の反乱らしきヴィジョン、そして幼い頃のレイが砂の惑星ジャクーに置き去りにされたヴィジョンを垣間見る。レイはマズからライトセーバーを手にする運命であることを告げられるも、それを拒み、森へと逃げ込む。

その頃、ファースト・オーダーのスターキラー基地では、最高指導者スノークがハックス将軍にかつてのデス・スターを超越する最終兵器の使用を許可した。ハックスは新共和国がレジスタンスを影で支援していると糾弾し、味方の士気を鼓舞するとともに新共和国の終焉を宣言した後、兵器の発射を命じた。兵器は一撃で共和国の首都惑星ホズニアン・プライムとその星系内の他の星を破壊する。スノークはレンに対して光と闇のフォースが覚醒したこと、光の誘惑と決別するために、彼の父親を殺さなければならないと伝えるが、苦悩するレンは祖父であるダース・ベイダーの壊れたマスクの前に跪きながら光の誘惑を感じた旨を吐露する。

同時にファースト・オーダーは地図を手に入れるべく、タコダナへの攻撃を開始する。マズはフィンにライトセーバーを預ける。カンティーナは廃墟と化し、ソロ、チューバッカ、フィンは奮闘するものの、ファースト・オーダーに包囲され窮地に陥る。だが、ポーが率いるレジスタンスのXウイング部隊の登場により生き延びることができた。一方、レイはレンに捕えられ、スターキラー基地へ連行される。その後、タコダナにレイアとC-3POが到着してソロやチューバッカと再会し、一行はディカーにあるレジスタンスの秘密基地に向かう。そこでBB-8はR2-D2を見付けるが、R2はルークの失踪以来活動を停止していた。スターキラー基地がディカーを砲撃しようとしているとの知らせを受け、レジスタンスはスターキラー基地の弱点を破壊するための計画を立てる。その際、ソロはレイアに自分たちの息子を生きたまま連れ戻すことを約束する。レンはレイを尋問するが、彼女はフォースによるマインド・リーディングに抵抗する。その過程で自身もフォースを使えることを発見し、レイはフォースを使って独房から脱出する。ソロ、チューバッカ、フィンはファルコンに搭乗してスターキラー基地に潜入、レイを救出し脱出する。それに合わせ、レジスタンスのXウイング部隊は基地への攻撃を開始する。

しかし、レジスタンスは苦戦を強いられ、それを見たソロは基地に爆薬を仕掛けて支援することを決意する。その最中、ソロはレンと遭遇する。彼を出生名のベンと呼びながらフォースの暗黒面を捨てるよう説得するが、レンはソロの申し出を断り、ソロをライトセーバーで貫き殺す。スターキラーのコアへ落ちていくソロを見て怒り叫ぶチューバッカは、ボウキャスターでレンの脇腹を撃ち抜き深手を負わせると共に、設置した爆薬に点火する。同時に、基地の爆発を視認したレジスタンスは猛攻を仕掛け、スターキラー基地の内部のコアを攻撃して破壊に成功する。

基地から脱出し、森にあるファルコンへ向かうフィンとレイだったが、重傷を負いながらも二人を追跡するレンが現れ、双方が対峙する。レイはブラスターでレンと応戦しようとするが、彼のフォースで大木に叩きつけられ気絶してしまう。フィンはマズ・カナタから預かったライトセーバーでレンと戦うも、レンのライトセーバーにより重傷を負ってしまう。フィンが取り落したルークのライトセーバーを、レンはフォースで引き寄せようとするが、宙を舞ったライトセーバーはレンの手中にではなく、同時に強いフォースで引き寄せたレイの手の中に納まった。レイは再びライトセーバーでレンに挑むが、猛攻を仕掛けるレンに窮地に立たされる。だが、追い詰められた時にレンが会話で発した「フォース」という言葉をきっかけに、彼女はフォースと調和する。レイは反撃し、レンに大きな傷を負わせる。

コアが破壊された影響で、スターキラー基地は崩壊を始め、レイとレンの2人の間の地面に亀裂が入り、引き離されたことによって二人の対決は一旦終わりを告げる。ハックスはスターキラー基地を事前に脱出しており、スノークは部下にレンを自身の下へ連れて脱出するよう命令し、レンの修業を終わらせることする。一方、レイとチューバッカは負傷したフィンを連れ、崩壊するスターキラー基地からファルコンで脱出する。ディカーにおいて、レジスタンスは勝利を祝うが、レイアとチューバッカ、レイはソロの死を悼む。その後R2が目覚め、中に保管されていたルークの地図の残りの部分を再生、BB-8が手に入れた地図と結合され地図が完成したことでルークの所在が明らかとなる。レイはR2とチューバッカと共に地図に従い、ファルコンで地図に示された遠い惑星へと降り立つ。そこでレイはフードを被った老人と出会う。老人は無言でレイの方へと振り返り、レイはライトセーバーを差し出す。そして、老人すなわちルークはフードを外し、ライトセーバーを差し出すレイを見つめ返すのだった。

