ボバ・フェット/The Book of Boba Fett

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Book of Boba Fett
ジャンル
原作 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ
出演者
作曲 ルドウィグ・ゴランソン
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作
製作総指揮
撮影地 カリフォルニア州ロサンゼルス
撮影監督 ディーン・カンディ
製作 ルーカスフィルム
配給 ディズニー・プラットフォーム・ディストリビューション英語版
公式ウェブサイト
配信
配信サイトDisney+
配信国・地域世界中
配信期間2021年12月29日 - 2022年2月9日
番組年表
関連番組マンダロリアン
テンプレートを表示

ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』(The Book of Boba Fett)は、配信サービスのDisney+向けに製作されたアメリカ合衆国の連続テレビドラマである。『スター・ウォーズ』フランチャイズの一編であり、『マンダロリアン』のスピンオフでもあるこの番組は、それまでの『スター・ウォーズ』関連作に登場したバウンティハンターのボバ・フェットを主役とする。

『マンダロリアン』や過去の『スター・ウォーズ』関連作と同様にボバ・フェットはテムエラ・モリソンフェネック・シャンド英語版ミンナ・ウェンにより演じられる。ルーカスフィルムは以前からボバ・フェットの単独映画に幾度か取り組んでいたが、その後『マンダロリアン』を優先させた。モリソンは『マンダロリアン』の第2シーズン英語版でウェンと共にフェット役で出演し、2020年11月にスピンオフシリーズの可能性が初めて報じられた。『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は2020年12月にモリソンとウェンの出演と共に正式に発表された。撮影はその時点で既に始まっており、2021年6月まで続いた。

シリーズ初回は2021年12月29日に配信され、2022年2月9日まで計7話が順次配信された。

内容[編集]

ボバ・フェットフェネック・シャンド英語版はかつてジャバ・ザ・ハットが支配していた領域を乗っ取り、銀河の裏社会で名を馳せようとする[1]

キャストとキャラクター[編集]

※ 演、声の括弧内は日本語吹き替え。

メイン[編集]

ボバ・フェット
演 - テムエラ・モリソン金田明夫[2]
ジャンゴ・フェットの息子のバウンティハンター[3]。モリソンはこのシリーズがキャラクターの過去を探り、『帝国の逆襲』(1980年)から『マンダロリアン』第2シーズンの間に彼が何が起こったのかを示す機会だと述べている[4]
フェネック・シャンド英語版
演 - ミンナ・ウェン花藤蓮[2]
フェットの相棒の傭兵暗殺者[3]
マンダロリアン / ディン・ジャリン
演 - ペドロ・パスカル阪口周平[5]
マンダロリアンの戦士にしてボバの戦友。

リカーリング[編集]

8D8
声 - マット・ベリー山橋正臣
ボバの身の回りの世話をするドロイド。
執事長
演 - デヴィッド・パスクエジ荻野晴朗
市長の秘書を勤めるトゥワイレックの男。
ガーザ・フウィップ
演 - ジェニファー・ビールス八十川真由野
タトゥイーンのモス・エスパでサンクチュアリを経営していたトワイレックの女性。
ブラック・クルルサンタン
演 - キャリー・ジョーンズ
ジャバの親戚から送られてきた刺客のウーキー。
キャド・ベイン
声 - コーリー・バートン多田野曜平[6]
保安官コブ・ヴァンスを決闘で倒したデュロスの賞金稼ぎ。

その他[編集]

