アナキン・スカイウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナキン・スカイウォーカー
Anakin Skywalker
スター・ウォーズ・シリーズのキャラクター
初登場 ジェダイの帰還』(1983年)
セバスチャン・ショウ
ジェイク・ロイド
ヘイデン・クリステンセン
マット・ルーカス
マット・ランター
プロファイル
種族 ヒューマノイド
性別 男性
家族 シミ・スカイウォーカー
パドメ・アミダラ
ルーク・スカイウォーカー
レイア・オーガナ
地位 ジェダイ評議員
母星 タトゥイーン
所属 ジェダイ
銀河共和国

アナキン・スカイウォーカー[注釈 1]Anakin Skywalker)は、アメリカSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の人物。「エピソード1~3」の主人公[注釈 2]。ニックネームは「アニー」。

人物[編集]

概要[編集]

クワイ=ガン・ジンが“選ばれし者(The Chosen one)”(フォースにバランスをもたらす者)として見出した少年で、非常に強いフォースを持っている。フォースを生み出すミディ・クロリアンも、ヨーダを超える値を記録した。

『エピソード1』では、無自覚にフォースを用いた空間認識能力と動体視力をもって、子供かつヒューマノイド(人間種)ながらにポッドレーサーとして比類なき才能を見せ、クワイ=ガンにジェダイの騎士としてスカウトされ、運命が大きく動き出すこととなった。『エピソード2』では、青年に成長しジェダイの騎士として登場、戦闘では経験不足から不用意な未熟な面も見られたが、『エピソード3』ではクローン大戦での実戦経験を通じて、腕を上げていった。師匠のオビ=ワン・ケノービやヨーダでさえ倒しきれなかったドゥークー伯爵を1人で倒した事から、その実力が窺える。実質、シリーズ総じて最強のフォースの持ち主であるとジョージ・ルーカスも述べている。また、9歳の時に部品をより集めてC-3POを作れるほどメカニックに精通しており、宇宙戦闘機、宇宙船等の操縦の腕も超一流である。将軍としても有能で、奇策を用いて集団を壊滅させるなど、その手腕はクローン大戦によって大いに発揮され、多数の功績を上げナイトへの昇進を早めた。

しかし、善良で純粋な心を持っていると同時に、奴隷という抑圧された境遇にあった為か、生存への欲求や上昇志向も並外れており、これが強大な力を渇望する心へと繋がっている。幼少時代から奴隷として過ごしてきたため、上から抑えつけられる事を根っから嫌う旺盛な反骨心を持つ故に、師匠のオビ=ワンと意見が対立し反目する事も少なくないだけでなく、特異な出自故に協調性に難があり集団行動が不得手で独断専行に走る事も多々あった。フォースの資質の高さから将来を期待されつつも、激烈な気性から来る感情に振り回され度重なるスタンドプレーギリギリの危険な戦い方は、オビ=ワンだけでなくジェダイ評議会の上層部からも危険視されていた。

戦略に対する柔軟性や、分け隔てない人間性など、有り余る才能や優しさを持つ一方で、その激しい感情に駆られやすく冷静な判断が取れないため、物事を性急に独力で解決しようとしたり傲慢に陥りやすく、ダース・シディアスの様な奸智に長けた者に騙されやすい要因になっている。そして愛しい者への思い入れも激しい。最大の理解者で最愛の母シミ・スカイウォーカーの危機を察知しつつもタスケン・レイダーの手から救い出せずに亡くしてからは、妻パドメ・アミダラなどに対する執着というジェダイとして致命的な弱点をさらに強めてしまった。

