サンドマン (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Sandman
ジャンル ドラマ
原作
企画 アラン・ハインバーグ
出演者
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作
製作総指揮
製作
放送
放送チャンネルNetflix
テンプレートを表示

サンドマン』(The Sandman)は、DCコミックスより出版されたニール・ゲイマン著の1989-1996年のコミックを原作としたアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズである。シリーズはアラン・ハインバーグNetflix向けに企画し、ハインバーグ、ゲイマン、デヴィッド・S・ゴイヤーがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、DCエンターテイメントワーナー・ブラザース・テレビジョンが製作した。『サンドマン』はコミックと同様にタイトルキャラクターのサンドマン英語版ことドリーム英語版の物語である。ドリーム役のトム・スターリッジが主演を務め、グェンドリン・クリスティー、ヴィヴィアン・アチャンポン、ボイド・ホルブルックチャールズ・ダンスアシム・チョードリー英語版サンジーヴ・バスカー英語版らが脇を固める。

『サンドマン』は1991年から映画企画が始まったが、その後長らくデベロップメント・ヘル英語版に陥っていた。2013年にはゴイヤーがワーナー・ブラザースで映画化を進め、彼とジョセフ・ゴードン=レヴィットが製作、ゴードン=レヴィットが主演・監督を兼任する構想であった。しかしながら2016年にゴードン=レヴィットが創造性の違いにより降板すると映画企画が長期化したことを受けてワーナーはテレビに焦点を移した。Netflixは2019年6月にシリーズ製作の契約を結び、2020年10月に撮影が始まった。2022年8月5日に独占配信が開始された[1][2][3]

内容[編集]

1916年、物語の王で7体のエンドレス英語版の1人であるドリーム英語版が魔術の儀式で捕えられる。それから105年後の2021年、脱出した彼はドリーミング英語版王国の秩序を取り戻すために動き出す[4]

キャスト[編集]

モルフェウス / ドリーム英語版
演 - トム・スターリッジ、日本語吹替え - 細谷佳正[5]
夢の王でドリーミング英語版の統治者[6][7]
ルシファー英語版
演 - グェンドリン・クリスティー、日本語吹替え - 斉藤貴美子[5]
地獄英語版の支配者[6]。本シリーズのルシファーは2016年のテレビドラマ『LUCIFER/ルシファー』で描かれたよりもコミックの原型にかなり近いものとなっている。ニール・ゲイマンは『LUCIFER/ルシファー』でトム・エリスによって演じられたバージョンが『サンドマン』に続投するのは難しいと指摘しつつ、エリスの再演も検討された[8]
ルシエンヌ
演 - ヴィヴィアン・アチャンポン、日本語吹替え - 渡辺明乃[5]
ドリーミングの司書[6]。コミックでドリーミングの司書だったルシエンを女性化したキャラクターである[7]
コリント人英語版
演 - ボイド・ホルブルック、日本語吹替え - 岩崎正寛
ドリーミングを逃れた悪夢[6]
ロデリック・バージェス
演 - チャールズ・ダンス、日本語吹替え - 金尾哲夫
もぐりのオカルティスト[6]
アベル英語版
演 - アシム・チョードリー英語版、日本語吹替え - ロバート・ウォーターマン
ドリーミングの住人。聖書のアベル[6][7]
カイン英語版
演 - サンジーヴ・バスカー英語版、日本語吹替え - 小椋毅
ドリーミングの住人でアベルの兄。聖書のカイン[6][7]
デス英語版
演 - カービー・ハウエル=バプティスト英語版[9]、日本語吹替え - 村中知
ドリームの優しく賢い姉[10]
ディザイア
演 - メイソン・アレクサンダー・パーク[9]、日本語吹替え - 阿座上洋平
ドリームの両性具有のきょうだい。ドリームとはライバル関係にある[10]
ディスペア
演 - ドナ・プレストン[9]、日本語吹替え - 八百屋杏
ドリームの妹でディザイアの双子の妹[10]
ジョハンナ・コンスタンティン
演 - ジェナ・コールマン[9]、日本語吹替え - 白石涼子
オカルト探偵英語版[10]。コールマンは18世紀と現代の2つのキャラクターを演じる。後者は前者の来孫娘である[11]
エセル・クリップス
演 - ジョエリー・リチャードソン[9]、日本語吹替え - 杉村理加
バージェスの愛人でジョン・ディーの母親[10]。若年期のクリップスはニーヴ・ウォルシュ英語版が演じる[9]。日本語吹替え - 安野希世乃
ジョン・ディー/ドクター・デスティニー英語版
演 - デヴィッド・シューリス[9]、日本語吹替え - 牛山茂
狂気にとらわれたクリップスの息子。「真実」を捜そうとするあまりに世界を危険にさらす。ゲイマンはディーを「視聴者の心を傷付けつつ同情心を保ちながらも、最も暗い場所に連れて行くキャラクター」と説明した[10]
ローズ・ウォーカー
演 - キョウ・ラー[9]、日本語吹替え - 松平春香
失踪した弟を捜し、コリント人の餌食となる若い女性[10]
ギルバート英語版
演 - スティーヴン・フライ[9]、日本語吹替え - 北川勝博
ウォーカーのチャーミングなボディガード[10]
リタ・ホール
演 - ラザーヌ・ジャマル英語版[9]、日本語吹替え - 樋口あかり
ウォーカーの友人で夫のヘクター・ホールを悼む寡婦[10]
ユニティ・キンケイド
演 - サンドラ・ジェームズ・ヤング[9]、日本語吹替え - 宮寺智子
ウォーカーの恩人で100年の眠りから目覚める[10]
マシュー
声 - パットン・オズワルト[9]、日本語吹替え - 岩崎ひろし
ドリームの腹心の烏[10]

