デス・スター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディズニー・ハリウッド・スタジオにあるデス・スターのオブジェ

デス・スターDeath Star)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の宇宙要塞である。

概要[編集]

銀河帝国の保有する大型軍事バトル・ステーション。直径は約120km[1]にも及び、オルデラン級の惑星、現実世界における地球と同規模の惑星を一撃で破壊可能な「スーパーレーザー」が搭載されている[2]。また、敵艦隊による攻撃を排除すべく、約数百機以上の艦載機と各種ターボ・レーザー砲により強固に武装していた[2]

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ではジオノーシアンの持っていたデス・スターの設計図をドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)がダース・シディアスに届けるシーンがあり、ジオノーシアンが本体設計に関与していたことが明かされている。なお、「クロスセクション」では、ターキン総督の発案としている[2]。映画『ローグ・ワン』及びその前日譚に当たる小説『カタリスト』では上記の「スーパーレーザー」の開発に際し、オーソン・クレニックによる指揮のもと、主任開発者であるゲイレン・アーソなど数多くの科学者を強制的に動員した事が明かされた。

体制[編集]

デス・スターはそれ自体が巨大な軍事組織でもあり、内部には乗員の生活する居住区画だけでなくトレーニングジムから酒保まで様々な福利厚生施設が完備されていた。初代デス・スターの指揮官はターキン総督であり、その補佐役として帝国軍上層部の高級将校たちがこのデス・スターに乗り込んでいた。なお、第2デス・スターの指揮は皇帝自身がとっており、モフ・ジャジャーロッドがデス・スターの司令官として、皇帝の命令の下にデス・スターの乗員たちを指揮していた。

構造[編集]

デス・スターは惑星をも破壊可能な強大な兵力を持つ宇宙要塞だが、通常航行のためのイオン亜光速エンジンと、ハイパー・スペースジャンプに必要なハイパー・ドライブとを兼ね備えた巨大宇宙戦艦(戦闘ステーション)でもある[2]。劇中でもデス・スターが惑星オルデランに接近する様子が描かれている。この巨体を動かすためのエンジンやハイパードライブ等は、デス・スターの赤道溝に沿って設置されていた[3]。また、このトレンチは港湾施設も兼ねており、エピソード4ミレニアム・ファルコンが拿捕されたドッキングベイ3207も、ここに存在する[4]。更に最高司令室は、スーパーレーザー・デッシュの縁(デス・スターの"目")に位置していた[5]

バリエーション[編集]

本編におけるデス・スターは2度に亘り建造されたが、いずれも設計図が反乱同盟軍の手に渡って弱点が露見し、破壊された。

初代デス・スター[編集]

初代はエピソード3『シスの復讐』の終盤で建造が開始され、エピソード4『新たなる希望』の時点では既に完成していた。乗員は約100万人。スーパーレーザーの低出力での試射のために惑星ジェダの聖都及び初代デス・スターの設計図が保管されていた惑星スカリフのシタデル・タワーを、反逆者への見せしめとフルパワー状態でのテストのために惑星オルデランを破壊している。

アナキンがダース・ベイダーへと変貌した頃には既に建造が始まっていたことが明かされており、完成まで約20年掛かっていることが分かる。一方の第2デス・スターは、エピソード5と6の間の約1年でその大部分が既に完成しているが、ジョージ・ルーカスはこの建設期間の差について「シスの復讐」のDVDの解説音声で「最初のデス・スターは物資の調達に苦労したから」と語っていた。後に正史のスピンオフ作品では、デス・スターの建設資材の中継を行っていた基地が反乱軍のテロ攻撃の標的となったり、設計図の完成に協力を強いられていた技術者たちが逃亡したりといったアクシデントが起きていた事が明かされており、そうしたトラブルが工事の遅延に繋がっていた事が示唆されている。

スピンオフとなる映画『ローグ・ワン』では、主任開発者ゲイレン・アーソの存在が語られた。彼は、デス・スターの建造プロジェクトの責任者オーソン・クレニックの旧友であり、開発に協力していたが後に脱走した。クレニックは遅延していたデス・スターの建造を進ませるためゲイレンを連れ戻し、その際に抵抗した彼の妻を殺害した。娘とも生き別れとなったゲイレンは復讐のために「デス・スターを破壊するための弱点」を密かに用意し、反乱同盟軍の手に情報を渡らせた。また、本作ではオルデラン破壊以前に「スーパーレーザーのテスト」と称して、カイバー・クリスタルの採掘がおこなわれていた惑星ジェダの中心地にして、フォースやジェダイの信奉者たちの聖地でもあるジェダ・シティを破壊している。この"テスト"は帝国元老院には「事故」として処理されたが、デス・スターの存在を知る反乱同盟軍はデス・スター設計図の情報が存在する帝国のスカリフ基地を攻撃し、多大な犠牲の上で設計図のデータを奪取したとしている。