マスターとなるには年齢的に若かったこともあるが、精神的な脆さや権限を悪用させないように(ただでさえパダワン時代から好き勝手にやっていたので、マスターになれば尚更歯止めが効かなくなる恐れがあった)という理由で、数多くの功績を上げながらもジェダイマスターに昇進できず、ジェダイ・オーダーへの不満と不信感を強めていく。その一方で親身に接してくれた元老院議長パルパティーン(=ダース・シディアス)に傾倒していき、妻パドメの死を予知する夢を見てからさらなる力を求め、最終的にダース・シディアスの誘惑に屈してダークサイドに堕ちてしまう。その際ダース・ベイダーというシスとしての名を与えられ、シスの暗黒卿としてジェダイ狩りにも加わる。火山の惑星ムスタファーに逃げていた分離主義勢力のトップらも全員殺害。そこで追って来たオビ=ワンと対決し、死闘の末敗北し全身に大火傷を負う。半身を機械で補うことで一命を取り留めたが、ダース・シディアスが期待していた、自身やヨーダをも超えるほどの可能性を秘めたフォースの潜在能力は、戦傷と火傷により生身の肉体の大半が失われたため、そのすべてを開花させることはできなくなってしまう。しかしそれを差し引いても、依然他の騎士の追随を許さぬほどの実力を保持しており、そのため皇帝も新たな弟子を取ることもなく自身の右腕として利用し、長きに渡り生き残ったジェダイや帝国への反乱勢力の一掃に辣腕を振るうようになる。

後に息子のルーク・スカイウォーカーと出会い対決する。だがパルパティーンの電撃に苦しむルークの姿を見て再びジェダイとして目覚め、パルパティーンを溶解炉に突き落とす。『エピソード6』の副題「ジェダイの帰還」は、歴史の表舞台にジェダイが再び現れたこと(修行で成長したルーク)と、このアナキンの改心のことを意味している。エピソード全体を通して見た場合、伝統と規則で硬直化していたジェダイ騎士団と影で暗躍を続けていたシスの両者を滅ぼした上で銀河に平和をもたらしたことにより、「フォースにバランスをもたらす存在」という予言は成就された。

師弟関係[編集]

自分を見出したクワイ=ガン・ジンが急死したため、クワイ=ガンの弟子であったオビ=ワン・ケノービの弟子として修行を開始する。クローン大戦の最中にパダワンを卒業してジェダイ騎士となった後、アソーカ・タノを弟子に取る。オビ=ワンが戦闘で行方不明となった際には、キ=アディ=ムンディの指導を受けていた。

一方、ダークサイドに転向後はダース・シディアスに師事している。シスとしての師弟関係ではないが、フォースの才能を持つ者を帝国尋問官として鍛え、彼らをジェダイを抹殺できるだけの技量に引き上げている。

略歴・各作品での活躍[編集]

エピソード1・2・3[編集]