ドク・ストラッシ
演 - ステファン・オヨン、声 - ロバート・ロドリゲス菊池通武
タトゥウィーンの闇医者。
ガモリアン ガード
演 - フランク・トリッグコリン・ハイムズ
ジャバとビフに使えていた衛兵。
市長
声 - ロバート・ロドリゲス(武藤正史
惑星タトゥイーンのモス・エスパの街を治める男。犯罪組織のボスになったボバを良く思っていない。
ローサ・ピール
演 - スティーヴン・ルート田中英樹
ボバ・フェットに陳情したモス・エスパの水売りの男性。
ランコアの飼育人
演 - ダニー・トレホ廣田行生
ジャバの親戚から贈られてきたランコアの子供を世話するために雇われた男。
ドラッシュ
演 - ソフィー・サッチャー内藤有海
惑星タトゥイーンにあるモス・エスパの街のモッズのストリートギャングの女性。
スカッド
演 - ジョーダン・ボルジャー朝比奈拓見
惑星タトゥイーンにあるモス・エスパの街のモッズのストリートギャングの男性。
アーマラー
演 - エミリー・スワロー藤貴子
マンダロリアンのアーマー職人。
パズ・ヴィズラ
演 - タイット・フレッチャー[注 1]、声 - ジョン・ファヴロー[注 1]宮本崇弘
ディン・ジャリンと決闘をしたマンダロリアンの男性。
ペリ・モットー
演 - エイミー・セダリス定岡小百合
惑星タトゥイーンのモス・アイズリー宇宙港にあるハンガー3-5を経営していたエンジニアにして商人。
カーソン・テヴァ
演 - ポール・サン=ヒョンジュ・リー丸山壮史
ディン・ジャリンを何度か尋問した新共和国のT-65B Xウイング・スターファイター・パイロット。
ルーク・スカイウォーカー
演 - マーク・ハミルグラハム・ハミルトン[注 2]須田祐介[6]
ジェダイマスター。帝国との戦争に終止符を打った後にグローグを弟子にした。
アソーカ・タノ
演 - ロザリオ・ドーソン伊藤静[6]
ルークの父アナキンのかつての弟子。ルークとも交流がある。
コブ・ヴァンス
演 - ティモシー・オリファントさかき孝輔
惑星タトゥイーンにあるモス・ペルゴの街の保安官。

エピソード[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
11"チャプター1:異星のはぐれ者"
"Chapter 1: Stranger in a Strange Land"
ロバート・ロドリゲスジョン・ファヴロー2021年12月29日 (2021-12-29)
22"チャプター2:タトゥイーンの部族"
"Chapter 2: The Tribes of Tatooine"
ステフ・グリーンジョン・ファヴロー2022年1月5日 (2022-01-05)
33"チャプター3:モス・エスパの町"
"Chapter 3: The Streets of Mos Espa"
ロバート・ロドリゲスジョン・ファヴロー2022年1月12日 (2022-01-12)
44"チャプター4:迫りくる嵐"
"Chapter 4: The Gathering Storm"
ケヴィン・タンチャローエンジョン・ファヴロー2022年1月19日 (2022-01-19)
55"チャプター5:マンダロリアンの帰還"
"Chapter 5: Return of the Mandalorian"
ブライス・ダラス・ハワードジョン・ファヴロー2022年1月26日 (2022-01-26)
66"チャプター6:砂漠から来た流れ者"
"Chapter 6: From the Desert Comes a Stranger"
デイブ・フィローニジョン・ファヴロー、デイブ・フィローニ2022年2月2日 (2022-02-02)
77"チャプター7:名誉のために"
"Chapter 7: In the Name of Honor"
ロバート・ロドリゲスジョン・ファヴロー2022年2月9日 (2022-02-09)

製作[編集]

背景[編集]

ディズニーCEOのボブ・アイガーは2013年2月に『スター・ウォーズ』の単発のスピンオフ映画の企画を発表した。そのうちの1本はバウンティハンターのキャラクターであるボバ・フェットが中心となり、『新たなる希望』(1977年)と『帝国の逆襲』(1980年)、もしくは『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』(1983年)の間が舞台になると報じられた[7]。また『帝国の逆襲』に登場する他のバウンティハンターについても探求されると報じられた[8]。2014年初頭、サイモン・キンバーグジョシュ・トランクに『スター・ウォーズ』の映画の製作を打診し、トランクは『スター・ウォーズ』の製作であるルーカスフィルムにボバ・フェットの映画を提示し[9]、同年6月に監督に就任した[10]。トランクは2015年4月のスター・ウォーズ セレブレーション・アナハイムで映画を告知し、プロジェクトのティーザーも公開する予定であったが[11]、ルーカスフィルム側がトランクの映画『ファンタスティック・フォー』(2015年)の製作中の問題を把握したために直前で中止された[9]。2015年5月時点でトランクはもう企画に取り組んでいなかった[12]。2017年8月時点でルーカスフィルムがボバ・フェットの映画を未だ検討中であることが報じられた[13]。その後『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年)が興行的に失敗したことを受けてディズニーは『スター・ウォーズ』の映画の公開計画を再検討した。2018年10月時点でボバ・フェットの映画は進展しておらず、ルーカスフィルムはDisney+の配信シリーズ『マンダロリアン』を優先していた[8][14]

