ダース・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダース・モール
Darth Maul
スター・ウォーズシリーズのキャラクター
初登場ファントム・メナス』(1999年)
レイ・パーク
ピーター・セラフィノイス
サム・ウィットワー
プロファイル
種族 ザブラク
性別 男性
地位 シスの暗黒卿
母星 ダソミア
所属 シス
テンプレートを表示

ダース・モールDarth Maul)は、アメリカSF映画『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物である。惑星ダソミア出身の男性である。スタントマンのレイ・パークが演じた。

概要[編集]

ダース・シディアスの弟子で、全身が赤と黒のシスの刺青で覆われている。髪のない頭部に十本程の短い角を持つエイリアン種族のザブラク出身であり、ダソミアのナイトブラザーと呼ばれる氏族の出身。同族に、ジェダイ・マスターのイース・コスやエージェン・コーラー、実弟で後にドゥークー伯爵の弟子となるサヴァージ・オプレスがいる。ダソミアのナイトシスターの酋長マザー・タルジンの息子であったが、幼少期にその素質に目を付けたダース・シディアスに拉致され、シスとなるための過酷な修行を課せられた。

活躍[編集]

ファントム・メナス[編集]

シディアスの命令で通商連合が惑星ナブーに侵攻した際、封鎖線を突破して逃亡したパドメを捜索する任務を与えられるが、彼女を警護していたクワイ=ガンによって妨害され失敗する。その後、パドメが惑星コルサントからナブーへと帰国すると再度ナブーへと向かい、再びクワイ=ガンとオビ=ワンと戦い、クワイ=ガンを倒す。その後、オビ=ワンも追い詰めるが、クワイ=ガンのライトセーバーを用いたオビ=ワンの攻撃によって胴を両断され、溶解炉に落ちて消えた。

クローンウォーズ[編集]

モールは死亡したと思われていたが、実は生き延びていたことが『クローン・ウォーズ』シーズン3で明かされている。シーズン4でサヴァージによって発見された時には、失った下半身の代わりにドロイドを改造した蜘蛛を思わせる大型の歩行機械と一体化し、完全に正気を失っていた。ダソミアの魔女マザー・タルジンによって正気を取り戻した彼は、ドロイドのパーツから新造した下半身に収まると、サヴァージを弟子にして二人でオビ=ワンへの復讐に乗り出す。その動きをシディアスに察知され、3人以上のシスの存在を容認しないシス・オーダーの掟に従いサヴァージを殺され、モール自身も拷問を受ける。

反乱者たち[編集]

スター・ウォーズ 反乱者たち』の時代でも生き残っているが、「ダース」の称号を捨て、モールと名乗っていた。シディアスに使い捨てにされた恨みから銀河帝国の転覆を企んでおり、追われる身となっている。反乱軍と共闘することはあっても、エズラ・ブリッジャーを「我が弟子」と呼び暗黒面に引き込もうとするなど一時的なものにしかなっていない。ジェダイ・ホロクロンとシス・ホロクロンを融合させて得た情報からオビ=ワンの居所を突き止め、戦いを挑むが返り討ちに遭う。最期にオビ=ワンが「選ばれし者」を守っていることを知り、シディアスへの復讐を代わりに果たしてくれることを願いながら息を引き取った。

デザイン[編集]

当初のデザインでは、モールの頭部にはトーテムを参考にした羽が付けられていた。しかし、クリーチャー・エフェクト・チームのニック・ダドマンは羽を角だと解釈し、モールの顔を悪魔的なデザインに修正した[1]。また、ライトセイバーを使った戦闘シーンでは機敏なアクションが求められたため、ボディスーツやローブもアクションに適したデザインに変更された[2]。「オリジナル・トリロジー」のシスの暗黒卿ダース・ベイダーが仮面を付けていたため、モールは差別化のため刺青をした顔にデザインされた。元々はダース・シディアスに採用される予定だったものが、後にモールのデザインとして変更された[2]。この刺青のデザインは、歌舞伎の化粧法のひとつである隈取を参考にしている[3]

配役[編集]

モール役には、アクション俳優のレイ・パークが起用された[4]。パークは元々スタントマンとして作品に参加していたが、カメラテストのためにダース・モールに扮した彼を見た監督ジョージ・ルーカスらが、その動きと存在感を買って正式にダース・モール役に起用したというエピソードがある。劇中のアクションシーンは全てパーク自身が演じているが、声はピーター・セラフィノイス英語版が吹き替えた。

その他[編集]

ダース・モールが主役となるスピンオフ小説『ダース・モール 闇の狩人』(マイケル・リーヴス著、ソニー・マガジンズ刊)は、『スター・ウォーズシリーズ』中では珍しく悪役を主人公にした物語である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]