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
シミ・スカイウォーカーと共にタトゥイーンでスクラップ屋の店主ワトーの奴隷として暮らしていた。機械技術に長け、9歳という若さながら危険なポッド・レースの選手で、他の選手が才能溢れるエイリアンである中、唯一の人間であることを誇っていた。母親シミから「危険すぎる」と一度は出場を反対されたポッド・レースも、他の選手の妨害に遭いつつ抜群の反射神経と操縦技術で優勝を勝ち取る。ジェダイマスターのクワイ=ガン・ジンに見出され自由の身となるが、シミの解放は許されなかったため辛い別離を余儀なくされた。
コルサントにてジェダイのテストを受けるが、「未来が曇っている」として入門を断られる。しかし、クワイ=ガンの任務に随ってナブーに赴き、ナブー・N-1スターファイターに乗って戦闘に参加、ナブーを侵略していた通商連合の司令船を爆破して全てのドロイドを機能停止させ、見事にナブーを勝利に導いた。だがダース・モールによってクワイ=ガンは殺されてしまう。
その後は、クワイ=ガンの弟子であるオビ=ワン・ケノービの弟子として、ジェダイの修行を受ける事を認められ、オビ=ワンのパダワンとなる(オビ=ワンの意向で髪型も変えられた模様)。
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
アナキンは逞しい青年に成長を遂げていた。ジェダイの一員として確実に才能を開花させつつあり、師オビ=ワンの良きパートナーとして銀河を駆けめぐり“荒っぽい交渉”も得意としていた。オビ=ワンはアナキンを頼りにしながらも、若さゆえの無鉄砲と自信過剰に眉をひそめ、決して褒めようとはせず、頭ごなしに押さえつけてしまうことが多かった。アナキンは自らの能力が正当に評価されないことに苛立ち、オビ=ワンを父代わりと敬愛しつつも強い不満を抱いていた。また、上昇志向の強いアナキンは元老院議長のパルパティーンと交際するようになっていた。政治家に対する警戒心の強いオビ=ワンはこれにも難色を示す。この頃、元老院議会は衆愚政治に陥っておりジェダイ評議会は警戒感を強めていた。議員であるパドメさえも例外ではない。だが、パルパティーンを聡明で理知的な指導者として尊敬するアナキンは素直に聞き入れなかった。
共和国の首都星コルサントで、アナキンは幼少期から憧れていたナブーの元女王パドメ・アミダラ議員と再会を果たす。暗殺の危機に晒されていたパドメを保護するため、ジェダイ評議会はアナキンに護衛の任務を命じる。アナキンは初めての単独任務に不安を感じながらも、パドメの側にいられる喜びを感じずにはいられなかった。パドメの故郷ナブーで二人は恋に落ちてゆくが、これは恋愛感情が執着を生み、不安、恐れ、嫉妬、憎悪といったダークサイドへ繋がるとされるジェダイの掟に反するものだった。二人の恋は破滅を意味しているとして、アナキンの求愛も一度はパドメから拒まれる。
ナブー滞在中、アナキンは故郷タトゥーインにいる母シミが苦しめられる悪夢にうなされるようになる。このアナキンの強力なフォースに裏打ちされた予知能力もまた、アナキンの運命を変転させる元となる。自分が予見した未来に平静で居られないアナキンがとった行動は(後のパドメの時と同様に)ことごとく裏目に出て、アナキンを更にダークサイドへ引き寄せる結果となる。任務のためナブーを離れられないアナキンは思い悩むが、そんなアナキンを見かねたパドメは共にタトゥイーンに赴くことを提案する。かつて自らを使役していたワトーと再会したアナキンは、シミがモイスチャーファーム(水資源農場)を経営するクリーグ・ラーズに買い取られ、奴隷から解放されて彼と再婚したと聞かされる[注釈 3]。クリーグの元を訪れたアナキンは、シミが1か月前にタスケン・レイダーに連れ去られ、仲間を募り30人ほどで救出に向かったが返り討ちに遭い、4人しか戻れず、クリーグ自身片足を失い、救出の試みも失敗したことを知らされる。アナキンは母を救出すべく単身タスケンの根城に潜入し、過酷な拷問に傷ついた無惨な姿のシミと再会する。