2020年2月、アイガーは『マンダロリアン』のスピンオフが検討中であり、同番組により多くのキャラクターを登場させた上でそれらの独自のシリーズが与えられる可能性があると述べた[15]。同年5月、『マンダロリアン』の第2シーズン英語版テムエラ・モリソンがボバ・フェット役で出演することが決定した[16][17]。モリソンは『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)でボバの父のジャンゴ・フェットを演じ、それ以後も様々な『スター・ウォーズ』関連メディアでボバの声を務めていた[16]。モリソンの『マンダロリアン』への出演が確定する以前にフェットは第1シーズン英語版の「チャプター5: ガンファイター英語版」でミンナ・ウェン演じるフェネック・シャンド英語版の前の小登場していた[17][18]。モリソンは第2シーズンの初回「チャプター9: 保安官英語版」に小出演した後、ロバート・ロドリゲスが監督した「チャプター14: 悲劇英語版」で本格な出演を果たした[19]

企画[編集]

2020年11月初旬時点では『マンダロリアン』の第3シーズンかボバ・フェットに焦点を当てたとみられるスピンオフシリーズのどちらかの製作が同月下旬から12月初旬に開始予定であると報じられていた[20]。12月10日に開催されたディズニーの投資家向けイベントでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは『マンダロリアン』と同一の時代を描くスピンオフシリーズ『Rangers of the New Republic』と『Ahsoka』を告知したが、ボバ・フェットのスピンオフシリーズについては発表しなかった[21]。ケネディは『マンダロリアン』の「次章」が2021年12月に初演されることも発表した[22]

『マンダロリアン』の第2シーズンの最終回「チャプター16: 救出英語版」は2020年12月末に配信され、その回には『The Book of Boba Fett』が2021年12月に配信されることが明らかとなる「サプライズ・エンドクレジット・シークエンス」が含まれた[23]。これを受けてコメンテーターの間ではこれが『マンダロリアン』の第3シーズンのサブタイトルであり、『マンダロリアン』は第3シーズンより主人公がディン・ジャリンからボバ・フェットに変更されるという混乱と憶測が発生した[3]。『マンダロリアン』の発案者兼ショーランナージョン・ファヴローはその後まもなく『The Book of Boba Fett』が『マンダロリアン』の第3シーズンとは別の独立したシリーズであることを明かした。彼はこのスピンオフが投資家向けイベントでケネディによって発表されなかったのは「チャプター16: 救出」の最後に明かされる「サプライズを台無しにしたくなかったから」であると説明した。彼はさらにスピンオフの製作は既に始まっていることも付け加えた。シリーズはファヴロー、デイブ・フィローニ、ロドリゲスが製作総指揮を務め[3]、さらにロドリゲスは数話を監督もする[4]。他のスピンオフ企画と同様に『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』も『マンダロリアン』の時代を舞台としており[3]、「『マンダロリアン』のシーズン2.5」と表現されている[24][25]。製作側は『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』の各話を『マンダロリアン』の第3シーズンのように呼称しており、例えば第1話は連続テレビドラマの初回としてよくある「101」ではなく「301」と呼ばれた[25]。シリーズは全7話構成である[26]

キャスティング[編集]

2020年12月のシリーズの公式発表でテムエラ・モリソンとミンナ・ウェンが『マンダロリアン』や他の過去の『スター・ウォーズ』メディアと同じくボバ・フェットとフェネック・シャンドを再演することが明らかとなった[3]。発表前の時点でウェンは『マンダロリアン』の第3シーズンのレギュラーとして雇われたものであると思われていた[25]。フェネックの他にもさらに『マンダロリアン』のキャラクターが登場すると報じられている[24]。2021年11月、ジェニファー・ビールスの出演が明らかとなった[1]

撮影[編集]

