スター・ウォーズ/最後のジェダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スター・ウォーズ
最後のジェダイ
Star Wars: The Last Jedi
Star Wars Episode VIII The Last Jedi Word Logo.svg
監督 ライアン・ジョンソン
脚本 ライアン・ジョンソン
原作 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ
製作 キャスリーン・ケネディ
ラム・バーグマン
製作総指揮 J・J・エイブラムス
ジェイソン・マクガトリン
トム・カルノースキー
出演者 マーク・ハミル
キャリー・フィッシャー
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
ドーナル・グリーソン
ケリー・マリー・トラン
ローラ・ダーン
ベニシオ・デル・トロ
フランク・オズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ[1]
撮影 スティーヴ・イェドリン[2]
編集 ボブ・ダクセイ[2]
製作会社 ルーカスフィルム[3]
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 日本の旗2017年12月15日
上映時間 152分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 エピソード7/フォースの覚醒
次作 エピソード9(仮)
テンプレートを表示

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(スター・ウォーズ/さいごのジェダイ、原題:Star Wars: The Last Jedi)は、2017年公開のアメリカ映画

概要[編集]

アメリカスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第8作品目で、レイを主人公とする続三部作の第2章『エピソード8』に当たる。

2016年1月20日、公開日が2017年12月15日となることを発表[4]

2016年12月27日に死去したレイア役のキャリー・フィッシャーにとっては本作が遺作になる[5]

2017年1月23日、タイトルが『Star Wars: The Last Jedi』であることを発表[6]。2017年2月3日、邦題が『最後のジェダイ』であることが発表された[7]

2017年4月15日、アメリカのフロリダで開催された『スターウォーズ セレブレーション』で予告編(特報)を発表[8]

ストーリー[編集]

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

レイア・オーガナ将軍が率いるレジスタンスの基地にファースト・オーダーのハックス将軍が率いるファースト・オーダーの艦隊が奇襲をしてきた。レジスタンスのパイロットであるポー・ダメロン中佐がドレッドノート級のスター・デストロイヤーのキャノン砲を破壊する命令を受けたが、敵のTIEファイターの攻撃によりポーが乗っていたXウイングが被弾してしまう。レイア将軍の「戻れ」という命令を無視して攻撃を続行するが、相棒のBB-8がXウイングを修理するのに手間取る。その間にレジスタンスボマーが次々に撃墜され残り一機になるも、なんとか爆弾を投下しドレッドノート級のスター・デストロイヤーを撃沈することに成功する。その隙にレジスタンスの艦隊は、ハイパースペースへ逃げ始める。しかしファースト・オーダーの艦隊を率いるハックス将軍は、レジスタンスの宇宙船に仕込んだ追跡装置により彼らがどこへ逃げ込んだのか補足していた。レジスタンスの司令船に戻りレイアに会ったポーは、“命令に従わなかった”という理由によって中佐からキャプテンに降格される。

惑星オク=トーの孤島で隠居生活をしていた伝説のジェダイ・マスター、ルーク・スカイウォーカーの元へ来たレイは、スターキラー基地の戦いで手に入れたライトセーバーを差し出すがルークはレイの目の前で捨ててしまう。ルークは、レイをジェダイにする気が無く無視をする。レイは、諦めずルークの後に付いて行く。ルークはR2-D2に説得され、翌日の夜明けからレイの修行を開始する。

一方、ハイパースペースを抜けたレジスタンスを怒り狂ったファースト・オーダーのカイロ・レンが率いる大部隊が追跡してくる。スターキラー基地の戦いでカイロ・レンとの戦いで重傷を負い医療カプセルで眠っていたフィンが目覚め、「なぜファースト・オーダーが自分達を追跡してこれるのか?」と理由を突き止める。ファースト・オーダーの艦隊の激しい攻撃によりレジスタンスの艦隊は一部損傷し、またレイアが意識不明の重体になってしまう。ファースト・オーダーの攻撃で重傷を負ったレイアの代理人として、ホルド提督がレジスタンスの指揮官として就任する。

ポー・ダメロンは、ホルド提督に明かすと反対されると思い、秘密裏にフィンとローズでスター・デストロイヤー内のトラッカーを一時的に壊そうとするが、潜入方法を模索するが、スター・デストロイヤーのシールドは、一時間ごとに変更されるので頭を悩ましていたが、マズ・カナタから赤い花を付けたシールド破りがいると聞きそこへ、行く。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

批評[編集]

ジョージ・ルーカスは代理人を通して「Beautifully Made.(見事な出来だ。)」と称賛した[11]

Rotten Tomatoesには294件のレビューが寄せられ、支持率93%、平均評価8.2/10となっており、「『最後のジェダイ』は若干の驚くべき捻じれを加えながら、サーガの豊かな遺産を守っています。そして、ファンが望む全ての感情とアクションを描いています」と批評されている[12]Metacriticでは54件のレビューに基き86/100のスコアを与え[13]CinemaScore英語版では「A」評価となっている[14]

ローリング・ストーンピーター・トラヴァースは3.5/4の星を与え、「あなたはハイパースキルを持つジョンソン監督の手の中にあります。『最後のジェダイ』はスカイウォーカーの次の世代に新しい希望を示す新三部作の中間作品であり、最善のランクにあります」と批評している[15]シカゴ・サンタイムズリチャード・ローパーも3.5/4の星を与えている[16]

関連書籍[編集]

ジャーニー・トゥ・最後のジェダイ[編集]