シミは成長を遂げた息子との再会を心から喜ぶが、直後に息を引き取る。母の死に激高したアナキンは女子供を問わずにタスケンを虐殺してしまう。この時に感じた激しい怒りの感情や、アナキンの自立を認めようとしないオビ=ワンへの不満、そして大切な人を死から救いたいという強い力への渇望が、後に起きる悲劇へと繋がっていく。その直後、アナキンはオビ=ワンが窮地に陥ったことを知る。ジェダイ評議会はすぐさまオビ=ワン救出を決定するが、アナキンには護衛任務を続けるよう命じる。アナキンはパドメの同意もあって再び命令違反を犯し、オビ=ワン救出に向かう。
分離主義者達の潜伏する惑星ジオノーシスに赴いたアナキンとパドメは、共にドロイド工場に潜入するが、原住民ジオノーシアン達に気付かれ囚われてしまう。三人の処刑が決定され、刑場に引き出される間際にパドメはアナキンに愛を告白する。アナキン、オビ=ワン、パドメの三人は処刑の隙をつき、それぞれ持ち前の能力を発揮して奮闘。そこへメイス・ウィンドゥ率いるジェダイ騎士団が到着し、通商連合のドロイド軍団と壮絶な戦いを繰り広げる。アナキンも死力を尽くして戦うが、数に勝るドロイドに圧倒されたジェダイ騎士団は絶体絶命の窮地に陥る。そこへクローン部隊を引き連れたヨーダが到着。高い戦闘力を発揮するクローン部隊の助力を得たジェダイは劣勢を挽回し、逆にドロイド軍団を殲滅していく。アナキンとオビ=ワンはこの戦いの先頭に立ち、分離主義者達の黒幕であるドゥークー伯爵を追跡する。宇宙港でドゥークーに追いついた二人だったが、アナキンはオビ=ワンの諫めもきかずに単身ドゥークーに挑みかかり軽くあしらわれる。オビ=ワンもまたシスの暗黒卿ダース・ティラナスとしての実力を発揮したドゥークーの攻撃により倒れ、ライトセーバーの二刀流で再度挑みかかったアナキンもまたドゥークーに両方のライトセーバーと右腕を切り落とされ倒れてしまう。二人の危機を救ったのはヨーダだった。ヨーダは巧みな体捌きと強大なフォースを駆使してドゥークーと互角以上の戦いを繰り広げるが、傷つき倒れている二人を人質にされるような形でドゥークーの逃亡を許してしまう。ジオノーシスでのこの戦いの後、アナキンはジェダイの掟を破りパドメと密かに結婚した。
クローン大戦が始まると、オビ=ワンと共に各地で共和国軍を勝利に導き、ジェダイ評議会に功績を認められ、弟子から騎士へと昇格する。戦時だったため優秀な騎士を必要としていたのも昇格の一因である。アニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』では、オビ=ワン、キット・フィストーキ=アディ=ムンディらが積極派、メイス・ウィンドウやシャク・ティらが懐疑派と意見が分かれたが、ヨーダの鶴の一声で昇格を認められた。スピンオフ「ジェダイの試練」では、友人ネジャー・ハルシオンの後押しを受け、彼の補佐としてジェダイ・トライアルを兼ねた惑星解放作戦を成功させ、ナイトとしての実力を認められた。その後も単独でオビ=ワンと共に分離主義者の侵攻に苦しむ多くの惑星を解放し続け、アナキンは何時しか人々から「恐れを知らない英雄」と呼ばれるようになった。
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
コルサントの戦いにおいて、誘拐されたパルパティーン議長救出の為にオビ=ワンと共に独立星系連合の旗艦に突入。そこで因縁のドゥークー伯爵と再戦する。クローン大戦の修羅場を幾度も潜り抜けてきたアナキンの成長は著しく、ドゥークーを圧倒し、両腕を切り落とし追い詰める。そして人質となっていたパルパティーンの強い命令に逡巡しながらも、無抵抗のドゥークーを殺害する。アナキンはタスケンの時と同じく、無抵抗の者を殺すというジェダイとしての一線をまたも踏み越えてしまう。議長を無事救出し、強敵ドゥークー伯爵を倒したことでアナキンの功績はオビ=ワンからも称えられる。帰還を喜ぶ妻パドメの口から妊娠を告げられ、アナキンは幸福の絶頂にあった。しかし、そのパドメが出産によって死ぬという悪夢を見てしまい、パドメを死から救うための強大な力が欲しいという思いを募らせる。