キャスト

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ

カメオ出演

  • レイがアナキン、そしてルークのライトセーバーに触れるとフラッシュバックが発生するシーンでは、オビ=ワン・ケノービの声としてアレック・ギネス及びユアン・マクレガーの声が使用されている。オビ=ワンの台詞である「Rey … These are your first steps.(レイ、これがおまえの第一歩だ。)」の「Rey(レイ)」は、故人アレック・ギネスの『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』での台詞の一部「Afraid(アフレイド)」から抜き出し、一方「These are your first steps.」は、ユアン・マクレガーにより新たに録音されたものである。当初「These are your first steps.」は、本シリーズのアニメでオビ=ワンの声優を務めたジェームズ・アーノルド・テイラーによって収録が行われていたが、最終的にユアン・マクレガーの声に差し替えられた[10][11]
  • 惑星ジャクーのジャンク業者の元締めアンカー・プラット役で、本シリーズの旧三部作の熱烈なファンで知られる俳優のサイモン・ペグが出演している[12][14]
  • レジスタンスの基地で、レジスタンスのアストロメク・ドロイドとして、R2ユニットを組み立てるファン達のコミュニティの「R2ビルダーズ・クラブ」が余命数ヶ月の少女のために製作したR2-KTが登場している[18]

製作

2012年10月に米娯楽大手のウォルト・ディズニー・カンパニーが、本シリーズの生みの親で知られるジョージ・ルーカス監督が設立した映画会社「ルーカスフィルム」を40億5000万ドル(約3200億円)で買収すると発表した。ディズニーは『スター・ウォーズ』に関する権利も同時に取得し、新たな3部作「エピソード7・8・9」の製作と、その第1章である『エピソード7』を2015年に公開することを明らかにした。

監督はアクションドラマ、サイエンス・フィクションといったジャンルの作品でよく知られ、スター・ウォーズ・シリーズのファンであるJ・J・エイブラムス で、自らがプロデューサーも務めた。

共同でプロデューサーを務めるのはエイブラムスの長年の相方ブライアン・バークと、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ[19]

脚本は、『エピソード5/帝国の逆襲』・『エピソード6/ジェダイの帰還』の共同脚本家ローレンス・カスダン[20][21]

もともとはオスカー脚本家のマイケル・アーント が脚本も書く予定で40〜50ページ分のあらましを書いたが、2013年11月にエイブラムスとローレンス・カスダンに引き継がれた。

その後、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナハン・ソロが物語の中心になると報じられ、2014年1月下旬にはエイブラムスが脚本の完成を報告している。

本シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは、当初、総指揮的な立場として参加する予定だったが、自身のプロットをディズニー側から拒否され、最終的に製作現場から退いた。

原語の副題『The Force Awakens』は、現地時間の2014年11月6日にSTAR WARS公式Twitterアカウントなどで正式に公表された[22]。邦題『フォースの覚醒』は日本時間の2015年1月1日0時に発表[23]。シリーズのタイトルには、国際的に「エピソード7」が含まれていないが、オープニングクロールにおいては「EPISODE VII」の表記が入っている。

背景

ルーカスは、ルーカスフィルム売却時に本作のあらましをディズニー社会長のボブ・アイガーに提出している[24]

また、過去35年間においてルーカスは続編のヒントを以下のように公開してきた。

  • R2-D2C-3POは全9エピソードに出演する唯一(唯二)のキャラになる」(1980、1981、1983年の発言)[25]
  • 「その三部作は銀河共和制の再建をあつかう」(Lucas in 1980).[26]
  • 「年代記みたいなものだよ。一群の人間たち、家族の物語だ」 (Lucas in 1980).[25]
  • 「ルークが女性とロマンチックな関係になるだろうな」(Lucas in 1988).[27]
  • 「メインテーマは倫理的・哲学的問題になるだろう。倫理的な選択、善悪を判断する知恵、正義、葛藤、学んだことを越えること」(Lucas in 1983 and 1989).[28]
  • ハミルフォードフィッシャーは60歳代か70歳代として登場するだろう」(Lucas in 1983).[28]

撮影

2014年2月11日、エイブラムス監督が6ヶ月の撮影スケジュールを発表した[29]

エイブラムス監督の要望により、異星人やドロイドは極力CGを使わず特殊メイクアニマトロニクスにより撮影され、背景もロケやセット撮影が行われている。またデジタル撮影でなく35mmフィルムによる撮影が行われた。

6月、ハン・ソロ役のハリソン・フォードがイギリスのスタジオで撮影中にファルコン号船内セットの金属扉の誤動作で左脚を負傷した。フォード側はディズニー子会社の映画制作会社を安全性の不備で訴え、2016年10月に160万ポンド(約2億円)を支払う判決が下された。