シリーズの撮影は2020年11月下旬時点で始まっており[3][20]、以前に『マンダロリアン』の2シーズンでも使用されたロサンゼルスのステージクラフト英語版ビデオ・ウォール英語版で行われた[24]。撮影所ではCOVID-19の安全ガイドラインに従ってスタッフは俳優にマスクとフェイスシールドを装着し、3日おきにCOVID-19の迅速検査、1週ごとに通常検査が行われた[27]。2週間の撮影の後、キャストとスタッフたちは自分たちが『マンダロリアン』の第3シーズンではなく『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』を作っていたことを知った[25]。ロドリゲスはシリーズのうち計3話を監督し[28]、他にファヴロー、ブライス・ダラス・ハワード、フィローニ[29]、ステフ・グリーン、ケヴィン・タンチャローエンも監督したと報じられた[30]ディーン・カンディはシリーズの撮影監督を務めた[31]。撮影は2021年6月8日に完了し[32]、『Obi-Wan Kenobi』と共にロサンゼルスのサウンドステージを占拠した[24]

視覚効果[編集]

インダストリアル・ライト&マジックがシリーズの視覚効果を担当する[33]

音楽[編集]

2021年9月下旬までに『マンダロリアン』の作曲家であるルドウィグ・ゴランソンが『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』へ続投し、スコアリング・セッションが開始されていた[34]

公開[編集]

