スター・ウォーズ バトルフロントII (2017)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スター・ウォーズ バトルフロントII
STAR WARS BATTLE FRONT II
ジャンル アクション・シューティング
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 EA Digital Illusions CE
発売元 エレクトロニック・アーツ
シリーズ スター・ウォーズ バトルフロントシリーズ
人数 オフライン時2人
ネットワーク時最大40人
メディア BD-ROM
ダウンロード
発売日 [デラックスエディション/リミテッドエディション]
アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2017年11月14日
[通常版]
アメリカ合衆国の旗イギリスの旗日本の旗 2017年11月17日
対象年齢 ESRBT(13歳以上)
PEGI16
CEROC(15才以上対象)
コンテンツ
アイコン
[ESRB]Violence
ダウンロード
コンテンツ
あり
テンプレートを表示

スター・ウォーズ バトルフロントII』(STAR WARS BATTLE FRONT II)は、エレクトロニック・アーツより2017年11月17日に発売されたPlayStation 4Xbox OneWindows用ゲームソフト。スター・ウォーズシリーズを題材にした『スター・ウォーズ バトルフロント』シリーズの第4作目。

概要[編集]

2015年にPS4、XboxOne、PCで発売された『スター・ウォーズ バトルフロント』の流れを組む作品。

前作はオリジナル・トリロジー(旧3部作)の『エピソード4/新たなる希望』、『エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』のキャラクターが登場したが、本作はそれに加えプリクエル(前日譚)の『エピソード1/ファントム・メナス』、『エピソード2/クローンの攻撃』、『エピソード3/シスの復讐』および、ニュー・エラ(新時代)の『エピソード7/フォースの覚醒』といった全ての時代からキャラクターが登場する[1]

ダウンロードコンテンツとして2017年末公開予定のシリーズ最新作『エピソード8/最後のジェダイ』の要素も追加される。

イメージイラストには中央に本作オリジナルの登場人物であるアイデン・ヴェルシオが、左側にレイが、右側にダース・モールが描かれている。

ゲームモード[編集]

シングルプレイヤー
モードの主人公である帝国軍の特殊部隊「インフェルノ隊」の女部隊長アイデン・ヴェルシオの視点から見たEP6とEP7の間の物語が描かれる。
マルチプレイヤー
最大40で対戦できるオンラインマルチプレイモード。
アーケード
このモードのみPS4版とXBOne版は画面を2分割して、2人でプレイする。

登場キャラクター[編集]

出典:[2] / [3] / [4] / [5] / [6]

プレイ可能キャラクター[編集]

※はダウンロードコンテンツキャラクター

ノンプレイヤーキャラクター[編集]

登場兵器[編集]

出典:[7]

  • 共和国軍
    • BTL-B Yウイング
    • N-1・スターファイター
  • 反乱同盟軍
  • レジスタンス
    • T-70 Xウイング・ファイター
    • T-70 Xウイング・ファイター<ブラック・ワン> ポー・ダメロン専用機
  • 通商連合
    • シミター
    • AAT-1
    • バルチャードロイド
    • MTT
  • 銀河帝国
  • ファースト・オーダー
    • TIEサイレンサー
    • ファースト・オーダーTIEファイター
    • SF TIEファイター
    • リサージェント級スター・デストロイヤー

マップ[編集]

出典:[8]

開発[編集]

前作を開発したEA Digital Illusions CE(DICE)がメインとなって開発しているが、新たにMotive StudiosCriterionが参加し、共同で開発を行う。『バトルフィールド』シリーズでFPSの開発が得意なDICEが前作同様マルチプレイヤーモードを担当、Motive Studiosが新たに導入されるシングルプレイヤーモードを担当、レースゲームの得意なCriterionがビークル(乗り物)周りを担当する。

シナリオはウォルト・ウィリアムスミッチ・ダイアールーカスフィルムのスタッフと連絡を取りつつ共同で執筆する[9]

関連書籍[編集]

スター・ウォーズ インフェルノ・スクワッド(Star Wars Inferno Squad
2017年7月に出版された小説。本作に登場するアイデンが所属する帝国軍特殊部隊インフェルノ隊について描かれる[10]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]