キャスティング

ハミルは2013年2月に「打診はあったよ。興味はあるかってね。まだ契約はしてない」と発言している[30]

2013年3月、ルーカスがインタビューで「三人とはもう契約した。ってこんなこと言っていいのかな。交渉は最終段階で、上手く行ったかどうかは伏せとくよ」と述べており、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォード、マーク・ハミルが出演することが明かされた[24]

2013年3月、フィッシャーは「契約した」とはっきり発言しているが[31]、これが報じられると彼女の代理人は彼女がジョークを言っただけだとした[32]

2013年9月、ハミルの友人で俳優のロバート・イングランドは「マークはジムに通って鍛えてる。ルーク・スカイウォーカーだからね。腹筋をやらされてるよ」と発言している。ハミルとフィッシャーには栄養士トレーナーが付いている。製作陣はフォードの体型には満足している[33]

2013年11月19日、製作陣はR2-D2が「出演」することを発表した[34]

2014年1月、俳優ジェシー・プレモンスがルークの息子「ベン・スカイウォーカー」を演じることが噂された[35][36]が、1月19日、プレモンスは否定[37]。しかしエイブラムス監督はプレモンスと会って読み合わせをしたことを認め、「彼は交渉中の一人だ」とした[38]。だが結局プレモンスは出演しなかった。

2014年4月29日、出演者のメンバーが正式に発表された。

公開

2013年11月、公開日が2015年12月18日であることが発表された[39]

2014年3月、ウォルト・ディズニー・カンパニーは「『エピソード7』はIMAXで公開する」と発表している[40]

2015年10月、日本においては公開日のほか、全国で本作を上映する映画館すべての初上映時間が「午後6時30分開始」と厳密に定められた[41](その他の地域の初上映時刻については本項の冒頭に記載)

配給会社が変更されたため、恒例の20世紀フォックスファンファーレは流れないが、ディズニーロゴは世界観保持のためオープニングには表示されない。 エンドクレジットでもディズニーロゴは登場しなかったが、ウォルト・ディズニー・レコードのロゴはエンドクレジットに登場した。

日本語吹き替え版での既存キャラクターは、ソフト版の声優陣が約20年ぶりに再結集して当時と同じ役を演じている。

2016年3月25日をもって、全劇場・全スクリーンでの上映を終了させることが決定[42]

プロモーション

ANA "R2-D2 JET”
  • 日本国内では2015年8月2日からの青森ねぶた祭に合わせ、ディズニー・ジャパンから制作依頼を受けた青森の若手ねぶた師が、ヨーダやダース・ベイダーなどの人気キャラクターと本作が初登場の人物を含む4台のねぶたを作成した。当初ディズニー・ジャパンはねぶた祭期間中の運行を希望していたが、地元側が宣伝色が強く伝統にそぐわないと難色を示し、スポンサー企業の広告に使われる同年8月1日からの『前ねぶた』での運行となった[43][44]
  • 全日本空輸(ANA)は、「ANA STAR WARS PROJECT」を展開し[45]、2015年10月からR2-D2の特別塗装を施した国際線仕様のボーイング787-9や、R2-D2と本作から登場するBB-8を施した国内線仕様のボーイング767-300などの特別塗装機を就航させている[46]
  • 南海電気鉄道が特急ラピートの特別仕様車『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』号として、なんば駅から関西空港駅間を2015年11月21日から2016年5月8日までで期間限定で運行する[47]
  • 東京ディズニーランドのアトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」にて、本作の登場キャラクターの象徴的なシーンが追加されたスペシャルバージョンが、2016年2月上旬から同年9月上旬までの期間限定で実施される。期間終了後には、既存のシーンからランダムで本作仕様のシーンが選ばれる予定[48]
  • 検索サイトGoogleでは、冒頭で流れる「A long time ago in a galaxy far, far away....」(遠い昔、はるかかなたの銀河系で…。)と検索すると、オープニングロール風の検索結果が出る[49]。さらに、「内なるフォースの覚醒」と題した特設サイトも用意された[50]

エピソード

末期癌で2015年7月に余命2か月と診断され、死ぬ前に本作を見たいという希望を持っていた、子どもの頃からスター・ウォーズの熱狂的なファンだったテキサス州在住の32歳の男性のためにインターネット上で嘆願運動が始まり、出演俳優のマーク・ハミルピーター・メイヒュージョン・ボイエガも支援の輪に加わった[51]

そして2015年11月3日、ディズニーやルーカス・フィルムのスタッフが男性の自宅を訪れ、特別に本作の未編集版を上映した。そのため、この男性は本作を世界最速で(合法的に)視聴した人物となった[52][53]

それから1週間後の2015年11月10日、男性は眠りながら安らかに息を引き取った[54][55]。非常によく似た内容の『ファンボーイズ』という映画があったことからも日本を含め世界中で大きな話題となった。