製作[編集]

企画[編集]

映画化構想[編集]

DCコミックスより1989年から1996年まで出版されたニール・ゲイマンが脚本のアメリカン・コミックス作品『サンドマン』を翻案する試みは1990年代より存在していたが、長らくデベロップメント・ヘル英語版に陥っていた[12]。『Inquisitr』の記事では「『サンドマン』のコミックとしての性質は多くの人にとって非常にユニークで人生を変えるような経験であり、そのために大小のスクリーンに翻案することは非常に難しく、挑戦的であった」と分析された[13]

ゲイマンは1991年にDCの親会社のワーナー・ブラザースから初めて映画化の話を持ちかけられたが、その当時は不安を感じていた[4]。映画化企画は1996年に始まり[13]ロジャー・エイヴァリーが監督に就任し、テッド・エリオットテリー・ロッシオが脚本を執筆した。エリオットとロッシオによる脚本は『サンドマン』の最初の2つの章である「プレリュード&ノクターン英語版」と「ドールズハウス英語版」を1つの物語に統合したものであった。ゲイマンは脚本を気に入ったものの、エイヴァリーとプロデューサーのジョン・ピーターズは衝突し、その後エイヴァリーは解雇された[4]。1998年にはウィリアム・ファーマーによって『サンドマン』の脚本が書かれたが、ゲイマンは「私が今まで見た『サンドマン』の脚本の中で最低というだけでなく、今まで読んだあらゆる脚本の中でも最低だ」と評した[13]。ファーマーの脚本はドリーム英語版を悪役扱いし、ルシファー・モーニングスター英語版と兄妹関係にするなど原作と大幅に異なる内容であった[4]

ファーマーの脚本を読んだ後のゲイマンは『サンドマン』の映画化自体に懐疑的となった。2007年に彼は「最低な『サンドマン』の映画が存在するくらいなら『サンドマン』の映画は作られない方がいい」と発言しつつ、「『サンドマン』の映画が作られる時がもうすぐやって来る気がする。『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン、あるいは『スパイダーマン』のサム・ライミのように原作へのこだわりを持った人物が必要だ」と付け加えた[13]。また、彼はテリー・ギリアムが監督することにも関心を示し、「私はテリー・ギリアムのためなら何でもするし、もしテリー・ギリアムが『サンドマン』をやりたいと思ったら、私はテリー・ギリアムが『サンドマン』をやるべきだと考えている」と述べた[14]。2013年、DCエンターテインメントダイアン・ネルソン英語版は『サンドマン』の映画化は『ハリー・ポッター』ユニバースのように豊かな展望を構想し、優先的に考えているプロジェクトであると語った[15]

