グェンドリン・クリスティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グェンドリン・クリスティー
Gwendoline Christie
Gwendoline Christie
2019年
生年月日 (1978-10-28) 1978年10月28日(43歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ウェスト・サセックス ワージング
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
主な作品
ゲーム・オブ・スローンズ
スター・ウォーズ』シリーズ
テンプレートを表示

グェンドリン・クリスティー(Gwendoline Christie, 1978年10月28日 - )は、イギリス女優イングランド南部のサウス・ダウンズ出身[1]。ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のブライエニー役で知られる。

来歴[編集]

子供の時には体操選手を目指していたが、背骨を傷めて断念し女優を目指すようになった[2]。191cmの長身である[3]

ウィリアム・シェイクスピアの舞台『シンベリン』では女王を演じ[4]クリストファー・マーロウの戯曲『フォースタス博士』ではルシファーを演じた。映画ではテリー・ギリアムの『Dr.パルナサスの鏡』と『The Zero Theorem』に出演し、テレビでは『Seven Ages of Britain』および『Wizards vs Aliens』などに出演した。

2012年、『ゲーム・オブ・スローンズ』の第2シーズンからブライエニーとして登場した[5]。高身長、筋肉質、平凡な外見などから、原作ファンの間ではこの役に推す声が多かった[1]。高身長でいじめられた経験をブライエニー役に生かせると考え、原作である『氷と炎の歌』を読んでからはこの役を欲しいと思うようになった[2]。オーディションに備えるため、ユニセックスの服を着、トレーニングにより6.4kg増量した[1]。原作者でプロデューサーの一人でもあるジョージ・R・R・マーティンによれば、クリスティーがブライエニーの衣装を着てオーディションに現れた時、事実上議論の余地なく役に決定した[6]。役に決まってからは、乗馬、剣技および殺陣のトレーニングを受けた[1]

2015年に公開された映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの最終作『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』、および『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にキャプテン・ファズマ役で出演した。また、2017年には続編の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で同じ配役で出演した。

主な出演作品[編集]

映画 [編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2009 Dr.パルナサスの鏡
The Imaginarium of Doctor Parnassus
Classy Shopper 2
2010 Seven Ages of Britain The Operator 短編テレビ映画
2013 ゼロの未来
The Zero Theorem
コマーシャルの女性
2015 ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション
The Hunger Games: Mockingjay – Part 2
ライム司令官
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens
キャプテン・ファズマ
2016 Swallows and Amazons Mrs. Blackett
2017 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
Star Wars: The Last Jedi
キャプテン・ファズマ
2018 マーウェン
Welcome to Marwen
アンナ
2019 どん底作家の人生に幸あれ!
The Personal History of David Copperfield
ジェーン・マードストーン
Our Friend/アワー・フレンド
Our Friend
テレサ

テレビシリーズ [編集]

製作年 邦題
原題
役名 備考
2012-2019 ゲーム・オブ・スローンズ
Game of Thrones
タースのブライエニー 計42話出演
2012-2013 Wizards vs Aliens Lexi 計26話出演
2017 トップ・オブ・ザ・レイク〜チャイナガール
Top of the Lake
ミランダ 計6話出演
2018 スター・ウォーズ レジスタンス
Star Wars Resistance
キャプテン・ファズマ 計3話声の出演
2021 サンドマン
The Sandman
ルシファー Netflix
2022 ウェンズデー
Wednesday
ラリッサ・ウィームス Netflix

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “Game Of Thrones: Gwendoline Christie Interview”. SFX. (2012年4月11日). http://www.sfx.co.uk/2012/04/11/game-of-thrones-gwendoline-christie-interview/ 2012年4月12日閲覧。 
  2. ^ a b Lash, Jolie (2012年4月17日). “‘Game Of Thrones’ — Gwendoline Christie Talks Digging Deep To Play Brienne”. Access Hollywood. http://www.accesshollywood.com/game-of-thrones-gwendoline-christie-talks-digging-deep-to-play-brienne-of-tarth_article_63383 2012年4月17日閲覧。 
  3. ^ McQuoid, Debbie (2013年3月27日). “Gwendoline Christie: Natural Born Warrior”. Stylist. http://www.stylist.co.uk/people/gwendoline-christie-interview 2013年3月29日閲覧。 
  4. ^ Best, Jason (2007年5月30日). “Cymbeline”. The Stage. http://www.thestage.co.uk/reviews/review.php/17014/cymbeline 2011年7月8日閲覧。 
  5. ^ Hibberd, James (2011年7月8日). “'Game of Thrones' casts fan favorite Brienne”. EW.com. http://insidetv.ew.com/2011/07/08/brienne-game-of-thrones/ 2011年7月8日閲覧。 
  6. ^ Martin, George R.R. (2011年7月7日). “The Maid of Tarth”. 2012年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]