興行収入

アメリカ合衆国

2015年12月18日木曜日のレイトショーで、本作は5700万ドルを稼ぎ出した。この数字は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が2011年に記録した4300万ドルを超え[56]、レイトショーでの興行収入の最高記録を打ち立てた[57]。翌19日に本格的な公開が始まり、公開初日だけで1億2500万ドルを稼ぎ出した(木曜レイトショー上映分を差し引くと6350万ドル)[58]。この数字は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が2011年に記録した9100万ドルを超え[59]、公開初日の興行収入の最高記録となった[60]

日本

評価

ジョージ・ルーカス

本シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは、2015年12月25日放送のアメリカのCBSテレビの朝の報道番組に出演し、自身が携わっていない本作について「私はスター・ウォーズを単なるSF映画だとは思っていない。スター・ウォーズはメロドラマであり、すべての家族の問題を描いているんだ。ところがディズニーは(スター・ウォーズを)メロドラマではなく、ファンを喜ばせるためのレトロ(懐古趣味)なSF作品にしようとしていた…。」と切り出し、更に本作が「懐古趣味」をアピールしていることについて「嫌いだ。私が作ったスター・ウォーズは宇宙船も惑星も(前作とは)全く違うものになるよう懸命に努力した。」と批判した。そして、自身がスター・ウォーズの全権利をウォルト・ディズニー・カンパニーに売却したことを「スター・ウォーズ全6作は私の子供だ。私が作り、非常に密接に関わり、それを愛している。私はそれを奴隷業者に売ってしまったのだ。」と嘆いた。この発言がたちまち物議を醸したため、彼は同年12月31日付で「試写を見る前の発言で、非常に不穏当かつ不適当な例えを用いたことを謝罪します。」と発言を撤回し、更に「記録的なヒットに舞い上がりそうで、この新作と、エイブラムス監督と(ルーカスフィルムの)キャスリーン・ケネディ社長を誇りに思う。」と釈明した[61]

批評家

批評家は、本作を絶賛している。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには274件のレビューがあり、批評家支持率は95%、平均点は10点満点で8.3点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「アクションが満載だ。また、昔懐かしいキャラクターと新キャラクターの両方が出ているおかげで万人受けする映画となっている。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は『スター・ウォーズ』シリーズのかつての栄光を思い起こさせるような作品に仕上がっており、シリーズに新たなエネルギーを吹き込んだ。」となっている[62]。また、Metacriticには51件のレビューがあり、加重平均値は81/100となっている[63]。なお、本作のシネマスコアはAとなっている[64]

デイリー・テレグラフ』のロビー・コリンは本作に5つ星評価で満点となる5つ星を与え、「J・J・エイブラムス監督の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は長らく新作が作られなかった『スター・ウォーズ』シリーズをも覚醒させた。多くのファンから愛されてきた過去の6作品ともちゃんとつながっている。2015年に公開された映画の中でも群を抜いて素晴らしい作品だ。」と評している[65]。『ガーディアン』のピーター・ブラッドショーは本作に5つ星評価で満点となる5つ星を与え、「過去の6作品より脚本が優れている。もちろん、叙事詩である以上、非現実的で、感傷的で、メロドラマ的でもある。しかし、その溢れんばかりのエネルギーと物語の奥深さは観客を興奮させる。」と評している[66]。『デトロイト・ニュース』のトム・ロングは「オリジナルと内容が酷似していると感じる人もいるだろう。しかし、オリジナルの『スター・ウォーズ』は素晴らしいものであったということを受け入れよう。ただ単に『フォースの覚醒』は『スター・ウォーズ』は良いものだと再び思わせてくれる。」と述べている[67]

受賞

アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が主催のAPIアワード2015では、本作を審査対象とするために、通常の発表時期である12月7日から、12月16日に変更された経緯がある[68]

映画賞 対象 結果
2015 AFIアワード 2015[68] 映画部門 受賞
2016 第66回アメリカ映画編集者協会 エディ賞[69] ドラマ映画部門 未決定
第69回英国アカデミー賞[70][71] 視覚効果賞 受賞
新人賞
(EEライジングスター賞)
ジョン・ボイエガ 受賞
第88回アカデミー賞[72] 編集賞 ノミネート
音響編集賞 ノミネート
視覚効果賞 ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
第63回ゴールデン・リール賞[73] 映画(英語または外国語)作曲部門 受賞
2016 キッズ・チョイス・アワード[74][75] お気に入りの映画 受賞
お気に入りの映画男優 ジョン・ボイエガ ノミネート
お気に入りの映画女優 デイジー・リドリー ノミネート
エンパイア賞 2016 [76] 監督賞 J・J・エイブラムス 受賞
SF/ファンタジー映画賞 受賞
新人男優賞 ジョン・ボイエガ 受賞
新人女優賞  デイジー・リドリー 受賞
MTVムービー・アワード 2016 [77] 最優秀映画賞 未決定
最優秀女優賞 デイジー・リドリー 未決定
最優秀ファイト賞 レイ(デイジー・リドリー) vs カイロ・レン(アダム・ドライバー) 未決定
最優秀ヒーロー賞 デイジー・リドリー 未決定