悪夢のことをヨーダに相談したものの「執着を捨て、強い心を持て」との言葉をかけられるのみで、心の揺れを払拭できないアナキンに、パルパティーンはさらにその魔手を伸ばしていく。パルパティーンはアナキンに自分の私的なエージェントとして働いてくれと依頼し、ジェダイ評議会のメンバーになるよう推挙する。任期を過ぎてもクローン大戦の早期終結を理由に権力の座に居座り、権限の強化を推し進めるパルパティーンに疑いの目を向け始めていたメイス・ウィンドゥらジェダイ評議会は、逆にアナキンにパルパティーンの動向を監視するスパイの働きをさせるため、評議会への参入を認めたが、マスターへの昇格は認めなかった。アナキンは通例に反するこの仕打ちに屈辱を募らせながらも渋々受け入れる。『エピソード3』の小説版では、アナキンはパドメを死の予知から救うため、ジェダイ・マスターにしか閲覧が許されないアーカイブの資料からフォースの知識を得ようと考えていたが、これによりその望みは叶わなくなった。その後オビ=ワンから、自分にパルパティーンへの逆スパイの役目が課せられている事を知らされる。議事に残らぬ形での内密な任務にオビ=ワンでさえためらいを隠せなかったが、アナキンも自ら評議会入りを望んだ訳ではないだけに、不公平な扱いをしながら、「清廉潔白で共和国の為に尽くしている」(とアナキンが盲信している)パルパティーンへの信義に背く任務を担わせる評議会に強い不信感を抱く。
再度パルパティーンと会ったアナキンは、パルパティーンがアナキンの立場を見透かしているのを知り、また、シスの伝説と命の摂理すら覆す暗黒面の力の魅力を吹き込まれる。その後、グリーヴァス将軍討伐へと向かうオビ=ワンを見送る際、オビ=ワンに忍耐も覚えろと諭され、それさえできれば「評議会」が彼をマスターに推挙するのもそう遠くはないと励まされる。そしてフォースと共にあるようにと互いに言葉を掛け合ったのが、師弟、また友人同士として最後の会話となってしまった。
猜疑心の塊となりつつあるアナキンは、オビ=ワンが暇乞いのためにパドメの元を訪れたことにさえ不快感を示した。オビ=ワンの戦況報告のため訪問したアナキンに、パルパティーンは自らの正体が暗黒卿ダース・シディアスであることを明かす。そして、ジェダイ評議会がアナキンの力を恐れてシスの秘密を隠している事や、ジェダイが私利私欲の為に銀河元老院を牛耳ろうとしている事(事実、ウィンドゥやヨーダ達はシスから共和国を守るため止む無くであったとはいえ、戦後に共和国の腐敗が正されるまで、一時的に元老院を統治下に置こうとしていた。これもシディアスがこのような状況に仕向けたためである)、シスとジェダイは解釈を変えれば同じ様な存在である事など詭弁を弄し、さらに愛するパドメが死の運命にあり、それを救う力を授けてやれると誘惑する。パルパティーンの正体を知ったアナキンはライトセーバーの光刃を向けながらも動揺を隠せず、手を下すことなくその場を後にする。アナキンは迷いつつもパルパティーンの正体をウィンドゥに報告した。
ウィンドゥ達は即座にパルパティーンの逮捕を決定。アナキンも同行を申し出るが、心中の動揺を見抜いたウィンドゥは会議室での待機を命じる。パルパティーンがシスであると知りながらその未知なる力の持つ誘惑に迷うアナキンは、命令に反して現場に急行する。そこでアナキンが眼にしたのは、ウィンドゥが丸腰で必死に命乞いするパルパティーンを追い詰めている様子だった(これはダークサイドにアナキンを引きずり込む為のパルパティーンの演技だった)。ウィンドゥがパルパティーンを「逮捕」でなく「殺害」しようとしていることに、アナキンが抱いていたジェダイへの不信感は頂点に達する。止めを刺そうとするウィンドゥを制止しようとするあまり思わずライトセーバーを一閃させ、ウィンドゥの腕を切り落としてしまう。直後にウィンドゥは本性を表したダース・シディアスの電撃攻撃で空の彼方へと吹き飛ばされ、消息不明となっていった。ジェダイを手にかけてしまったアナキンは、ダース・シディアスに師弟の誓いを立てる事によって暗黒面に墜ち、シスの暗黒卿「ダース・ベイダー」となる。