DCでバットマンの映画フランチャイズに携わっていたデヴィッド・S・ゴイヤー[4]は2013年に『サンドマン』の映画化をワーナー・ブラザースに提案し[16]、2014年2月にはジョセフ・ゴードン=レヴィットがゲイマンと共に映画を製作することとなり、ジャック・ソー英語版が脚本家に就任した。ワーナー・ブラザースはゴードン=レヴィットが主演し、更に監督兼任の可能性も視野に入れていた[17]。この映画はDCエクステンデッド・ユニバースとは別にDCのヴァーティゴ英語版インプリントで出版されている作品を基とした映画群の一環としてニュー・ライン・シネマが製作する予定であった[18][注釈 1]。2016年3月にエリック・ハイセラーが脚本書き直しのために雇われたが[19]、その直後にゴードン=レヴィットは創造的な方向性を巡ってワーナー・ブラザースと意見が違えたことにより降板した[20]。続いて11月にハイセラーは草案を提出したものの、「私は、この作品の最高のバージョンはフィーチャー映画でも三部作でもなく、HBOでの長期シリーズやリミテッドシリーズであるという結論に達した。フィーチャー映画の構造はこの作品とは相容れないのだ」と語ってプロジェクトから降板した[21]

テレビへの移行[編集]

映画の企画段階が長引いていた2010年にDCエンターテイメントはテレビドラマの企画に焦点を移した。映画監督のジェームズ・マンゴールドが非公式にゲイマンと相談しながらHBOにシリーズのコンセプトを提案したが、これは失敗に終わった。2010年9月にはワーナー・ブラザース・テレビジョンがテレビシリーズの製作権を獲得し、『スーパーナチュラル』のエリック・クリプキが製作者候補となっていることが報じられた[4][22]。ゲイマンは後にクリプキの方針に不賛成であることを明かし、またゴイヤーによる映画化企画が順調に進んでいたためにテレビ化の企画は見送られた[4]

2019年6月、Netflixはワーナー・ブラザースとのシリーズ製作契約を締結し、11話分を発注した。『ハリウッド・リポーター』によると、ワーナー・ブラザースはこのシリーズをHBOを含む複数のネットワークに持ち込んだが、HBOは巨額の予算を理由に断念した。Netflixは巨大な知的財産を獲得して加入者を集める試みの一環として「この作品を逃がさなかった」としている[12]。シリーズはアラン・ハインバーグにより企画され、彼はゲイマンとゴイヤーと共にエグゼクティブ・プロデューサーも兼任する[23][24]。ゲイマンは自身の『アメリカン・ゴッズ英語版』(2001年)の2017-2021年のテレビドラマ化の時よりは関与するが、『グッド・オーメンズ』(1990年)の2019年のテレビドラマ化の時ほどは関与しないと述べている[4]

脚本執筆[編集]

ゲイマンによるとコミックを忠実に翻案することが計画されており、まず第1シーズンは「プレリュード&ノクターン」と「ドールハウス」が基となる[4][10]。しかしながらシリーズでは物語を現代にアップデートするための変更が加えられている。例えば物語は1989年ではなく2021年に始まり、ドリームは75年ではなく105年間幽閉されている。他のキャラクターも同様に「もし今このキャラクターを作るとしたら、そのキャラクターの性別は? 彼らは何者か? 何をしているだろうか?」という疑問の基に更新される[25]

キャスティング[編集]

長年の『サンドマン』ファンであるパットン・オズワルトはシリーズで初めてキャスティングされた俳優であり、彼は『サンドマン』がNetflixに売り込まれる前日に烏のマシュー英語版の声担当となった[10]。2020年9月、トム・ヨーク英語版コリン・モーガンスクリーンテスト英語版が行われた後にトム・スターリッジがドリーム役の交渉に入り[26]、一方でリアム・ヘムズワースデイカー・モンゴメリーコリント人英語版役として検討されていた[27]。キャスティング情報は厳重に伏せられており、第1シーズンの撮影が始まってもすぐには公表されなかった [28]ボイド・ホルブルックによるとキャスティングのプロセスは長期に及び、2020年1月頃にオーディションを受けたにもかかわらず9月になっても続報がなかったと振り返っている[29]。2021年1月、スターリッジ、グェンドリン・クリスティー、ヴィヴィアン・アチャンポン、ホルブルック、チャールズ・ダンスアシム・チョードリー英語版サンジーヴ・バスカー英語版の出演が発表された[30]