関連書籍

映画本作の小説はアラン・ディーン・フォスターが書き、ネタバレ防止のため先に電子版のみが2015年12月18日に発売された。書籍版は2016年1月5日に発売されている。日本では2016年9月26日に講談社文庫から発売。

本作公開に向けてディズニーの出版部門であるディズニー・パブリッシング・ワールドワイドとルーカス・フィルムは、2015年の後半に『ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒』と言うタイトルで、本作のスピンオフのコレクション作品となる20冊の小説やコミックなどの本と電子書箱のリリースを発表した。デル・レイ、DK、Egmont UKマーベル・コミック、Phoenix Internationalなど小説やコミック本の出版社との協力によるコラボレーションによるものとなっており、スター・ウォーズの世界の一部となるスピンオフの内容になっているとのこと[78]

2015年9月4日に、チャック・ウェンディが書いた『エピソード6/ジェダイの帰還』と本作の間に起きた物語の小説『アフターマス』がリリースされた。これは第2デス・スター破壊後、銀河帝国皇帝パルパティーンダース・ベイダーが死んだと噂され帝国軍内で混乱状態の中、銀河での反乱同盟軍と帝国軍の動きを書いたスピンオフ小説になるとのこと[79]。アフターマスは3部作の予定であり、続刊に『Aftermath: Life Debt』と『Aftermath: Empire's End』がある。日本では『アフターマス』は2016年7月30日にヴィレッジブックスから発売予定。

また、クラウディア・グレイが書くヤングアダルト小説『Lost Stars』ではセイン・クレルとシエナ・リーと言う幼なじみの若い男女の2人がそれぞれ反乱軍のパイロットと帝国軍将校になっていく内容で、『エピソード4/新たなる希望』から『エピソード6/ジェダイの帰還』の一年後程度までのストーリーとなっている。

ジュニア小説としてはグレッグ・ルッカが書く『おれたちの船って最高だぜ! ハン・ソロとチューバッカの冒険』、ジェイソン・フライが書く『ジェダイの剣術を磨け! ルーク・スカイウォーカーの冒険』、セシル・カステリッチが書く『反乱軍の危機を救え! レイア姫の冒険』の3作品がリリースされた。『ハン・ソロとチューバッカの冒険』、『ルーク・スカイウォーカーの冒険』では『エピソード4/新たなる希望』と『エピソード5/帝国の逆襲』の間の物語が描かれ、『レイア姫の冒険』では『エピソード5/帝国の逆襲』と『エピソード6/ジェダイの帰還』の間の物語が描かれている。これらの作品は本作へのヒントがある物語となっている。日本では三巻とも2015年12月7日に講談社KK文庫から発売された。

ショート・ストーリーとして『All Creatures Great and Small』、『The Crimson Corsair and the Lost Treasure of Count Dooku』、『The Face of Evil』、『High Noon on Jakku』、『The Perfect Weapon』がリリースされている。

コミックではマーベル・コミックスからリリースされる。 今のところ『エピソード6/ジェダイの帰還』直後の物語である『砕かれた帝国』がリリースされた。日本では2016年1月30日にヴィレッジブックスから発売された。 当初予定されていた『Star Wars: Journey to the Force Awakens - C-3PO』は『Star Wars Special: C-3PO: The Phantom Limb』に改題されてリリースされた。

参考書は『きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック』と『Ships of the Galaxy』の2作品がリリースされている。

児童向け絵本は、『Droid Factory』『さがして! みつけて! スター・ウォーズ ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒』の2作品が今のところリリースされている。

修正・変更点

2016年のDVD版、ブルーレイ版の発売に際し、一部内容の修正・変更が行われている。

  • エンドクレジットの曲の構成が変更され、「Xウィングのためのスケルツォ」が流れるようになった。
  • 「The one from the village」の訳が「あの村の出身だ」から「あの村にいた奴だ」に変更された。
  • 日本語吹き替えのキャストが一部変更された[80]