ウィンドゥの排除を好機とみたダース・シディアスは、「ジェダイの反乱」をでっちあげる。密かにジェダイ殲滅指令「オーダー66」を発動し、アナキンはアポー指揮下の精鋭部隊501大隊を率いジェダイ聖堂を急襲。不意をつかれたジェダイ騎士達はアナキンに次々と倒されてゆき、幼いパダワン達も殺された。引き続き、シディアス自身の命令でムスタファーに潜伏していた分離主義勢力の幹部達を用済みとして抹殺するため、シディアスはアナキンにムスタファー行きを命ずる。アナキンはジェダイが共和国に反乱を起こしたこと、また戦争終結の為にムスタファーに向かうことをパドメに告げる。
「ジェダイの反乱」を口実に、パルパティーンは元老院の同意を得て皇帝への即位と戦争終結を宣言、満場の拍手のもとに共和国は崩壊する。事態の成り行きに心を痛めるパドメは、「ジェダイ狩り」を逃れヨーダと共にコルサントに戻っていたオビ=ワンの口から、アナキンが暗黒面に堕ちてジェダイを裏切り、パダワンの子供達をも虐殺した事を伝えられる。動揺するパドメはアナキンに真相を確かめるべく、身重の体でムスタファーへと赴き、オビ=ワンはその宇宙船に密かに乗り込む。同じ頃、ムスタファーに到着したアナキンはヌート・ガンレイら分離主義者の幹部達を皆殺しにしていた。
その後、ムスタファーに到着したパドメがアナキンに真意を問いただす。アナキンはパドメに、皇帝を倒して二人で銀河を支配しようと持ちかける。暗黒面に堕ちたアナキンのあまりの変貌ぶりにパドメは大きな衝撃を受ける。この時パドメの船から降りてきたオビ=ワンを見かけたアナキンは、パドメが自身をオビ=ワンに殺させるために彼を連れて来たかと誤解し、彼女を怒りのフォース・チョークで締め上げ昏倒させる(あくまで気絶させただけであり、この時パドメはまだ生きていたが、ダークサイドに転向したアナキンに絶望し、双子のルークとレイア出産の後に息絶える)。
ついにかつての師弟の間で壮絶なる死闘が始まる。自分の才能への嫉妬から自らの名声を貶め続け、密かにパドメと通じていたと誤解するアナキンと、ジェダイを裏切って罪なき者達に手をかけ、果てはパドメまでも傷つけたアナキンに対して怒りと哀しみを内に秘めたオビ=ワンの決闘は、いつ果てるとも知れず続いた。青と青のライトセーバーによる斬撃の応酬が、暗い空の下、溶岩が流れ出る地表で繰り広げられた。ダークサイドの力を操り、戦いを圧倒的有利に進めていたアナキンだったが、地の利をとったオビ=ワンに対し、自信と焦りをもって跳躍した隙に、左腕と両足を斬り落とされ溶岩流の手前で地面に伏す。
アナキンに勝利したオビ=ワンは「お前は選ばれし者だった!(You were the chosen one!)」と悲嘆し、アナキンは悪鬼の如き形相で「貴様が憎い!(I hate you!)」と大声で呪詛の言葉を吐きかける。オビ=ワンが返した最後の言葉は「愛していた(I loved you.)」だった。血の涙を流しながら動けないアナキンを、やがて灼熱の溶岩により発生した炎が容赦なく包む。焼かれて悶え苦しむアナキンを正視に耐えないオビ=ワンは、アナキンが敗北して落としたライトセーバーを拾い、悲憤の想いのままその場を去る。
フォースによってアナキンの危機を察知したパルパティーンが駆けつけた時、アナキンは全身を焼き尽くされながらも、恐るべき生命力で生き延びており、最新鋭の医療ドロイドによって機械の腕と脚、呼吸用マスクと人工肺(生命維持装置)を装着され、辛うじて一命を取り留めた。身体の殆どをサイボーグ化して蘇ったアナキンは、パドメの生存を信じていたが、皇帝の口からアナキン自身の怒りが彼女を殺した事を伝えられる。パドメの死を告げられたアナキンは悲嘆に暮れ、フォースで周囲にあった医療用ドロイドをほとんど破壊し、悔恨と絶望の雄叫びを上げるしかなかった。
銀河帝国成立と同時に皇帝の右腕となったアナキンは、アウター・リムの名も無い宙域で密かに建造が進んでいる最終兵器を戦艦の艦橋から共に眺めていた。