2021年12月29日、Disney+で配信開始[35]。全7話構成であり[26]、2022年2月9日までに週に1話ずつ配信される[36]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Cordero, Rosy (2021年11月1日). “'The Book Of Boba Fett': Jennifer Beals Casting Revealed By Disney+ Series Trailer”. Deadline Hollywood. 2021年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 「ボバ・フェット」金田明夫がボバ、花藤蓮がフェネック・シャンド役を続投”. 映画ナタリー (2021年12月23日). 2022年2月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Mitovitch, Matt (2020年12月21日). “Boba Fett Series Confirmed as a Mandalorian Spinoff; Pedro Pascal Will Be Back as Mando for Season 3”. TVLine. 2020年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月21日閲覧。
  4. ^ a b Meares, Joel (2021年6月10日). “Temuera Morrison's Five Favorite Films”. Rotten Tomatoes. 2021年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月12日閲覧。
  5. ^ マンダロリアン再び!ドラマ「ボバ・フェット」第5話キャラクターポスター公開”. シネマトゥデイ (2022年2月2日). 2022年2月12日閲覧。
  6. ^ a b c レジェンド続々!SWドラマ「ボバ・フェット」新場面写真&ゲストキャラ声優陣コメント公開”. シネマトゥデイ (2022年2月9日). 2022年2月12日閲覧。
  7. ^ Breznican, Anthony (2013年2月6日). “'Star Wars' spin-offs: A young Han Solo movie, and a Boba Fett film”. Entertainment Weekly. 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  8. ^ a b Breznican, Anthony (2018年10月26日). “Star Wars producers halt unannounced Boba Fett standalone film”. Entertainment Weekly. 2020年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  9. ^ a b Patches, Matt (2020年5月5日). “The post-disaster artist”. Polygon. 2020年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  10. ^ Ford, Rebecca (2014年6月4日). “Josh Trank to Direct 'Star Wars' Stand-Alone Film”. The Hollywood Reporter. 2019年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  11. ^ Breznican, Anthony (2016年11月22日). “Star Wars: Secret plans for new movies discussed after Rogue One”. Entertainment Weekly. 2020年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  12. ^ Oldham, Stuart (2015年5月1日). “Star Wars: Josh Trank No Longer Directing Spinoff”. Variety. 2020年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  13. ^ Kit, Borys (2017年8月17日). “'Star Wars' Obi-Wan Kenobi Film in the Works (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2020年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  14. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年10月26日). “'Star Wars' Boba Fett Movie No Longer In Development; Lucasfilm Focusing On 'The Mandalorian' Streaming Series”. Deadline Hollywood. 2020年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  15. ^ Couch, Aaron (2020年2月4日). “Disney's Bob Iger Considering 'Mandalorian' Spinoff Shows”. The Hollywood Reporter. 2020年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月4日閲覧。
  16. ^ a b 'The Mandalorian': Temuera Morrison Returns to 'Star Wars' Universe to Play Boba Fett”. The Hollywood Reporter (2020年5月8日). 2020年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月8日閲覧。
  17. ^ a b Thorne, Will (2020年12月4日). “'The Mandalorian': Has Boba Fett Got His Mojo Back? And More Burning Questions From 'The Tragedy'”. Variety. 2020年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月4日閲覧。
  18. ^ Purslow, Matt (2020年12月4日). “The Mandalorian Confirms Some Facts About a Fan Favorite Character”. IGN. 2020年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月5日閲覧。
  19. ^ Gemmill, Allie (2020年12月7日). “'The Mandalorian' Season 2 Director Robert Rodriguez on the Joy of Reviving Boba Fett”. Collider. 2020年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月22日閲覧。
  20. ^ a b Andreeva, Nellie (2020年11月5日). “'The Mandalorian' Eyes Season 3 Production Start As Spinoff, Casting & Boba Fett Buzz Heats Up”. Deadline Hollywood. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  21. ^ Vary, Adam B. (2020年12月19日). “How Disney and Lucasfilm Are Remaking Star Wars in the Image of Marvel Studios”. Variety. 2020年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  22. ^ Bui, Hoai-Tran (2020年12月21日). “'The Book of Boba Fett' Spin-Off Series Confirmed for Disney+ in December 2021; 'The Mandalorian' Season 3 Will Follow”. /Film. 2020年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月22日閲覧。
  23. ^ Couch, Aaron (2020年12月18日). “Disney+ Sets New 'Mandalorian' Spinoff”. The Hollywood Reporter. 2020年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月18日閲覧。
  24. ^ a b c d Lane, Carly (2021年6月9日). “Exclusive: Here’s When 'The Mandalorian' Season 3 Is Filming; New Details on 'Book of Boba Fett' Connection”. Collider. 2021年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  25. ^ a b c d Opie, David (2021年6月25日). “Ming-Na Wen on Fennec Shand, The Mandalorian, and The Book of Boba Fett”. Digital Spy. 2021年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月27日閲覧。
  26. ^ a b Cavanaugh, Patrick (2021年11月29日). “Star Wars: The Book of Boba Fett Episode Count Revealed”. Comicbook.com. 2021年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月29日閲覧。
  27. ^ Dwilson, Stephanie Dube (2021年3月27日). “Temuera Morrison Teases Details from Filming 'The Book of Boba Fett'”. Heavy. 2021年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  28. ^ Halterman, Jim (2021年12月15日). “The Book of Boba Fett: Inside the Mysterious Bounty Hunter’s Return to ‘Star Wars’ Universe”. TV Insider. 2021年12月16日閲覧。
  29. ^ Crumlish, Callum (2021年7月6日). “Star Wars: Book of Boba Fett star praises Jon Favreau and teases future of the series”. Daily Express. 2021年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月6日閲覧。
  30. ^ Clark, Campbell (2021年11月25日). “More The Book Of Boba Fett Directors Named”. LRM Online. 2021年11月25日閲覧。
  31. ^ Turner, George E. (2021年7月22日). “Who Framed Roger Rabbit? A Crew of 1,000s, That’s Who! - The American Society of Cinematographers”. American Cinematographer. 2021年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月24日閲覧。
  32. ^ Dick, Jeremy (2021年6月8日). “The Book of Boba Fett Wraps Filming Season One”. MovieWeb. 2021年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月8日閲覧。
  33. ^ The Book of Boba Fett”. Industrial Light & Magic. 2021年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月1日閲覧。
  34. ^ Ludwig Göransson Scoring Disney+’s ‘The Book of Boba Fett’”. Film Music Reporter (2021年9月22日). 2021年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月23日閲覧。
  35. ^ Porter, Rick (2021年9月29日). “‘Mandalorian’ Spinoff ‘Book of Boba Fett’ Gets December Date on Disney+”. The Hollywood Reporter. 2021年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月29日閲覧。
  36. ^ Get Ready for the Premiere of The Book of Boba Fett With New Character Posters!”. StarWars.com (2021年11月29日). 2021年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月29日閲覧。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b クレジットなし
  2. ^ パフォーマンスアクター

外部リンク[編集]