トリビア

  • ハン・ソロ役のハリソン・フォードは、本シリーズの劇中の時系列では前作に当たる『エピソード6/ジェダイの帰還』でソロが死亡することを希望し脚本家のローレンス・カスダンも乗り気だったが、ルーカスが許さなかったため実現しなかった[81]。だが、本作ではスターキラー基地でカイロ・レンにライトセーバーで殺されることで実現した。
  • ファースト・オーダーのストームトルーパーやジャクーのゴミ漁りなどの声として、本シリーズのアニメで声優を務めたジェームズ・アーノルド・テイラー、トム・ケインサム・ウィットワーらの声が使用されている[82]
  • レイのフラッシュバックのシーンではジェダイ騎士の他に、「Any Jedi」と囁く謎の人物も存在する。ファンの間ではこれはパルパティーンのもので、『エピソード3/シスの復讐』の台詞を切り取って使用したのではないかと噂されている[83]
  • ダニエル・クレイグの演じたストームトルーパーの「FN-1824」は、クレイグの著名な役であるジェームズ・ボンドにちなんで本シリーズのファンから「JB-007」と名付けられた。この名称は『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』によって正式名称が判明するまでIMDbやニュースサイトなどで幅広く使用されていた[84]
  • 惑星タコダナでフィンと戦ったストームトルーパーの「FN-2199」は、「Traitor!(裏切り者!)」という台詞をもじって本シリーズのファンから「TR-8R」と名付けられた[85]
  • マズの城の入り口にある旗にはこれまでの作品に登場した様々な組織のマークが描かれている。また、その中には実在する本シリーズのコスプレイヤー慈善団体である「501stリージョン」のマークも存在する[86]
  • レイが水に粉末を加えるだけで作ったパンはCGではなく食べることができる本物のパンであるが、撮影に使われたものは味は良くない[87]。これを元に抹茶を加えるなどアレンジしたレシピがStarWars.com公式ブログで公開されている[88]