日本題 原題 著者 出版社(日本) 出版社(本国) 種類 発表年月(日本) 発表年月(本国)
スター・ウォーズ ファズマ Phasma デリラ・S・ドーソン ヴィレッジブックス デル・レイ 小説 2017年12月15日 2017年9月1日
(未訳) Canto Bight サラディン・アフメッド
レイ・カーソン
シーナン・マグワイア
ジョン・ジャクソン・ミラー
デル・レイ 小説 2017年12月5日
レイア・オーガナ オルデラーンの王女 Leia, Princess of Alderaan クラウディア・グレイ 講談社 デル・レイ YA小説 2018年1月31日 2017年9月1日
ルーク・スカイウォーカーの都市伝説 The Legends of Luke Skywalker ケン・リュウ 講談社 ディズニー・ルーカスフィルム・プレス ジュニア小説 2018年1月31日 2017年10月31日
(未訳) A Leader Named Leia ジェニファー・ヘッドル
ブライアン・ルード(絵)
ディズニー・ルーカスフィルム・プレス 絵本 2017年9月1日
(未訳) Star Wars: The Power of the Force マイケル・シグレイン
ブライアン・ルード(絵)
ディズニー・ルーカスフィルム・プレス 絵本 2017年9月1日
(未訳) Star Wars: Tales of the Force ロン・コイー(絵) ディズニー・ルーカスフィルム・プレス 絵本 2017年9月1日
スター・ウォーズ:キャプテン・ファズマ Star Wars: Captain Phasma ケリー・トンプソン(ライター)
マルコ・ケケィト(アーティスト)
ヴィレッジブックス マーベル・コミック 漫画 2017年9月6日-2017年10月18日
(未訳) Star Wars Made Easy: A Beginner's Guide to a Galaxy Far, Far Away クリスチャン・ブルヴェルト ドーリング・キンダースリー レファレンスブック 2017年9月1日
(未訳) Star Wars: Absolutely Everything You Need to Know, Updated and Expanded アダム・ブレイ
コール・ホートン
マイケル・コーギー
ドーリング・キンダースリー レファレンスブック 2017年10月3日
(未訳) Stormtroopers: Beyond the Armor ライダー・ウィンダム
アダム・ブレイ
ジョン・ボイエガ(序文)
ハーパー・デザイン レファレンスブック 2017年10月24日
(未訳) Star Wars: The Rebel Files – Deluxe Edition ダニエル・ウォーレス
ジョー・コロニー(絵)
ベッカー&メイヤー! レファレンスブック 2017年11月14日

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ John Williams To Score Star Wars Episodes VII-IX”. Empire Online (2013年7月27日). 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ a b STAR WARS: EPISODE VIII NOW FILMING”. StarWars.com (2016年2月15日). 2017年2月9日閲覧。
  3. ^ Film releases”. Variety Insight. 2017年2月9日閲覧。
  4. ^ Star Wars/ Episode VIII to Open December 15, 2017” (2016年1月20日). 2017年2月9日閲覧。
  5. ^ “レイア姫キャリー・フィッシャーさん死去…『エピソード8』は撮影済み&より大きな役に”. シネマトゥデイ. (2016年12月28日). https://m.cinematoday.jp/page/N0088651?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F 2017年2月10日閲覧。 
  6. ^ The Official Title for Star Wars/ Episode VIII Revealed” (2017年1月23日). 2017年2月9日閲覧。
  7. ^ 待望の日本語タイトル決定!! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ニュース スター・ウォーズ公式”. 2017年2月9日閲覧。
  8. ^ SW史上最もミステリアスな衝撃作!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ついに映像解禁!さらに、SWイメージを一新してしまう!? 驚愕の“赤”ポスターが解禁!ニュース|スター・ウォーズ公式”. 2017年4月15日閲覧。
  9. ^ “「スター・ウォーズ」新作、ルーク役吹替は島田敏「30年分の重みを受け止めたい」”. 映画ナタリー. (2017年9月4日). http://natalie.mu/eiga/news/247189 2017年9月4日閲覧。 
  10. ^ 「スター・ウォーズ」声優・永宝千晶、故郷・新潟に帰還”. ORICON NEWS (2017年9月16日). 2017年11月10日閲覧。
  11. ^ George Lucas Thunks 'The Last Jedi' Was "Beautifully Made"”. ハリウッド・リポーター (2017年12月12日). 2017年12月17日閲覧。
  12. ^ Star Wars: The Last Jedi (2017)”. Rotten Tomatoes. 2017年12月17日閲覧。
  13. ^ Star Wars: The Last Jedi reviews”. Metacritic. 2017年12月15日閲覧。
  14. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年12月16日). “‘The Last Jedi’ Opening To $208M-$214M: How Disney Continues To Win With The ‘Star Wars’ Franchise”. Deadline.com. 2017年12月16日閲覧。
  15. ^ Travers, Peter (December 12, 2017). “'Star Wars: The Last Jedi' Review: This Is the Epic You've Been Looking For”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/movies/reviews/peter-travers-the-last-jedi-is-the-star-wars-epic-youve-been-looking-for-w513450 2017年12月15日閲覧。. 
  16. ^ Roeper, Richard (2017年12月12日). “Star Wars: The Last Jedi’ stays true to joys of the franchise”. https://chicago.suntimes.com/entertainment/star-wars-the-last-jedi-stays-true-to-joys-of-the-franchise/ 2017年12月15日閲覧。 

外部リンク[編集]