チューバッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チューバッカ
Chewbacca
スター・ウォーズ・シリーズのキャラクター
『新たなる希望』撮影時に使用されたチューバッカのマスク
初登場 新たなる希望』(1977年
ピーター・メイヒューヨーナス・スオタモ[1]
プロファイル
種族 ウーキー
性別 男性
母星 キャッシーク
所属 反乱同盟軍

チューバッカ (Chewbacca) は、映画スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物である。森林惑星キャッシーク出身のウーキー族で、年齢は約200歳。

人物[編集]

愛称は「チューイー」(Chewie) 。ハン・ソロはほぼこの愛称を用いて呼ぶ。ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナは当初本名で呼んでいたが、親しくなるにつれて愛称を用いるようになった。

ミレニアム・ファルコン号の副操縦士。身長は7.5フィート(約230cm)で、作中の基本言語である「ベーシック」は理解できたが、顔の構造の関係上話すことはできなかったため、ハン・ソロにはウーキー族の言葉で話し、ハン・ソロはチューバッカにはベーシックで話している。またベーシックを話せたとしても、ウーキー族の民族的な信条として、その言葉は使おうとはしないとする説もある。

愛用する武器は、金属製の矢をビームエネルギーでコーティングした状態で撃ち出す、ウーキー族の射撃武装である「ボウキャスター」(別名:ウーキー・クロスボウ)。非常に高い威力を誇るが、射撃の際の反動も大きい。これを苦もなく使いこなせるのはウーキー族の強靭な肉体があればこそと言える。

その風貌ゆえに、下等な未開民族であるかのような誤解も受けやすいウーキー族は、しばしば他の種族によって不当な扱いを被ることがある。事実、奴隷商人を生業とするトランドーシャンに至っては、ウーキーは過酷な労働によく耐え、死ねば毛皮として売れる良い商品だとすら見なしていた。

ウーキー族は森林によく適応し、単純で素朴な生活を好んだだけの話で、実際はメカニックエンジニアとしての才能において、他種族に劣ることはなく、チューバッカ自身も優れたメカニックエンジニアである。エンドアの戦いでは同じ森林種族であるイウォークの戦士たちと意気投合し、共に帝国のAT-STに樹上から乗り移って奪取する活躍を見せている。

突然怒り出す癇癪持ちのような印象を受けることもあるが、それはウーキー族の表情が外見からは計り難いからに他ならず、オーバーアクションなのも、感情をボディーランゲージで示しているだけに過ぎない。ウーキー族は非常に忍耐強いだけに、怒り出したら大爆発する。一度怒ってしまえば、後に遺恨を残さないのもまた、ウーキー族の良い所である。

ウーキー族は基本的に誇り高く聡明で、また非常に義理堅い。また勇敢な戦士にして、長命で思慮深く、なにより名誉を重んじる種族である。共和国時代から、その存在は畏敬を持って語られ、ウーキー族を助けることも、また助けられることも、大変な栄誉だとされている。

ハン・ソロとの関係において、チューバッカは銀河帝国の過酷な労働から救い出してくれたハン・ソロに強い義理と友情を感じており、元来自活主義者で他の種族とはあまり交流のないウーキー族にしては、強い絆で結ばれている。そしてハン・ソロもまた、如何なる時でも頼もしい友人として、チューバッカに深い信頼と友情を感じているのである。

また『エピソード3/シスの復讐』では、クローン軍団を率いるヨーダと共にクローン大戦を戦っており、その後シスの陰謀により裏切ったクローンからのヨーダの逃走を援助、別れを惜しむシーンが描かれている。

アニメ版『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (テレビアニメ)』シーズン3最終話「囚われのパダワン パート2」において、アソーカ・タノと共演している。

設定裏話[編集]

  • ハン・ソロの相棒は、当初標準的なヒューマノイドの予定だったという。しかし、どうにもしっくり来る配役が決まらず、ジョージ・ルーカスがある日買物に出た際に、彼の愛犬のアラスカンマラミュート犬のインディアナが、いつもの様に助手席にちょこんと座るのを見て、この毛モジャな巨漢のイメージが固まったのだという。なお、名前の“インディアナ”は、ルーカスの別の作品のキャラクター「インディアナ・ジョーンズ」に流用された。
  • チューバッカの着ぐるみの毛は、アンゴラとヤギの毛を混ぜ合わせて作られている。
  • チューバッカの声は、音声エンジニアのベン・バートが、熊とアザラシとオットセイとアナグマの声を混ぜ合わせて作った。
  • チューバッカを演じたピーター・メイヒューは、『シンドバッド虎の目大冒険』のミノタウロス役(アニメートするための元アクション役)も担当している。メイヒューは『スター・ウォーズ』で起用されるまで病院の職員として働いており、演技とは無縁の生活を送っていたが、ルーカスが思い描くイメージと彼が見事に合致した(彼は身長が2m21cmもある長身だった)ため、一目見ただけで起用された。
  • 『フォースの覚醒』ではピーター・メイヒューは高齢に加え膝に問題を抱えていたため、アクションシーンの一部はフィンランド人のバスケットボール選手兼俳優のヨーナス・スオタモが演じた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に隠されている10個の秘密”. GIGAZINE (2016年4月15日). 2016年11月30日閲覧。

関連項目[編集]