その後、前述の通りオルデランを破壊し、追跡装置を取り付けられたミレニアム・ファルコンを追跡して反乱軍の本拠ヤヴィン4に出現するが、そこで戦闘機隊の攻撃を受ける。最終的にXウイングに搭乗したルーク・スカイウォーカーダース・ベイダーの追撃をかわしながら、デス・スター表面上のトレンチ内を飛行し、ハイパーマター(超物質)反応炉へと通じる換気ダクトにプロトン魚雷を打ち込んで、大規模な連鎖反応的爆発を引き起こすことで破壊した[2]。この排熱孔とダクトこそ、アーソによって仕組まれた唯一かつ致命的な弱点だった。また、戦闘機での攻撃を想定しておらず、小型且つ高速の標的に対する照準システムに難があったとされており、換気ダクトを狙う戦闘機を自ら撃墜出来なかったことも災いした[6]

第2デス・スター[編集]

第2デス・スター(Death Star II)は、エピソード6『ジェダイの帰還』に登場。乗員は200万人を超える。

初代デス・スターでの惨敗に失望した皇帝はダース・ベイダーを降格する一方で、初代デス・スターの脆弱性に警鐘を鳴らしていたカシオ・タッグを大将軍に任命し、第2デス・スターの建造には彼の哲学を反映するよう命じた。その結果、初代の問題点は大幅に見直され、根本的な再設計が行われた。第2デス・スターのスーパーレーザーは、移動する戦艦を狙撃出来る程に迅速に照準を合わせ、的確に砲撃することが可能となった[7]。また、発射に要する充電時間も、動力炉を大型化することで大幅に短縮することに成功した。そのため、第2デス・スターは初代より大型で、直径160km[8]にもおよぶ。

加えて他の兵装も大幅に強化し、初代のもう一つの欠点とも言われていた、小型戦闘機に対する強固な防空対策も行われた。対空レーザー砲を大幅に増備することで、小型機がほぼ突破不能な対空砲火を行えるようにした上、無数のTIEファイターも配備した。

皇帝は反乱同盟軍を一網打尽にすべく、スーパーレーザーが完成済みであることは敢えて隠し、新たなデス・スターを衛星エンドア付近で建造中であるという機密情報を故意に漏らした。そのため、エンドアの戦いの時点では第2デス・スターはまだ未完成であった。

しかし、小型戦闘機の侵入を防いでいたシールドの発生装置を破壊され、ランド・カルリジアンの操縦するミレニアム・ファルコン号と反乱軍戦闘機部隊との侵入を許してしまった挙句、迷路の様に複雑なダクトを伝って直接内部に侵入され、中心部の核融合炉を破壊されたことで第2デス・スターは大規模な誘爆を起こし、皇帝共々完全に滅び去った。

スターキラー基地[編集]

エピソード6から30年後が舞台となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』において登場した、帝国軍の残党勢力「ファースト・オーダー」の本拠地を兼ねる宇宙要塞で、劇中では「新たなデス・スター」と評された。

外見はデス・スターに類似するが、その最大の違いは完全な人工物であったデス・スターと異なり、こちらは既存の天然惑星を利用して建造されたものとなっていることである。その惑星は設定資料によれば「帝国が占領した未知領域にある氷の惑星」「惑星に存在したエネルギー収束クリスタルを利用した」などの特徴から『クローン・ウォーズ』などでジェダイライトセーバーの材料であるカイバー・クリスタルを収集していた惑星イラムであると推測されるが、現在公式設定においては惑星の名前については明言されていない。

惑星そのものを改造したことで、そのサイズは衛星サイズであったデス・スターと比較しても遥かに巨大なものとなっている。かつて帝国軍で研究されていた超兵器のテクノロジーの集大成とも呼べる規模の強力な主砲を備えており、約数百光年以上離れた遠方の星系を直接砲撃することが可能という途方も無い威力を発揮する。デス・スターのスーパーレーザーは、ハイパースペースと繋がるメイン反応炉から超光速物質「ハイパーマター」のエネルギーを引き出して、惑星を破壊する程の強大なパワーを生み出すというシステムだが、スターキラー基地は宇宙に偏在する暗黒物質を収集してエネルギーに変換し、更に近隣の恒星核融合エネルギーをまるごと吸収することで超新星爆発に匹敵するほどの膨大なエネルギーを蓄積。そして「仮想エネルギー」(ファントム・エネルギー)へと変換し主砲からハイパースペースそのものを引き裂く破壊光線として発射する。この光線はビームのように見えるが実際は「空間の歪み」そのものであり、相対性理論を超えて瞬時に目標とする数百光年離れた星系に到達、惑星質量に衝突するとそこで瞬間的にエネルギーが開放され、小規模な超新星爆発を引き起こす。この際の天文現象は空間そのものが歪まされることで、数百光年離れた場所でも圧倒的な光として観測される。