2021年5月、カービー・ハウエル=バプティスト英語版、メイソン・アレクサンダー・パーク、ドナ・プレストン、ジェナ・ルイーズ・コールマンニーヴ・ウォルシュ英語版ジョエリー・リチャードソンデヴィッド・シューリス、キョウ・ラー、スティーヴン・フライラザーヌ・ジャマル英語版、サンドラ・ジェームズ・ヤング、オズワルトの出演が追加で発表された[9]。2回目のキャスティング発表は『サンドマン』のファンの一部から反発を受け、コミックで白人として描かれているキャラクターのデス英語版役に黒人のハウエル=バプティストがキャスティングされたことを批判する声もあった[31][32]。『ザ・デイリー・スター英語版』のメハルル・バリはキャスティング発表に対する反発は明らかに「甚だしい恐怖症に根ざしている」が、キャスティング選択の中にはNetflix作品やコミックの映像化におけるトークニズム英語版を継続させる「スタント・キャスティング英語版」のようなものであると感じた[32]。バリはデスを除くエンドレスたちが依然として白人俳優によって演じられていることを例に挙げた[32]。ゲイマンは反発を一蹴し、またノンバイナリー俳優のパークをデザイア役にキャスティングしたことを批判するファンは(デザイアが両性具有として描かれている)『サンドマン』の原作コミックを読んだことがないのではないかと反論した[31]

撮影[編集]

シリーズの撮影は当初は2020年5月末頃に開始予定であったが、COVID-19パンデミックの影響英語版により延期された[25]。2020年9月、ゲイマンは自身のTwitterで「ロックダウンが解除される」10月に撮影開始予定であることを明かした[33]。撮影は2020年10月15日に始まった[34]。COVID-19パンデミックの影響により、第1シーズンの撮影はイギリスのみで行われた [35]。2020年12月にホルブルックの場面の撮影が始まった。第1シーズンの製作は2021年6月まで続く見込みである[29]

マーケティング[編集]

2021年6月8日、NetflixはYouTubeに舞台裏ビデオを公開した[36]

評価[編集]

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは100件のレビューで支持率は87%、平均点は7.60/10となった[37]Metacriticでは28件のレビューを基に加重平均値が66/100となった[38]

脚注[編集]

  1. ^ 『サンドマン』の後半28号分は成人読者を対象としたヴァーティゴ・インプリントから出版された。

参考文献[編集]