エピソード4・5・6[編集]

アニメシリーズ[編集]

アニメ版の『スター・ウォーズ クローン大戦』では『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』から『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間に起こった事柄や戦いなどを取り扱っている。

このシリーズ、特にテレビ版の『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』では映画版ではやや突然に見えたアナキンの暗黒面への転向をより細かく描写しており、仲間を救うためとは言えフォースを使って捕虜を拷問し情報を引き出したり、感情に任せて行動したりするなどジェダイの騎士としては問題のある行為を時折行っている事が明かされる。さらに自分が暗黒面に堕ちる未来を見せられたことで、暗黒面に堕ちてしまった描写もある(後に記憶を消去され、光明面に帰還した)。また、自分の妻パドメ・アミダラが昔の恋人に迫られているのを目撃したときは、嫉妬のあまり彼に襲い掛かっており、パドメへの過剰な愛情、執着心を見せていた。戦争の終盤、彼の弟子アソーカ・タノもまたジェダイ評議会への不信感が原因でジェダイ聖堂を去っており、アナキンのジェダイ評議会への不満も増大していた。ジェダイ・マスターへの昇格条件の一つに「過去にパダワンをナイトに昇格させたことがある」があり、アソーカは物語の終幕で、紆余曲折を経て評議会から謝罪と尊敬をもって昇格を打診されたが、それを拒否して去った。

能力[編集]

戦闘能力[編集]

類い稀なフォースの持ち主だったアナキンは、ライトセーバーを用いた戦闘ではジェダイ騎士団の中でも最強クラスの実力を身につけた。クローン大戦では遺憾なくその才覚を発揮し、戦争下での実戦はアナキンの戦闘力をますます高めていった。大戦中盤には、『エピソード2』ではジオノーシスでは全く敵わなかったドゥークー伯爵に比肩するほどの実力に成長し[1]、『エピソード3』ではドゥークー伯爵を見事討ち取るまでの実力を得た。大戦末期の暗黒面に堕ちた直後には本シリーズでも最強と言われるほどの実力者となっていた。

フォースを用いた攻撃では「フォース・チョーク」を得意としており、ライトセーバー戦の最中や犯罪者に対する尋問には頻繁にフォースを利用していた。彼の力はもし五体満足のまま訓練を積み続けたなら、ジェダイシスを超越するフォース使いの一族「ザ・ワンズ」さえ制御下に納められるほどの存在に成り得たと言われるほどである[2]

配役(日本語吹き替え)[編集]

『エピソード6』での配役変更[編集]

2004年製作以降の映像ソフトでは、死後フォースと一体化し霊体として登場するアナキン・スカイウォーカーの姿が、セバスチャン・ショウが演じる姿から、『エピソード2』や『エピソード3』に合わせてヘイデン・クリステンセンが演じる姿へ変更になった(頭部のみの挿げ替え)。

この変更は、シスの暗黒卿ダース・ベイダーから、そうなる以前のジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーだった頃の姿へとフォースの暗黒面から帰還した事を、より明確に表現するためと、ダース・ベイダーの年齢が、本作の後年に制作された「エピソード1~3」の設定で換算するなら「エピソード4~6」では41~45歳前後と、撮影当時に想定されていた年齢より大きく若い設定になってしまった事による。撮影当時の設定でも、アナキンは師匠オビ=ワン・ケノービの数歳ほど年下の想定であったが、アナキンを演じた際のセバスチャン・ショウの年齢はすでに70歳を越えており、オビ=ワン役のアレック・ギネスよりも年上であった。また、マスクを脱いだシーンでも、瞳の色がヘイデン・クリステンセンと同じ青色に変えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「エピソード4~6」の《特別篇》の際に録音された吹き替え版では「アナーキン・スカイウォーカー」と呼ばれている。
  2. ^ キャスト順では、『エピソード1』においてはクワイ=ガン・ジン役のリーアム・ニーソンが、『2』『3』においてはオビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガーが筆頭に記されている。
  3. ^ シミはアナキンを未婚のまま生んでいるため、これが初婚となる。

出典[編集]

  1. ^ 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』テレビシリーズ、シーズン4、第18話「狙われた祭典」。
  2. ^ 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』テレビシリーズ、シーズン3、第16話「光と闇」。
  3. ^ a b 高貴準三「Lode of STAR WARS」、『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ2004年5月1日、 60頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]