30年もの時間を掛けて桁違いの威力を持つ超兵器として完成したスターキラー基地は、最初のターゲットとしてレジスタンスを影で支援している新共和国が、現在の元老院を置いていたコア・ワールドの都市惑星ホズニアン・プライムを選ぶ。この時、新共和国元老院ではレジスタンスの将校コー・セラがファーストオーダーの危険性を議会に訴えていたが、時既に遅く、コー・セラと新共和国議長および議員たちが真紅に染まる空を見上げた頃には、ホズニアン・プライムを擁する星系の星々全てが一瞬にして消滅してしまった。

次のターゲットとしてレジスタンスの本拠地の置かれた惑星ディ・カーを狙うが、レジスタンスとの激戦の末に、唯一の弱点であるエネルギー制御装置(サーマル・オシレーター)を破壊され、蓄積した膨大な恒星の核融合エネルギーを制御出来なくなってしまう。そして徐々に惑星の地殻そのものが崩壊し、最後は一つの燃え盛る恒星と化し、スターキラー基地の存在した星系は連星系となった。

その他のバリエーション[編集]

スピンオフ作品にはデス・スターと同等の破壊力、機能を備える兵器が多数登場する。しかし、現在ではこれらは全て「レジェンズ(非正史)」のものである。

第3デス・スター
ディズニーランドのアトラクションである『スター・ツアーズ』に登場。経緯は不明だが、ペンタスター連合により秘密裏に建造されていた。
新共和国軍のローグ中隊により初代デス・スターと同じ方法で破壊される。
プロトタイプデス・スター
モー秘密研究所に保管されていたデス・スターのコンセプトモデル。躯体のみであったが、中心部の核融合炉は厳重に保護されており、限定的だがスーパーレーザー砲や推進システム等も備えている。
ダークセーバー 
のちに、ダーガ・ザ・ハットの依頼で、デス・スターの設計者であるベヴェル・レメリスクが開発した、小規模な居住区とスーパーレーザー砲のみの簡易版デス・スター(ライトセーバーと形が似ていることからダークセーバーと呼ばれていた)。
強引なコストダウンと突貫工事によって、設計通りの性能を十分に発揮出来ず、最終的に惑星ホス付近の小惑星に衝突し破壊された。
エクスペディショナリ・バトル・プラネット 
スピンオフ作品『ローグ・プラネット』にて登場するデス・スターのオリジナルアイディア。
大手宇宙船メーカーのサイナー・システムズ社重役であるレイス・サイナーが、旧友であったグランド・モフ・ウィルハフ・ターキンの気を引くためにぶち上げた計画で、初期設計では本体の他に小型の球体が2つ外部に存在していた。
この計画は後にターキンによって横取りされ、ターキン自身のアイディアとして元老院に売り込まれ、彼の名誉挽回に使われたが、当のサイナー自身はこの計画を好いてはおらず何ら異議は唱えなかった。

レジェンズ[編集]

初代デス・スターは「恐怖による支配」というターキン主義(「カノン(正史)」におけるターキン・ドクトリンとは異なる)を銀河全体に浸透させるための道具として利用されていた。事実、ターキンは独自にスーパーレーザーの使用権限を与えられており、劇中での描写の通り自由に使用できるばかりか、ターキン総督の側近モッティ提督などはデス・スターの力で皇帝に謀反を起こすようターキンに進言するなどしており、デス・スターの司令官達が皇帝に対し強い独立性を保っていたことが伺える。エピソード4に於けるダース・ベイダーはターキンの監視の密命を帯びていたともいう。

初代デス・スターの建造に約20年もの長い工期を費やした理由について、「ジオノーシアンによる当初の設計に重大な欠陥が見つかり、ケッセルに程近いモー秘密研究所で再検討を余儀なくされたため、一時建造が中断されていた」という後付けによる公式設定が発表されていた。後に発表されたスピンオフ小説『デス・スター』では、他の政治的な理由も絡んで初代のデス・スターの工事が何度も中断されていたとされている。