脚注

出典

  1. ^ Star Wars Episode 7 script still not finalised
  2. ^ 『スター・ウォーズ』世界興収20億ドル突破!史上3作目の快挙”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  3. ^ Star Wars: Star Wars: The Force Awakens (2015) - Release Info - IMDb
  4. ^ Breznican, Anthony (2013年11月7日). “'Star Wars: Episode VII': Release set for December 18, 2015”. Entertainment Weekly. 2013年11月8日閲覧。
  5. ^ 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 日本全国で“同時刻”上映が決定!
  6. ^ 『スター・ウォーズ』最新作、米でPG-13指定 シネマトゥデイ 2015年11月27日
  7. ^ 公式サイトや映画吹き替え版のクレジットによる。パンフレットではロア・サン・テッカ。
  8. ^ 故人のため、シリーズ旧作の台詞を編集して使用。
  9. ^ 『エピソード5/帝国の逆襲』の台詞を編集して使用。
  10. ^ a b 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にオビ=ワンとヨーダがカメオ出演していたことが判明!!”. ガジェット通信 (2015年12月24日). 2016年1月15日閲覧。
  11. ^ a b 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にあの俳優がまさかのカメオ出演”. 総合映画情報サイト オスカーノユクエ (2015年12月22日). 2016年4月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g SCREEN 2016年3月号「STAR WARS フォースの覚醒 裏ネタ講座」より
  13. ^ SCREEN 1999年8月号 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 公開直前大特集
  14. ^ a b c d e f g h “何人気付いた?「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に出演している意外なスター21人”. 映画.com. (2016年1月10日). http://eiga.com/news/20160110/6/ 2016年4月8日閲覧。 
  15. ^ 『スター・ウォーズ エピソード7』出演権が当たるチャリティー開始!『エピソード7』新キャラも登場!”. STAR WARS WEBLOG (2014年5月22日). 2016年7月8日閲覧。
  16. ^ a b 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』カメオ出演総まとめ!【ネタバレ注意】”. STAR WARS WEBLOG (2015年12月29日). 2016年7月8日閲覧。
  17. ^ ダニエル・クレイグ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にカメオ出演!?”. マイナビニュース (2015年12月22日). 2016年1月14日閲覧。
  18. ^ 『フォースの覚醒』にも登場のR2-KT ある少女のために、ピンク色のR2ドロイドが辿った感動の実話”. oriver.cinemaス (2016年3月28日). 2016年10月3日閲覧。
  19. ^ "Star Wars Is Being Kick-Started with Dynamite", StarWars.com, January 25, 2013. Retrieved May 25, 2013.
  20. ^ McIntyre, Gina (2013年10月24日). “'Star Wars: Episode VII': J.J. Abrams, Lawrence Kasdan to pen script”. Los Angeles Times. 2013年10月24日閲覧。
  21. ^ Barnes, Brooks (2013年10月24日). “Abrams and Kasdan Take Over Writing of New 'Star Wars' Movie”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/10/25/business/media/abrams-and-kasdan-take-over-writing-of-new-star-wars-movie.html 2013年10月24日閲覧。 
  22. ^ [1]
  23. ^ [2]
  24. ^ a b Devin Leonard, "How Disney Bought Lucasfilm—and Its Plans for 'Star Wars'", Bloomberg Businessweek, March 7, 2013. Retrieved May 26, 2013.
  25. ^ a b Steranko, "George Lucas", Prevue #42, September–October 1980.
  26. ^ Gerald Clarke. "The Empire Strikes Back!". Time, May 19, 1980. Retrieved September 26, 2012.
  27. ^ Bill Warren. "George Lucas: Father of the Force". Starlog #127, February 1988.
  28. ^ a b Clarke, Gerald; Worrell, Denise (1983年5月23日). “I've Got to Get My Life Back Again”. TIME. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,953916-3,00.html 2012年9月15日閲覧。 
  29. ^ Newton, Mark (2014年2月11日). “Star Wars 7 plans 6 months of filming from May”. Movie Pilot. 2014年2月11日閲覧。
  30. ^ David Weiner, "Mark Hamill Muses on New 'Star Wars': 'Go Retro'", ETonline.com, February 20, 2013. Retrieved May 26, 2013.
  31. ^ Pfaff, Jennifer (Undated). “Q&A with Carrie Fisher”. Palm Beach Illustrated (Florida). http://www.palmbeachillustrated.com/index.cfm?fuseaction=news.details&ArticleId=2886 2013年3月6日閲覧。 
  32. ^ Carrie Fisher as an 'elderly' Princess Leia? Not so fast”. CNN (2013年3月6日). 2013年3月7日閲覧。
  33. ^ Star Wars actor Mark Hamill in training for Episode 7, says friend”. Metro (2013年9月16日). 2013年9月16日閲覧。
  34. ^ R2-D2 Is in Star Wars: Episode VII, and He's Fan-Made | Star Wars Blog”. Starwarsblog.starwars.com (2013年11月19日). 2014年1月4日閲覧。
  35. ^ Hart, Benjamin (2014年1月17日). “Rumors: Jesse Plemons Cast As Ben Skywalker, Boba Fett Retcon, & More”. The Star Wars Underworld. 2014年1月18日閲覧。
  36. ^ Rosen, Christopher (2014年1月10日). “Jesse Plemons Reportedly Up For 'Star Wars' Role”. The Huffington Post. 2014年1月18日閲覧。
  37. ^ Jones, Dominic (2014年1月19日). “Jesse Plemons Says Episode VII Casting Rumor is "Crazy"”. The Star Wars Underworld. 2014年1月19日閲覧。
  38. ^ Jones, Dominic (2014年1月19日). “Abrams Confirms Episode VII Script is Complete, Talks Plemons, IMAX, and Rumors”. The Star Wars Underworld. 2014年1月19日閲覧。
  39. ^ Breznican, Anthony (2013年11月7日). “'Star Wars: Episode VII': Release set for December 18, 2015”. Entertainment Weekly. 2013年11月7日閲覧。
  40. ^ Disney to Release Avengers: Age of Ultron, Star Wars: Episode VII in IMAX”. ComingSoon.net (2014年3月20日). 2014年3月20日閲覧。
  41. ^ “『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』12月18日(金) 18時30分上映解禁!”. ディズニー(Japan)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公式サイト. (2015年10月6日). http://starwars.disney.co.jp/movie/force/news/20151006_01.html 
  42. ^ 『スター・ウォーズ』異例の上映終了宣言 3月25日まで”. ORICON STYLE (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  43. ^ <ねぶた>前夜祭で「スター・ウォーズ」運行 - 河北新報