  1. ^ The Sandman | Date Announcement | Netflix”. YouTube. 2022年6月7日閲覧。
  2. ^ Netflixでドラマ化された『サンドマン』には、わたしたちの人生に“安心感”を与えてくれるという魅力がある”. WIRED.jp (2022年8月5日). 2022年8月5日閲覧。
  3. ^ DC原作ドラマ『サンドマン』Netflixで8月5日配信開始 “ドリーム・キング”が世界を再建する旅に出る”. VG+ (バゴプラ) (2022年8月4日). 2022年9月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i Everything We Know About Netflix's Sandman Series”. Rotten Tomatoes (2020年4月6日). 2021年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月5日閲覧。
  5. ^ a b c ドラマ『サンドマン』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2022年8月13日). 2022年9月13日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 'Sandman' Netflix Series Casts Tom Sturridge as Dream, Adds Gwendoline Christie, Charles Dance”. Variety (2021年1月28日). 2021年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  7. ^ a b c d Sandman: Every Actor & Character Confirmed for Netflix's Adaptation”. CBR.com (2021年1月31日). 2021年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  8. ^ Neil Gaiman Explains the Difference Between Sandman and Lucifer's... Lucifer”. CBR.com (2021年1月31日). 2021年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m Del Rosario, Alexandra Del (2021年5月26日). “'The Sandman': Kirby Howell-Baptiste, Mason Alexander Park & Donna Preston Among 12 Added To Netflix Series”. Deadline Hollywood. 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 'The Sandman' Netflix Series Expands With 12 More Actors, Including Kirby Howell-Baptiste as Death”. /Film (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。
  11. ^ 'The Sandman's' Latest Castings - and the Stories Behind Them”. Netflix. 2021年5月27日閲覧。
  12. ^ a b Goldberg, Lesley (2019年6月30日). “'Sandman' TV Series From Neil Gaiman, David Goyer — With Huge Price Tag — a Go at Netflix”. The Hollywood Reporter. 2020年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月1日閲覧。
  13. ^ a b c d Neil Gaiman Affected To See Gordon-Levitt Leave The 'Sandman' Movie”. Inquisitr (2016年3月6日). 2020年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  14. ^ Giles, Jeff (2007年10月5日). “Neil Gaiman Talks Sandman, Good Omens Adaptations”. Rotten Tomatoes. 2013年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  15. ^ Kit, Borys (2013年7月17日). “DC Entertainment Chief Reveals What's Next for Superman, Wonder Woman and 5 Superheroes Who Deserve Movies (Q&A)”. The Hollywood Reporter. 2014年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  16. ^ Fleming, Jr., Mike (2013年12月16日). “Joseph Gordon-Levitt Eyeing Sandman as Director and Star, Producing with David Goyer at Warner Bros”. Deadline Hollywood. 2014年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月16日閲覧。
  17. ^ Fleming, Jr., Mike (2014年2月26日). “Jack Thorne To Script Sandman For Joseph Gordon-Levitt”. Deadline Hollywood. 2014年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月14日閲覧。
  18. ^ Fleming, Mike, Jr. (2015年6月29日). “Vertigo DC Movies Like Sandman Going To New Line; Warner Bros Keeps Batman, Superman, Justice League, Other DC Titles”. Deadline Hollywood. 2015年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  19. ^ Kit, Borys (2016年3月4日). “Joseph Gordon-Levitt's Sandman Movie Finds Its Writer”. The Hollywood Reporter. 2016年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  20. ^ McNary, Dave (2016年3月5日). “Joseph Gordon-Levitt Drops Out of The Sandman”. Variety. 2016年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  21. ^ Rome, Emily (2016年11月3日). “Another Screenwriter Leaves the Sandman Movie, Saying It Has to Be a TV Show”. io9. 2021年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  22. ^ Hibberd, James (2010年11月30日). “Comic icon The Sandman TV series in works”. The Hollywood Reporter. 2014年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月20日閲覧。
  23. ^ Ramos, Dino-Ray (2019年7月1日). “Netflix Orders 'The Sandman' Series Based On Neil Gaiman's DC Comic – Update”. Deadline Hollywood. 2019年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月1日閲覧。
  24. ^ Cavanaugh, Patrick (2019年7月1日). “Netflix Officially Orders The Sandman Series From Neil Gaiman and David S. Goyer”. Comicbook.com. 2019年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月1日閲覧。
  25. ^ a b Neil Gaiman offers update on Netflix's The Sandman”. Digital Spy (2020年7月19日). 2020年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月21日閲覧。
  26. ^ Exclusive: 'The Sandman' Netflix Series Eyes Tom Sturridge to Star as Dream”. Collider (2020年9月30日). 2020年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  27. ^ Netflix's 'The Sandman' Considering Liam Hemsworth, Dacre Montgomery for the Villainous Corinthian”. /Film (2020年9月30日). 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  28. ^ The Sandman Show Started Filming Without Announcing The Cast”. Screen Rant (2020年10月19日). 2020年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月27日閲覧。
  29. ^ a b Exclusive: Boyd Holbrook Talks Netflix's 'The Sandman', Reveals How Long They're Filming”. Collider (2021年1月29日). 2021年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月29日閲覧。
  30. ^ Ramos, Dino-Ray (2021年1月28日). “Neil Gaiman's 'The Sandman' Casts Tom Sturridge, Gwendoline Christie, Vivienne Acheampong, Boyd Holbrook, Charles Dance, Asim Chaudhry And Sanjeev Bhaskar”. Deadline Hollywood. 2021年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月28日閲覧。
  31. ^ a b Sharf, Zack (2021年6月1日). “Neil Gaiman Fights Toxic Backlash Over Netflix's 'Sandman' Casting Non-Binary, Black Actors” (英語). IndieWire. 2021年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月2日閲覧。
  32. ^ a b c Bari, Mehrul (2021年6月2日). “On the second batch of casting decisions for Netflix and Neil Gaiman's 'The Sandman' adaptation” (英語). The Daily Star. 2021年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月2日閲覧。
  33. ^ Morris, Lauren (2020年9月28日). “The Sandman TV series starts filming in 3 weeks, Neil Gaiman reveals”. Radio Times. 2020年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月14日閲覧。
  34. ^ Lovett, Jamie (2020年10月18日). “Netflix's Sandman Series Begins Filming, Neil Gaiman Teasing Casting Announcements”. Comicbook.com. 2020年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月21日閲覧。
  35. ^ Gaiman, Neil [@neilhimself] (2020年10月18日). "One of those, yes. We had plans, but Covid changed them. Season 1 will all be shot in the UK" (ツイート). 2021年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2021年1月18日閲覧
  36. ^ Hermanns, Grant (2021年6月8日). “Sandman First Look Video: Neil Gaiman Introduces Netflix's Adaptation”. ScreenRant. 2021年6月8日閲覧。
  37. ^ The Sandman: Season 1”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2022年9月13日閲覧。
  38. ^ The Sandman: Season 1 Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2022年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]