また、ジオノーシスやモー秘密研究所で初代・2代目と設計を担当したベヴェル・レメリスクの存在も大きい。彼は初代喪失後に皇帝の命によって、巨大な昆虫に捕食されるという残虐極まりない方法で処刑された後、クローンとして復活させられた。レメリスクはまず最大の弱点を克服するため、2代目の大型排熱ダクトを何百万ものミリ単位の小型排熱ダクトに置き換え、その全てで初代の機能を完全に補完可能な様に改良した。これにより、初代の様に直接魚雷を撃ち込まれることを防ぎ、万が一攻撃を受けたとしても、ダクト内部は外圧のエネルギーを完全に吸収する様設計されているため、攻撃は動力炉に到達する前に無力化してしまう。

最大の弱点を克服した後、レメリスクはデス・スターの主兵装であるスーパーレーザーの改良にも着手した。初代のスーパーレーザーは威力は申し分無しであったが、捕捉システムと火力調節機構を更に改良する必要があった。レメリスクによる試みは大きな成功を収めた。第2デス・スターはこれらの対策で鉄壁の防御を誇り、万が一敗れる可能性があるとすれば、それは建設中に攻撃された時であるとレメリスクは予想していた。彼はこの事実を皇帝にも進言していたとされる。

なお、デス・スターを完成させたモー秘密研究所では、他にも極秘に各種超兵器の研究開発が行われ、その内の幾つかは実際に帝国軍によって実戦投入されていたが、後に新共和国によってこの研究施設は完全に破壊された。

補足[編集]

  • 地球サイズの惑星を吹き飛ばすには、10の32乗ジュールエネルギーが必要になると推定される。これは太陽が放出する一週間分のエネルギーに相当する。
  • エピソード4』が公開された3年後に撮影されたミマスという土星衛星の写真はデス・スターによく似ている。
  • エピソード4の反乱軍基地で映されていたデス・スターの設計図は初期案をそのまま流用したもので、スーパーレーザーの位置が異なっている(北半球ではなく赤道に位置している)が、特別編でもDVD版でも修正されておらず、さらにローグ・ワンで設計図を受信するシーンもこの設計図が踏襲された。なお、エピソード2で登場した初期の設計図ではスーパーレーザーの位置はエピソード3以降で実際に建造された物と同じになっている。
  • 第2デス・スターの破壊方法は、エピソード6公開の3年前に公開された『ヤマトよ永遠に』にて、ヤマトがデザリアム星を破壊するシーンと描写が酷似している(どちらも通路を通って内部に侵入し、中心部を破壊、爆発の炎に追われながら脱出する)。
  • 松本零士の漫画、およびそれを原作としたアニメにはデス・スターそっくりの要塞や惑星が登場している。『銀河鉄道999』では「幽霊駅(ゴーストステーション)13号」が登場し、『999』のスピンオフ作品『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』で登場する惑星プロメシュームは外見のみならず、強力なレーザー砲や対空砲火を備えていた。また、『ニーベルングの指環』(ハーロック・サーガ)では、建造中の第2デス・スターそっくりの要塞が登場する。
  • アメリカでは2012年に「雇用の創出と国防のため」という目的でホワイトハウス宛にデス・スター建造陳情書と集められた34,435人分の署名が提出された。それに対しホワイトハウスは2013年1月に、建設に85ドル(約7,580京円)が必要となるために却下する回答を発表した[9]。これは世界中のGDPの13,000年分に相当する。なお、建造に必要な鉄1,080兆トンを掘り出すだけでも833,315年かかるという[10]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、『Lucas Books』の「クロスセクション」に於いてのみ160kmと記される。
  2. ^ a b c d e #クロスセクション10頁
  3. ^ #クロスセクション10、13頁
  4. ^ #クロスセクション11頁
  5. ^ #クロスセクション13頁
  6. ^ 映画で描かれた対空砲火が挙げた戦績はジェック・ポーキンスの乗るXウイングを撃墜した程度である。また、迎撃のため、ダース・ベイダーを含むTIEファイター部隊の出撃を邪魔せぬよう対空砲火が一斉に止む姿が、ルーク・スカイウォーカーを始めとする反乱軍パイロット達に強い緊張感を与えた。
  7. ^ 事実エンドアの戦いに於いては、反乱同盟軍の大型戦艦を数隻破壊していた。
  8. ^ 多数の書籍においてこの数値で記載されているが、『Lucas books』の「主要舞台完全ガイド」においては900km以上と記されている。
  9. ^ “デス・スター、高すぎて建造却下!日本の国家予算84万年分”. スポーツ報知. (2012年1月14日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130113-OHT1T00200.htm 2013年1月14日閲覧。 
  10. ^ How Much Would It Cost To Build The Death Star? Centives

参考文献[編集]