  44. ^ <ねぶた>SW運行は前夜祭だけ?の怪 - 河北新報
  45. ^ ANA STAR WARS PROJECT
  46. ^ https://www.ana.co.jp/pr/15_1012/15-079.htmlANA 『STAR WARS™プロジェクト』『STAR WARS™ ANA JET』(国内線機)の就航日が決定しました。](ANAプレスリリース 2015年11月5日)
  47. ^ 「スター・ウォーズ」と南海電鉄がコラボ、特別仕様車が11月より運行スタート”. 映画ナタリー (2015年10月22日). 2015年10月22日閲覧。
  48. ^ 「東京ディズニーランド 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界が楽しめる「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」スペシャルバージョン2016年2月上旬よりスタート”. オリエンタルランドグループ (2015年10月29日). 2015年10月31日閲覧。
  49. ^ Googleで「a long time ago in a galaxy far far away」を検索すると…… ITmedia 2015年11月24日
  50. ^ 内なるフォースの覚醒 Google
  51. ^ “死ぬ前に新作を見たい―「スター・ウォーズ」ファンの願いかなう”. CNN. (2015年11月5日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35073088.html 2015年11月14日閲覧。 
  52. ^ “死ぬ前に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見たい──余命わずかな男性の夢がオンラインキャンペーンで実現”. ITmedia ニュース(アイティメディア株式会社). (2015年11月6日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/06/news057.html 
  53. ^ “余命わずか…でも新作『スター・ウォーズ』が観たい!末期ガンの男性の願いがかなう”. シネマトゥデイ. (2015年11月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0077877 2015年11月14日閲覧。 
  54. ^ “夢かなえた「スター・ウォーズ」ファン死去、新作視聴の数日後”. AFPBB. (2015年11月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3066154?cx_part=txt_topics 2015年11月14日閲覧。 
  55. ^ “夢かなえた「スター・ウォーズ」ファン死去、新作視聴の数日後”. AFPBB News(株式会社クリエイティヴ・リンク). (2015年11月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3066154 
  56. ^ Box Office Report: 'Harry Potter' Headed for Record-Breaking $80 Million-Plus Friday”. 2015年12月20日閲覧。
  57. ^ 'Star Wars: The Force Awakens' Targets Record Breaking $100M+ Opening Day”. 2015年12月20日閲覧。
  58. ^ 'Star Wars: The Force Awakens' Shatters Opening Day Record”. 2015年12月20日閲覧。
  59. ^ JULY 2011”. 2015年12月20日閲覧。
  60. ^ 'Star Wars: The Force Awakens' Shatters Opening Day Record”. 2015年12月20日閲覧。
  61. ^ “スター・ウォーズ生みの親・ルーカス監督が「フォースの覚醒」を批判 ディズニーへの売却を「奴隷業者に売ってしまった…」”. 産経ニュース. (2016年1月4日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160103/ent1601030008-n1.html 
  62. ^ Star Wars: The Force Awakens”. 2015年12月20日閲覧。
  63. ^ Star Wars: Episode VII - The Force Awakens”. 2015年12月20日閲覧。
  64. ^ ‘Force Awakens’ Rises On Saturday Night; Opening Weekend Record Now At $238M-$244M – Late Night Update”. 2015年12月20日閲覧。
  65. ^ Star Wars: The Force Awakens review: 'the magic is back'”. 2015年12月16日閲覧。
  66. ^ Star Wars: The Force Awakens review – 'what a Christmas present'”. 2015年12月16日閲覧。
  67. ^ Movie review: The Force is back, baby”. 2015年12月16日閲覧。
  68. ^ a b 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」がAFIアワードにランクイン”. 映画.com (2015年12月18日). 2015年12月18日閲覧。
  69. ^ 『スター・ウォーズ』『マッドマックス』がノミネート!第66回アメリカ映画編集者協会エディ賞”. シネマトゥデイ (2016年1月7日). 2016年1月8日閲覧。
  70. ^ 英国アカデミー賞新人賞候補に「フォースの覚醒」J・ボヤーガ&「キングスマン」T・エガートンら”. 映画.com (2016年1月7日). 2016年1月8日閲覧。
  71. ^ 英国アカデミー賞で「レヴェナント」5冠、トム・クルーズがディカプリオを祝福”. 映画ナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  72. ^ アカデミー賞ノミネーション発表、「レヴェナント」12部門、「マッドマックス」10部門”. 映画ナタリー (2016年1月15日). 2016年1月15日閲覧。
  73. ^ 『レヴェナント』と『マッドマックス』が同時受賞!”. シネマトゥデイ (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  74. ^ 『アベンジャーズ』が最多5部門!2016年キッズ・チョイス・アワードノミネーション発表(1/2)”. シネマトゥデイ (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  75. ^ “キッズ・チョイス・アワード発表 最多ノミネートの『アベンジャーズ』は無冠”. シネマトゥデイ. (2016年3月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0081161 2016年3月16日閲覧。 
  76. ^ “『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が最多受賞!2016年エンパイア賞発表”. シネマトゥデイ. (2016年3月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0081370 2016年3月25日閲覧。 
  77. ^ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』最多11部門!MTVムービーアワードノミネーション発表”. シネマトゥデイ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。
  78. ^ Journey to Star Wars The Force Awakens Publishing Program Coming Fall 2015 StarWars.com
  79. ^ What Happened After Endor Find Out in Star Wars Aftermath StarWars.com
  80. ^ [TGS 2016]レゴブロックのサンドボックスゲーム「LEGO Worlds」は2017年の正式リリースを目指して開発中。ワーナーの新作プレゼンレポート” (2016年9月16日). 2016年12月31日閲覧。
  81. ^ SCREEN 2016年2月号「スター・ウォーズ」シリーズ トリビア&豆知識集より
  82. ^ The Voices of Star Wars: The Force Awakens”. StarWars.com (2016年1月25日). 2016年8月27日閲覧。
  83. ^ New dialogue discovered in Rey’s Force vision from Star Wars: The Force Awakens!”. makingstarwars.net (2016年4月11日). 2016年8月27日閲覧。
  84. ^ Confirmed: Daniel Craig’s cameo in Star Wars: The Force Awakens”. thesun.co.uk (2016年1月3日). 2016年9月14日閲覧。
  85. ^ Meet FN-2199, a.k.a. TR-8R: The Stormtrooper Behind the Meme”. starwars.com (2016年1月7日). 2016年10月3日閲覧。
  86. ^ The 501st Legion on Facebook”. facebook.com (2015年12月20日). 2016年9月14日閲覧。
  87. ^ ウマい?マズい?未体験のスター・ウォーズめしを堪能! - 2016年11月11日 シネマトゥデイ
  88. ^ Rey’s Portion Bread - 2016年2月23日 StarWars.com公式ブログ
  89. ^ 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に隠されている10個の秘密”. GIGAZINE (2016年4月15日). 2016年11月30日閲覧。

外部リンク